現在位置は
です

発言小町

新しいトピを作成
本文です

自宅サロン?お稽古教室?一緒にしたら失礼?

リボン×リボン
2017年10月5日 2:50

自宅でリボン、ポーセラーツ教室をはじめて4年になります。

先日幼稚園のお母さん(Aさん)が自宅でお琴を教えていると知ったので
行事の待ち時間に話しかけ自宅サロンに関する雑談をしました。
初対面ではなく、何度か過去に話したことのある関係です。

内容は、
宣伝方法 駐車場どうしているか
レッスン中子供はどうしているか 等々
自宅サロンあるあるの内容。

ネイルサロンをやっている幼稚園のお母さんとサロン繋がりでたまにお茶するので
Aさんも自宅サロンやっているから今度誘ってみない?と声をかけると
お琴の教室って自宅サロンじゃなくない?との返信。

自宅サロンって家で教室やることだから一緒じゃないかなぁ
と思いつつ 乗り気がしないんだと思いそこで話は終了。

その話を母にすると
お琴はお稽古教室だから自宅サロンは違う。
茶道や華道もお稽古教室で自宅サロンとは違うという意見。
ちなみにお稽古教室>自宅サロン なので
自宅サロン友達のように接するのは良くないと微妙に説教を受け。。

その話をリボン仲間に話すと
いやいや、ピアノ教室も自宅サロンでしょ。
和物だから呼び方違うだけで要は同じでしょ。と。

まぁわかるかなぁ・・

他の友達に聞いてみると
自宅サロンと聞くと割と短期で取れる資格で教えているイメージ。
教室というともうちょっと専門的なイメージ。と。

ネイルも学校通ってお金と時間かかってる。
フラワーアレンジメントはサロンで華道は教室だけど
それこそ洋ものと和ものなだけ。。
英会話?自宅サロンというと失礼だったりするのか・・

みなさんにお聞きしたいのは
自宅でひらく教室って自宅サロンとまとめると抵抗ありますか?
いろいろな教室があると思いますが自宅教室繋がりで話しかけるのは
教室によっては失礼に見えますか?
例えば格が違う?など?
なんかすっきりしないのでご意見ください!

ユーザーID:1937207112  


お気に入り登録数:160
  • 携帯に送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
古いレス順
レス数:55本

タイトル 投稿者 更新時間
主婦だなーと思います
るる
2017年10月5日 13:44

いずれにせよ自宅でやってるんでしょ。
格が違う?はぁ〜めんどくさ。
自己主張が強く細かいことにこだわる、協調性のない奴だなと思いますね。
無難に付き合っとけば、仕事に活かせる話もきけるかもしれないのに。
しまいに、あなたはリビングの一角でやっているの?私は一部屋よ、私はワンフロアよなんてくだらない事で張り合いそう。
面倒だから、個々に付き合うのが良いと思いますよ。

ユーザーID:3910203145
師弟関係の有無
人それぞれ
2017年10月5日 14:19

お茶・お花は流派があって、師匠から弟子へと伝えていくものですよね。
お琴もそんな感じがします。
通って教えてもらう人は弟子で、教える人は師匠で、師匠にはそのまた上の師匠や兄弟子姉弟子がいて…と上下関係が厳しいイメージです。

自宅サロンのほうは「〜〜流」って看板はなさそうですし、サロンの主催者はお師匠さんではないし、集まる人はお弟子さんではない…ような気がします。
上下関係が厳しくないというか、来る人がお客様で、主催者はお客様に喜んでもらうためいろんなサービスをするという感じがします。

ピアノ教室は流派はないけど、生徒をお客様扱いせず厳しく指導する師弟関係がありそうなので、サロンではないと思います。

ユーザーID:8839680217
生徒さんに教えるものは「教室」では?
都市伝説
2017年10月5日 15:41

ネイル、メイク、エステなど、客になんらかの施術を提供するのが「サロン」

琴・お花(フラワーアレンジメント含む)・和裁洋裁など、生徒に知識や技術を教えるのが「教室」だと思います。

>いやいや、ピアノ教室も自宅サロンでしょ。
ピアノ教室を「自宅サロン」と称してる人なんていないと思いますが。
というより、この会話の時点で、ピアノ「教室」と言ってるじゃないですか。


生徒か客か、という区別以外では、オーナーが全くの個人(=サロン)か何らかの団体に所属してる(=教室)か、では。


和の稽古事も、例え自宅教室であっても、流派に所属し、師匠を持ち、その師匠にも大師匠がいて、上下関係がはっきりしている上、免状などは本部に管理されてます。本部が指定する免状を取らなくては、勝手に教室なんてできないんですよ。本部のイベントには生徒も師匠も駆けつけて手伝わなければならない義務もあります。

