現在位置は
です

発言小町

新しいトピを作成
本文です

子供のころ虐待やいじめを受けたことの影響

S
2017年10月13日 20:25

子供のころ、両親から虐待と育児放棄を受けていました。
いつも汚い恰好で、傍目からも変わっていたので学校ではいじめを受けました。

今はもういい大人になり、過去なんて吹っ切ったつもりで言い訳しないように生きていますが、それでも周囲が当たり前に出来ていることができないことがあります。

自分に自信を持つことができない
人の顔色が気になる
意見を主張することが苦手
空気を読む、気を利かすことができない
冗談を言い合ったりすることができない

自分に自信がないから、アイディアを思いついても「自分が考え付くくらいだから、どうせみんな考えているだろう」とか「これをやって怒られたらどうしよう」とか考えて何もできません。私が”A”と思うことを”B”という人がいたら、自分が間違っている可能性を考えてしまいます。
機嫌の悪い人に声をかけるのが怖くて、おどおどして余計怒らせたりすることもあります。

人の上に立つような人、仕事ができて自分の主張もしっかりできる人にはことごとく嫌われます。

こんな自分が嫌で、直そうと努力しても、表面的には変えられても本質的に変われていないように思い、自分の無能さに嫌になります。
最近では、吹っ切ったつもりの過去に原因があるのではないかと考えてしまって、でも過去を引き合いに出してもどうにもならないし、解決策がなく悩んでいます。
同じような状況から変われた人がいましたら、ご意見に頂けますと幸いです。

ユーザーID:0211513255  


お気に入り登録数:58
  • 携帯に送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
古いレス順
レス数:7本


タイトル 投稿者 更新時間
辛いよね・・・お察しします
そうめん
2017年10月14日 12:09

私も虐待と、性的虐待、経済的虐待の上に、学校職場で虐めにあいました
私は50代なのですが、トピ主さんはおいくつなんでしょうか?
最近こそ、虐待という言葉が使われるようになりましたが
私の子供時代(昭和40年代頃)には、そのような言葉はありません

学校の先生に相談しても「親が子供を殴るなんて無い、嘘をつくな」
と嘘つき呼ばわりされたことがきっかけで、先生からも他の生徒からも
虐めにあってきました
相談するところも、聞いてくれる人も、逃げる場所も全く無い状態でしたね

そういう子供時代だったので、トピ主さんと同様に自分に自信が持てず
内向的で空気ばっかり読んで、人が少々不機嫌だと怖くて話しかけられません

虐待や虐めって、人の一生を左右し、酷い場合にはその人の人生を破壊します

お辛い気持ちお察しします
こんな私に言えることは少ないのですが

・考えない

の方法しかありませんでした
頭に過去が浮かんできたら、それを追いかけない(上手く表現できませんが)
忘れたいと強く望み、考えないを試した結果、少しは楽になりました
もしかしたら、私が年を取ったせいかもしれません

そして、虐待をした両親、虐めをした同級生や先生や、同僚たちは
幸せじゃなかった・・・そう今は思えます
幸せな人なら、決して虐めたりしません

何かのストレスのはけ口に、家庭内で一番弱い子供を虐める
そんな人が幸せなわけはありません・・・

でもこのような言葉で虐待されてきた人の気持ちは癒されませんよね
それも重々わかります

こんな表現の仕方しかないのですが
苦しかった悲しかった過去が薄らぐ時期も絶対来ます

人に相談しても理解してはもらえませんよね
お辛いですけど夜明けは来ます
自分が付き合い辛い人からは逃げていいと思います

ユーザーID:0783068588
虐待と今の自分は切り離す
なつ
2017年10月14日 18:55

まず、過去のせいにするのはやめましょう。

自信は、やっぱり成功体験を積み重ねていくことでしか
得られるものではないので、失敗しても、その失敗を糧に
経験を積み重ねるしかありません。
つまり、失敗したらそれを繰り返さない、次は失敗した時と
別の方法をとるなどして、人は成長します。

人の顔色を見るのは、空気を読むのに必要ですよ。

意見の主張は、上記のような積み重ねで自信がつけば
できるようになります。
なぜなら、その主張を実際に経験しているからです。

空気を読む、気を利かす、これは顔色が見れているなら、
その顔色から判断すれば大丈夫です。

冗談を言い合う、これは最終段階ですね。
自信がある人は、発言も物怖じせず堂々としてます。
オドオドしていては冗談も冗談になりません。

閉じこもらずに、いろんな分野で経験値をアップする。
失敗もするでしょうが、その失敗こそが強くなるためにも
必要なんです。
経験上、いろんなスイッチがあり、気持ちの切り替えの
上手い人ほど人生がうまくいきます。
失敗経験のない人は打たれ弱い、ちょっとしたことでも
挫折する、なかなかの爆弾を抱えてます。

