現在位置は
です

発言小町

新しいトピを作成
本文です

乳がん 術前検査や既往症の不安。ご意見下さい。 携帯からの書き込み

りえ
2017年9月24日 10:19

2度目の投稿です。
(前回:http://okm.yomiuri.co.jp/t/2017/0902/817514.htm
今月初め乳がんの宣告を受け、身のやり場のない不安をこちらで皆さんに助けていただきました。あれから3週間経ち入院の予定日も決まり、気持ちも落ち着いてきました。
そんな中、術前の検査をしているのですが、今回初めて3分間歩いてからの心電図をとり、異常が出ました。そして術式について、全摘で乳頭温存(病理では非浸潤でした)で同時再建を希望していましたが、病巣が乳頭近くで皮膚表面に近いことから、全摘の場合は乳頭ごと切除をしないとガンを取りきれないとの事。私は胸が小さい事と放射線は受けたくないので部分切除は考えていなかったのですが、病巣範囲も狭いし、非浸潤なので全摘する必要はないのかな、ましてや全摘だと乳頭ごと取らないといけないし、という医師の説明でした。
自分なりに気持ちを前向きに切り替えていましたが、心電図で再検査になったり術式の事を思い、また落ち込んでしまいました。
私は子宮筋腫もあり年に一度頸がん、体がんの検査もしていますが、グレーゾーンな時もあります。今月も生理が3週間ほど続きました。来週子宮の定期検診なのですが、もしまた引っかかって最悪ガンだったら、乳房再建時にエクスパンダーを入れるのでMRIは撮れないとし、とか、自分の気持ちの弱さにまた落ち込んで。
そもそも血液もM蛋白が出ていてMGUSという経過観察中のものもあり、コリンエステラーゼという成分の値が異常に高くそれ自体は問題ないようですが、全身麻酔が効きにくいと何かで読んだ事もあり何から何まで不安になってしまいました。全身麻酔については次回再度確認しますし、心臓についても来週エコー等の再検査があるので今から心配しても仕方ないのですが。
希望の術式ができず術前検査すらひっかかり、持病との兼ね合い、入院まであと一カ月待機という不安。同じような経験をされた方がいらっしゃればご意見下さい。よろしくお願いします。

ユーザーID:4959788105  


お気に入り登録数:19
  • 携帯に送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
古いレス順
レス数:14本

タイトル 投稿者 更新時間
患者会に参加しました
いわし雲
2017年9月24日 18:18

りえさんこんにちは。今一番しんどい時間を過ごしていることでしょう。昨年9月の初めに再検査で乳がん確定となりました。手術は11月の中頃でした。浸潤癌1センチ程度、リンパに転移もなく、ステージ1でした。部分切除、放射線治療25回現在はホルモン治療中です。私はラッキーなほうなのだと思います。患者会が有ることを知っていますか?私も去年の今頃は眠れない夜を過ごしました。県内の乳がん子宮がん患者の会をインターネットで知りました。当日の明け方に見つけて早朝電車に乗ってぶっ飛んでいきました。同じ経験をした人の経験談は一番心に響きます。勇気づけられましたよ。人工の乳房、脱毛の為のかつらの展示もあって実際手に取ってみました。がん協会の電話相談もあって不安なこと相談しました。今は、不安なことが有ったら聞いて聞いてと周りの人に話すことが気持ちの安定になるのかもしれません。私も昨年小町の皆さんにお世話になりました。無事に手術が終わると良いですね。

