現在位置は
です

発言小町

新しいトピを作成
本文です

お葬式、受付係の言葉使い 携帯からの書き込み

sasa
2017年9月7日 14:03

先日初めて、お葬式で受付係をやりました。
インターネットを色々と検索して、雨の日の言葉使いで、「本日はお足元の悪い中を起こし頂きありがとうございます」と受付係で述べるといいと書いてあったので、その通りにやろうとしたら


父からそんなかしこまった言い方はしない方がいいと言われ…、私はお葬式は幼い頃に行っただけだったのでよくわからなく…
父は何度も色々なお葬式に参加してるので、やはりインターネットよりも父の方が正しいのでしょうか?
よければ今後の参考にアドバイスをお願いします。今回はほとんどが親戚の人達が来ていて2,30人のお葬式でした。

ユーザーID:3474679773  


お気に入り登録数:42
  • 携帯に送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
古いレス順
レス数:22本

タイトル 投稿者 更新時間
おおむね、父上が正しい
緑鍵盤
2017年9月7日 16:10

お葬式の場面では、あまりハッキリとした物言いは避けるものです。
 
このことをわかり易く「歯を見せるな」ともいいます。
  
笑うなんてのはもってのほか、大口を開けてしっかりしゃべるなんてのもダメです。
 

気持ちとしては、
「悲しくて・・、言葉になりません・・・・・・」、ってな感じ。


モゴモゴと小声で「ほんじつは・・・、どうも・・ありが・・・」(深々と頭を下げる)位でいいのです。

ユーザーID:6723604308
しゃべらない
匿名
2017年9月7日 16:22

親戚のお葬式なら、そんなご丁寧なお言葉は要りません。
お香典を受け取り、
「ありがとうございます」と静かに頭をさげるだけでよろしい。
しゃべる必要はないと思います。
もちろん、何かを聴かれたら応えますがね。

主さんの丁寧なご口上は、会社の葬儀で受付を担当し、外部の方が弔問に見えた場合かな。
いずれにしても個人宅のごく内輪(30人なら家族葬ではないとしても、内輪ですよね)の葬儀に、あまり堅苦しい大仰な挨拶は要りません。

ユーザーID:5792939851
そうです
小心者
2017年9月7日 16:57

あなたの考えた挨拶は「喪主のあいさつ」です。受け付けは何も言わなくてよし、頭を下げるだけ。聞かれたことには答える。

ユーザーID:9478831924
父の言うとおり携帯からの書き込み
2017年9月7日 17:16

親戚や身内だけなら、別に格好をつけない自然体の方がいいですよ。

本日は雨の中云々のお話は、喪主の挨拶レベルの語りですから。

ユーザーID:9648638067
葬儀では受付もあまりしゃべらない
ちらむん
2017年9月7日 17:31

地域にもよりけりかと思いますが、会葬者と受付の方々とのやり取りはほとんど無言で会釈が多いかと思います。
せいぜい香典や代理会葬の名刺等を受け取ったら「お預かりします」とか、記帳を忘れてる人に「こちらにご記帳下さい」とか事務的なもので事足ります。
間が持たなかったら「ありがとうございます」程度で充分です。

桂米朝さんの落語の枕にもありましたが、あんまりはっきりしゃべらなくて良いのです。
「この度は本当にモゴモゴモゴモゴ、生前は本当にお世話にモゴモゴモゴモゴ」

ユーザーID:3912361373
ごにょごにょごにょ・・・・
w
2017年9月7日 17:33

お葬式の時の挨拶って
はっきりくっきり言うんじゃなくて
なんとなく、神妙な顔をして、哀しそうな顔をして

本日は・・・※■■*$£*&%$#”!・・・・みたいな感じ

受付なら、ご苦労様ですとか・・・短い言葉で

足下が悪い中云々・・・は、喪主の挨拶の時なんじゃないでしょうか?

そして、冠婚葬祭は地域カラーや親戚カラーが出やすいので
ネットの情報はあくまで参考程度で、親御さんに聞くのが一番良いと思いますよ。

ユーザーID:1489693889
そこは親に聞いた方がよかったと思うよ
ワルナスビ
2017年9月7日 17:55

葬式は、地域性や宗教性がものすごく色濃く出る場ですから、
ネットで「一般にはこう」って検索してもそれが通るとは限らないんですよ。
その家独特、その地域独特のやり方、言葉遣い、所作振る舞いがあるものです。

だから葬式の時は何でも
「年長者にやり方を尋ねる」
ことが重要になります。
そうやって地域の文化が受け継がれていくわけですから。

まあ分かる人が誰もいなきゃネットで検索でもいいですが…
でもその前に「葬儀社の人に聞く」というワンクッションが欲しいですね。
「この辺りではこうしますよ・こう言いますよ」
と教えてくれます。
ましてやトピ文の場合は「分かっている年長者がいる」わけですから、そちらに話を通してやり方を聞く、
という作業が必要だったと思いますが。

