現在位置は
です

発言小町

新しいトピを作成
本文です

大人になっても悩みます。友達って何でしょうか?

モコモコ
2017年10月17日 19:33

子供の頃から友達ってわからない。
一応、一緒にいる子はいた。
週末一緒に過ごしてたこともあった。

何を話してたか覚えてない。

大人になると誰かと一緒に過ごしてる無意味だと思うようにもなった。
相手に合わせる。尽くす。お世辞を言う。
気を遣うことに疲れてきた。

友達って何でしょうか?

ユーザーID:8196382683  


お気に入り登録数:171
  • 携帯に送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
古いレス順
レス数:45本

このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました。
タイトル 投稿者 更新時間
知り合い、友達
トメ子
2017年10月17日 22:12

50代トメ子です。
会話に「友達が...」をよく聞きます。
あ〜みんな友達が多いんだぁ〜と思うのは
自分に友達と呼べる人が少ないからです。
自分は友達だと思ってない人に友達と言われることがあり、
不思議な気持ちになります。
「知り合い」は用事があれば会う人
「友達」は用事が無くても会う人
だそうです。ちなみに
用事を作ってでも会いたい人が「好きな人」だそうです。

友達になれるのは比べることがなくて
素が出せる相手です。
お互い嘘をつく必要がない人。
尊敬できる部分がある人
多くはないですね。ひとり、ふたり居たら
十分ですね。

ユーザーID:5062554814
イコールの関係が大事
ゆき
2017年10月17日 22:13

相手に合わせる
尽くす
お世辞を言う

これをやったら既に友達ではなくなります。
トピ主さんは友達付き合いのやり方がわかっていないと思いました。
そりゃあ、疲れるでしょうね。

ユーザーID:6578588244
会いたいと思う人
beru
2017年10月17日 23:06

一緒に居て、気を遣うことが苦に感じない相手・・・かなぁ
お世辞を言わなくても良い関係
尽くす・・・自然と相手のためになると思うことをしたくなる
そんな相手でしょうか

時に、つきあいに疲れてしまうこともあるかもしれないけれど
それでも、また会いたいと思える人

ユーザーID:2498106850
他人でしょうね
通りすがり
2017年10月18日 0:27

同じ学校や職場にいる時は、友達という名の味方がいた方が快適に過ごせるでしょうけど、
そうでなければ、はっきり言って大して意味のない存在だと思います。
適当に喋ってストレスを発散できるタイプの人には必要でしょうけど、
相手に合わせるタイプのトピ主さんにはストレスの源でしょう。

ユーザーID:1292425654
とても大事な同士
ラム
2017年10月18日 0:42

私にとって友達とは、家族とはまた別の、かけがえのないものです。
今アラフォーですけど、本当にそう思える友達は1人だけ。
その人以外は友達と言っても浅いつきあいばかりですね。
日常の潤滑油にお互いしあえるような、そういう存在。もちろん彼らも大事ですけど。

知り合ったのは大学時代でしたが、その後とある職業の訓練学校で同期になり、晴れの日も嵐の日もある中でお互い、もう隠せることもない状態になり、やがて離れていようが相手の為なら何をおいても駆けつけるくらいの絆ができていました。
最近はなかなか会えませんが、話せばすぐ知り合った頃のままに戻れます。ずっとそうです。

結婚式の誓いの言葉のように、病める時も健やかなる時も。でもここは愛し抜くというより幸せを願いあう、そういう存在かな。
私の場合、運が良かっただけかもしれません、そういう友に出会えたのは。
トピ主さんの書く「相手に合わせる、尽くす、お世辞を言う」それは単なる知人ですよね、友達にはならない、そういうことをしていると。

友達も最初は他人、知人ですけど、そこにシンパシーを感じるかどうかは個人のアンテナの感度次第かなと思いますよ。
トピ主さんは無意識にでもずっと鎧を着ているのではないかな。鎧を着ている人と友達になりたいと思う人は少ないと思う。