ユーザーID:0205104330
きっと大丈夫!
乳癌患者です
2017年9月24日 21:21

あなたと同じ経験ではありませんが、もっと重い状況です。

手術前にはあれこれ心配になりますが、まな板の上のコイです。
主治医はあなたにとって最適な方法を選ぶのです。
途中問題が起きても、無事に終えるのが仕事です。

こうだったのにこうなった、こう言う事を言われて不安になった。
...終わってみれば、手術は成功。
でもあちこち問題が起きます。
癌なんですからそういうものです。

粛々と治療をこなしてい行くだけです。
どうぞご自分を受け止めてくださいね。

ユーザーID:8606532817
がんばりましょうね。
まるちゃん
2017年9月25日 11:12

りえさん、初めまして。

私も、8月末の定期検診でステージ1の浸潤性乳管癌と診断され、来月の2週目に温存手術をうけます。

手術後は、放射線を25回だったかな、照射して、ホルモン療法(急激に閉経にするらしい)をします。

言い忘れましたが、年齢は50歳、シングル、子供は今年から就職して離れています。
幸い近所に両親がおり、いろいろ助けていただいておりますが。

手術するにあたっては、2週間ほどの休みが必要だということで、仕事の段取り等あり、手術まで日にちが空きました。

子宮筋腫のこといい、私とほとんど同じ感じの方でいらっしゃったので、いてもたってもいられず、出てきてしまいました。

閉経に向かいつつも、更年期の症状がもともとなくて、このまま過ごせればと思っていた矢先に、癌のおかげで強制的に閉経をむかえることになり、この先どんな症状がでてくるのか、不安でいっぱいであるのは事実です。

あまり人には言ってないけど、幸い理解のある会社だったので、今回は思いっきり甘えさせてもらうことにしました。

今まで入院や手術なんて無縁の私だったので、大丈夫といわれても、心配で心配でたまりませんよ。

とりあえず、先生を信用して任せるしかないとは思っていますが。

アドバイスにも何にもなってませんが、一緒にがんばりましょうね。

ユーザーID:3679251463
納得できる説明がもらえるように聞く!
まう
2017年9月25日 20:37

前回のトピでもレスをつけさせていただいた、まう(乳癌手術後1か月)です

>希望の術式ができず術前検査すらひっかかり、持病との兼ね合い、
>入院まであと一カ月待機という不安

大丈夫ですか?
希望の術ができないことについて、きちんと説明を聞いて納得できましたか?
私は、できれば部分切除希望で、事前の話し合いで断片陽性なら、さらに広範囲、
それでも取り切れなければ、乳頭をのこして全摘、もし乳頭の下に腫瘍があれば
乳頭もすべて摘出の全摘出という形で、と依頼しました。
手術が始まると、途中で患者本人には確認できませんからね。
納得していたので、結果が最終全摘でもいいや!と、考えていました。

自分の希望の術方法がなぜできないのか?納得いく説明を
いただきましたか?納得できれば、気持ちも変わると思いますよ

持病との兼ね合い部分も主治医さんにご相談されて、納得いくまで
説明をしてもらうのがよいと思います。納得いく説明を受ける為には
事前に「自分は何に対して疑問をもち、どうしたいのか?」
をはっきり明確にノートなどに書いて、先生に説明、先生の返事も
ノートに書き留めて整理するといいかと思います。

漠然と不安を持っているだけでは解決しません。
なにが不安なのか?それを先生にしっかりと話して、
不安を取り除いてもらえるよう、しっかりと答えをもらってください。

1か月待機は、そんなに心配しなくてもよいようです。
他の方も、みなさん、そのくらいの待ち時間のようです。
美味しいもの食べて、体調を崩さないようにお気を付けください。
私も、手術前に風邪ひいたりすることだけが心配でした。

ユーザーID:5316745410
セカンドオピニオンという手もある
まう
2017年9月25日 20:42

連投すみません、まうです。

もし、病院や主治医先生に対して不信感や不満があるなら
違う病院でセカンドオピニオンを受けてもいいと思います。
まだ日本ではあまり一般的ではなく、お医者様もいい印象を
受けないケースもありますが、手術後に不満があっては遅すぎますから。

但し、セカンドオピニオンを受けることにより、手術の日程が遅れる場合も
あるので、そこも悩みどころです。

メリットとして、違う手術の仕方を提案してくれる可能性もあり。
また、今の主治医と同じ意見の場合もあります、その場合は
「ああ、主治医の言う事は正しかったんだ」と安心できる、背中を押してくれる
きっかけにもなります。