一方、ネイルやエステは資格と言っても国家資格でもないので、極端な話、営業許可さえ取っていれば、資格がなくても店は開けます。

両者を一緒くたにして「サロン」と称するのは、それは違うんじゃないの、と私も思います。

ユーザーID:1026503372
一緒じゃないからね。
みっきー
2017年10月5日 15:46

お母様の言う事が正解でしょう、
茶道、華道、お琴を教えられるレベルの人と同じにしたら、ちょっと失礼だと思いますよ。
もちろん、ピアノの教室もサロンじゃありません。

リボンのお友達の和物、洋物って思い込みに笑ってしまいました。
たしかに、そんなレベルの人に一緒のカテゴリーに入れてもらいたくないです。

ネイルやポーセラーツにお金も時間もかかってるでしょうけど
ピアノや茶道華道を教えられるレベルになるまでに
どれほどの時間とお金と努力があるのか
比べてみるだけでわかるんじゃないでしょうか。

私自身は、そのどれも習ってはいませんが
サロンで一纏めにしてしまうのは失礼だとわかります。

ユーザーID:2999144711
salon de theも同じ?
どて
2017年10月5日 16:17

salonという語句の意味は知っているので、ネイルサロンも自宅サロンもいいと思うのですけれど。

 ネイルサロン:お金を払ってネイル【サービスを受ける】
 自宅サロン(お教室?):お金を払って【教えて貰う】
という印象なので、サロンと呼んでいても違う物のように思っていましたが、ネイルサロンとポーセラーツ教室が同じカテゴリーなら、お琴教室も同じでいのかも?!

お琴に限らずだけど、お稽古ごとって先生と生徒の関係性が他のものと違う感じがします。
先生に渡すお金にしても、月謝と料金という違いがあったり。
ポーラセーツもお月謝なのかもしれませんけれどね。

ユーザーID:4236268094
線引きは難しいけど
2017年10月5日 16:47

サロンといえば集まる人はお客さんという感じがします。たとえ「生徒さん」と呼ばれていても、扱いはお客さん。注意されることはあっても叱られる事はまずないかなと。

「教室」では生徒と呼ばれようが、弟子と呼ばれようが、先生には敬意をもって対する。叱られることも当然ある。謝礼を払っていても「教えていただく立場」を弁えるのが当然。

月謝などを払う時、サロンではお金を頂く方が「ありがとう」、教室ではお金を差し出す方が「ありがとうございます」と言う。その渡し方なども教室によっての作法を教わってそのやり方でお渡しする。

私のイメージではそんな感じです。

教室の先生の自覚を持ってる人はサロンと一緒にされたら怒るのでは。

ユーザーID:0394412878
自宅サロンは敷居が低い感じがする携帯からの書き込み
匿名
2017年10月5日 16:58

お稽古教室の方が重圧感があるかな?

日本舞踊にしろ、花道にしろ、師範の免許を取得するまでには結構なお金と時間ががかかりますよ。

自宅で開いているから、みんな自宅サロンだという人もいるでしょうが、お稽古教室にワイワイガヤガヤ楽しくなんてイメージは付いてないなあ。

ユーザーID:1125764780
うーん…
tosinori
2017年10月5日 17:01

サロンの意味はいくつかあり、一般的には「邸で催す社交的集会」と
「美容や飲食などの接客を主とする業種」という意味がありますね(辞典より)。
トピ主さんの場合、自宅で楽しくおしゃべりでもしながらポーセラーツしましょう…という
集まりならサロンだと思うし、もちろんポーセラーツが「接客を主とする業種」という括りで
サロンと言ってるならそれも間違いではないと思います。
ネイルサロンは美容なのでもちろんサロンで間違いじゃない。
でもお稽古ごとはこの範疇ではないのでは。
私は「ピアノ教室も自宅サロンでしょ」にものすごく違和感を覚えました。
もしピアノを演奏しながらお茶をしたりおしゃべりしたり…ということならサロンかなと思うけど。
自宅で教える=サロンというのは間違いかと。

洋風なものはお教室というよりサロンと言った方が格好がいいし
日本的なものにサロンと使っては逆に違和感大きいし…
なんとなくイメージで使い分けてるという人が多いとは思いますが、
でもやはり本来の意味としてお稽古ごとをサロンとは言わないはずなので
自分の技をお弟子さんに教えるようなものをサロンという括りにしてしまっては
「意味が違う」「失礼だ」と感じる人もいると思います。
もちろんトピ主さんのサロンを軽んじてるわけじゃないですよ。
トピ主さんだって立派に教えていらっしゃるのだから
「うちもお教室だ」というならもちろんその通り、と思います。

