現在位置は
です

発言小町

新しいトピを作成
本文です

「羨ましい」病にかかっています

つっきー
2017年10月5日 14:30

小学生の子を持つ専業主婦です。

タイトルの通りです。ここ数年、誰(ママ友)を見ても「羨ましい」とモヤモヤします。

流行の服を着こなしているオシャレなママが羨ましい。
素敵な注文住宅のお宅に住んでいるママが羨ましい。
「最近お仕事始めたの」と生き生きしているママが羨ましい。
娘さんがお人形のような華麗な容姿で羨ましい。
若いママのぴちぴちのお肌が羨ましい。
お料理上手や、手先の器用なママが羨ましい。

挙げればきりがないですが、こんな感じで何でもかんでも羨ましく感じてしまい、自分が嫌になります。
もちろん相手を褒めることはあっても、面と向かって「羨ましい」とは言いませんが。

今の生活にも家族にも不満はありません。
(そりゃ、多少の愚痴はありますが)
いい伴侶に巡りあえて、おかげ様で家族そろって健康で幸せです。
なのに、なんでこんなにモヤモヤするんだろう?

独身で会社勤めしていた時代、大した仕事もしていなかったし
結婚もなかなか決まらず焦っていたし、
お金もあんまりなかったけど、
自分を誰かと比較したり、羨ましいという気持ちを抱くことはなかった気がします。

子どもが出来てからは、子育が毎日が楽しくも体力的に大変で「羨ましい」と感じる間もありませんでした。

「羨ましい」病が発症したのは、下の子が幼稚園に上がったころからでしょうか。

何でこんなふうになっちゃったのかな。

歳のせいでしょうか。
子育てに余裕ができて、暇が生じたからでしょうか。
何か自分でも気づいていない不満があるのかな。
どうしたらこのモヤモヤから解放されるんだろう。

こんな事、誰にも相談できないので小町に書かせていただきました。

くだらない悩みで申し訳ありません。

ユーザーID:1310700520  


お気に入り登録数:123
  • 携帯に送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
古いレス順
レス数:13本

タイトル 投稿者 更新時間
良いんじゃないですか?
30歳
2017年10月5日 15:44

羨ましいって悪い事でしょうか?
何か新しい事をはじめるための欲求やバイタリティーが「羨ましかったから」でも良いと思います。

トピ主さんが何に対して羨ましいと思っているのかは、もう少し向き合っても良いかもしれません。
例えば、熱中出来る事・生き生きとしている・お金に余裕がある・若さ・時間・友人・行動力…物によっては手に入らない事もありますが、トピ主さんは何が気になりますか?

リハビリをかねて、適当に出来そうな事から積極的に行動しても良いかもしれませんね。

ユーザーID:9017642033
専業主婦の評価
しんじんきょういく
2017年10月5日 15:45

専業主婦は、子供の学校で役員やる以外は、
基本は、家族からしか評価してもらえない。
でも、家族もいちいち、ママのここが素晴らしい、
なんて、評価してはくれない。

仕事したら、給与が評価の一面になるっていう
分かりやすいフィードバックがありますからね。

きっと、どこかにトピ主さんの事を、
幸せそうで羨ましい、と思ってる人も思うけどね。

でも、みたされなくて不満ならば、
家族のこと以外で、何か始めてみたら?

ユーザーID:3811717184
余裕がでてきたから
はなこ
2017年10月5日 16:34

生活に余裕が出てきて、周りを見る時間と心の余裕が出て来たからではないですか。

それまでは、目の前の子供の世話にばかり追われ、ゆっくり周りを見ている暇はなかった。  視界には入っていたと思います。 しかし、じっくりと見る心の余裕が無かったのでしょう。

トピ主さんが羨ましいと思う対象は、ママ友で、トピ主さんよりちょっとだけ早く、余裕がでて、それを他の事に使っている人です。 だから、羨ましい対象に働く母や、仕事に生きる男性は出て来ないでしょ。

羨ましい=なりたい(なってみたい)自分です。 きっとトピ主さんなら、自分の余裕を上手く使える対象を見つけ、家庭と両方しっかりとやっていくと思います。

対象はお料理かもしれないし、インテリアかもしれないし、ボランティアやパートでの仕事かもしれません。

ユーザーID:2664742965
安定感=充足感ではない。
くくり
2017年10月5日 17:31

若い頃なら、結婚が決まらなくても、心のどこかには『もしかしたらすごい人が現れるかも』という期待もあったでしょうし、お金がなくても『もしかしたらいつかはお金持ちになれるかも』と心のどこかで自分を納得させることも出来たと思います。
でも年を重ね、自分の生活が落ち着いてくると、どんなにいいご主人であっても、『これから大金持ちになることは難しいかも…』と分かってくるかもしれない。
仕事を始めようと考えても、『家庭と仕事を両立していきいきと働くことが、私に出来るのかな?そもそも雇ってくれるところがあるだろうか?』と不安が先に立つかもしれない。