私は、セカンドオピニオンを受けませんでした。
初回の告知から担当医様が信用のおける人と感じ、
また、手術、治療法など話しあった上で納得がいく説明を受けられたので
「この人についていく!」と決めていました。

また、周りの友人達の多くは、セカンドオピニオンを受けるようでした。
盲腸とかでもセカンドオピニオンを受けるといっていたので、あまり気負わなくてもよいと思います。

ユーザーID:5316745410
いわし雲さん、ありがとうございます。携帯からの書き込み
りえ(トピ主)
2017年9月26日 9:17

いわし雲さん、書き込んでいただき、ありがとうございます。
そうですよね、同じような経験をされた方の励ましをいただけるのが一番心強いですよね。

いわし雲さんも、告知から入院まで長かったですね、頑張って乗り越えられたんですね。
私も、来年の今頃は、いわし雲さんのように、同じように悩む方の役に立てたらと思いながら、乗り切ろうと思います。

病院が癌専門病院ということもあり、乳がん経験者の方のボランティアさんもいらっしゃり、話を聞いて下さる機会もあるようです。是非お願いしようと思います。


見ず知らずの私に、あたたかな励ましとアドバイスをいただいてありがとうございます。
皆さんからのお言葉、がかけがえのない支えになります。ありがとうございます。

ユーザーID:4959788105
乳癌患者ですさん、ありがとうございます。携帯からの書き込み
りえ(トピ主)
2017年9月26日 13:47

こんにちは。書き込んでいただきありがとうございます。

私には自分の病気を受け止める覚悟がたらないんですよね。実際、未だに認めなくないと思ってしまいます。何故私が?とばかり考えてしまい。


でも医療の現場の事もわからないのに、心配しても始まりませんよね。私と似たような状況の手術もたくさんこなされてると思うので、先生方を信じてお任せしたいと思います。
そう、粛々と治療や検査を受けていきますね。


見ず知らずの私にいろいろ気付かせていただき、励ましていただいてありがとうございます。
今日は心臓のエコーをとりました。
良い結果になるといいなと思います。

ユーザーID:4959788105
まるちゃんさん、ありがとうございます。携帯からの書き込み
りえ(トピ主)
2017年9月26日 16:15

まるちゃんさん、書き込んでいただきありがとうございます。

私よりすこし早く入院ですね。
同じような境遇の方にメッセージをいただいていてうれしいです。

前述の通り心電図でひっかかったので、今日は心臓のエコーをとってきました。そして入院の仮予約をしてきました。手術を受けるためのDVDを観てきましたが、全身麻酔も手術も初めてで、出産以外入院もした事がないので、
ただDVDを観るだけなのにドキドキしてしまい、なんて弱っちいの!私!と思ってしまいました。

でももう、先生方を信じてお任せするしかないですもんね。ジタバタしてもどうにもならないですもんね。

まるちゃんさんと一緒に私も頑張って乗り切ろうと思います。
見ず知らずの私に、励ましのあたたかなメッセージをいただいてありがとうございます。

私より少し早めの手術。
こちらから精一杯応援していますね。

ありがとうございました。

ユーザーID:4959788105
まうさん、ありがとうございます。携帯からの書き込み
りえ(トピ主)
2017年9月27日 15:48

まうさん、前回に引き続きありがとうございます。うれしいです。
来た球をどんどん打ち返せばいいとまうさんの言葉、いつもこころに留めています。

今回の術式ですが、自分なりに納得しているというか、仕方ないなと思っています。

今のところ非浸潤で、病巣もさほど広くなく部分切除という選択肢もあるのですがら、私自身は乳頭温存での全摘を希望していました。
でもは病巣が皮膚表面に近いところにあり、むしろ全摘だと全て取りきれない可能性が高いということ。また乳頭には浸潤していないと思うが、同じく病巣が乳頭にも近く、周辺をギリギリまで切除すると乳頭周辺の皮膚が壊死する可能性もあり、乳頭温存が難しいとの事。
ただ最終的な術式確定までの間に、他の医師に何かいい方法はないか聞いてみると言っていただきました。
転院して担当になった現在の医師はきちんと最後まで話を聞いてくれて、転院して良かったと思える先生ですし、今からセカンドオピニオンをしようとするとやはりご指摘の通りかなりの日数がまた必要になると思います。なので私も今の先生でお任せしようと思っています。
だいぶ気持ちも落ち着いて、頑張ろうと思ってた矢先の事なのでまた落ち込んでしまいました。