自宅教室繋がりで話しかけるのは失礼ではないと思いますが
やはりひとまとめにはしないほうがいいでしょう。
そもそもネイルサロンとトピ主さんのような教室だって「施術する」と「技を教える」で
けっこう違うものだし。そこを括られても嫌な人はいるかもですね。

ユーザーID:2245540384
あくまでもイメージですが…
せんば
2017年10月5日 17:10

「自宅サロン」は趣味的な意味合いが濃く、そして参加者間の交流も目的になっているような気がします。

例えば、主宰の方に料理や手工芸的なことを教えてもらい、お料理なら、作った後に食事を、手工芸的なことなら、作品を作った後にお茶をしながら、主宰者も交えて参加者同士の交流を図るというところまでするのがサロンなのかな…というイメージです。

「ネイルサロン」「エステサロン」となると、お金を払ってサービスを受けるという、商業的な意味合いが強いイメージです。
それが例え自宅でやっているものでも、です。

お稽古は、教えてもらう技術の練習や研鑽を重ねることで、その向上を目指すものだと思いますし、自宅サロンと大きく違うのは、そこに師匠と弟子、先生と生徒という関係性があり、また、目的は自分の技術の向上であり、交流という意味での他の弟子や生徒との関係は求めていない、ということだと思います。

ネイルやフラワーアレンジなども、学校に通ってお金も掛かっているとは思いますが、茶道や華道など、日本の伝統文化に関するものは、人に教えられる立場になるまでの期間も経費も大きく違うと思いますし、徒弟制度のいい所も悪い所も経て、教えられる立場になっているのです。

私も、教室は開いていませんが、邦楽を人様に教え授けられる免状を持っています。
6歳からお稽古を始め、師範の免状をいただけたのは30歳です。

もし、お教室を開いて「自宅サロンと一緒でしょ?仲間、仲間」みたいに言われたら、ちょっと違うんだけど…と思う気がします。

ユーザーID:5675391373
びっくりが多い・・
リボン×リボン(トピ主)
2017年10月5日 19:14

びっくりの方がほとんど・・
格付なんてばかばかしいとかそういう反応なのでしょうか。。
母親に非難のコメントが集まると思うと少し心苦しいです。
ちなみに私自身はこっちが上とかこっちが下とかそういう風に思っていないですよ!

ユーザーID:1937207112
お稽古事はサロンとちゃうでっ携帯からの書き込み
たこやき
2017年10月5日 19:40

お免状貰うお稽古事はサロンとちゃうで。
お教室やで。
特別お免状はなくてもピアノとか他の楽器とかも、先生について習ってお家で練習もしなければならないお稽古事はお教室やと思うよ。

のんびりお茶しておしゃべりして趣味を楽しむサロンとはちょっと違うんちゃうかな。

ユーザーID:1647835247
共通点はあるけど
ハロン
2017年10月5日 20:12

募集や駐車場の件など共通点もあり、「自宅で何か教えている」同士、親しく悩みなど話したいと先方が思えばよしだけど、そうじゃないなら「同じでしょ」モードは出さない方がいいと思います。

どういうのをサロンとおっしゃってるのかよくわからないが、一般には「先生を囲んで複数で社交も兼ねて何か習う」といったイメージ。先生と生徒は、比較的まあ対等。

一方、琴や茶華道は「師弟関係」に基づくものというイメージ。
資格もサロンものより、習得に時間が掛かるものが多い印象だし、「一緒にされたくない」と思っている人は一緒にしない方がいいと思います。

ユーザーID:4861530751
格が違う
みわ
2017年10月5日 20:15

お琴教室なんて、全然、格が上でしょ。
お琴の先生なんて、一体いつから何年続けて師範になったと思ってるんですか。
芸事の先生は二、三年で出来るものじゃないって知らないんですか。
お琴の先生は、そんな事も知らないあなた達の仲間なんかに入りたくないと思うので、誘わないであげて下さい。

ユーザーID:5057796307
違うと思います
ダイス
2017年10月5日 20:53

茶道をしていますが、お教室と自宅サロンは全く違います。師弟関係なので、趣味を教えたりサービスしたりする商売とは違います。茶道を通じて培われた先生のお人柄に学び、お家元に伝わる歴史と技能の両方を伝承すべく社中で集まって鍛錬しています。お琴も同様ではないでしょうか?

