現在位置は
です

発言小町

新しいトピを作成
本文です

大相撲の座布団投げ、行儀のいい国で何故?

2017年9月26日 1:14

長年の疑問です。出場選手にも失礼だし、当たったお客様にも失礼。
場内アナウンスもなしのつぶて。
一体何故無くならないのか不思議です。
ファンの皆様はどう思っていますか?
着物を召されている女性ファン、髪を潰されたら怒り心頭ですよね。

ユーザーID:4309533681  


お気に入り登録数:4
  • 携帯に送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
古いレス順
レス数:6本


タイトル 投稿者 更新時間
それくらい興奮したってことかな?
下の上
2017年10月11日 11:33

一度だけ桟敷席で見たことがあります。
ざぶとんを投げるような事が起こらないかわくわくしていました。
(こどもだったのでお許しください)

幸か不幸か横綱が敗れることはなく、ざぶとんは投げませんでした。
(千代の富士が連勝中でした)

だいたい投げるのは横綱が敗れた時ですよね。
それくらい興奮した〜〜〜!!!という表れで、
「座布団は投げないようお願いします」のアナウンスは
「押すなよ、押すなよ」というお約束・・・ではないですが。

後ろや上から座布団が飛んできたらけっこうな衝撃だと思います。
まあ、お行儀はよろしくないですね。
でも、そういう取り組みを見てみたいです。

ちょっとトピ主さんの求めている答えでないようですみません。

あ、着物で髪をしっかりされてる方はがっちり固めてるので
ちょっとくらい大丈夫かも・・・。

「今日は髪が乱れてますね」
「ええ、ちょっと相撲で後ろから座布団が飛んできましてね」
なんて会話の糸口になってそれもまたよしだったりして・・・。

ユーザーID:4417458794
好きなんですが、座布団投げ
すもうるオンナ
2017年10月14日 8:24

悪いのかどうかは知りませんが、横綱が負けたら座布団投げするの、って好きなんですよね、盛り上がっていいじゃないか!と思う。野球の風船飛ばしみたいな盛り上がり。軽いウレタン座布団なら危なくもないし、と。トピ主様の、着物の女性云々はその場に臨場してりゃ、そのくらい当たり前でしょ、って感じで。

ユーザーID:3040004535
レスします。
みんなのなかへ
2017年10月15日 22:47

座布団を投げるのは、強い横綱を負かせた相手力士に対する殊勲、祝福の意味をこめていたものであったはず。めったに起こりえない「波乱」のシンボルである。

ところがいつかの九州場所で、九州では絶大な人気を誇っていた元大関魁皇の取組で、勝っても負けても座布団を投げる人が多かったため、これが要因で九州場所では座布団を飛ばせないように座席にくくりつけるようになった次第。

ちなみに上部の椅子席は座布団がないはずだから、座布団を投げるのは高い升席の人たちだけどね。

ユーザーID:1206383222
お約束
2017年10月17日 6:07

取組みで波乱があった時に座布団を投げるのは、いわゆる「お約束」です。場内アナウンスの「座布団を投げないで下さい座布団を投げないで下さい」というのも含めて。
行儀が良いとか悪いとか、そういう問題ではありません。
桝席に陣取るような粋な方々は、座布団当たってナンボ、文句を言うような無粋なマネはしないものです。

と書いてしまいましたが、現在では正式には禁止されているそうですね。
でも伝統の様式美として復活させて、安全に投げられるよう軽い座布団にすべきという意見もあるそうで。

ユーザーID:4051440756
帽子投げと同じようなものだと
CADET
2017年10月19日 13:21

>ファンの皆様はどう思っていますか?

アメリカの海軍士官学校 空軍士官学校や日本の防衛大学では、卒業式で帽子投げをやります。
解放感や達成感を表すものだそうです。

相撲でも、メチャ強い横綱には絶対勝てないよなと思われていた関取がここぞというところで勝って、観客は勝者に代って達成感/解放感を表しているのですよ。

座布団の代わりに投げ易く怪我しない何かを、予め観客に配っておくといいんじゃないでしょうか!

ユーザーID:2213866536
実際に座布団が当たったけど、そんなに嫌ではなかったです
1度だけですが…
2017年10月19日 20:06

日本在住時は、あまり相撲に興味が無かったのですが…

外国人夫の仕事関係者や別の外国人の通訳として私も招待され、桟敷席に座って何度か観戦した事があり、1度、横綱が負け座布団が飛びました
ぼんやりしていた私の頭に1枚直撃しましたが、軽く柔らかい物なので、そんなに痛くはなかったし、失礼だとは感じず、暫く座布団に当たった事を話題にしてました

周囲に当たった人は数名いましたが、皆、興奮状態でしたので当たった事に文句を言っている人を私は見かけず、逆に波乱を楽しんでいるように見えました

大勢の人がぶつかり合うようなお祭りでは、参加者や見学者は激しさが増すと気持ちが高まる事があっても、ぶつかった事に文句を言う人はいませんよね?
そんな雰囲気でした

その日、同行した方と現地で偶然会った知人が着物を着ていましたが、2人とも普段から自分で着物を着、着物に合う髪型にセットしているので、観戦し終わったらスーッとお化粧室に行き、着崩れや髪型等をチェックし何事もなかったかのように帰途についていました
現地で会った知人は贔屓にしている力士さん(当時は、まだ有名ではなかった)がいるようで、その方が勝って座布団投げる日が来るのが夢なのと、ほほ笑んでいました
相撲ファンにとっては、それも含めて相撲なのでは?と思います

相撲に興味が無かった私も、食べたり飲んだりしながら、桟敷で見るのは面白いなと感じましたし、外国人も日本人の行儀が悪いとは感じなかったようで「あぁ、これが噂の…」と座布団が飛んだ日に居合わせた事を喜んでいました

主様は他国でスポーツ観戦した事ありますか?
国やスポーツによって何が許されるか異なりますが、凄くお行儀よく見るスポーツってあまりないですよ
他国、他のスポーツではもっとびっくりする事や反社会的な行動もあったりしますので、座布団が飛ぶくらいなら可愛い習慣だと私は感じています

ユーザーID:0486170961
 


現在位置は
です