トピ主さんの選んだ挨拶には何も問題ありませんがね、
「その家のやり方、地域のやり方を尊重する」という基本姿勢が抜けてた。

ユーザーID:4334786795
お父様の意見がこの場合は合っている。
おじさん
2017年9月7日 17:56

葬儀の場の基本の所作として、言葉をはっきりと最後まで伝えることをしない。

弔問客も訪れたときの挨拶として、『この度はご愁傷さまです』という意の言葉を
使いますが、実際は『この度は…』とフェードアウトして全部は言わない。

それに対して受付も簡潔に気持ちを表す言葉として長すぎるのです。
そういった準備されたものを葬儀の場では嫌うのもありますよね。

だから無理に『セリフ』を口にするのは基本的に不要だと思います。
必要なのは気持ちですからお辞儀などをきちんとすること。
そしてお礼や気遣いで『セリフ』でなく自然に出る言葉で良いのです。

その先は人と人の関係。
個人的に言葉をかけて貰えば、それに対して自分の言葉できちんと伝える。
親戚であれば、姪っ子や従姉妹に向けた言葉をかけてくれる人もいるはず。
それに対してきちんと返事やお礼が言えれば良いわけです。

当然、自分の会社の上司などが会社を代表して弔問してくれた場合には
親戚などへの言葉とは違って、きちんと挨拶をするでしょう。

つまり形式的なもの=かしこまった言い方を避けなさいというのは
その都度、必要な言葉が変わるものでもあるからです。

ユーザーID:7269170710
一時が万事・・・
チャン
2017年9月7日 18:21

>インターネットを色々と検索して、雨の日の言葉使いで、「本日はお足元の悪い中を起こし頂きありがとうございます」と受付係で述べるといいと書いてあったので、その通りにやろうとしたら


物事、一時が万事、同じじゃありません。特に、冠婚葬祭の場合、多数ですし、葬式の場合は、余計なことを言う必要はないんです。

そして、親族はともかく、こっちは他人なんですから、寧ろ、黙々とやっても構わないと思います。

ユーザーID:1415723730
簡単に気持ちを表す
ぷ〜にゃーパン
2017年9月7日 18:33

「本日はお越しくださりありがとうございます」これが正式だと思うが

親戚程度なら「来てくれてありがとうございます」「忙しいのに来てくれてありがとう 故人も皆に会えて喜んでいると思います」でもいいと思いますよ。
故人に代わって言う言葉ですからね。

言葉なく会釈でもいいぐらいですからね。

身内のみの葬儀、かしこまらなくてもいいと思う

でも正式な葬儀の場合はトピ主さんの覚えたのを覚えておくといいと思いますよ。

ユーザーID:1282212082
地域差とかいろいろあるので
ぽんちょ
2017年9月7日 22:07

あまりこだわらないほうがというか、その地域(と言っても宗派ごとでも違うようだし)ごといろいろ

自分的には、受付係がそこまで 口にすることはないと思います。

「お足元の悪い中・・・」は 司会アナウンスや喪主等のあいさつの中で言えばいいことのように思います。

ユーザーID:2100136941
追記
ぽんちょ
2017年9月7日 22:14

それに、親兄弟の会社関連があると 普通に数百人来るわけですから

受付さんがその長いセリフを いちいち言っていたら それだけで息が上がっちゃうでしょう。大変ですよ。


頭を下げて、香典を受け取り香典返しを渡す 程度で 十分かと思います。

ユーザーID:2100136941
お父様に伺ってください
てんきん
2017年9月7日 22:55

 「なら、どのように言えば良いのか教えて」
と、お父様にお尋ねになってください。
 私がお葬式に参列して、受付の方に貴方の言った挨拶をされたら、
特に違和感は感じません。雨が降っていればね。
 感じ方は人それぞれなので、お父様ならどうおっしゃるのでしょうね。
 もし貴方が、かなりお若い方で、よっぽどたどたどしく挨拶されていたとしても、
「慣れない受付を引き受けて、頑張ってるんだなぁ」と思うだけです。

ユーザーID:8057886648
あまりしゃべらなくていい
パープル
2017年9月8日 6:12

そういうのは臨機応変で良くて、これを言わなきゃとか、あまりならないほうがいいんですよね、受付は。
臨機応変が経験値の無さで無理ならば、余計なことはしゃべらなくてもいい。
静かに頭を下げて「(来て下さって)ありがとうございます」というのを言っていればいいと思います。

