現在位置は
です

発言小町

新しいトピを作成
本文です

お腹の赤ちゃんは死んでしまう運命。混乱しています 携帯からの書き込み

ねこまる
2017年9月27日 14:39

初めて投稿させていただきます。
現在、妊娠8ヶ月の妊婦です。
体調も良く、健診でも毎回順調だと言われ、生まれてくるのを楽しみにしていました。

しかし、7ヶ月の健診で、赤ちゃんに異常がみられるかも、とのことで大きな病院へ紹介状を出され、検査。
結果は、赤ちゃんに致命的な病気があり、生まれてきた瞬間、息が出来ずに亡くなるとのことでした。
ほぼ100%で、治療法もありません。

突然のことで、頭が真っ白になりました。
今すぐどうにかできるわけではなく、このまま妊娠を継続して、陣痛がくるのを待つしかない。最悪の場合、お腹の中で心拍が止まってしまう可能性もあるとのことです。

受け入れられません。毎日、涙が止まりません。
頭ではわかっていて、現実を受け止めなければならないことはわかっています。
出産なんて、無事に生まれてくるまで何が起こるかわからないし、生まれてからわかる病気もたくさんあることは理解しているつもりでした。
でも、『なぜ我が子が?どうして』という気持ちで、怒りと悲しみでどうにかなってしまいそうです。

胎動を感じたり、どんどん大きくなっていくお腹を見ると、辛くて悲しい気持ちになってしまいます。
『一緒に居られる今の時間を大切にしよう、お腹をたくさん撫でて愛してあげよう!』と思える時もあれば、『もうこれ以上苦しめないで、早く出てきてよ、、』って最低なことを思う時もあったり、情緒不安定です。

また、初産なので、出産もこわいです。
ただでさえ命懸けなのに、我が子は産声をあげない。とてもじゃないけど耐えられる気がしません。頑張っても、すぐにお別れになってしまうなんて、

もし同じような経験をした方がいらっしゃったら、どのように乗り越えられたのかお話を聞きたいです。
また、『赤ちゃんが死んでしまうのを待っている今の時間』をどう過ごすべきなのか、ご意見いただけたら嬉しいです。

ユーザーID:1417184981  


お気に入り登録数:513
  • 携帯に送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
古いレス順
レス数:40本

タイトル 投稿者 更新時間
調べましたか?
ICHICO
2017年9月27日 17:58

おなかの赤ちゃんは肺にかかわる形成不全・異常でしょうか。

高度先進医療でケアする方法はあります。
もちろん治療を受けたからと言って100%助かるわけではない。
けれど、ただ漠然と出産を待つよりも積極的な医療を受けることも視野にお入れになりませんか?

胎児の段階で治療を受けることが可能なケースですと出征後の生存率が上がるようです。

肺低形成の場合は、重症度によって必要な酸素呼吸器の種類が違ってきます。
専門性が高く、特殊な医療でもありますので受け入れてくれる病院にはかぎりがありますが、現在妊娠8か月というせっぱつまった状況でもありますから
とにかく調べて診察の依頼をしましょう。
それこそ食い下がってでも受診しましょう。

ユーザーID:1705912655
流産しました
ぷう
2017年9月27日 18:17

育ってないかも、と言われピンとこなかったけど、帰り道運転中に突然号泣しました。
路肩に停めて涙が止まりませんでした。
次週旦那さんも連れてきてと言われ診察後一緒に話を聞くと「やはり育っていない。来週手術する。」と、、、
普段泣かない方ですが、一週間の間「生きてるよね!栄養つけようね!来週先生もビックリするかもね!」ってお腹に話しかけていただけに、話に着いて行けず部屋を飛び出てトイレで号泣。妊婦さんをビックリさせないように声を押し殺して。

でも立ち直りの早い性格なので、「お母さんのせいじゃないよ。よくある事」とあっけらかんと言ってくださった先生の言葉に救われ、「どんな簡単な手術でも命の危険が無い訳じゃないと覚悟していたのに手術が無事に済んだ」という事に感謝する事にしました。

