現在位置は
です

発言小町

新しいトピを作成
本文です

心の苦しさから抜け出したい

秋風
2017年9月11日 12:24

トピを開いて頂き、ありがとうございます。
還暦を超えましたが、介護職員として働いています。
ここ1〜2年ほど前からですが、私の<心と体>が、重たくて対処できず
どうしたものかと日々、悶々としています

自宅は、交通機関が無い土地ですから、近所付き合いも大切なのに
他人と関わりたくなくて、人目に付かぬような生活をしています。

広い庭も雑草だらけなのに、手入れをする気力もなし。

洗濯物を干すのに、通りから見られない場所に移動。

家電の着信も相手が誰か分かるのに、なかなか出られず。

別棟に独居している義母に優しい声もかけられず。
(40年もの関わりから嫌いな人となりましたが、夫の手前もあるので・・)

自宅の前には、叔父夫婦が住まうが
家の構造上、玄関と居間が我が家と対面していて、常に見張られているような・・
年数単位で叔母に言葉かけされているが、監視なのか?単なる興味か?

「先日は、何処へ行ってきたの?素敵な服着ていたね」や
「帰宅時間が遅かったけれど、何かあったの?」
「見かけない人が来訪されたね。どなた?」などなど

近所に共通の話題で盛り上がれる嫁立場の友が数人いましたが
車を使用しての行動に、車を出すのも運転するのも常に私だけで、嫌気がさし
お付き合いから身を引いて、近所に友は居らず。

職場の同僚とは笑顔でいられるが、気の置けない人は、1人だけ。
腹の探り合い的な言動が耳に入り、疲れます

今も食事後の片付けもせず、テーブルと向き合っているだけで、
主人に初めて今の心模様を訴えてみたものの、理解してもらえず。

この状況では、心療内科でお世話になる程でもないような気がしますが
楽になる方法があれば、アドバイスして頂けませんでしょうか。

ユーザーID:0350245220  


お気に入り登録数:57
  • 携帯に送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
古いレス順
レス数:9本

タイトル 投稿者 更新時間
軽い被害妄想かもしれませんね
レモン
2017年9月11日 13:15

病気かどうか、受診しないとわかりませんが、軽度の妄想かもしれません。
受診するならば、心療内科ではなく、精神科です。
長年にわたる人付き合いが煩わしくなったのでしょうね。
あるいは、仕事が負担になっているのかもしれません。
可能であれば、仕事を辞めると楽になります。
単なる疲れなのであれば、休養をとれば治ると思います。

ユーザーID:9057050066
自分を捨てる、自分から離れる
意地悪猫
2017年9月11日 13:57

還暦を迎えたと仰っていますので、お分かり頂けるのでは
ないかと思います。

トピ主さんの訴えを振り返ってご覧になれば、「ご自分の
思い」に拘っていらっしゃることがお分かりになるのでは
ありませんか。

様々な場所で、ご自分の思いが溢れているように見えます。
自分を捨てる、自分から離れることを試してご覧になられ
てはと思います。

どんなにすれば出来るかですが、思考を変えてご覧になる
ことです。
トピ主さんは、ご自分を特別の人として認識していらっし
ゃると思います。人として、この思いは確かに大切ですが、
この思いが強すぎると他者との交流が楽にできません。

改めて、周囲を見回してご覧になって下さい。自分は特別
と考えていますが、「周囲の人と大きく異なる事はない」の
ではありませんか。

トピ主さんが考えていること、思っていることは、周囲も
同じ様なことを考えています。同じ様に食事をして、同じ
ようにテレビ番組を観て、同じ様に学校に行って、同じ様
に結婚して、何処が違うと言うのでしょう。

他者と違うことに視点を置かないで、皆んな同じと考えて、
肩の力を抜くことが必要です。
人間は、互いに迷惑を掛け合い、有形無形の情報を交換し
ながら、日々を過ごして行く生き物ではありませんか。

ご自分のスタンスを緩めて、全てを許す事が自らをも楽に
するのではないでしょうか。
古希を迎えると、何故あのように世の中を過剰に意識して
生きて来たのかと不思議に思もうことが多いです。

ユーザーID:1254434412
長年、周囲の人間に気を遣い合わせ過ぎて、心が疲れ切った。
ばあちゃんから
2017年9月11日 14:02

長年、周囲の人間に気を遣い合わせ過ぎて、心が疲れ切ったんです。

そういう時は人生にありますよ。

色々頑張って、周囲に気を遣い、皆に良いようにと務めてきた人なんでしょう。

そういう時は、嫌な交流を遠ざけて、不義理して

自分の心が楽しいことをしましょう。

何すると楽しいですか?