次回の診察の時に再度確認して、納得のいくまで話そうと思います。
私のためにこんなに親身になって考えて下さって、とてもありがたいです。

またこの場をお借りしていろいろ報告や相談をさせていただいた時、お時間あればまた見ていただけるとうれしいです。
本当にありがとうございます。

ユーザーID:4959788105
風邪にはきをつけましょうね
まるちゃん
2017年9月29日 16:34

りえさんこんにちは。まるちゃんです。

書き込みの翌日に麻酔科の先生との面談、心電図、肺活量の測定をしてきました。

心電図と肺活量はなんの問題もありませんでした。

麻酔科の先生からいろいろ話を聞きましたが、こういう成分のサプリはやめてくださいとかいろいろいわれましたが、結構飲んでいまして。。。

全身麻酔は結構リスクを伴うとさんざん言われました。

風邪には気を付けてね。といわれたのに、不覚にもその日の夜から咳と鼻水の風邪をひいてしまって、1日会社を休みました。

もしりえさんも風邪をひいてしまったら病院へ駈け込んで直してもらってくださいね。

手術までには治ると思います。

手術が終わったら報告しますね。

よかったら見てください。

では、頑張ってきます。

ユーザーID:3679251463
こんばんは
sekiko
2017年10月3日 0:16

前トピに続き気になって出てしまいました。

私も前に書いた様に大学病院の精密検査で乳頭近くに上下に一個ずつそのほかにも。だから右側全摘です、乳頭も。私も全摘はショックでしたが正直取ってしまうのなら乳首云々は頭に無かったのです。大学病院は術後同時形成をしていなかったので。

抗がん剤治療中に乳房再生の事を聞いたら治療が全て終わってからゆっくり考えても遅くないですよ、と言われもう数年経つと傷も綺麗に治ったらなんだか肋骨の浮き出た自分の片胸が違和感もなくそこにあり、これからエクスパンダーで広げるとか自分の背中から胸を作る術とか全く考えなくなりました。

二十代に追った私の障害の病気は腎臓、小学校の時から腎炎で二十代から人工透析で生きて来ました。3人上に兄弟がいる末娘ですが母が1人目妊娠で中毒症になり腎臓を悪くし私まで産み続けたのも原因の一つだと聞いています。23年透析をやって奇跡的に移植ができました。

でも自分の免疫を抑制する薬を死ぬかまた透析に戻るかしない限り一生飲み続けなければいけないので、私は乳がんの主治医から100%の抗がん剤は危険で使えないと言われ、8割方の薬の量で行きますと、効果はギリギリ大丈夫であろうと言うラインで。

それはそれは心配でした、打ち消すように8割なら副作用も軽い?等と軽く考えても体中の毛抜けました。

それと移植後に解った事で私には先天的な軽い「心臓弁膜症」があるようです。年一で検査を大学病院でしています。腎臓の悪い母がタンパク質を制限しながら産んだ赤ちゃんでしたから低出生体重児で2000g無かったそうです。そりゃあどっか形成か機能不全もあるでしょうね。
何でもすんなり行かない人は沢山いますよ。気持ち付いて行かないでしょうがきっと大丈夫。
子宮の方にも不安要素があるのなら私なら検査ができなくなるエクスパンダーを入れないと思います。私ならです。悪しからず。