残念な事ですが、ホントよくある事です。
自然の流れです。
無神経だったらごめんなさい。
でも大丈夫ですよ。

ユーザーID:9998266065
赤ちゃんとの時を大事に携帯からの書き込み
セキセイインコ
2017年9月27日 18:40

赤ちゃんとの時間を大事にしてあげてください。

きれいな景色を見せてあげたり、美味しい物を食べて「見てー。きれいだねぇ」、「美味しいね、ママはこれざ大好きなんだよ」など、お腹の赤ちゃんにたくさん話しかけてあげてください。

帽子や産着を手作りされるのもよいかと思います。

なんとお声をかけてよいかわかりませんが、いつの日かまた、あなた様のところに赤ちゃんがやってきますように。
心から笑える日が来ますように。

力及ばずながら、お祈りしています。

ユーザーID:2734057653
時間でした
4子の母
2017年9月27日 18:43

6ヶ月の頃 異常が見つかりました。
「産まれても数分持つのか1週間持つのか」
と説明を受けました 私は21歳初産でした。

今なら死産として産むことも可能です
ただし、生まれた子供は処置をしないので
そのまま息が止まるのを見守る
それが医者の言葉です
あまりの言葉に医者を恨みました

ならば、出産までは一緒に過ごし
産まれてきたら運命に任せると決めました
産まれて2週間の命でした

数ヵ月後に友人が出産
辛くて会うことを拒否しました
1年は買い物で見かける子供すら疎ましく
悲しく辛く、外出が嫌でした
2年ほどして、友人と会いました

2年かかったんです。
トピ主さんの気持ちは、あの時の私と同じ
思い出すだけで辛いと感じます
あなたの気持ちも痛いほど伝わります

私は選びました
少しでも長く一緒に過ごそうと。
必ず健康な子供を授かるとは限りません
無事に出産できるとも限りません
辛くとも投げ出せません

お腹の赤ちゃんはね
産まれるまで、お腹の中では
痛くも苦しくもなく幸せに暮らしているそう
少しでも長く幸せを感じさせて欲しいと
私は思います。
そしてトピ主さんも、あなたの赤ちゃんとの時間を大事に過ごして欲しいと思います。
例え先が見えていても、今はあなたのお腹で
幸せなんです

ユーザーID:8011327639
運命・・・
おばば
2017年9月27日 18:44

 
 私にも娘がいます。同じ様な事が起きたらどうするかな?と考えました。

 医学が進歩しているのに100%治療法がないなんて・・・

 今の、ねこまるさんのお気持ちを思うと本当に辛い、辛いです。
 抱きしめて、悲しみの気持ちに寄り添いたいです。
 しかし、少しの間でもねこまるさんは、お腹の赤ちゃんのママですよ。

 話がずれてしまい済みませんが、面白いにポチした方どんな気持ちでポチ
 したのでしょうか?面白いですか・・・

 

ユーザーID:8417153724
言葉がみつかりません携帯からの書き込み
パンダの子
2017年9月27日 20:54

とても辛い気持ちですね。
どうお言葉をかけてよいか分かりませんが、私も同じ気持ちで出産を待ったので、トピ主さんの気持ちが分かります。

私の子供は、先天性肺嚢胞症という病を持って生まれてきました。 妊娠中に病気が判明し、生まれるまでの2ヶ月間は絶対安静のベッド生活、入院でした。
この病気は、お腹の中では普通に生きてるのに、生まれた瞬間に肺が機能できなければ生きていけない、生まれるまで生死がわからないと言われていました。
入院中の2ヶ月間は地獄のような日々でした。

出産の日、生まれて肺が膨らまなければ即手術予定で、周産母子センター・小児外科・小児科のスタッフ揃いの中での出産でした。

私は、その過程には一つ一つに大きな意味があって、なるべくしてそうなったと思っています。 今のトピ主さんは、まだ気持ちが混乱して悲しみのどん底で、私の言ってる意味が分からないかと思います。

悲しみはいつかきっと癒えます。
今のお子さんが亡くなることはとても辛いですね。

きっとまた、トピ主さんのお子さんとして、元気な姿で戻ってきてくれると思います。

どうか、前を向いてくださいね。

ユーザーID:4270554635
エール連打!!
ぽち
2017年9月27日 23:09

辛いですね。 でも大事なお子さん、できるだけかわいがってあげて下さい。

話し声、聞こえています。いっぱい話しかけてあげて下さい。今してることの実況中継とか。話すのに飽きたら、クラシックでもお好きな曲でもかけて、一緒に聴いて下さいな。

パパとママの出会いから、語って教えてあげるとか。

お腹もなでたり、トントンしたりしていると、気が向いた時に返事してくれるかもです。上の子はしてくれました。下の子はさっぱりでした。

お別れのことについても、説明してあげて下さい。きっとしっかり聞いてくれています。

別れがはっきりしているのは切ないですが、予測できている分、今を大切にして、少しでも甘い時間を味わって伝えてあげて下さい。

そして、次の弟か妹をしっかり守ってくれるよう、お願いしてみませんか?