本日は足元のお悪い中とかって、喪主の方の挨拶で言うと思うし。
当日のお天気が悪ければね。

ユーザーID:4332167730
それぞれ
みき
2017年9月8日 8:21

喪主とあなたの関係にもよりますし、お葬式の規模にもよると思います。
社葬とかだと、100人単位で来られますし、喪主と親戚でもない場合でしたら、事務的にトピ文にあるようなもので良いと思います。
社葬規模の受付でしたら、他に案内すべき事もあるでしょうし。
でも、親戚だけの二、三十人のお葬式でしたら、来られる方も顔見知りでしょう。
「ありがとうございます」だけでいいと思います。
あと、知らない方が来られたら、亡くなった方との関係性を推測して、それなりの言葉を言えばよいと思います。
お父様が仕事関係を含め色々な葬儀に行っておられるようならば、お父様に色々な場合の言葉を教えて貰えば一番良いと思います。

ユーザーID:7202823647
親戚だけなら丁寧すぎるかも?
葬式通
2017年9月8日 10:47

 タイトルの通り会葬者がほとんど親戚だけなら、その挨拶は父上がおっしゃるよぬに丁寧すぎるかもしれませんね。
 ネットは職場関係者なども参列するようなケースを想定しているのだと思います。

ユーザーID:1182864735
淡々とこなしました
kobuta
2017年9月8日 14:04

何故、何度も参列している父の言葉よりネットを信じるのかが謎。
受付をしてみて、毎回「本日はお足元の悪い中を起こし頂きありがとうございます」なんて言ってられないことに気づきませんでしたか?

自分が喪主ならそれもありですが、親類や職場関係なら「ありがとう」と言う言葉に違和感があります。

色んな想いを抱えて葬儀に参列します。
親族の挨拶として言うのはありですが、受付では不要だと思います。

私も先日親類の葬儀の受付をしました。
何度も受付を経験している夫にやり方を聞きましたら、淡々とお待たせしないようにするのが一番だと言われました。
お父さんの意見に賛同します。

ユーザーID:7683126175
もっと柔軟に
ruru
2017年9月9日 3:21

どちらかと言えば、お父様の仰る事が、妥当な気がします。

何故なら、今回の会葬者が殆ど、ご親戚の方達ばかりだった様だからです。

勿論、トピ主様がお調べになり、やろうとしていた挨拶は正しいものです。
しかし、これは改まった場において、対外的に失礼の無い挨拶なのであり
親しい親戚の方に対しての挨拶としては、妥当であるとは言えないからです。

ちょっと想像してみて下さい。
例えば、職場で何らかのミスをして、会社に迷惑をかけてしまった場合
「ごめんなさい」ではなく、
「この度は、私の不注意により、大変なご迷惑をかけてしまい、申し訳ありません」
と言わなければ、社会人として問題が有りますよね。

でも、家族や親しい友人から、この様なお詫びの言葉を言われると
本当に謝られている気がしますか?
心がこもっていない様に思えるのでは?
謝っているふりをして、嫌味を言われている様な気になりませんか?
これを、『慇懃無礼』と言います。

お葬式の受付という場は、様々な人が来られます。
会社関係の方や、誰だかわからない人に対しては、丁寧過ぎる位で丁度良いのですが
親しい友人や親戚の方ならば、
「忙しいのに来てくれてありがとう」
と言った方が、心が伝わりますよね。

その違いです。

相手に合わせて、柔軟な対応をするのが正解です。

ユーザーID:7257487403
親族かそうでないか
人それぞれ
2017年9月9日 16:29

>「本日はお足元の悪い中を起こし頂きありがとうございます」

ご近所の方とか友人知人とか仕事上の関係者になら、来ていただいたことに感謝すべきなので、その挨拶でいいと思います。

でも親戚の方々には「お越しいただきありがとうございます」は不適切な気がします。
親戚は身内なのに、他人扱いしてるみたいで違和感があります。

ほとんどが親戚の人たちなら、「このたびは誠に…(語尾曖昧)」くらいでいいのではないでしょうか。

ユーザーID:3255131398
レスを下さった方々ありがとうございます。携帯からの書き込み
sasa(トピ主)
2017年9月11日 16:50

アドバイス参考にさせて頂きました。
今回親戚と書いてしまったのですが、正確には姉が嫁いだ先の親戚で、私は全員初対面です。
父は田舎の葬式にでる事が多々あり、あまり礼儀がおかしい時もあり…子どもの頃はわからなかったのですが、大人になってからこれはやってはいけなかったんだなという事ばっかりだったので…


今回はどちらが正しかったのかなと思いトピをたたせてもらいました。

ユーザーID:3474679773
 
現在位置は
です