現在位置は
です

発言小町

新しいトピを作成
本文です

ダズン

ハイホー
2017年9月26日 19:53

って、何のこと?

知らないから(或いは面白そうだから)覗いてみようかな。

いや、つまらなそうだからパスしよう。

そんなことはどうでもいいですが、鉛筆は何故かダースでした。
(勉学のシンボルのようなもので我が家にもある程度の本数残っていますが、今の時代誰も使ってくれません)

さて本題です。

園芸用支柱やクリップは何故5個単位で売られることが多いのでしょうか?

2,3,4,6の倍数であるダース単位(或いは半ダース)のほうが使いやすいと思うのですが・・・

ユーザーID:7552822703  


お気に入り登録数:1
  • 携帯に送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
古いレス順
レス数:6本

タイトル 投稿者 更新時間
時間は何で60秒60分24時間? 角度は何で360°
12進法
2017年9月28日 9:51

12進法って不可解ですよね。でも、

>園芸用支柱やクリップは何故5個単位で売られることが多いのでしょうか?
>2,3,4,6の倍数であるダース単位(或いは半ダース)のほうが使いやすいと思うのですが・・・

どちらであれ、決まっていればいいのでは。
庭の菜園だと10本の支柱は多すぎる。ならば半分の5本あたりが順当でしょう。
そして、支柱は5個単位なのに、クリップは半ダース単位とかじゃ困るでしょ。

ユーザーID:3710725231
少子化の影響
tora
2017年9月28日 13:04

たとえば、一家族は3〜4人です。ですから、家族分買うには4個あれば十分です。中には5人家族もいるので、それでも5個あれば足ります。6個(半ダース)は多すぎます。

それと、5の倍数は数えやすいです。下桁が、5か0です。

6の倍数だと、下桁は0、2、4、6、8と様々です。

ユーザーID:1830386288
意外ですね
ハイホー(トピ主)
2017年9月30日 22:57

支柱は1本で使うこともあり、バラでも売っています。
しかし、2本、3本組で使うこともあります。
まとまれば安くなるのが常ですから、私は5本組よりも6本組がよいです。

クリップは用途によっては単独で使うこともありますが、ネットを張ったりするような場合はどうしても組になります。
5個だと2個と3個に分かれるので、どうも使いにくいです。

お菓子の詰め合わせも、12個、18個、24個のほうが分けやすいです。
20個の場合は、18個のスペアーと捉える場合が多いです。

因みに時計や角度は60(360)という数字が約数が多いことから、先人が取り入れたそうですが・・・

ユーザーID:7552822703
一概には言えない部分ではある。
匿名
2017年10月3日 12:57

5本という意味があってそこから料金設定したものもあれば、
逆に料金設定が先にあって個数が設定されている場合もあるでしょう。

ただ、敢えて3とか5という素数に設定するのは意図なしではない気がしますよ。
一度の購入で途切れるか、ストック(予備)などで残してもらうか。

使い切って終わる場合、次回追加購入する際に前と同じものにする必要も薄くなる。
だから敢えて奇数・素数である数字で予備にしてもらって構わないというのはある。

逆の例で言えば、トピ主さんが書いたお土産の箱入りお菓子であれば、
それは購入者の都合でなく貰う側に都合の良いものとしての設定でしょう。
単に直方体の箱に収める際に都合が良いだけでなく分けやすいもののほうが
購入者が送る相手が分けやすいようにと考えてくれるとも言えます。

同様に乾電池などは基本が偶数個ですよね。
これは予備の意味も含まれているが、ビニールの包装を解く前の段階でストックする。
包装を解いたあとで通電可能なままストックしていても劣化していく可能性がある。
そういった意味で封を開けたら使い切る前提での個数設定というものだと思う。

そういった商品に使い切るとか分けるという観点が少ないものであれば
ちょうど使い切る数でないほうが売上向上に良い影響が出るのではないかな?

まとめ売りでバラ売りよりも安くするなら、次回以降の再購入をしてもらいやすい
予備が残りやすい個数にしたほうが良いだろうから。

ユーザーID:6633435884
そもそも
みか
2017年10月3日 14:35

そもそも、園芸というより、農作業用の道具メーカーが作ってる。
今ネットでみたら、大体が100本か50本が1単位。
それより小口は、100を分けていっている、と考えられる。
最初の単位も、100本が梱包した時の重量に耐えられる限界とか、箱の大きさがトラックに積みやすいとか、そのあたりでしょうかね。
細いものだから、あまり束ねすぎると、重量に耐えられずたわんだりするでしょうし。
その辺りの品質的な限界値があるはずです。
あと、一本一本つくる訳じゃなく、多分100本単位以上で作らないとコストが合わないでしょう。
園芸用は、その、元の単位を小分けにしていってるだけだと思うんです、常識から考えましたら。
まあ、ただの想像ですが。

ユーザーID:7986194700
たとえば
tora
2017年10月3日 15:59

同じものを、50個必要なとき、100個必要なとき、何ダース買えばいいですか?

10進法だと、それぞれ5組、10組買えばいいですね。

ダースだと、5組、9組になります。いちいち計算しなければでません。

それと、時間や角度は古代バビロニアの60進法がもとになっております。

ユーザーID:1830386288
 
現在位置は
です