現在位置は
です

発言小町

新しいトピを作成
本文です

無意識に見てしまう

四面楚歌
2017年9月14日 18:29

とても悩んでます。
私は昔から無意識に人を見る癖があるようです。
多分視界に入るあらゆる人を見てしまっています。
電車にいる人、すれ違う人、正面や隣に座った人、好きな人、嫌いな人、どうでも良い人…
ポイントは完全に無意識なんです。
しかも直視ではなく、視界の端を意識している程度。
なのでずっとこの癖に気付きませんでした。

でもこのせいでいつも職場の人に嫌われます。
私からしたら見ている意識はない、でも同僚は視線を感じる。
見るのを辞めたい、でもどうしても視界に入ってしまう(無意識に)。
辞めたいのにどうしても辞められないのです。

ちなみに私は社交不安障害です。
この癖は社交不安障害と関係があると思います。
でもネットで検索してもこういう症状で苦しんでいる人は見たことがありません。

どなたかお知恵を拝借できませんでしょうか。
(できれば見てくる奴はむかつく、みたいなコメント以外でお願いします。
私はまったく見たくないのに見てしまい、既に散々人からきらわれてきたので。)

ユーザーID:8455500409  


お気に入り登録数:27
  • 携帯に送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
古いレス順
レス数:6本

タイトル 投稿者 更新時間
じゃあ意識してみては?
0.01
2017年9月15日 8:51

「社交不安障害」という障害で医者にかかっているなら、相談してみては?

意識してないのに見てしまうなら、「意識して」見ないようにするくらいしか思い及びません。
意識して、人ではなく壁を見る、等・・・。

ちなみに私は人の顔をほとんど見ません。なので人の顔も覚えません。
目が悪く、両目とも0.01しかありません。眼鏡をかけたりコンタクトレンズをつけても、目の筋肉が弱いのか、あまりよく見えないというか、「見る力」が弱いようです。

大抵は考え事をしながら歩いてるのもあって、視界にあまり何も入って来ず、知り合いが近くに来ても気づきもしません(それはそれで失礼なんですが)。

さて、どうしても見てしまうのなら、わざと度の合わない眼鏡をかけて、よく見えないようにしてみるとか、どうでしょうか。

ユーザーID:0016653249
レスします
四川
2017年9月15日 10:27

嫌われる理由が視線なのは確実ですか?誰かに言われたとか?

無意識に見てしまうなら、例えば意識的に自分の右手を見る癖をつけるとか。

私は鈍感で、誰かに見られてると感じたことが五十年生きてきて皆無なのてすが、そういう鈍感な人と出会えるとトピ主さんも楽になれるのかなーと思います。

ユーザーID:0913479357
ジロジロ見る人は嫌われるよね携帯からの書き込み
まあ
2017年9月15日 17:15

ジロジロ見てくる人は嫌われますよ!あなたは自分をジロジロ見てくる人をどう思うのですか?かなり不快になりますよね?そう思えば人をジロジロ見る癖も治ると思いますよ

ユーザーID:9311839488
ありがとうございます。
四面楚歌(トピ主)
2017年9月18日 14:36

皆様、ご回答いただきありがとうございます。
色んなアイデアを聞かせていただきとても参考になりました。
私も試行錯誤していきたいと思います。

でも根本的な問題は多分メンタルの病気にあると思います。
自分では見たいと思ってないのですから。
(ちなみにジロジロ見ているわけじゃありません。
というか見てないのですが、多分無意識に意識がそちらにいっているというか…
説明が難しいです。)
お答え頂きました皆様、ありがとうございました。

ユーザーID:8455500409
周囲を警戒している
2017年9月20日 14:06

社交不安障害の症状の表れだと思います。
社交不安障害の方は対人関係に不安と緊張を持っていますので、
周囲にいる人が、どんな人で、自分と関わりがあるかないか、
自分に近づいてくるかどうか、何を考え、何を言いそうか、
自分のことをどう思っているか、怒ったり嫌ったりしていないか、など、
常に警戒をしているような状態にあります。

周辺視野は通常、安全安心な環境では関心を持たなくてよいのですが、
社交不安障害の方は周囲に人がいると緊張状態になるので警戒範囲を
周辺視野まで拡げているのです。

社交不安障害の症状としてめずらしくはないと思いますが、
「人から見られる」ことに症状が表面化する傾向があるため、
「見てしまう」症状を検索しても実例が少なかったのだと思います。

不安障害の典型的なパターンとして、不安と症状が悪循環していますね。
(例)社交不安がある→周囲の人々を警戒する→嫌われているかもと思う
→嫌われないようにしなければならない→緊張が高まる→警戒が高まる

このパターンを修正するためのステップとしては、
・「警戒する」のは社交不安障害の症状によるものだと自覚する。
・無意識に周辺視野を警戒するのは本来不要なのだと自覚する。
・周囲を警戒すべき時もあるが、会社内等においては警戒を緩めたり、
 さらに周囲を信頼したりするなど、バランスを少しずつ修正していく。
・社内の同僚等、または趣味を通じた交流等において、少しずつ、
 信頼できる人間関係(警戒しなくてよい範囲)を増やしていく。

社交不安障害の症状として表面化している「周囲を警戒する」
というポイントをひとつのめやすとして改善に取り組むと、
社交不安障害の症状全体を改善していくことにつながると思います。
少しずつ改善ができますよう心より応援しています。

ユーザーID:1339919590
そうなんですね
気にしない
2017年9月23日 14:10

小学校で挨拶とかしないのにうかがう様な目でこちらを見るお子さんが時々いましたが、大体お母さんが一見愛想がいいけど体裁や評判を凄く気にする人でした。家では驚くほど人の悪口いって自分の方が上か下かを気にし、親子の会話に楽しい笑いがないということを知りました。

自分が楽しく過ごして、人の評判気にしないと、しぜんになくなると思います。
自分のだめな等身大の姿を受け入れず、普通の振り、リア充の振りすると、よそをうかがうことをやめられないし、子供もおかしくなってくると思います。

ユーザーID:0836095801
 
現在位置は
です