現在位置は
です

発言小町

新しいトピを作成
本文です

彼と私の味覚が違います 携帯からの書き込み

空桶
2017年10月4日 10:50

母は20歳で他界してその時から料理等してきたのである程度自信があります。母が生きていた時から料理上手な母の手捌き味付けを見て学んでいたからです。「妹の料理は美味しい」と常々言ってもらえて、会社などにも自慢してくれていました。
前置きが長くなりました。今私は同棲している彼が居ます。彼には離婚歴があり15年殆ど生活していたとの事でした。元々おしゃべりな方ではないので何を作っても食べても無言で食べます。「美味しい?」「うん」「ご馳走様」は言ってくれます。
元々味覚が殆ど違い、私が美味しい!と思うものにさほど興味を示さず、私が嫌いな物や食べ慣れないものを絶賛します。
何よりも私が辛いのは元奥様の料理が美味しかった!と直接ではないのですが話してくれます。ししゃもにマヨネーズをかけて食べたり、トマトにお酢をかけて食べたり、ご飯にシチューをかけたり…その全てが私の口に合わないわけではなく美味しいな。と思うものもありますし彼が美味しいと思って食べているのだからそれでいいんです。前の家はこうしていた、前の家ではこうやって食べていた…それを聞いて一生懸命に出来るだけ同じ様に作るのですが…どうも違う様です。どう言う風に作っていた?味付けていたか?を聞いても、味付けも何もない普通だよ。と答えます。私が時間をかけてスパイスやフルーツ等を入れて作ったカレーなどは珍しく美味しかったと言ってくれた後で、カレーなんて誰が作っても一緒。美味しいもんね。と言われました。何を目指して彼のご飯を作ればいいか分かりません。また彼のお母さんも既にこの世にはおられません。少し疲れてしまいました。

ユーザーID:7169033308  


お気に入り登録数:50
  • 携帯に送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
古いレス順
レス数:16本

タイトル 投稿者 更新時間
あたりまえ
くま
2017年10月4日 13:04

全然問題ない。

他人なんだから味覚や感覚が違うのが当たり前。
先ずトピ主さんは冷静にその部分も認識したほうがいいよ。

彼の美味しいは過去の経験に基づくもの。
ならば美味しいものを新体験させればいいだけ。

トピ主さんの好きなものを彼の味覚流にアレンジしたり、合体(笑)させたり新しい料理にチャレンジしてみればいいだけのことだよ。

考えて欲しいのは、トピ主さんの「美味しい」と彼の「美味しい」とは違いがあるということ。
これトピ主さんの料理がダメなのではなく「美味しい」にも色んな「美味しい」があるんだよ。
だから単純に彼の「美味しい」を身に着ければいいだけの話。

ウチも夫婦でお互い出身地が全く違うために食の感覚がまるで違った。
でも長い間一緒にいることで似てくる部分と新規に開拓(笑)したものとで上手くやっている。

トピ主さんたちは何歳で今後どうなるのか分からないけど、気持ちを楽にしたほうがいい。

皆そんなもんだから。

ユーザーID:4158027563
あわせてやる必要なし
ままん
2017年10月4日 13:57

失礼すぎません?
もと奥さんの料理がいいなら懇願してもと奥さんに戻るか、新しい彼女にデリカシーのない失礼なことを言うのなら一生一人でいればいいのに。

お互いの食を擦り合わせて、自分達の食事を作っていけばいいんです。

ユーザーID:8106209634
特に文句は言われてないですよね?
stella☆
2017年10月4日 14:28

だったら、前の家では・・・と言われても
『そうなんだー』って返すだけで、
それを再現しようとしなくていいのでは?
おそらく彼は美味しいものに執着がないんだと思います。
要は『食べれればいい』んじゃないですか?
トピ主さんの出すものに特に不満を言わないなら
気にせずトピ主さんの料理を出せばいいと思います。

ユーザーID:2441635100
それは結構本質的な問題かも
わんてん
2017年10月4日 14:35

前半の文章は、何か単語が消えているようで、意味がよく分かりません。あなたが20 歳の時に、お母さんは他界されたのですよね?また、突然「妹」とありますが、お兄さんとか消えていませんか?
それはさておき、食欲と性欲は、人間の相性の中でも結構大きなパートを占めます。よく、結婚したかったら、胃袋を掴め、と言います。
その部分で合わないと、一緒に生活するメリットの半分はないと思っている男も多い。
残念だけど、彼が前妻の料理を誉めて、あなたの料理に今一反応しないところを見ると、あなたとは、結婚する意思はあまり無いように思います。
経験上、味覚の合わない人は、ほぼ別れていますので。
将来の結婚を考えているなら、お相手そのものも含め、見直しが必要かなと思います。私なら、そもそも、他の女の体と味に慣れたバツイチも同棲行為も否定的にしか見ませんけどね。

