現在位置は
です

発言小町

新しいトピを作成
本文です

経済面でとても不安です 携帯からの書き込み

2017年9月11日 18:03

私は18で旦那が一つ年上です
旦那は仕事しています
ですが私はバイトだけです

お互いまだ貯金出来るほどの余裕がまだなく
貯金はなしです

そこで妊娠かもしれません
まだ生理予定日3日目で妊娠検査薬
はまだしていません

今ここで妊娠していたら
毎月いくらぐらい診察費などかかりますか?
旦那は俺は逃げないなど頑張るからなど
安心させてくれる言葉をいいますが
本人もだいぶ不安だと思います

お金に余裕が無いならそういった事を
するなと思うかもしれませんが
もしこれで妊娠していたら私は嬉しいです

最後に知りたいのは
毎月診察費は大体いくらぐらい
かかるのか
初診する時に胎嚢確認お願いします
っていうんでしょうか?
なんて病院にお願いすればいいんで
しょうか?


知識が少なくてすみません。
ご回答お願いします

ユーザーID:7408210935  


お気に入り登録数:69
  • 携帯に送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
古いレス順
レス数:8本


タイトル 投稿者 更新時間
低所得の方の出産助成
こばと
2017年9月12日 7:20

知っている範囲のことだけお伝えします。
まず、妊娠が確実か市販の検査薬で確認をしてから、
市役所や役場の母子保健担当のところに行って妊娠しているらしいこと、
受診や出産費用が不安であることを相談してください。
収入に応じて無料で出産できる方法など、法律で決められた制度があります。
行き慣れない役所となると敷居が高く感じるかもしれませんが、親切に対応してくれると思います。
お幸せをお祈りしています。

ユーザーID:5658938909
絶対やめた方がいい
QTQ
2017年9月12日 13:35

いまの段階での妊娠出産は絶対にやめた方が賢明です。

お金がない中で生まれた子供は不幸になり、子供が生まれたことで
さらに家庭は貧困になるので、何一ついいことがありません。

出産関連の費用だけでなくちゃんと大人になるまでの費用まで
考えてください。

ユーザーID:0791853348
まずは検査を
そうまママ
2017年9月12日 14:23

まずは市販の妊娠検査薬で確認してください。妊娠反応が出たら、産婦人科で、生理が遅れていて検査薬で陽性が出た事を伝えれば、きちんと検査してくれます。エコーで子宮内での正常妊娠である事(子宮外妊娠ではない事)を確認し、心拍の確認が取れたら役所で母子手帳をもらいます。母子手帳に助成券が付いていますので、次回からの健診は助成券で受けられます。経過が順調であれば、助成券ですべての健診はまかなえます。ただし、出産までには血液検査が何度か必要で血液検査は少し高くなるので、助成券を使っても5000円くらいの支払が必要になりました。その支払いが3回くらいはあった気がします。
母子手帳をもらう前の診察はすべて自費になり、血液検査とエコーで2万弱くらいはかかります。なので、最初の診察時に心拍確認できると、自費での診察回数が減らせてよいと思うので、生理予定日3週過ぎたくらいがよいのでは?
母子手帳をもらいさえすれば健診費用については心配しなくて大丈夫ですよ。
出産時は、出産一時金が健康保険から支給されるので、こちらも心配要りませんよ。よっぽど高級な産院で産まなければ一時金で出産もまにあいます。
出産まで健診にかかる費用は数万円で大丈夫です。
それよりも赤ちゃん用品やマタニティー用品の方がお金かかりますよ。

元気な赤ちゃん産んでください。お体お大事に。
ちなみに産んだ後の方がずっと大変ですよ。
頑張ってください。

ユーザーID:4395271348
貯金がしっかりできるまで避妊しよう!!
おばちゃん
2017年9月12日 20:58

妊娠は病気ではないので、保険診療(3割負担)ではありません。
全額払わなければなりません。
初めて産婦人科に行ったときには、いろんな検査があると思います。
病院によって違うでしょうが、2万円は、お財布に入れておく必要があると思います。
定期健診になったら、1回5千円程度でしょうか。
出産には、30万円から40万円ぐらいかかります。

ちょっとやそっとの出費ではないですよ。
もちろん、市区町村からも援助がありますし、確定申告で少しはお金が戻ってきます。
全て自分で調べて申告する必要があります。

赤ちゃんを生んでしまったら、もちろん、あなたは当分働けません。
今のパートのお仕事がハードな仕事だったら、つわりの時期や妊娠後期でさえ続けられないと思いますよ。
ご主人のお給料で3人食べていかなくてはなりません。
赤ちゃんの大切な将来のため、毎日頑張らなくてはなりません。