誰も知人がいない場所に出かけては?

秋の木漏れ日の中で、静かに時を過ごしたり、お茶をいただいたり、

何も制約のない時間を過ごしては?

プチ旅行に出かけては?

今の生活環境から、ちょっとでも離れて

自分を取りもどしましょう。

母とか妻とか、嫁とか、

そういう世間の役目や縛りを、心から解き放ち、
少女時代の頃の自分に戻りりましょう。

何かに甘えるのもいいですし。

心が疲れ切っているんです。人や周囲に合わせて生き過ぎたんですよ。

人生、いつお迎えが来るかわからないんです。

義理や義務にばかり縛られずに、自分が楽しいと思えることをしましょう。

土日に、おにぎり作って、どこかへ出かけましょう。一人がいいですよ。気を遣わないから。

その家から外に出て、1日過ごして帰りましょう。どこでもいいです。

昔子供のころ行った懐かしい場所とか、綺麗な花が咲くところとか・・・時間に縛られず、ふらふら思いつくまま、歩いてみましょう。街で人の流れを見るのでもいいですよ。おにぎりでなく、お腹が空いたら、飛び込みで、どっかのお店に入るのもいいですよ。

あなたは何が好きですか?
そんなことも忘れてしまうような生活だったのでは?

ユーザーID:7805520943
お世話になる時ですよ
小心者
2017年9月11日 14:34

残念ながら「初老期うつ病」って言われるかもしれないですよ。これの予防はもう少し若いうちに、何か夢中になれることを探しておくといいんですが、あなたはまだまだ間に合いそうですよ。私は、野菜を作るのに夢中です。

いいこと伝授・・・・「素敵な服着てたね」には、「そうお、たまにはいい格好もしないとお迎えが来る前にね」
帰宅が遅かった」には、「そうお、私にもお茶するくらいの知り合いはいるのよ」
こうやって、嘘八百並べておいたらいいんですよ。
ただ、今後何があるかわからないから絶縁だけはやめて、あなたのいいように使いなさいな。
とりあえず心療内科に行ってみてくださいね。

ユーザーID:9181270915
何事も過ぎれば、身を毒す
恋次郎
2017年9月11日 14:35

生真面目過ぎるのだと思います。幼い頃から努力家で満点のみを目指して、生きてこられたのだと思います。人は『人に優しくならないと存在価値が有りませんが、優しくすべき最優先の人は、先ず自分自身なのだ』と思います。

年齢を重ねて老いていくことは、気力も体力も知力も減衰していくことです。今までならば、耐えられた、我慢できた、気遣いできた、様々な所作振る舞いも、面倒臭くなり、こらえ性が無くなるのは、いたって当前の摂理です。

真面目で実直な努力家のトピ主が、経年疲労の心を過去以上に保とうと、無理をしてはいけません。自然体というよりは、寧ろ居直ってでも、自我を発揮してみましょう。最初は夫君に『良妻リタイア宣言』『満点追及の取り止め』を宣告し、理解を得ましょう。

伴侶の理解さえあれば、親族だろうが仕事場の知人だろうが、誰から謗りを受けても、右から左に聞き流ししましょう。

私の田舎には、『テゲテゲ』という言葉が有ります。『適当に』という意味に使いますが、私は一回目は懸命に対処し、結果が思わしくなかった場合、チャレンジした自分、遣った自分を褒め称え、結果に拘泥して自己を責め苛むことの無い様に、配剤された『心のヒューズ=安全装置』なのだと思います。