ユーザーID:7997547406
思い出の味
niko
2017年10月4日 14:44

例えば「おふくろの味」

あれって、思い出の味です。
思い出だからいくらか美化されてます。

例えば「前の彼女」

これも、美化されます。

そういう美化された物に勝てるワケないんです。
そういう言葉に振り回されてはいけませんよ。

好きな人がおいしいと思う物を作ってあげたいと思うのは良い事だと思います。
なので、好みの味に近づけるよう努力するのは素敵な事だと思いますよ。
あまり思い出の味を意識せずに頑張ってください。

ユーザーID:1708920162
うーん携帯からの書き込み
ゆう
2017年10月4日 16:12

その彼、元妻の料理が美味しかったって
今の彼女に言うのが おかしいと思うよ?
思いやりないでしょ。
あなたも優しいよね。私なら無理だわ。
元妻と比べるのはありえないわ。

ユーザーID:4164706754
トピ主にエール
不乱軒
2017年10月4日 17:13

味覚も、ま、人それぞれではありますがそれほど差があるわけではありません。単に美味しい不味いという“好み”の問題ではなく、食べているものが身体によいのか悪いのかの判定の意味もあるので好みとしてそんなに違いがある筈は無いのです。(原始的には、甘味は身体を作る、塩味は必須、苦味は毒、らしい)

トピの場合、問題点は、トピ主も夫氏も自分の好みに拘り過ぎのように見えること。

トピ主は母の教育(仕込み)と姉の褒め言葉という、他者の評価による絶対的な自信のほどが窺えます。正しい作り方によって正しく出来上がっている私の料理が不味いわけない、みたいな拘りがあるように思う。

ししゃもにマヨ。するめにマヨは定番、その拡張版と思えば一々取り上げるほどのものではなく、むしろそこは一味一振りを薦める場面。トマトに酢も、トマトと胡瓜を中華ダレ(酢砂糖醤油胡麻油)で和える料理の手抜き版に過ぎない。ご飯にシチューは新宿の老舗洋食店の一押しメニューですよ。

夫氏は元妻サンに飼い慣らされた結果ですね。元々“食べること”自体があまり好きではないんじゃないかな。だから余計、元妻の仕込みが“効いて”いるように思う。

カレーの件について。
トピ主は自分の工夫、努力を蔑ろにされたように感じて酷く落ち込んでいるようですが、私は全く違う印象です。
多分、珍しく、すごく美味しかったのです。元妻サンのよりずっと美味しかったのです。
それは、己の味の評価軸に影響を及ぼす勢いだったのですが、それは元妻によって作られた価値観の否定に繋がる恐れがあり、ひいては元妻との15年をも否定しかねないと思ったのです。元妻にも結婚生活にも何の未練も無くても、あれ全部失敗だったネとは思いたく無いのです。
元々口数が少ない人が言葉を継いだのです。結構大きな意味が潜んでいますよ。

ユーザーID:2498965138
バツの有無は関係ない
めんどくさがり
2017年10月4日 17:58

トピ主さまと彼とは、違う家庭で別々に育ってきました。
つまり、最初に知った味も、普段食べなれてきた味付けも、違っているのが当たり前、ということです。

トピ主さまがご自身のお母様の味が一番おいしいと思っていらっしゃるのと同じで、彼だって自分の母親の味が一番おいしい、母親の料理が一番と思っていても、何の不思議もありません。

そして、料理をしない人の中には、
「なんで(うちのママと)同じにできないの?」
「(ママのやり方が当たり前で)あんたはおかしいよ」
と口にする人もいます。
うちの夫も新婚の頃はそうで、よく喧嘩になりましたよ。

うちの夫も母親は結婚前に亡くしているので、私は義母の味どころか、義母本人を知りません。
夫の好きな味を否定する気は無いけど、
「あんたのママとは別の人間だから、同じにできないこともたくさんある」
と、夫が納得して受け入れるまで、何度でも言い続けました。