子育ては可愛いだけではできません。

ユーザーID:7180553423
診察は無料だった
シマシマ婆
2017年9月12日 23:07

診察は妊婦健診ですよね?
数年前なのに記憶が曖昧なんですが…
心音が確認できたら役所で母子手帳がもらえて、健診のクーポンも送られてきたように思います。
クーポンを使用して料金は毎回無料。
でも癌などの検査をした時は1万円くらいかかりました。
あとは病院までの交通費かな。臨月に近づくと毎週健診に行くので、病院は近い方がいいと思います。
生まれる前より生まれた後の方がお金かかった気がします。
オムツやミルクは、布おむつ、母乳にするとだいぶ節約になりますね。
赤ちゃんの予防接種で、自費の(任意の)は結構掛かりました。

出産子育ては助成や補助が結構ありますし、補助の内容も自治体によって違うものもあるので、お住いの地域を確認して見てください。
病院で色々詳しく教えてくれるタイミングがあると思います。

ユーザーID:1570510094
いろいろ大丈夫でしょうか。
df
2017年9月14日 14:37

妊娠は保険外の部分もあったかと記憶しておりますので、なかなかお金がかかります。
初診でも5000円から1万円くらいはかかるのではないでしょうか。
役所で券をもらうのは妊娠が確定した後となるので、どうしても初診は自費で払う必要があるかと思います。
では、検診については券をもらって無料に近い形になるかもしれませんが、制度をよく聞いてください。いったん払う必要があり、あとで返金かもしれません。
また、検診無料券の内容はすべての診察をカバーしているのかどうかわかりません。少し出費をしないといけないかもしれません。

さて、産婦人科での検診については大丈夫ですが、生活の方はどうなさるおつもりですか?
バイトは、妊娠中も続けられそうでしょうか。妊娠を告げた途端、バイト程度だとやめてほしいと言われるかもしれません。産前産後は働けない期間がありますが、ご存知ですか。その間は旦那様の収入だけになりますが、生活していけそうですか?あるいは里帰り出産できますか?

では、子供が生まれたとして、専業主婦をされるつもりでないなら、子供を預かっていくれる保育園の手配をしないといけません。激戦区では、フルタイムで働いている方でないと難しく、認可外は非常に保育料が高いです。

赤ちゃんがいて、サポートがない場合、雇ってくれないケースもあります。
発熱で仕事中に呼び出しなどがあったり、急な欠勤が生じるからです。

妊娠・出産にしか目がいってないようですが、その後をよく相談されてはいかがでしょうか。

ユーザーID:6469234307
今はその時期ではない
匿名
2017年9月16日 10:48

今の状況では無理です。子育ては子供が育つことを見ているのことではなく、親が子供に道順をつけてあげることなのです。きちんとした躾と教育を与えることなのです。それに子育て費用はいくらでもかかります。かけられるだけかけてしまうものです。

まずはあなたたちがきちんとした安定した仕事につくこと。そのために、資格が必要なら勉強することです。子育ては順序が逆になってからでは取り返すことはできません。つまり子供にとっては悲惨なものになるということです。親不孝ではなく、あなたのやっていることは子不幸の種を巻いているだけ。もっと生きていくということを自覚しましょう。どうにかなるということではないのですよ。

ユーザーID:2712549123
まず、保健所で相談しよう
しゃり
2017年9月18日 17:09

真っ先にやることはまず、保健所で相談して、どんな補助が得られるのかどんな手続きが必要なのかを調べてくることです。もし自動相談所などにも相談が必要ならば、そこから繋げてくれます。

補助金などの制度は、自治体によって違うので、ここで一般的な相談を受けても仕方がないと思います。
所得にもよりますが、おそらくほとんどお金かからず出産できるのではないでしょうか。


そして経済的に不安ならば、0歳児保育に預けて働く算段をしましょう。
そのご年齢ですと、高卒でしょうか。
何か資格をとるにしても大卒でなければいけないことも多いですので、大学の通信(放送大学でもいいと思います)を受講してみるのもいいかも。
そして、医療事務とか歯科衛生士とか保育士などの資格を目指してもいいかも。

もしくは看護学校などに入るのもいいかもしれません。そうなるとお子さんの育児と両立するのが難しくなるかもしれないので、忙しい時期はしばらく乳児院に預けることになるかもしれませんが、将来(お子さんが物心ついてから)に安定した生活をするためには最良だと思います。公立の看護学校や病院併設ものですと費用が安いところもあります。


まずは、こういった社会や制度に対する知識をつけましょう。
知識があれば、自分一人でだってお子さんを育てていけます。

若いというのはデメリットでもあり、メリットでもあります。そのメリットを最大限生かしてください。

ユーザーID:3720239466
 


現在位置は
です