ユーザーID:9061479471
私の考え
じゅん
2017年10月18日 0:52

人付き合いが苦手です。
それでも、友人と呼べる人は数少ないですがいます。

その友人との関係は。
・子育てや生き方、様々な価値観について、わかるわかる!と分かり合える。
・この人のこういうとこ凄いな、と尊敬できる部分がある。
・あれ?違うな、と思う事があっても、それ以上に分かり合えたり尊敬できたりする事があるので気にならない。
・いくら親しくても、言葉を選んで話すし、これは言うべきではないという一線はお互いにわきまえている。
・しょっちゅう連絡を取り合うわけではない。

…こんな感じでしょうか。


合わせる・尽くす・お世辞を言う・気を違う…これらに疲れるのであれば、その人とは友人づきあいではなく「ただの知人」との認識で、必要がある時だけの表向きの付き合いだと割り切ればいのではないでしょうか?
そういう付き合い方は、どんなに社交的な人であっても大なり小なりしているのだと思います。
逆に言えば、合わせる・尽くす・お世辞を言う・気を遣う、ができない人こそ周りに誰も居ないはず。

悩まなくても大丈夫。みんなそんなものです。

ユーザーID:3340357524
ようこそ携帯からの書き込み
ウフフ
2017年10月18日 2:23

わかります。
世の中には話す側と聞く側の人がいます。
あなたは、うんうん聞くだけの人生に疲れたんですね?
あなたがちょっと喋ったら、「あ、もう夕方だ帰ろっか?」と話を切り上げられたりしょっちゅうではないですか?
無理無理無理
いまさら相手は変わりませんよ。
今まで通り、うんうん聞くだけか徐々に距離を置くなどして新しい人生を切り開いて下さい。
色々なところに楽しみは転がっていますよ?
多趣味万々歳!です
人は裏切りますが己(の世界)は裏切りません。

ユーザーID:5654484946
私の場合
ダイナゴン
2017年10月18日 3:59

中学生あたりから、友達というのは特殊な趣味で繋がるものと自覚。学校も職場も友達を作る場ではないと自覚していました。

結婚する時に、以前の趣味の友達とも疎遠になって、基本一人だけど、一人でいるのが楽だし、夫がいればもういい、という感覚です。
妹はまだ、高校時代の友達と繋がっていて、帰省のたびに会っているのだけど、その友達からしたら、友達として存在してほしい魅力のある子なんだと、姉から見ていても思います。健康的だし、センスいいもの知ってるし、旅行の段取りとか、手際良くやってくれたりするし。

何か自ら夢中になって努力するものがあって、それを通して自分を認めてもらうこと、それ以外に友情っていう形は無いと、私は思います。

ユーザーID:9474361854
それ友達じゃないかな携帯からの書き込み
七海
2017年10月18日 7:23

合わせたり、気をつかったりが嫌々なら、友達じゃなくて知り合いレベルかなと。
ましてや、お世辞とか言わないよ。
誉めるなら本気で誉める。好きだから、友達の歩調に合わせたり大切だから気遣うんじゃないかな?

トピ主さんの、友人の選び方の基準がズレているのだと思います。
それか、好きな気持ちよりも表面上上手くやる事に意識が向いてて、友達になる為の信頼関係が築けてないんじゃないのかな?

ユーザーID:8446486210
それは...
ベア
2017年10月18日 8:42

友達の定義って、難しいですよね。
人によりけりで。

私は中年ですが、友人付き合いは
殆どなくなりました。面倒になった
事もあります。

よく友人なら、気を遣わず何でも
話せるって聞きますが、私はトピ主
さんと同じ感覚で、やはりたまには
お世辞の一つも必要な場面もあるし、
思いやりという部分での気遣いは
必要ですしね、言いたいことを言える
なんてのは幻想ですし、女性は敏感
ですから、結局言葉も選んだり疲れ
ます。

