現在位置は
です

発言小町

新しいトピを作成
本文です

難関大学合格は、学校の力?予備校の力? 携帯からの書き込み

ハクビシン
2017年9月21日 22:12

難関大学合格の実績は、どちらかと言うと、学校の力でしょうか?予備校の力でしょうか?
相乗効果でしょうか?
もちろん本人の努力も根底にあるとして、東西の御三家と呼ばれるような学校でも、予備校とWスクールをする子が多いので、実態はどうなのかなと思い、トピを立てました。
予備校に行かなかった友人は、「自分の合格実績は秀逸な参考書のおかげ!」と答えてくれました。
みなさまは、どうお考えですか?

ユーザーID:2660724459  


お気に入り登録数:153
  • 携帯に送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
古いレス順
レス数:40本

タイトル 投稿者 更新時間
参考書&学校
シナモンソング
2017年9月22日 0:03

うちの娘も進学塾に行きませんでした。

一番大きな理由は我が家の経済的事情ですが、本人も無料の1か月お試しだけ行って「何十万も払っていくほどのところじゃない。自分に合った参考書で勉強した方が楽しい」という結論に達して、参考書で勉強、わからなければ学校で先生に聞くという勉強法で、旧帝大に合格しました。

「みんなが塾で使うテキスト見せてもらうけど、あんなに面白くないテキストでよく勉強する気になるなあ」
ってしみじみ言っていたので、参考書オタクなのかも。

子どもが低学年のころから、
「わからないところは、先生に質問すればきちんと教えてくれる。やる気がある子は先生にかわいがられるし、学校でわからないところがなければ塾に行く必要もなくていいことづくめ!」
と教えてきたおかげか、ずっと塾なしで大学まで進学できました。
学校の力は大きいです。

でも塾へ行く子は、あまり先生に聞きませんね。
わからなくても、また同じところを塾でやるから、塾で聞くから、と学校はあまり利用していない子が多いです。

私からしたら、わざわざ塾にお金を払うのはもったいないと思うのですが、経済的に余裕があるお家では普通なんでしょうね。
だって、高3のとき、塾に行っていないのは、お金がない我が家と、面倒くさいから塾には行かないといってあっさり京都大学に受かった子の2人だけでした。

ユーザーID:7580186278
本人
もよこ
2017年9月22日 0:08

本人の努力も根底に、とのことですが、
根底というより本人の努力の結果そのものだと思うのですが。
予備校や学校はいずれも補助輪です。
どちらかのおかげ、というレベルでそれがあれば合格するのであれば皆それに頼ってます。

ユーザーID:2974238330
両方
ソラリス
2017年9月22日 0:56

鉄緑なんて(現役主義で予備校じゃないけど理3の合格はここが突出してるしょ、6割が鉄緑出身って)、
「通える中高」が指定されてんだから
(まあ試験突破すりゃ指定校じゃなくても通えるけど)、
学校まずありきなわけですよ。
てか、その学校の入試突破してくる本人の力を見てるわけだろうけど。

まあ両方ということになるかと。

ユーザーID:4648408472
やっぱり、本人の力ではないかな
リュカ
2017年9月22日 2:53

いくら優秀な方に教えて頂いても、
それを吸収し、点数に反映できる力が備わらないと
テストで良い点は取れないでしょう。

だから、本人の努力だったり、
能力だったりするんじゃないかな。

素直に先生の話を聞く。
教えを吸収する。
コツコツと問題を解いていく等。
私はこういうのも、能力の一つだと考えています。

その「自分の合格実績は秀逸な参考書のおかげ!」と
言った友人だって、
その参考書を良いと判断でき、且つ
理解できる能力があったのだと思います。

それってやっぱり、本人の力ですよね。

ユーザーID:1102395205
そんなの決まってる
p-Ko&Love
2017年9月22日 6:35

本人の資質と努力以外ありえません。
学校も予備校もそれを手助けしてくれるだけです。

このトピだと本人の努力を無視してますよ。

ユーザーID:9498218773
本人です携帯からの書き込み
秋桜
2017年9月22日 6:50

根底に本人の努力って…それ以外はないと思います。

学校も予備校も通うだけじゃ、出来るようになりません。本人が頑張って勉強したからです。

ただその努力をサポートしたり、モチベーションを保つのに有効なのが、学校であり予備校だと思います。

なにが必要かは、それもまた本人次第かと。

ユーザーID:6143074774
答えなんてない
あらフィフ
2017年9月22日 7:48

本人の地頭、努力、学校、予備校、塾、各々の先生方、使用する教科書、参考書、受験大学の倍率、当日の体調・・
切がないほど複雑な要素が絡まって結果につながるのでしょう。
そして、なんといっても本人の「やる気」が基本。
答えは一つではありません。