妊娠後期でも赤ちゃんを亡くしてしまったケース、私の周りでも何人かいます。その後出産したりしていますが、名前を付け、御葬式も出しているので、普段の家族の会話の中でも時折出てきているようです。

可能なら、火葬される前に、お顔の写真とかわいい手形、足形を残しておいてはいかがでしょう? 本当にかわいいと思います。

ユーザーID:0582304908
同じ経験をしました
虹の花
2017年9月28日 3:46

最初の赤ちゃんでした。妊娠8か月のころにわかりました。お腹の中では生きられるけど、外の世界では生きていくことができないと。致命的な病気だと。初期流産してもおかしくないレベルの染色体の病気でした。おそらく陣痛は来ないから、母体優先のため37週まで赤ちゃんはお腹の中で過ごし、誘発して出産しましょうと決まりました。

しかし陣痛が自然に始まり、初期陣痛の中で赤ちゃんはお空に帰っていきました。陣痛に耐えられない赤ちゃんとわかっていたので驚きました。陣痛は赤ちゃんが起こすものという説があるので、赤ちゃん自ら選んだタイミングだったのかもしれません。
小さなかわいい赤ちゃんでした。産声はありませんでしたが、かわいくてかわいくて。

私は出産までの日々はただぼんやりと日常を送り、話しかけお腹をなでで、小さな赤ちゃんと分かっていたので小さな産着を作ったり、天国に持たせていきたいものを用意したりしました。

経腟分娩だと思います。産むしかありません。
覚悟は決めなくていいです。でも必ず出産はやって来ますしお別れの時も来ます。

赤ちゃんにもらった時間たと思って、お別れの準備をしてください。
このお別れの準備が後々の自分を救います。天国に持たせていくお土産、最後に着せてあげる産着。用意しましょう。
出産したら、たくさん抱っこして写真を撮ってください。
赤ちゃんの体をお空に返すまでしか一緒にいられないのです。後悔のないように。
出産直後で体がガタガタかもしれませんが、がんばってください。

たくさん泣いてください。どうか自分の心に無理をしないように。
悲しくて辛くて当たり前です。我慢しないでください。
乗り越えなくていいです。乗り越えようとすると辛いですから。

でもいつか辛さが和らぐ時が来ると思います。
私の場合は、そのあとに授かった子の育児に翻弄されているうちにでした。

ユーザーID:2823739384
お察しします 1
マイナンバー
2017年9月28日 8:33

ほとんど同じ経験をしました。違うのは、我が家は第二子だった事と、病気の発見が早かったことです。

安定期入ってすぐのタイミングでした。うちもこのままお腹の中で亡くなるか、無事出産を迎えても100%生きられないと言われました。
医師からは「医師としては母体保護のために人工死産を勧める(週数的にギリギリ可能でした)。妊娠継続も希望があれば可能だけど、悲しいお産になる事は間違いないので、まだ赤ちゃんが小さいうちに産んだ方が母体のリカバリーも早く、また精神的にも負担が少ないと思う」と言われました。

当時夫が単身赴任で、毎晩電話で話し合いお互いの気持ちや考えを充分にシェアしました。日中は図書館で関連資料を読み漁り、また同じような経験をされた方のブログなどもとにかく調べまくりました。人工死産はあまりに残酷ではないかと悩みましたが、調べても調べても、もうどうしようもない事なのだと痛感せざるを得ず。

そして、どうしようもないのならば、残された時間を泣いて過ごしては赤ちゃんがかわいそうだと思いました。第一子の娘はお姉ちゃんになるのをものすごく楽しみにしていたので、赤ちゃんが病気になってお空に帰らなければならなくなった事を話したら泣いて泣いて…とても胸が痛みましたが、娘も「赤ちゃんにたくさん思い出を作って送り出してあげよう」という私と夫の提案に賛成してくれました。