生活が落ち着いてくるということは、言い換えれば、このままの生活を続けると仮定すると、その将来もある程度限定されてくるということではないでしょうか。そこでご自分の限定された将来に見えないものを手に入れている(と外からは思える)人たちのことを羨ましくなるのだと思います。

そのもやもやから解放されるには、ありふれた言い回しですが、ご自分が充足感を感じることの出来る何かを見つけるしかないです。
私は今50代後半ですが、下の子が小学生になったときに資格を取り働き始め、50代で別の国家資格も取り、最近新しい仕事を始めました。この年での新しい仕事はかなりきついものもありますが、でも自分のことに精一杯で人を羨む暇はありません。
ですので、私の娘と同時期に子どもが結婚した友人から『孫はほんとに可愛いよ』と言われても全然気になりませんし、娘たちの生活を気にすることもないので、お互いにいい関係を保つことが出来ています。
私は仕事の中に自分自身の人生を見つけられたことで、充足感を手に入れることが出来たと思います。

ユーザーID:8427948063
うらやましいは基本と思えば?
からし
2017年10月5日 19:34

 うらやましいという感情を、基本はあるべきことでないことと捉えるから余計気になるんじゃないんですか。うらやましいという感情は普通であり、それをどう処理するかが大切だと思えばいいんじゃないでしょうか。
 なくて普通でなく、あって普通だと。
 あとあまり不幸なことは表すべきでないと思われているのか、あまり大声で泣いて不幸を訴える人は見かけません。SNSでは幸福な話ばかり。でもその背後には見えない不幸もあるものと心得るべきでしょう。
 
 それと自分が幸せかどうか・・・失って初めて分かるものです。失う前に気づくのもいいんじゃないでしょうか。

ユーザーID:9301985345
それはたぶん暇だから
みなみ
2017年10月5日 22:17

人間、時間があればいろいろ考えます。
お子さんが大きくなり余裕が出来たからでは。

仕事するもよし、趣味に没頭するもよし、
ボランティアするもよし。

この機会に何か始めてみたらよいと思いますよ。

ユーザーID:1559108667
それって携帯からの書き込み
パンダの子
2017年10月6日 0:17

トピ主さんが、というわけじゃありませんが…
人を羨む人って、自分は努力もしない人が多い気がします。
努力してる時って、羨むヒマもないというか。


それに、羨ましがられる人って、必ず努力してるし、成るべくしてなってるんですよ。

素敵な服が欲しければ、自由にできる収入を稼ぐ力をつければいい。

料理が上手くなるのなんて、簡単じゃないですか!

出来ることが、沢山あるはずです。

ユーザーID:0448459719
簡単です
ぽむぽむ
2017年10月6日 23:13

平たく言えば、欲が出てきた、欲深くなったのでしょう。
今まで気にならなかったことが、自分がその一部を手に入れたために周りがよく見えるようになった。
そしたら自分よりもさらに良いモノを持ってる人がいる。
あれ欲しい、これ欲しい、手に入らないから羨ましくてしょうがない。
何かを欲しがることは悪いことではありませんし、無欲であれ などと言うつもりもありません。
ただ、トピ主の場合は大きな不満が無くても不思議ではない、恵まれた境遇でありながら周りを羨んでいる。
短いトピ文しか読んでいませんが、あまり良くない傾向のように思えます。
座右の銘に「足るを知る」の言葉を付け加えてお過ごし下さい。

ユーザーID:3316942098
足りないものがあるから。
大福
2017年10月7日 21:41

未婚・既婚によらず、没頭できる何かが無いから、他人様を羨ましいとおもうのではないでしょうか?

