現在位置は
です

発言小町

新しいトピを作成
本文です

突然襲ってくる絶望感

ゆみ
2017年9月21日 10:32

30代の女です。

皆さん、大なり小なり色々悩みを抱えながら生きておられると思います。

私にも悩みがあり、しかし自分の中で考え方を変えたりしながら普段は
平凡に暮らしています。

しかし、ある日の朝、突然絶望感が襲ってくることがあります。

別に、何かあった訳でもなく、いつも通りの生活をしているのに、
何故か仕事中に心がずーーんと重くなっている事に気づき、ため息が止まりません。
(午前中が多いです)

そうなると、小さくなっていた悩み事が自分の中でまた大きくなり
心を支配していきます。

内容は伏せますが、解決できる悩みではないので付き合って
行かなければならないのですが、なんの前触れもなく騒ぎ出すので
困っています。

睡眠不足でもなく、規則正しい生活、食生活、職場も楽しくノンストレス。

いったいなぜこうなるのかがわかりません。

同じような方いないでしょうか?
何か対策はないですか?

全身がぞわぞわするような耐えられない絶望感です。

ユーザーID:4239318650  


お気に入り登録数:74
  • 携帯に送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
古いレス順
レス数:5本


タイトル 投稿者 更新時間
PMS?
雨宿りと傘
2017年9月21日 12:16

排卵日前後から生理までの約2週間に感じる心身的不調です。
私はこれで気分の浮き沈みと過食がひどかったです。
仕事中に急に涙が出てきたり、まあ、本当にいろいろありました。

トピ主さんの突然の絶望感が生理前の2週間に集中しているなら
PMSの可能性もあるのではないでしょうか。

PMSだと仮定すると、病院に行けばピル、抗うつ剤、漢方薬など処方してもらえます。
自分でもカフェインの摂取を控える、豆乳を飲むなどなどいろいろできますが、
自分でできる対応には限度があると思います。
私は病院で漢方を処方してもらい、今は服用していません。
生活に支障が出る症状もなくなりました。

ユーザーID:0841600972
安定してるから
ささ
2017年9月21日 12:53

安定しているから、それなりに満足しているから。
良い状態なら落ちたくないと思うのが普通。

明確な根拠も無く幸せを感じれているとしたら、崩れるのかもという不安に襲われるのも分からなくはない。

考える時間が凄くありすぎるなど環境がある。
他にこれといって優先すべき問題点がない。
この問題は幸福感という主観的な要素と周囲環境の運的な要素も大きいので、自分がこうすればこれが崩れないという約束が得られない。

解決しない問題に心傾ける余裕があるがゆえにふとそういえばと悩んでしまう。
因果なものですね。

ユーザーID:0948399445
PMSとか、鬱とか?
葉牡丹
2017年9月22日 0:48

心療内科とか受診されてみてはどうでしょう?

実はそんな私も似たような悩みでこの前始めて心療内科にかかってみたのです(笑)。
そしたらあっさりすぎるほどすぐに解決して、
こんなに早く解決するならもっと早く受診すればよかった〜とついこの前思ったばかりなのです。
意外に行きやすいですよ。

ユーザーID:4157476709
わかります、そういうのよくある
みどり
2017年9月22日 14:06

私は午前中は調子が良いですが、子供のころから、夜中に突然そうなることがありました。(今もたまに。)
本当に生きていけなくなるような、八方塞がりの絶望感で、将来のことが不安でたまらなくなるのです。

不安神経症のような症状なのだと思います。

こういうのって生来の悲観的な性格に付随するものなので、どうすれば治るというのはないと思うのですが、
そういう発作?がきたら、強い気持ちを持って不安を制圧するほかないように思います。

「何が起こっても私は大丈夫。自分でなんとかしてみせる。」と思うとか。

あとは、気分をさっと切り替える。漫画を読んだり、ドラマを見たり。

(仕事中はそういうの難しいでしょうけど、とにかく楽しいことを考える。)

そんな単純な、と思うでしょうけど、けっこう効きます。人間て単純なんですよね。

ユーザーID:7248575160
ショックが癒されていない?
2017年9月23日 10:35

前触れもなく突然絶望感に襲われるという症状は、
PTSDのフラッシュバックの症状に似ていると思います。
ただしフラッシュバックでは光景が目に浮かび音も聞こえます。

それがないので何が原因なのか気が付きにくいのでしょうが、
心の中にある「解決できない悩み事」を過去に知ったときの
ショック状態が癒されずに残っているのではないかと思います。

そのことが出てくるのが仕事中の午前中に多い理由は明確には
わかりませんが、ショックを受けた時間・状況と似ているからか、
または仕事・午前に交感神経の活動が高まることと関係している
からかもしれません。(不安と交感神経は関係しています。)

治療法としては、トラウマ療法などの心理療法となります。
私の知るところでは、SE Japanという団体・所属セラピストが
トラウマに関する体系的な心理療法を提供しています。
何に気が付くか心理療法を受けてみる機会となるかもしれません。

ユーザーID:2202398083
 


現在位置は
です