一つだけ言えるのは、難関大学に合格するような人はこんな質問はしない、ということです。

ユーザーID:0237282110
努力じゃなくて資質・・・と思う
にゃやん
2017年9月22日 8:07

もちろんも努力は大前提です。

でも、学校にしろ、予備校にしろ、参考書にしろ、
本人がそれを、ポイントをはずさず、効率的に使いこなす力、
すなわち、受験勉強というものに対する資質が高い子ほど、
難関に合格するんだろうと、感じます。

ユーザーID:2615911892
うちの娘は
み〜
2017年9月22日 8:43

全く塾に行ったことがなく大学受験を迎えました。
さすがにセンター直前に、大手予備校の1週間くらいの「直前講座」に行きましたが
そこで、さまざまなテクニック?を知って驚いたようです。
のちに、私が知人にその話をしたら「そのやり方って、高校受験の時だって塾では当たり前に教えてくれるものだよ」って言われました・・・
そっか・・・・

でも、娘は高校時代、模試では全国の優秀者のリストに載っていました。
センター試験の得点率は ワタシ的には驚異の93%でした。

彼女はただひたすら、某通信教育のテキストを自力でやっていました。
あとは学校の授業をまじめに聞く、て事だと言っていました。

一方、私の関東の友人は中高一貫教育の私立高校に息子を通わせていました。
公立至上主義の人が多い田舎の私は
「中学から私立なんて金銭的に大変なんだろうな」と思っていましたが
「学校で全部、面倒を見てくれるから予備校代いらなくてかえって安上がりだよ」と。
言葉通り、彼女の息子さんは学校だけで 東工大に合格しました。

我が家の息子は娘同様、塾には行ったことがなかったのですが
高校3年になって、慌てて予備校に通いました。
かれこれ10年ほど前で100万くらいかかったと思います。
無事、国立大学に合格しました。ちなみに、高校は青春を謳歌できるの〜んびりした、中の中の中の田舎の普通科です。
国立に現役で合格するのは5〜6人ってレベルです。
高校のおかげではなさそうなので予備校のおかげでしょうか?

ユーザーID:3380704563
本人の力
おばちゃんズ
2017年9月22日 9:28

一に努力、二に努力、本人の頑張りだと思う。
我が子は町の小さな学習塾でアルバイトしてますが、
そこの生徒さんでT大に受かった子がいます。

受け持ちの先生が言うには、その子はすごい頑張り屋さん。
塾には個人学習の「確認事項」だけしに来てるそうです。

ユーザーID:1134713310
同じ学校でも各自で違いますよ
玄米ヨネ子
2017年9月22日 9:51

とある、進学実績の伸びている私立の説明会に行ってきました。
国立大に現役合格した卒業生たちは、塾や予備校にずっと通っていた人、学校の補習利用のみの人、両方いましたよ。

学校の校風、ブランド力、優れた同級生がいるなどを魅力として目指していらっしゃるみたいですね。
そういう学校だと理解しているので、初めからから学校に受験対策は求めていないと思います。

最近では予備校のような私立(補習が沢山ある)も増えてきて、それを売りにしている所もありますね。

公立高校でも通信教育や、市販の問題集等だけで大学受験を目指している人もいますし、色々です。

ユーザーID:1964633873
良い参考書や問題集と本人次第携帯からの書き込み
ファル
2017年9月22日 10:05

大手の塾へ行く子も行かない子も集中してしっかり勉強している子は超難関大学に合格しています。
国公立医大に進学する子で塾なしの子は周囲にはいませんでしたが…
子供は塾なしで学校の勉強と問題集で旧帝大に合格しました。

ユーザーID:6242989406
そんなの学校と人による
鶴亀松竹梅
2017年9月22日 10:07

あら50既婚男性です。
 古い体験で申し訳けないです。
 進学校にいました。学校の勉強についていけませんでした。
結局予備校に通うことになりました。結果、難関大学に入学できました。
 しかし、クラスメイトは、学校を信じて予備校には行きませんでしたが
難関大学に入学できた!方もいます。
 どちらでもいいというのか、生徒というかお子様の向き不向きがあるか
と思います。

ユーザーID:4634622046
自分の知る限り
なるほど
2017年9月22日 10:17

本人の努力と運

ユーザーID:4372967390
私の場合は両方かな?
元秀才
2017年9月22日 10:22

 だいぶ昔ですが、一浪で超難関大学に合格した者です。
 私は都立高校出身ですが、当時は「ナンバースクール(旧制東京府立1中、2中、3中など)」と言われ東大に毎年4,50人合格するような進学校でした。
 志望大学が学園紛争の影響で入試中止になったため止む無く浪人し当時は最高のS予備校に通いました。
 私の場合は基礎的な学力は高校で培われたと思いますが、苦手だった英語と時間が足りなくて手が回らなかった歴史は予備校で受験テクニックを身につけられたと思います。
 ちなみに参考書はどれも似たり寄ったりで参考書で合否が左右されるとは思いませんね。