私は相手が夫だったので、努力というより夫婦の会話の一環と思って、そういうこともどんどん言いました。
トピ主さまはまだ結婚もしていない、彼にすぎない相手なのですから、もしかしたら別の解決方法もあるかもしれませんね。

ユーザーID:4171153233
気負い過ぎ
ハロン
2017年10月4日 18:49

「お袋の味が一番」という言葉があるように、人は家庭料理では食べ慣れた味を一番おいしいと感じる傾向にあります。
だから15年も一緒に暮らした前妻の味の方が、貴女の作る料理よりも食べ慣れている、基本的にはそれだけのことと思っておいた方がいいです。
彼と長年過ごせば、そのうち、前妻の味は忘れて貴女の味を一番だと思うようになる、そんなものですよ。

貴女の方も、彼がおいしいと思うものを同様においしいと感じるわけではないのでしょう?お互い様ですよ、人にはそれぞれ好みがあるのです。

貴女は自分の料理の腕に自信があり過ぎるから、そんな風に一人で疲れてしまうのです。
「まだ、私の味になじんでないんだな。そのうち私の味が一番になるわ。」ぐらいに思っておけばよろしい。

カレーもそんなに手間暇かけたものがおいしいと思う人もいれば、ごく普通の市販のルーで普通に作ったカレーが、これぞ家庭のカレーの味で一番という人もいます。

今の貴女にとって大切なことは「彼が自分の料理に大満足すること」にこだわらないことです。貴女の料理に大満足しない度に、「これだけ頑張ったのに」と貴女が不機嫌になるなら、彼は貴女の料理を食べることが苦痛になってしまうよ。それだけは避けなきゃ。

ユーザーID:8978389683
基準は自分?
小心者
2017年10月5日 15:12

他人様の「おいしい」は、半分は社交辞令ですよ。
誰でも長年親しんできた味が一番おいしいのです。
特に先妻さんはお料理が上手だったようです。
少しずつ変えていくしかないですね。
外で食事した時の、彼の反応を見て工夫したらいかがですか?
今の「独りよがり味」を変えていくしかない。

ユーザーID:6990889780
なんでそんなに下手に出るの?
きのこのこ
2017年10月5日 18:06

問題は味覚や好みじゃなく、彼の思いやりやマナーのなさだと思いますが。

それともトピ主さんは同棲だけど彼にすべて依存して生活しているのでしょうか?そこは問題が別だといわれるかもしれないけど、カレーなんて誰が作っても一緒なんて言い放つ彼にいいところが一体あるのか不思議な位です。

例え専業主婦だとしても作ってもらった料理に感謝できない上、元嫁や実家?の味付けばかり要求するのはトピ主さんへの支配欲の現れのひとつでは?なにせ、なんて嫌な男…のひとことです。

ユーザーID:6479719121
具体的に毎日つくっているものをかいてください
新米ママ☆華子
2017年10月6日 4:52

まぁ、デリカシーがない彼氏さんですね!!私なら別れますが。
彼氏さんはつくら(れ)ないの??

味覚の違い、うちもありましたよ。お料理長年されてきてお上手との自負ですが、
具体的にどういったものをつくっているか、あげてください。

・出汁はどうしてますか?料理上手ならもちろん、毎日、昆布やかつおでとってますよね??
・お料理はどこか学校で基本ならいましたか?まだなら、料理教室おすすめします。
・「ししゃもにマヨネーズをかけて食べたり、トマトにお酢をかけて食べたり、ご飯にシチューをかけたり」←いたって普通かとおもいますが・・・。。

・カレーはなにをつかってますか?うちは、日ごろからスパイス調合して、市販のルーはつかいません。今は育児で多忙なので、カレー粉はつかってますが。
それでも、1時間もあればおいしいカレーできますよ。

カレーひとつとっても、キーマカレー、自家製カレーつかった自家製カレーパン。
カレーうどん。色々幅広くできますよ。

ユーザーID:9337468596
お別れしましょう。
ai
2017年10月6日 10:46

味覚が違うというより、思いやりが無いだけでは?