ユーザーID:5892028322
2週間前に手術を受けました
栗ごはん
2017年10月3日 7:33

りえさん、こんにちは。

私は今年の初めに交通事故に遭い、半年ほど入院し、その間に全身麻酔の手術も10回受けました。退院してリハビリ生活に入ったところで、乳がんとの診断を受け、2週間前に手術が終わりました。
私は腫瘍が乳頭のすぐ下あたりだったため、乳頭を含む部分切除手術となりました。胸はもともと小さいし、同時再建はせずにそのままです。

何でこんなに悪いことばかりが起こるのか、やっと退院して希望が見えて来たところで、また暗闇に突き落とされた感じで、本当に辛いです。
状況は違いますが、りえさんの不安な気持ちもよくわかります。
でも、泣いてばかりいても何も改善しないし、とにかく前に進むしかありません。
私は、乳がん専門医の方の莫大なQ&Aがあるサイトを見て、色々と勉強するとともに、たくさんの乳がん患者の方が頑張っていることに励まされています。

50才になるまで大きな病気もケガもしたことなかったけど、今は今までの分とこの先の一生分のケガと病気がいっぺんに来たと思い、これを乗り切ればまた元気に過ごせると信じて頑張ります。
りえさん、一緒に頑張りましょうね!

ユーザーID:8823371332
sekikoさん、ありがとうございます。携帯からの書き込み
りえ(トピ主)
2017年10月6日 14:53

sekikoさん、再度書き込んでいただいてありがとうございます。

あれから心臓の再検査を受け、手術には問題ないとの事。そして先週は子宮ガン検査を受け、昨日結果を聞きに行きましたが問題なく、安心して涙が出そうでした。これでどうにか乳がんの手術に集中できそうです。


20代の頃からのsekikoさんのご様子。読んでいてとても苦しくなりました。私ならどうなっていたか、sekikoさんのように耐える事ができたか考えました。


入院が23日に決まり翌日が手術予定です。
とても怖いです。でもsekikoさんや皆さんが書き込んで下さったあたたかなお言葉や今までの経験を乗り越えていらした強さがとても心強く、しっかりと腹を据えて頑張ろうと思えるようになりました。ありがとうございます。

今日は急に冷え込みました。
風邪にはお互いに気をつけましょうね。

sekikoさんがお話しして下さった事、しっかりと受け止めて頑張ってきます。

ユーザーID:4959788105
栗ごはんさん、ありがとうございます。携帯からの書き込み
りえ(トピ主)
2017年10月6日 19:36

栗ごはんさん、書き込んで下さってありがとうございます。

半年間入院され、手術も10回も受けられて本当に頑張りましたね。どれだけお辛かったか想像もできません。
やっと退院されて、頑張ろうという時に乳がんの宣告も受けられて。自分の事のようにとても悲しい気持ちになりました。

でも栗ごはんさんは、辛い入院から解放されても尚きちんと乳がん検診を受けられたのですよね。すごいと思います。私は経過観察中のものや単なる主婦検診まで今まで年に8回検査を受けていますが、その度結果が怖くてたまりません。でも、ちょくちょく検査を受けていれば何かしらの異常が病気を知らせてくれるだろうと思い直して行くようにしています。


術前検査で心電図にひっかかり、再検査をし、
そして先週は子宮ガン検診を受け、両方とも大丈夫な結果が出て昨日は久しぶりにお風呂にゆっくり入る余裕ができました。


私も今まで入院するような病気はした事がなく、風邪も数年ひいていないような状況でした。でも乳がんになって今、パート勤めも辞めノンビリしていると、あ、今までがむしゃらに生き過ぎたなぁと思う事があります。
どこまで読んでいただいたかわかりませんが、私は両親や弟を早くに亡くしているので、その分濃密に生きなくては、という思いが強くいつも一生懸命になってしまって。

なので今回の乳がんで、少し休めということかなと。


23日に入院します。辛い時は栗ごはんさんの事も思い出して乗り切りますね。

見ず知らずの私にあたたかなエールをありがとうございます。感謝します。

ユーザーID:4959788105
 
現在位置は
です