我が家は家族旅行好きなので、赤ちゃんを一員に「四人家族」の思い出旅行に急遽行きました。それと、赤ちゃんはまだとても小さく、産着が市販のものではサイズが合わないので、かわいい布を選び縫いました。とにかく何か「母として」赤ちゃんにしてあげたかったのです。
お別れの前日には家族みんなでお手紙を書いて、赤ちゃんへの感謝と「また会おうね」の気持ちをたくさん伝えたり、みんなで絵本を読んであげたり、歌を歌ってあげたりしました。

続きます

ユーザーID:1303837686
お察しします 2
マイナンバー
2017年9月28日 9:01

続きです。

してあげられたことは少ないけれど、泣いてその日をただ待つだけではなく、ある程度やれる事はやったと思えました。

無事生まれていたら3歳。火葬した時の悲しみは忘れられませんが(まだ骨壷手放せずにいます)、それでも赤ちゃんにしてあげられた事があったからこそ、気持ちの整理は割と早かったと思います。

今でも家族で大切にしていますよ。誕生日が私と2日違いなので一緒にお祝いして、年齢に合わせて絵本を贈っています。毎日お供えして、月命日にはかわいいお花を。上の娘も自分のおやつを「お供えしてあげて」と分けてくれます。家族みんなずっと赤ちゃんのことは忘れていません。

この悲しい経験はもう二度と嫌ですが、それでもあの子に会えた事や、教えられた事がたくさんで、かけがえのない経験でもありました。命について深く考え、学ぶ機会を頂いたのだとも理解しています。

同じ経験をされた方のブログはとても励まされました。それと産婦人科医の池川明先生の本がとても良かったです。赤ちゃんは我が家を選んでやってきて、短い間だったけどそれも意味のある事だったのだと思えました。

8か月で胎動もあり、私よりも実感がある分お辛いと思います。今は周りの言葉も届かなかったり(励ましのつもりでかけてくれた言葉に傷つく事もある)混乱されているでしょう。
たくさん泣いていいと思います。そしてその分たくさん気持ちを伝えてあげてください。お腹の中で心拍が止まるかもと思うと旅行などは心配で行きにくいかもしれませんが、ご主人と三人で穏やかで暖かな時間をたくさん持ち、赤ちゃんが「短い時間でもこのパパとママを選んで良かった」と思ってもらえるように過ごされると後から後悔が少ないのかなと思います。

時間はかかりますが、焦らずに。遠くから気持ちを送っています。

ユーザーID:1303837686
お辛いですね
みゆき
2017年9月28日 9:38

天使ママ ブログ
などで検索してみてください。同じようなママたちがどうしていったか書いてあります。

ユーザーID:5141522209
優しいお母さんですね
えるる
2017年9月28日 12:29

あまりのことに何とお声をかけていいのかわかりませんが、何か伝えたいと思いこれを書いています。

トピ主さんの「一緒にいられる時間を大切にしよう」というお気持ち、赤ちゃんにも伝わっていると思います。赤ちゃんは「この人」と親をえらんでお腹に宿る、と聞いたことがあります。短い間だけでも、トピ主さんのお腹の中にいて、大事に思われたこと、話しかけてくれたこと、魂はきっと忘れないと思います。時がくれば、再会できるのではないでしょうか。(私は少なくともそう信じています)。どうかお体をお大事になさってください。

ユーザーID:5338095062
いくつか受診しましたか?
あられ
2017年9月28日 13:28

病院は何箇所も行かれた結果でしょうか
体調が良いとのことなので、少し遠方であっても別の医師の診察に行かれてはどうでしょうか
胎児医療専門の長良医療センターとか、 時々テレビなどで紹介されていますよね
お住いの近くにもいくつか専門病院はあるのではないかしら
軽々しく言ってすみません