いくつ歳を重ねても、私も悩んだり
多々ありました。永遠のテーマかも。

今は一人の時間を大切に、家族仲良く
暮らしていることに感謝しながら、
静かに暮らしてます。
ママ友も卒業して、平和な日々ですかね。

ユーザーID:3135130343
友達とは
チキチキバンバン
2017年10月18日 9:19

私の考えを言いますと、心からの信頼でつながっている関係であり、お互いに相手を大切に思う関係です。。

ところが、単なる遊び仲間や学生時代からの付き合いを友達と勘違いしている人が多いようですね。
このような薄い関係を言い表す適当な言葉がないからかもしれません。

遊び仲間、知り合いと理解すればいいと思います。

私の経験では本当の友達は一人いれば十分だと思います。

ユーザーID:9418911071
わたしとは逆ですね。
szk
2017年10月18日 9:41

> 相手に合わせる。尽くす。お世辞を言う。
> 気を遣うことに疲れてきた。

をしなくて良いのが、わたしにとっての友達です。
もっとも、「親しき仲にも礼儀あり」は実践しています。(つもりです)

モコさんは、この親しき仲の礼儀で疲れちゃうのでしょう。
思い切って素のまま接してみたらいかがでしょうか?
モコさんにとっての親しき仲の礼儀のハードルを思いっきり低くしてみましょう。
心境が好転すると思いますよ。

ユーザーID:7392309139
何となくわかります
同居嫁
2017年10月18日 11:13

昔から友達がいなかったわけではありません

ただ小学校の友達は卒業したらほぼ合わなくなりました
(私立の学校で公立に進学したため)

中学でもそこそこいました、でもこれも卒業したら合わなくなりました

その後趣味の集まりなどでも良くつるむ友達いました
でもこれも結婚し遠距離にきてしまったため、その後の付き合いは徐々になくなり
今では音信不通

子供が生まれママ友も少しできましたが、あまり話の合う人はおらず
学校などで挨拶する程度、子供が高校進学すると、それもなくなりました

時短のパート2箇所ほど友達というわけではないけれど、そこそこ話す人や
仕事終わりにランチなどもしていましたが、辞めればそれっきりです

友達とは少し違うかもしれませんが
姑は親戚、近所付き合いが大事といいます

でも、近所の人は20は上の年配者ばかり
話すことなんてないし、姑を見る限り
親戚や近所の人や友達としているのは
他人(その場にいない人)の悪口や噂話ばかり、
それが大事・・・・とは思えないんだけどなぁ〜・・・

ユーザーID:4392820071
肩の力を抜く
麻衣
2017年10月18日 11:28

>相手に合わせる。尽くす。お世辞を言う。
>気を遣うことに疲れてきた。

これは私の感覚では『友達』じゃないです。
私の感覚ですと『友達=気の置けない間柄』です。

気の置けないとは、辞書に出ているままで
『他人行儀な距離感がなく、ことさらに気を遣ったり気兼ねしたりする必要がないほどに親密である』という意味です。

私にとっての友達とはそいうものです。
もちろん、思いやりや優しさ・自然な気遣い等はどんな関係であれ必要です。
一番身近な家族の間でも、それらは必要ですものね。

相手に合わせたり尽くしたり気を遣ったり・・・なんてことはお互いに無意識にやっていると思いますが、無意識なので疲れることはありません。

なぜ無意識かというと「してあげたい」気持ちがあるから無意識で出来てしまうのです。

たとえば『合わせる』について。
友達が「お腹空いたから何か食べよう」と言った。
その時、自分は空腹ではなくても一緒に飲食店に入ります。

「私は空腹じゃないから、あなたに合わせて飲食店に入ることはしたくない。そんな無理な気遣いは疲れる。あなたに合わせて尽くす自分にはなれない」なんて思いませんよね。

「あなたが空腹ならどこか飲食店に入りましょう。私は空腹じゃないからドリンクでいいわ」となるだけ。

その程度の何でもない気遣いは友達に対して普通にやってあげられるけど、疲れる程の気遣いや奉仕、お世辞を言うなんてことは友達関係ではやりません。

そんなことをしなくても気楽に居られるのが友達です。
トピ主さんも、無理をしないで自然体で人と接するようにした方が本当の友達が出来ると思います。
あ、自然体と言ってももちろん最低限の気遣いや思いやりは必要ですよ。