ユーザーID:3612131171
書道教室やってますが
ふかひれ
2017年10月5日 21:01

そうですねー、和か洋か、そんだけですかね。
リボン、ポーセラーツというものに対して知識がないので
ああ、洋のお稽古事なのねと。
ただ、人の目のあるところでは、あまり各自のもっているお教室の話
などはしたくなくて、無難なお話に終始したいですね。
誰がどこで聞いていてどう解釈されて広まるかわかったもんじゃないので。
そこまで自分の教室のことをオープンにしたくない気持ちもあります。
トピ主さんはあけっぴろげで何事も頓着されないたちなのかもしれないけど
相手はそうではなかったのではないでしょうか。
気心が知れてないとあまり打ち解けられないタイプの人もいますしね。
こういった私のようなヤツもいるので、単に感性の違いでは??

ユーザーID:0449059833
う〜ん、違うかな
たんぽぽ
2017年10月5日 23:22

違うと思います

サロンというと
・習うこともさることながら、会話を楽しんだりして、スキルは二の次
生徒さんに気持ちよく帰ってもらう、が念頭にあるもの

教室というと
・生徒と教師が生徒を高みに伸ばすべく、修行を積むような訓練をすること
故に生徒に厳しい言葉があっても、当たり前

ってところでしょうか

私も、とある教室をやっていますが、こうして書いてみると、半々ですね(笑)
生徒さんは「教室」を望んでいるので、まだまだ頑張らないと、と気持ちが引き締まりました

ユーザーID:6895991959
私が感じる違い携帯からの書き込み
あさぎ
2017年10月5日 23:52

無知なもので、サロン=教室だとは今の今まで知りませんでした。

私は、教室>サロンという考えは全くありませんが、

サロンは、主に自分の技術を売ることで収益を得る。(お客として行く)

教室は、主に自分の技術を教えることで収益を得る。(生徒として行く)

という違いがあると思ってました。

サロンがお客様に頼まれ、教室を開くこともあるし、教室も生徒に頼まれ料金を貰い技術提供することもあるので、大きくみれば一緒なのでしょう。

でも、ネイルサロンへ入ったら、ネイルを教える場で、ネイル教室へ入ったら、客の立場だったら違うじゃん!と思ってしまいます。



ユーザーID:1464588040
自宅サロンって
ヒデヨシ
2017年10月6日 8:40

無資格でも教えられるイメージです。
趣味で上手に出来る人が講師になってもOKで、資格があるとしても広く世間に認識されてなかったり。
お喋りしながら、お茶しながら、和気藹々とやる感じ。
教えた通りに出来なくても、下手でも「上手ですよ〜」と言ってもらえる。

お稽古はもっと厳しいイメージ。
指導された事が上手く出来なければ、叱られる事もある。
師弟関係がはっきりしているというか・・・

伝統的なお稽古と、自宅サロンは全然違うと思いますよ。
一緒にされてどう思うかはAさん次第だけど、自分だったら「同じ」とは思いませんね。

ユーザーID:6866362278
おしゃべり量
おちばたき
2017年10月6日 9:02

私のサロンと教室の違い…

サロン
・趣味の域
・昼間の時間
・習うというよりもやってもらう(ネイルなど)
・雑談が多い
・お茶菓子が必ずついてその間 お店の事以外の雑談をおしゃべりしてる
・1回1回予約制、途中で抜けても影響がないイメージ。


教室
・教養の域
・夕方から夜の時間
・習いに行ってる(料理・習字・茶道など)
・雑談が少ない
・基本お茶菓子がない、飲食がある場合はその日作った料理・お茶など。
・1日教室、体験教室とうたわない限り 基本 週何回/月何回と決まったコースがあり、1回の申し込みでOK.
・初級・中級・上級など 階級がある。


私も 教室>サロンです。
サロンって暇な専業主婦が集まっているイメージ、雑談メイン?と思うぐらい喋ってる。
教室は忙しく働いている女性が自分のレベルUPのために行ってるから雑談が少ないイメージです。

だから 教室をサロンとまとめるのは抵抗あります。
私の中では格が違います。

ユーザーID:7344941448
抵抗があるとまでは言いませんが
あらふぃふ
2017年10月6日 10:01

なにを教えているかで教室とサロンの違いは?と言われてもちょっと困りますが
でも、やっぱりお琴を教えている先生に同じサロン仲間というのは失礼だろうなと思いますよ。

学生時代にお琴を習っていましたが、先生をサロン仲間としてくくってる人がいたら失礼だなぁと思います。

>例えば格が違う?など?

そうですね。格が違うというのが一番しっくりくるかな。

まぁわざわざサロンという言葉を使わなくても、自宅で教えている状況でいろいろ情報交換すること自体は別にわるくはないでしょう。
サロンをしてますよねという言い方はしない方がいいと思いますよ。
やっぱり失礼だと思います。

ユーザーID:0066038738
 
現在位置は
です