今からご出産後までのお身体のケア全般、お任せできる良い医師とめぐり逢われますよう、お祈りします

ユーザーID:5461955410
だからあなたを選んでうまれてきてくれたんだと思います
みのり
2017年9月28日 13:30

大丈夫ですか?
初めての妊娠で、とても辛い経験ですね…。
私も、二年間の不妊治療の末、
やっと出来た初めての妊娠。
順調な健診だったにも関わらず、
妊娠6ヶ月で胎児の先天的な病気が発覚しました。
自発呼吸が出来ないから、胎内でしか生きていられない、と。
受け入れるのに少しだけ時間はかかりました。
でも、赤ちゃんは自分の運命を全て分かったうえで
それでも自分を一番大切に、
愛してくれる人を親として選んで生まれてくるんだよ、と
いうことを聞いて、だから私たち夫婦のところに
生まれてきてくれたんだと思えるようになりました。
お辛いとは思いますが、今ある一緒の時間を
少しでも穏やかに過ごせるようにとお祈りしてます。
胎動があるのでしたら、
お腹の中の赤ちゃんとお話をいっぱいしてあげてくださいね。
私も出産までお腹に手を当てて、話してました。
〇〇(胎名をつけてたので)は
ママとパパを選んで生まれてきてくれたの?
と聞いた時が
一番強くお腹を蹴ってくれたことが
10年近くたった今でも忘れられません。
色々辛いことも多かったですが
それでも周りの人の優しさに沢山触れて、
主人との絆も強くなり、
誰よりも短い人生ということを分かって、
それだから私を選んできてくれたことに幸せを感じています。
あまりご自分をせめず、心穏やかにお過ごしくださいね。

ユーザーID:4322864380
思い出したお話があります。
エム
2017年9月28日 14:01

とても大変な状況ですね。
心中を察するに余りあります。

ねこまるさんのお話を読んで、思い出したお話があるのです。
それは無脳児を産んだある母親の話です。
その方は妊娠4ヶ月の時に病院の超音波検査で、お腹の赤ちゃんが脳がない無脳児ということがわかったそうです。
すぐに中絶しましょうと医者に言われましたが、そのお母さんは「たとえ頭がなかろうと、どうであろうと、この子は私の子です。私は産みます。」と言いました。
周囲は驚き、そして大反対したそうです。
最終的に吉村医院で受け入れられ、普通の妊婦として妊娠期間を過ごし、予定日の少し前に陣痛が来て、出産しました。
とても元気な赤ちゃんで、色つやもよく、元気に泣いていたそうです。
でも頭がすっぽりありません。
このあと、赤ちゃんは何時間か生きていました。
母親はとても喜んで、「可愛い、可愛い」と言って、母乳をふくませ、名を呼びました。
この赤ちゃんは最後には亡くなりましたが、その誕生は意味がないものだったでしょうか。
赤ちゃんはこの世に生を受け、お腹のなかで一生懸命手を動かしたり、足を動かしたらい、呼吸の練習をしたりして、10ヶ月間、いろいろな経験をしてきました。
そしていよいよ陣痛が始まって、この世に出てきました。
やがて呼吸は止まってしまうのですが、声も出し、お母さんのことも見たはずです。
それはほんの数時間にすぎないかもしれませんが、人生を生きたわけです。
つまり妊娠して、お腹のなかで育ち、お腹のなかで人生を歩んで、そして分娩を体験し、生まれてきた。
そのあと一人前の赤ちゃんとして、お母さんに抱かれ、声をかけられ、最後は自然に呼吸が止まりました。
ふつうの人間の一生となんら変わりはない、ただ、生まれてから死ぬまでの時間が短かっただけです。
立派な一人の人生を生きたことに変わりはありません。

私もそう思います。

ユーザーID:7933759782
ただ一緒にいる
いじめはいけない
2017年9月28日 14:04

悔しいですね。
不安ですね。
ただ、おなかの子どもと一緒に居てあげることしかできないなら、
ひたすら一緒に居てあげてください。
胎教にいいといわれること全てをやってあげてください。

いい音楽聴いて、美しいものを見て、おいしいものを食べて。
お腹なでて、「大好きだよ」って話かけてあげて。

「いま、あなたと一緒に居られてうれしいよ」
って、伝えてあげることしかできないから、それだけはたくさん伝えてあげてください。
気温差の激しい時期です、暖かくしてどうぞ、ゆったりとお過ごしくださいね。

