現在位置は
です

発言小町

新しいトピを作成
本文です

教えてください、子供への防災教育 携帯からの書き込み

紅葉
2017年9月11日 12:26

異常気象や自然災害のニュースがある度に、小学生の親として防災教育について考えます。

現在、親子で参考にしているのは、

NHKのEテレ「学ぼう BOSAI」

旺文社「学校では教えてくれない大切なこと〜身近な危険〜防災と防犯」

です。

他にも何かおすすめの物がありましたら、教えて頂けませんでしょうか。

頂いたレスは子供にも見せたいと思いますので、防災に関してのアドバイスや体験談等もありがたいです。

どうぞよろしくお願いいたします。

ユーザーID:8679189585  


お気に入り登録数:7
  • 携帯に送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
古いレス順
レス数:7本

タイトル 投稿者 更新時間
クレヨンしんちゃん
kami
2017年9月11日 13:52

ちょうど私も買ったところだったのですが、一つおススメです。

『クレヨンしんちゃんの防災コミック 地震だ!その時オラがひとりだったら』

漫画入りなので分かりやすい部分もあるかなと。
学ぼうBOSAIもいいですよね、我が家(幼稚園児)も見ています。


あと我が家でやっていることですが、玄関・車・寝室・キッチンに非常用品を置いているのですが、それらの点検を子どもと一緒に行っています。

ローリングストック法のことを説明したり、停電時にどこに何があるのか子どもでも動けるようにしたり。

あとは、キャンプ用品の使い方の習得を目指しています。
サバイバル用品と言いますか、何かあった時に使えるのは登山・キャンプ用品だと思いますが、登山用のガス・バーナーは練習していないと使えないものだと思いますし(うちはもちろんまだ見せているだけですが)。

小学生のお子さんであれば、本などで得る知識だけでなく、動ける力(どこに何があって、どうやって使うのか)を重視して、キャンプやお庭で訓練してみるのもいいかも知れません。

あと、きちんとお母さんが料理をするご家庭でなかなかしないのが
「自分でインスタントラーメンを作る」
これおススメです。

別に今一人で作れるようになる必要は全然ないのですが(笑)、こういうものもあって便利なんだよ、とか保存がきくことなどを伝えながら、点検の時に食べています(親の目の下でコンロをひねって!)。

結局のところ、自立した子に育てるのが大切なのかなと。

いざという時に動ける子・身を守れる子というのは、「知っていて、やったことがあって、自分に自信がある子」なのではないかと。

災害の怖さだけを伝えてしまって、結局泣いてオロオロ・・・にならないように、「私は大丈夫!」と思う強い心と行動力を育てたいと思っています。

ユーザーID:3988919421
関東近郊なら「立川防災館」が体験コーナーあり
隣人
2017年9月11日 14:06

関東地方にお住まいなら立川市にあります「立川防災館」(東京消防庁)が、見学コースもあり小学生には最適です。子供会のイベントとして遠足代わりに使う事も可能)

他にも、お近くの消防庁に問いあわせると、小学生向きの小冊子の案内やイベントを紹介してもらえるはずです。

ユーザーID:2529563597
東京防災
東京都民
2017年9月11日 17:56

黄色い本です。
老若男女問わず、家族全員、絶賛お勧めします。
東京都民には配られていますが、他県民でしたら、無料の電子書籍も一般書籍(140円)も販売されています。

ユーザーID:2288440896
書籍やTV番組ではないけど
おじさん
2017年9月12日 0:28

防災体験スポットに親子で参加するというのはどうでしょうか?

お住まいの地域によっては遠い場合もありますが、
多くの都道府県で設置されてます。

『防災体験スポット・無料』などでネット検索すると
全国に設置してある施設一覧がありますから、
そこから各施設のホームページにアクセスしてみたら如何ですか?

ユーザーID:5129623017
我が家では
2017年9月14日 16:29

50歳1人親です

私が住む町は地震が多い地域で

子どもが小学生の時は(今は成人&大学生&高校生)

1)避難経路の確認
2)避難場所の確認
3)家に子どもだけの時に地震がおきたら
4)学校で地震がおきたら

を、年に2回くらい確認&話し合いをしました。

学校の懇談会の時に災害時の学校の対応を確認しました。
それを踏まえ どうするかを考えました。


具体的には

家で大きな地震がおきたら、まず ドアを空け固定する
(団地の4Fなので、傾いてドアが開かなくなることが想定されるため)
何も持たないで逃げる
車の鍵は担当が責任を持って持ち出す
(車が必要な地域のためなのと避難リュックが車のトランクに積んであるので)

学校で災害が起きたら お母さん(OR兄)が迎えに行くまで待つ
子どもが高学年になってからは 私の実家が無いので
もし3日待って誰も迎えに来ない場合は
お父さんの家に行く(歩いていける距離なので)

伝言サービスは家電の番号
何か暗証番号が必要な時はお母さん(私)の携帯の下4桁

こんな事を話し合いました。

他に、関係ないですが
万が一事故に遭った時(脳死の場合)自分の使える臓器は
何処まで提供するかも年に一回は確認し合います。

全然見当違いの話でしたらごめんなさい。

ユーザーID:6875838652
トピ主です携帯からの書き込み
紅葉(トピ主)
2017年9月16日 21:49

どのご意見も参考になります。ありがとうございます!!
先日、新聞で「防災士」の資格紹介の記事がありました。
興味があるし役に立ちそうなので、取得を目指そうと思います!

ユーザーID:8679189585
私のお勧めは
MIOLI
2017年9月21日 18:03

地震の時の料理ワザという本です。
家にあるもので、何が作れるか、という本です。乾物、缶詰、冷蔵庫の中にあるもので、どこまで作れるか、です。

基本的には、この本はカセットガスコンロが置いてあることが前提です。電気ガスといった、ライフラインが復旧するまでにどうしのぐか、いろいろなヒントが書かれています。

あと、今のご時世だと、震災だけでなく、ICBM対策も必要かもしれません。特に首都圏や、自衛隊基地があるところ周辺とか。
少し性能の良い防塵マスクは買って置いた方が無難かも。

ユーザーID:7879416646
 
現在位置は
です