現在位置は
です

発言小町

新しいトピを作成
本文です

私のことを好きだと言う人に嫉妬してしまう

白もち
2017年10月12日 18:32

ご覧頂きありがとうございます。白もちと申します。
私の現状を踏まえた上でお聞き頂ければと思います。

どこにでもいる30歳の太った女、病的に嫉妬深い、老若男女誰にでも嫉妬できるくらい嫉妬深い
異性から見て魅力的な要素は皆無、ある特技がありますが、日本では珍しいというだけで海外にはいくらでもいる、
しかもそれがあるからって特に他人から魅力的とは思われないような特技です。
しかしそれが唯一の取り柄であり、他に秀でた部分、魅力的な部分はありません。

本題はタイトルの通りなのですが、15歳年上の方(以降Aさんとします)から告白され、一度それを受け入れました。
しかし、Aさんは10代後半〜20代の頃とても恵まれた人生を歩んでいたことがあり、
受け入れた頃は全く知らなかったのですが、それを知ってしまって以降、嫉妬に苛まれる方が苦しくなり、
現在は私が嫉妬に苦しまなくなるまで時間を置く、Aさんはいつまでも待っていると言っています。

何故そこに嫉妬してしまうかと言うと、そのままなのですが私の10代後半〜20代はまさに暗黒時代で、
お金がなかったり私自身が頭が悪かったせいもあるのですが、
若い時に楽しいことをできなかった。という苦しい思いがずっとあります。

28歳くらいから金運が上がり始め、急に若い時にやりたかったことができるようになってきました。
過去は忘れて、やりたかったことができる喜びに浸ればいいものを、病的な嫉妬深さのせいで
「でも若い頃にやればもっと楽しかった」
「同じことをしたって、若い頃にできた人の価値には敵わない」
と苦しい思いです。

過去は変えられない、言ったってしょうがない、やらないよりは今やる方がマシ
全部頭ではわかってるんです。でも悔しくて悔しくて、
一番若くて感受性の高い年齢の頃に、輝く経験をした人が妬ましくてたまらないんです。

(続きます)

ユーザーID:0614012065  


お気に入り登録数:13
  • 携帯に送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
古いレス順
レス数:2本

タイトル 投稿者 更新時間
続きです。トピ主です
白もち(トピ主)
2017年10月13日 13:03

私はあまりに嫉妬深いため、自分より不幸だと思える人としか深く関わらないようにしてきました。
自分より不幸な人に何かしてあげて満足する、ということではなく、
(私はボランティアや募金や一方的な人助けなど、尊い行為だとは思いますが自分はやりたくありません)
単に自分が嫉妬しなくて済む相手とだけ関わるようにしてきたんです。

Aさんが初めて深く関わった、輝かしい過去を持つ人でした。
Aさんも、過去は変えられないと言います。その通りではあるけど、それは恵まれた過去を持つからこそ言えるのでは?と思ってしまいます。
Aさんは輝かしい20代を過ごした後は、今の私と同じ年から〜現在まで、寝る暇も無いほどよく働いて忙しくしています。
今は自分のやりたいことなどできていないでしょうし、私は今できるんだから良いのではという風にも言われるんですが
同じ行動でも若い時に出来ている方が幸せじゃないかとしか思えません。
「若くて未熟な時より、大人になってからの方が楽しめる」と言うのは、若くて未熟な頃楽しい経験をできているから言えるわけで
私のように「大人になってからしかできなかった」、というのとは違います。

Aさんが輝かしい過去を過ごしたのも、私の20代が暗黒だったのも、それぞれの勝手です。
どうにもできないことを嘆いて苦しんでいる私を何故好きだと思うのかもわからないです。
でも、せっかく今やりたいことができるのに、「若い頃だったらもっと〜」と思うのを、これを機にいい加減やめたいです。
苦しくてご飯が美味しく食べられません。
母は、「あんたはそうやって嫉妬で怒っているのが好きなんだよ。それとちょっとくらいご飯食べられなくなって痩せなさい。」と言います。
でも、私は痩せるより、嫉妬と人と比較する精神をやめたいです。
嫉妬、人と比較しない方、克服した方、現在苦しんでる方、どうかアドバイスを下さい。

ユーザーID:0614012065
そうですねぇ・・・
ぽむぽむ
2017年10月13日 19:49

かなり苦しんでいらっしゃるようですね。
恐らくはどのような言葉もその苦しみから完全に解放してくれる効果は無いかもしれません。
年齢が若い頃=感受性が豊かであることは否定しません。
ただ、更に言えば年齢を重ねなければ良さや味わい深さなどを理解できないこともあります。
言い換えれば感受性の間口は狭くなったかもしれないが、その分深くなったとも言えるのではないでしょうか。
トピ主さんが望む年齢の時に、望むことを出来なかったのは残念でしたね。
見方を変えると、その時にはお金や時間、人間関係など色んな要素の機が熟していなかったのだと思います。
例えば若くして結婚する人もいれば、私のように人生の後半になってようやく結婚できた人間もいる。
物事には、自分の意思に依らないタイミングというものがあります。
日本では人口が少ないという特技を身に付けているだけでも、私からすれば羨ましい限りです。
心持ちを少しずつ変えていく努力をしないと、せっかくの幸せになる機会と時間が勿体ないですよ。

ユーザーID:7320393462
 
現在位置は
です