ユーザーID:0751772519
同じでした
ゆずちゃんのママ
2017年9月28日 18:53

同じでした。お気持ちとてもわかります。私の赤ちゃんは臨月の時にお空に旅立ちました。それまでは次の妊娠の事を考え、お産の方法も自分最優先でした。でも亡くなって静かなお産が終わると、かわいい我が子に変わりありませんでした。必ず立ち直れる日は来ます。私は同じ経験をしたママたちと天使のお洋服を作る事で立ち直れました。今は想像もつかないと思います。でも今だから、あの時あの子の事だけをもっと考えてあげれば良かった…という後悔の想いと、我が子はどんな姿で生まれてきても愛しい存在だったと思えます。あの時出逢ったママ友たちも、たくさん悲しんだ後に前を向いて生きています。必ずあなたとお腹の赤ちゃんに寄り添い支えてくれる人はいます。たくさん泣いてたくさんお腹にきてくれた事を讃えてあげて下さい。

ユーザーID:9907592598
あなたは冷静です。
サバ船長
2017年9月28日 18:56

混乱してる、
毎日泣いてる、
でもこんなトピを立てて理路整然とした文章です。

悪いけど冷静ですよ。
残り少ない時間を親子で過ごすこと考えたら?

ユーザーID:4069855612
辛いですよね。携帯からの書き込み
てん
2017年9月28日 20:34

お気持ち察します。最近、死産しました。
私も初めての妊娠で、同じく順調だったのですが、突然、5ヶ月検診で胎児異常と判断されて、パニックでした。
妊娠を望んで3年後の自然妊娠だったので、夫婦共に幸せいっぱいでしたが、どん底に突き落とされた気持ちでした。
そこから大学病院などで見てもらいましたが、もし産まれても、すぐ亡くなったり、保育器での生活、お腹で亡くなる可能性の方が高いと言われ、もう毎日泣いてました。仕事中も勝手に涙がポロっと出たりと、こんなに泣いたのは初めてです。
異常判断されてから決断出来ないままでしたが、6ヶ月に入った時、胎動を一切感じなかったので、病院でエコーしてもらうと、心肺停止でしたので、そのまま入院し、子宮口を広げる処置をし、3日目に陣痛を起こし、死産しました。子宮口が広がってない私は、広げる処置をするのが激痛で、泣いてしまいました。陣痛にもビビっていたのですが、陣痛の方が楽でした。
死産してから1週間は泣いてたと思いますが、だんだんと泣く割合が減っていきましたよ。流産や死産された方のブログを見たり、周りの人に話すと、意外と皆さん、流産、死産の経験されてる方が多くて、驚きました。私だけではないんだと思うと、少し楽になりました。
今が辛いのは当たり前だと思います。私より長い間お腹にいるんですから、私より辛いと察します。でも死産しても、その後、無事に出産出来てる人も多くいるので、希望はありますし、もし子供を授かれなくても、辛い経験をした夫婦の絆は強いので、2人だけでも幸せに暮らせると私は思ってます!
今はムリせず、泣いて下さい。

ユーザーID:3872410818
同じような経験があります携帯からの書き込み
ねね
2017年9月28日 21:11

私は出産予定日の直前に
「死産になるか産まれても1週間もたない」と言われ目の前が真っ暗になりました。
でもお腹の赤ちゃんにとって母親の胎内にいるのが1番ベストだからこの子はこうして私のところにいてくれるんだ。それならこの子がいたいだけお腹にいて貰おう。
という結論に達しました。
母親は心配のあまり入院を薦めましたが泣きながら私の思うようにさせて欲しいと主張しました。助産院で出産予定でそこの助産師長さんは私の意見をわかって下さりましたが、他の助産師さんは受け入れ体制が整わないから他の病院に転院して欲しいと言っていました。
やはりそこでも泣きながら
「例えどんな結果になろうとここで産ませて下さい。」
と訴え、助産師長さんは他の助産師さんを窘め私の意見を尊重して下さいました。

そして、予定日から3週間も遅れて自然に陣痛が起こり出産。

赤ちゃんは先天性の内臓疾患がありました。
運良く、命は取り止め、数十回の入院、数回の手術を経て現在は元気に成人しています。

私は赤ちゃんの生命力を信じていました。
健やかに育つなら無事産まれてくるはず。
もしも駄目ならその時は諦める。
勿論、気が気でなかったし、あまり眠れなかったし、ずっとお腹の赤ちゃんと心の中で会話していました。
純金と言われる物質でさえ99.99%
奇跡が起こる可能性も0.01%あります。
お腹の赤ちゃんを信じてその子の判断に任せてみてはどうでしょうか?

ユーザーID:9908234772
 
現在位置は
です