>今の生活にも家族にも不満はありません。
ご家族そろってご健康であること、これはどのご家庭にも増して幸福な事ですよね。

しかし、些細な事でも…
例えば、パートのお仕事に全神経を集中して過ごす時間、
趣味やサークルで、それに没頭して我を忘れる時間、

そういった我を忘れる時間が無いと、他所様を羨ましく思う心の隙間
みたいなものが急成長するんじゃないかな。

ユーザーID:3055024843
私も若いころそうだったように思います。
osechi
2017年10月8日 0:45

心理学とかのことはからっきし解りませんので 全くの的外れかもしれません。ただのおばちゃんの 茶飲み話だと思ってくださいね。

私は、若いときは そうでしたよ。生まれも育ちも田舎で質素な生活、さして秀でた 頭もなく、体も小さくて運動もできなかったので 全くの凡人ですよね。それでも子供のころは 不自由、不幸せと思ったことがなかったので 周りのことなど 気になりませんでしたが、中学くらいでしょうか? たぶんそういうお年頃なんでしょうね、気になりだしました。社会に出ても 周りがうらやましかったですね。
中学の時、ある先生が 教えてくれたんです。
”羨ましいと思うのは 向上心が旺盛になった印”だって。どう頑張っても変えられない事はしょうがないけど、自分の努力次第で手に入れられるものを一つでも 目指して頑張ってみたらいいと。
私は、自分にどうしても手に入れたい目標がありました。それは ”自立心と社会で自分を見失しなず生きていく強い精神力”でした。そうしてる人(異性でも、物語の主人公でも、動物でも)がとっても羨ましくて、胸がざわざわして 居ても立っても居られないくらい 羨ましかったです。
人のことを羨ましがる事は いい事でもある、と教えられたので、罪悪感はなく、それを手に入れるために努力しました。そのため、親とけんかもしましたし、頑固者といわれることもありましたが、自立して自分を持ってる人がかっこよくてしょうがなかったので、変えませんでした。
そうこうしてるうちに、自分に自信がついてきました。そうすると、昔羨ましいと思っていた 人のお財布事情,容姿、家庭、キャリアなど、気にはなるけど、羨ましいとは思わなくなりました。
あなたが羨ましいと思うその中で 一番手に入れたいものは何ですか?

ユーザーID:7134790162
実際、何もないからでしょう。
すふれ
2017年10月8日 5:16

周囲が似た立場のママ友ばかりだからなおさらそう思うんでしょうね。
社会で働いていたら、性別も年代もバラバラで、独身、子なし、バツイチといろいろいて比べようもないから、そんなことはあまり思いませんよ。
子どもに全面的に必要とされていた時期も過ぎて、自分なりに努力して、継続的に積み上げてきたものが何もないことに気づいた。非常にわかりやすい構図だと思います。
かといって、仕事や趣味は誰かに評価されるためにやるものでもないですけどね。しかしこのままでは、この先、お子さんの進路や結婚などでますますそういう気持ちがわいてくるかも。
早めに家庭や子育て以外の自分の世界を持つことをおすすめします。

ユーザーID:7696363034
頑張れば良いのでは?
おしゃもじ
2017年10月8日 17:50

住宅やお子さんの容姿やママの若さはちょっとナンですが…

おしゃれや、
仕事や、
お料理は、
頑張ればできるでしょ。
やってみましょうよ。
「羨ましい」は「頑張れ」のサインです。

ユーザーID:7098932592
トピ主です。
つっきー(トピ主)
2017年10月12日 9:18

こんなくだらない悩みに丁寧に叱咤激励のコメントをくださり、ありがとうございました。
繰り返し繰り返し、何度も読ませていただきました。

そして、何となくわかった気がします。

一番羨ましいと感じるのは、パートを始めて生き生きしているママに対してなのかも。
下の子がまだ小さく、実家も遠いので、パートに出るのは、あと2、3年後にしようと
決めてはいるのですが、それでも周りがどんどん働きだして、焦ります。

本当は、お仕事を始めたママが一番羨ましくて、
それ以外の、オシャレとか若さとか素敵なお家とかは、
「ちょっとイイナ」くらいの気持ちなんだと思います。

皆さんもおっしゃる通り、「暇」が最大の要因なんですね。
なまじ、時間ができたから、余計なことをあれこれ考えてしまう。

いますぐは仕事はしないと決めたなら、ちゃんと気持ちにけりをつけて
「資格をとる」「学校関係のボランティアを積極的に引き受ける」などして
とにかく暇な時間を埋めて行くことで、モヤモヤから抜け出せそうです。

くくりさんの50代で新しい仕事にチャレンジされる、その前向きな姿勢、本当に尊敬します。
励まされます。

子どもは、きっと、これからどんどん手が離れていきます。
自分と向き合う時期に来ているという事ですね。


>羨ましい=なりたい(なってみたい)自分
>「羨ましい」は「頑張れ」のサイン
>羨ましいと思うのは 向上心が旺盛になった印

「羨ましい」という気持ちを、こんなにポジティブに捉えられたら素敵ですね。

ユーザーID:1310700520
 
現在位置は
です