それすらもしないのであれば、ただの自己中になりますから。

ユーザーID:2263623338
それは友人ではないのでは?
ひるあんどん
2017年10月18日 12:33

男性です。

友人とは「互いに心を許し合って、対等に交わっている人。一緒に遊んだりしゃべったりする親しい人」です。ですので、トピ主が挙げている行為を常に必要とする相手ならば、それは友人ではありません。

友人が判らないのではなく、相手に対し心を許すことも無く、自信を持って対等な関係を築けるでもなく、一緒に居たり遊んだりするけれど親しさを感じなかっただけでしょう。

一緒に居る誰かが友人なわけではありません。友人だから一緒に居るわけでもありません。勤務時間中、私の隣には常に同僚が座っていますが、彼は友人ではありません。またネットでは繋がっているもののもう何年も会っていない友人も多数います。

合わす事もありますし、尽くさないまでも何かをしてあげることもあります。お世辞は言わないけれど、褒め称えたり「いいね」をすることも多分にあります。しかし、気疲れするほどではありません。

それが友人では?

ユーザーID:1637381485
大人になったからこそ
nyanya
2017年10月18日 12:58

友人って必要無いかも?と思うようになりました。

姉妹のように仲良しだった人でも、一方的に頼って来られたり、都合良く使われたりすると、友人なんていない方が面倒が無くて気楽です。

最近は大学時代の友人で、年に1回会う数人のみで、社会人になってからの友人は皆、こちらから整理したり向こうから整理されたりで、もういいやと思います。

恋人と友人は作ろうと思って出来るもんでも無しだから、集まり等でその場限りを楽しく過ごせる人がいても、連絡先を教えて欲しく無いし教えません。

人生「一期一会」

でも、その場その場では楽しむ事を心がけています。

ユーザーID:7069451984
私の線引きは
りんご
2017年10月18日 13:07

>相手に合わせる。尽くす。お世辞を言う。
気を遣うことに疲れてきた。

こういうことを考えずに付き合える人を
本当の友人だと思います。

もしくは気遣いがあってもそれが苦にならず、
それ以上の安らぎや楽しさを感じられる人です。
少なくとも私の友人達はお世辞なんて言い合いません。

主さんが友達と思っていた方達は本当は
友達じゃなかったのでしょうね。

ユーザーID:0991176436
友達とは
飛ぶプケコ
2017年10月18日 14:40

あなたには必要のないもの、かな。

ユーザーID:1039071064
無理して作るから疲れるのでは
ねこ
2017年10月18日 15:22

私は友達、めったにできないです。
ごくごくたまに、お友達になる予感のする人と出会って、おつきあいがはじまったりします。
そういう相手は、気を使うことが嫌になったりしないです。

トピ主さんは、合わない人とでもお友達になってしまうからしんどいのではないですか。
無理してお友達になるのは、やめてみたらどうですか?

ユーザーID:3658484210
なるほど、友達が居た事がないのね
うどん
2017年10月18日 17:10

> 相手に合わせる。尽くす。お世辞を言う。
> 気を遣うことに疲れてきた。

それ、友達とは言わないよ。
そういうことが無用の存在が友達だよ。

むろん「親しき仲にも礼儀あり」ですから一切気を遣わない
ということはないだろうけど、少なくともそれが苦痛になる
ような相手は友だちとは言わないのです。

私には、そういう相手が幸いなことに数人おります。
いずれも親友と言っていいような間柄です。
結構遠慮会釈ない関係ではあるけど、お互い礼儀作法は身に
付けている大人ですので、互いに礼節に欠けることもない。
ですがそれは気を遣う・相手に会わせるといったこととは違う。
特に世辞なんて。言ったら多分爆笑されるでしょうね。

そのあたりを実感できるほど、本当の友達というものが貴方には
居ないのでしょう。
でもいずれ、一人では寂しいとか一緒に遊ぶことを楽しみたいと
思う時期が来るのではないでしょうか。
その時のために、少しずつ対人スキルを身に付けることは無駄では
ないと思います。

ユーザーID:7785520915
 
現在位置は
です