ユーザーID:5270930421
すごいわかります!携帯からの書き込み
りな
2017年10月14日 20:11

すごい共感します!
私も割とずっとそうで、生きづらい10代20代でした。
でもやっぱり一回、過去ときっちり向き合って、棚卸しみたいなのした方がいいと思う。なんとなく目を背けてるだけでは自分の中のモヤモヤは絶対消えないから、自分が何が嫌で何が辛かったかを、辛い作業にはなるけど、思い出して、一回親が悪かった部分を認めて、自分はどうしたかったかを考えてみたりすると、ちょっと何かが進むかも?です。
それって別に、親のせいにするとか、甘えだとかじゃなくて、自分の過去と気持ちを整理するってかんがえたらいいんじゃないかな?
私はその整理を30歳のときにはじめて、(アダルトチルドレンという用語に出会って)なんとなくスッキリしてきたのは、38歳くらいでした。。。でも今でもまだ心の傷は残ってるけど。
いろんな本がいっぱいでてるから、よんでみてください。

ユーザーID:2406755315
育て直す
ピース
2017年10月16日 10:52

育児本を読んでください、自分が親になり、自分を育て直すんです。
読んでいると
「どうして私の親は、こういう本を読んで一生懸命子育てしてくれなかったんだろう」
と寂しい気持ちにもなりますが、なるほどと思う事が沢山書いてます。
ちょっとした哲学書のような。でも、育児本は優しい言葉を使っているので
難しくないです。

ユーザーID:7993785204
いいんだよ
いじめはいけない
2017年10月16日 14:59

あなたはきちんと自分を知ってる。

まわりにはそうでない人が多いと思ってるでしょう?
だって、あなたと似た人はあなたのように社会と上手く関れてないから。

隠れてあなたに見つからないところにいます。

あなたは、自分と同じ人で周囲を固めることなく、しっかりがんばってます。

いいんですよ。
つらいです。
でも、いいんです。
がんばっているあなたがすばらしいんです。

「itと呼ばれた子」/ディブ・ペルザー著

アメリカで壮絶な虐待を受けた人物が自分史を書いています。
子どものころの虐待もすさまじいですが、続編で、大人になってからの親との向き合い方、自分のコンプレックスとの向き合い方で、ものすごく悩み苦しんだことを書いています。

大丈夫。

もちろん、彼のようになれなくても、あなたはあなたでいいんですよ。

もし、チャンスがあれば、カウンセラーさんとお話してみてください。あなたを肯定する人を話して見て下さい。

私もそうですが、虐待されたから、こういう私なんじゃないんですよ。
虐待するような親と似てるからこういう私なんです。
で、虐待が自分に向かってるの。

もう、自分は許してあげようね。

大丈夫、私達には親の世代とは違う情報がたくさんある。

みんな違って、みんな良い時代なんです。

ユーザーID:2577894822
辛かったですね
みか
2017年10月19日 18:55

私も同じです。

私の場合はカウンセリングを受けましたよ。
信頼できるカウンセラーの方に辛かったことを話したり、催眠療法というものを受けたりしていく中で大人にも信頼できる人がいるということを実感出来たからか、実生活でも行き辛さが減ってきました。

そうした中で、怖いと思ってもやってみるということを続けてみていくうちに、失敗しても大丈夫だってことや世間は意外と優しいという事に気付いて、今はとても生きやすくなってきました。

誰か一人でも信用できる人が出来たら、人生違ってくると思います。今は学校でも会社でもカウンセラーさんいたりしますから、誰かに話してみたらどうですか?
自分の中だけでもモヤモヤしてるのとは全然変わると思います。

ユーザーID:0870330439
私も今現在、克服しようともがいています。
せりな
2018年6月8日 16:47

Sさんのお気持ち、すごくよく分かります。
私も、幼いころから父親に些細なことでキレられ、殴る蹴るの暴行を受けて育ってきました。
母は、割とおっとりした性格でしたが、私とは気が合わないとはっきり言われ、妹ばかりあからさまに可愛がる態度を取られるという環境で、必死でなんとかもがきながら生きてきました。
幸い、祖父母は私を可愛がってくれたので、時々会える祖父母の支えがあったことが救いとなってくれていたのだと思います。

今、私は40代で、家庭を持ち子どももいる生活を送り、仕事もしていますが、子どもが小さいので度々職場を休むのですが、休みをお願いするとき上司の顔を見るともうビクビクして、小さい頃父親に殴られないようにとビクビク息を殺していた時の気持ちがよみがえってくるので、苦しいです。また、毎日他のスタッフよりも早めに仕事を切り上げて学童に迎えに行かなければならないので、職場を退席するときも、自分でもおかしいと思うくらい毎日罪悪感を感じて、自分の気持ちを抑えられず、しょげきった表情をしながら退席しています。
同僚に、そんなに気にしなくていいよ、今は子どもが小さいんだからと温かい言葉をかけてもらっても、条件反射のように体が強張り、顔の表情筋が自分の思うようにならないので、変な表情をなるべく見られないようにうつむいてそそくさと職場を離れるようにしています。

自分の話ばかり長々すみません、でもこんな私でも若い時はもっとおどおどする気持ちが抑えられず、人と話すのも難しいくらいの時期がありました。今はだいぶ回復してきたなと思っています。
年を取ればもっと気を楽に生きていけると信じて希望を持っています。
Sさんもどうか希望を持ってください。必ず今より、楽に、ゆったりとした穏やかな毎日が暮らせるようになると思います。
苦しい気持ち、かならずいつか癒えると信じてください。

ユーザーID:6992266349
 


現在位置は
です