ガムシャラに暮らす時は、既に通り過ぎました。人生で最も美しい・実りの秋は、『テゲテゲ』で、気儘に静かに暮らしていきましょうよ。

ユーザーID:4215797595
気を紛らわせるしかありません
くま太郎
2017年9月11日 23:39

読書、ネットで気を紛らわせることでなんとか生きています。
私も友人少ないですよ。たまに会うくらいです。
心療内科に通っていますがさほど頼りにならない先生でも話すと少しは気が晴れますよ
ただ眠れないなど生活サイクルに支障がないならまだいかなくてもいいかもしれません
薬によっては眠くなる場合もあります。
最近読んでいる本にブッタが教える損する人生、得する人生という本があるのですが
なかなかいいこと書いてありました
宗教に入らなくても書店で十分良い本たくさんあります
イライラしたときは本屋でフラフラしてよさそうな本を買っては少しずつ読んで気を紛らわせています。
私の環境も決して良いものとは言えませんができる範囲で自分が向上していく何かがあればまた世界観が変わります。
無理しすぎずに手を伸ばせる範囲で何か工夫する・・・
そんな想いで生きています。
辛すぎれば病院へ・・・でもまだ大丈夫そうなら良い言葉を栄養にするのもいいですよ

ユーザーID:9208680739
睡眠とれているでしょうか
絹子
2017年9月12日 8:31

食欲がなくて、痩せてきているとか、夜中何度も目が覚めるとか、そういう事があったら、相談に行ったほうがいいと思います。

少しでも早く楽になるのであれば、病院に行くと思うのですが、病院に行く事が面倒だというのも、うつっぽいです。

年齢的にもそういう世代ですし、ゆっくり時間をかけて、回復してくると、もう少し若返るかもですよ。

ユーザーID:7094723936
心の持ちようではなく
2017年9月14日 15:14

私は早めに心療内科や精神科を受診する方がよいと思います。
加齢の影響により気力・体力が低下し「老人性うつ病」の可能性があります。

意欲の減退のほか、コミュニケーション活動の低下、少し不安も見られます。
気の持ちようで良くなるものではなく、活動の低下傾向が続いていきます。

抗うつ薬の服用により一定の元気を取り戻せれば薬は中止できますし、仮に
受診の上服薬は必要なくても将来不眠になったときなどに受診しやすくなります。

ユーザーID:2752446258
秋風です
秋風(トピ主)
2017年9月15日 0:54

7名様からレスを頂きありがとうございます。
字数制限のある中、拙い内容のトピでも受け取り方は様々で
正に今の私のようです

私は代々続く商家に、二十歳そこそこで嫁いできました。
従業員もいる大所帯、姑は42歳という若さでしたから
温かく迎えられたという雰囲気でなく
更年期と相まって私の立場は、サンドバッグでした。
姑も恐らく同じような苦しみの中にいたのでしょう。

それでも(いつかは良い関係をつくれるかな)と淡い期待を持ち
商家の嫁になった覚悟と、当地の大本家の跡取り嫁の責任を負うて40数年です。
社会に出たばかりの私は、孤軍奮闘でした。

今、この苦しさの中で(秋風)という人間を振り返ってみると
自由な生き方は、すべて押し殺していましたから
自業自得なのは、よく理解しています。

ばあちゃんから様の「人や周囲に合わせて生き過ぎた」のご指摘に
暖かな手でそっと包み込まれたような安らぎを感じていますが
最終的には、私自身の心を解き放つしか
楽にはなれないのかもしれないですね。

10年程前になりますが、心療内科の先生に
「苦しさの坩堝(るつぼ)にはまると抜け出せなくなる。
秋風の心をもう少しフンワリさせ、流されて見たらどうか」と
言われたことがありましたが、今は、その当時の苦しみとは、別モノ。

周囲に私を良く見せよう、合わせようとするのではなく
有りのままの姿をみて受け入れて貰えばいいのでしょうが
長年の生活習慣を切り替えるのも難しい・・

「テゲテゲ」の精神を教えてくださったレスをには、笑えました。
「いいかげん」には、二通りの意味がある様にテゲテゲも又、然りなのでしょう。
心が軽くなるような魔法の言葉です。
人生の指針となる書籍にも心が動き始めております。
もう少しの人生、もう少し頑張ってみます

ユーザーID:0350245220
 
現在位置は
です