ユーザーID:0016445621
教科書と良い問題集
おにぎり
2017年9月22日 12:40

我が子は、公立トップから最難関国立に現役合格ですが、
通信も予備校も無しです。
学校も部活に忙しく公休が多かったし、3年時は授業より自習室でしたね。


受験勉強と呼べるような勉強は、高3の10月からです。
それまで、体育会系の運動部でバリバリに運動してました。
従って、予備校に行く時間が勿体無い。と
先輩から勧めてもらった問題集をひたすら解いてましたよ。

ただ、日頃から教科書は良く読み込んでましたね。
授業で先生が話すことは全部教科書に書いてある。と言ってました。
それで、基礎学力は付いていたのだと思います。


恐ろしいことに、過去問は2年分しかやりませんでした。
過去に出た問題が出るわけないから、傾向が分かれば充分だと。

現役合格した先輩方のお勧め問題集は秀逸だったようですよ。
流石、◯先輩のお勧めだけあるわ〜〜。とご機嫌で取り組んでました。

ユーザーID:3974900985
我家の場合です。
間もなく古希
2017年9月22日 14:20

長男:非東大、工学部、工学研究科(修士課程)⇒予備校と本人の努力です。

二男:非東大、美術学部⇒予備校と本人の努力です。

三男:東大、理学部、数理科学研究科(修士&博士課程)⇒学校と本人の努力です。予備校には行ってません。

ユーザーID:9686180244
疑問、分かります!
2017年9月22日 15:05

地方上位進学高校(偏差値70超)に子どもが通っていますが、最初から「志望大学に4年かけて行かせる」と宣言されます。
もちろん、4年目は高校が授業してくれるわけではありません。自宅浪人する子よりも、予備校に通う子がほとんどだと思います。

中高一貫校のスピードに公立高校が3年で追いつくのは難しいと言うことで、うちの高校だけではなく、他の公立上位校でも同じようなものだと聞いています。
(トップレベルの天才は、現役でも、もちろん突破します)

当たり前のように、浪人生の合格実績を高校の実績のように発表して「我が校の生徒は1年余分にかかってはいるが、難関大学にこんなにも合格しています」と進路指導で言われると、
「それって予備校の実績だろっ」と心の中で突っ込みを入れてしまいます。

他校の授業内容はさすがに分かりませんが、うちの子が通う高校は、大学の授業のように教師が教えたい内容をマニアックに教えているようです。
それに比べ、予備校は合格するためのテクニックを教えてくれますよね。
合格は予備校のおかげだと思います。
しかし、社会に出て、日本に貢献できる生徒の育成という点に関しては、高校で培った教育、人間関係が現れていると感じますので、合格だけを見るのは視野が狭いと感じます。

ユーザーID:2040020994
それよりも何よりも
2人の子を持つ講師
2017年9月22日 15:12

親の財力のお陰。
これがなければマーチ以上は難しく、これがあってこそその上を目指せる。

それから本人の努力も大事だけど、最高ランクには資質も必要。
客観的に子を見れば出来る子と出来ない子の差は歴然。

そもそも金を掛けるだけの意味のある子か無駄金になる子か。
素質がないのにガンガン金を掛け、尻を叩いて少し上の学校に行かせても本人の幸せとはほど遠い。
本人に合った道を選ばせた方が幸せで有ることと同時に、適切な支援(金・教育・指導)は子供の努力を何倍にも成果に繋げられるが、
逆に親の支援の仕方の悪さで、子の努力を無駄にさせ、下手すれば子の人生を潰しかねない。

良い受験校私立に入れるのと、公立で予備校に入れるのと、はたまた私立+予備校にするのと。
それは本人の適性で、何でも詰め込むだけ成果が出る子なら私立+予備校が良いだろうけど、キャパ越えで破綻する場合だってあるんだよ。
逆に自由にさせて、横道にそれることもある。
だからその子の特性を判断することが重要で、それは親に見る目があること、主観(親の欲)に惑わされない思考力が必要だ。
世の中の実態や友人の経験はあくまでも参考にし、先ずは我が子・自分を見つめることが大事である。

それから、親と子が陥る最大の落とし穴は、良い学校に行って良い会社に勤めたが、子供が自分の人生を幸せと思えず、受験に青春を潰されて、生きる価値を見失ってしまうことだ。
子を幸せにしたいと思ったから、良い学校に行かせてやろうとしたのに、いつの間にか良い学校が目的となってしまう事が原因だ。
公立・私立・予備校のそれぞれに利点も欠点もある。
そこで過ごす時間は、その後の受験結果の為だけで無く、子の人生の一部であることも忘れずに選びたいものだ。

ユーザーID:0705352173
なんといっても
くま
2017年9月22日 15:50

京都大学法学部卒業生です。

なんといっても、本人の能力と努力ですよ。

学校も塾も、それを後押ししてくれるだけです。

ユーザーID:1861892246
 
現在位置は
です