彼のために頑張って彼好みのお食事を作ろうとしているトピ主さんの健気さに泣けてきます。
キツイ言い方ですが、哀れにすら思えます。

元奥さまの料理を美味しかったと記憶している。
つまり楽しく食卓を囲み、今もそのことが忘れられないということですよね。

離婚の原因は知りませんが、食卓が楽しい家庭は健全な家庭が多いです。
何かトラブルが起きたのでしょうが、彼はまだ未練があるのでしょう。

完全に別れるかどうかはともかくとして、まず同棲は解消するべきです。
お手伝いさんになってしまっています。

ユーザーID:1138943675
出てきた例はわりと普通にあります
都市伝説
2017年10月6日 16:23

ししゃもにマヨネーズ・・・定食屋でもたまに見かけます。
トマトにお酢・・・米酢じゃなくて、リンゴ酢のドレッシングならカフェメニューでありました。
ご飯にシチュー…残ったシチューのアレンジでチーズプラスしてドリアにしたりってレシピサイトにいっぱい載ってます。ちなみに、我が家では普通です。

>私が時間をかけてスパイスやフルーツ等を入れて作ったカレー

トピ主さんは他の料理でもスパイス入れたりハーブ入れたり、見た目も凝ったカフェメニューみたいな料理をしてませんか?
多分、彼はそんな凝った料理やこじゃれた料理は好きじゃないんですよ。
もっと定食屋にあるような普通の気取らない家庭料理が好きなんでしょう。
焼肉のたれで炒めた牛肉で作った焼肉丼とかね。

元妻の料理なんて再現したら、比べられるだけです。
それよりは、彼がどんな料理が好きなのかを聞いて、希望に沿った料理を(妙に凝らずに)作ったほうがいいと思いますよ。

ユーザーID:0651443921
どんな会話してるの?
パンプキン
2017年10月7日 11:47

「ご飯にシチューかけますか?」は小町の冬の定番トピだし(笑)
そんなに珍しい事でもないのでは?
私の実家は別盛りでしたけど、夫の実家はそうだったようです。
TVCMでは、シチューにはパンが添えられてますから(笑)ご飯を選んだ時点で、家庭のローカルルールです。
あとは、別盛りにしようが、ご飯にかけようが、バリエーションの一つに過ぎません。

ししゃもにマヨは、酒のつまみの世界かな?と思います。酒のつまみじゃなくても、フライにタルタルソース的な感覚なのかもしれません。
もしかしたら、「ししゃも」じゃなく別の魚だったかもしれませんよ。
トマトにお酢も、トマトにポン酢ドレッシングの記憶がすり替わったんじゃないですか?あとお酢と言っても、色んなメーカーや種類も有りますしね。(例えば、醤油と言っても、九州なら甘いでしょう?)だから、「何か違う」となるのかもね。

私は知らない食べ方が有ると聞くと、面白そうだな!と試したくなると言うか、次はそれ作るね!と思うタイプです。
先日も、焼き餃子を、酢醤油+ラー油ではなく、コショウたっぷりの酢で食べると聞き、やってみましたし。

それよりも、普段何を食べているかを聞けば良いのに。
ランチは何を食べた?、居酒屋さんでは何を頼むの?、とか。

あと文章がわかりづらいです。

>母は20歳で他界して

お母様は20歳で亡くなったのですか?
女性は16歳から結婚出来ますが、17歳で産んでも、お母様が亡くなった時、トピ主さんは2歳とか3歳ですよね?

>母が生きていた時から〜略〜学んでいたからです

と続くのでビックリします。

ユーザーID:4077070674
賛否両論のご意見携帯からの書き込み
空桶(トピ主)
2017年10月10日 13:54

皆様からのありがたい叱咤や激励痛み入ります。
色んな世代の方に読んでもらう可能性があるので硬い文章にはなっていますが心からありがとうございます。
彼と会う前にお付き合いしていた方達に絶賛して貰っていたので、私もその彼らと比べて今の彼にそれを求めすぎてだと思います。本当どっちもどっちですよね。
文字数に制限があったとは言え誤字脱字があり、読みにくい文章となりました事、その中で心中を察して優しく明るく前向きにご返答頂き本当に皆様に感謝して居ります。

彼に私が思っている事を話して見ました。
鳩が豆鉄砲を食ったような面持ちで普通に何を食べても美味しいし、元嫁からもそれで怒られたと言ってくれました。

これから先色んな違いが見えてくると思います、その中で二人で歩いて行けるかはやっぱり生ぬるい事を書くかもしれないですが色んな意味で相手への愛情と信頼関係かも知れないですね。
ちょっといっぱいいっぱいで…ご相談して良かったです。
励みにします!
ありがとうございました♪

ユーザーID:7169033308
 
現在位置は
です