現在位置は
です

発言小町

新しいトピを作成
本文です

今の童謡はどんな歌ですか?

しょうわ
2017年10月19日 14:45

先日友人と品川駅で電車を待っていました。
向かいのホームは東海道線で、品川駅の東海道線の発車ベルは鉄道唱歌で最後の方に汽笛の音が流れます。

私達の後ろに幼稚園児ぐらいの男の子がいたのですが、その男の子は汽笛をサイレンだと思ったようで、一緒にいたおじいちゃんとおばあちゃん(多分)に何か言っていました。
祖父母と思しき男女は汽笛について説明しても男の子はわからなかったようで、最終的には今度大井川鉄道の汽車に乗りに行こうという話をされていました。


電車に乗った後、昔に歌っていた童謡の話で盛り上がり鉄道唱歌の話にもなりました。
童謡の話をしながら気付きましたが、4〜5歳では汽車は絵本で見たとしても汽笛までは知らないですよね。。。
(逆にサイレンについては昨今の状況から知らされているかもしれない)
というか、よく考えれば私たちが歌っていた童謡の情景自体があまりに違っていてどれもわからないじゃないか?!という疑問に行き当たりました。

たき火は今じゃできるところの方が少ないし、紅葉も都心ではなかなか見れないし、めだかもお店に行かないと見れないだろうし、テルテル坊主なんかも作ったりしないかな?etc.
昭和の頃に歌っていた童謡を聞いても理解しづらそうですよね。それでも保育園や幼稚園では歌っているのでしょうか?それともthe童謡はあまり歌われず、アニメの歌とかボーカロイドの歌とか歌っちゃうのでしょうか?



私達は子どもがおらず今の童謡などが全く分らなかったので、こちらでお聞きできればなと思いました。
知らない歌も多いかもしれませんが、検索したりして聞いてみようと思います。

ユーザーID:9895862379  


お気に入り登録数:8
  • 携帯に送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
古いレス順
レス数:10本


タイトル 投稿者 更新時間
消えゆく童謡・・・
40代おばさん
2017年10月19日 18:05

昭和の子供です。
家にはレコードプレーヤーがあり、童謡LPセットがあり、自分でかけて一緒に歌うのが好きな子供でした。
赤とんぼ、たき火、雪やこんこ、ゆりかごの歌、どれも美しいメロディ、日本人の心の原風景を思い出させる素晴らしい歌ばかりだと思います。

けれど、現在、14歳、16歳の娘たちはどの曲もうろ覚えです・・・全く知らない曲すらあります。もちろん学校でもやりません。学校で取り上げられるのはアップテンポで今風の歌詞の曲ばかり。
寂しいです。親の私が好きだから、乳幼児の頃は家でもCDかけて歌ったりしていたのにあまり効果はなかったようです。通っていた幼稚園でも歌いませんでした。

素晴らしい日本の童謡がなくなってしまいそうで怖いです。

ただ、私自身はボランティア演奏家として毎月老人ホームでコンサートを開催しており、そこで入居されてる皆さんと一緒に歌っています。
認知症の強い方でも、コンサートの時間は本当に素直に音楽を楽しみ、笑顔で一緒に童謡を歌ってくださいます。やはり音楽には素晴らしい力があると思う毎回です。

今はやりのボカロ?なども否定しませんが、童謡も忘れてほしくない、知っていてほしいと思う昭和生まれの母ですが・・・
20代の若いママさんなどとお話すると、ママさん自身がご存じないことも珍しくないんです。

学校での授業時間が音楽は減らされているらしいですし、童謡など余計な?歌を覚えさせる位なら、合唱課題の歌謡曲を歌わせるしかない昨今らしいです。

どこが、何が悪いのか、一般のオバサンにはよくわかりませんが、ちょっと寂しい世の中だなぁと思ってしまっています。

ユーザーID:4824895073
おかあさんといっしょがありますよ!
Eテレ
2017年10月19日 21:23

1959年から放送されている「おかあさんといっしょ」や
去年20周年を迎えた「いないいないばぁ」で
オリジナルの新しい童謡から昔ながらの懐かしい童謡までとりまぜて
歌われていますよ!

例えば、汽車のかわりに
電車の歌や新幹線の歌だったり。


また、保育園、幼稚園でももちろん流行りのアニメの歌も
うたいますが(例えばドラえもんとか妖怪ウォッチとか)
もちろん昔ながらの童謡もうたいます。

また、私は昭和50年生まれですが、
私の頃だって

蛇の目って? とか
15でお嫁に?! とか
水兵って?

とかいろいろありましたよ。

ユーザーID:2871386376
今の童謡
にゃっぴー
2017年10月20日 0:28

こんにちは!

子どもができるまで今の童謡と昔の童謡があるなんて知らなかったのですが(童謡はずっと変わらないと思ってた)、個人的には『ぶたがみちをいくよ』という歌が好きです。
ぶたがあるいていると車が来て車をよけて歩いていく、というそれだけの歌詞なのですが、メロディが愉快です。
途中歌詞で『ぶんちゃっちゃっ』と入るのですが、子どもが『ぶたちゃんっ』と間違えて歌っててそれもかわいかったです。

園からはわたしたちもよく知ってる、かえるのうた、アイアイなども習ってきますよ。

ユーザーID:6524028162
幼児番組で歌われる歌
人それぞれ
2017年10月20日 9:56

「おかあさんといっしょ」などの幼児向け番組で昔の童謡も流れます。
「めだかの学校」なんかは今も歌い継がれているんじゃないでしょうか。

他に私(40代)が子供のころから歌い継がれている童謡では、
「おもちゃのチャチャチャ」
「大きな栗の木の下で」
「げんこつやまのたぬきさん」
「しゃぼんだま」
「ぞうさん」
「むすんでひらいて」
「とんぼのめがね」

…などがあります。
手や体を使う遊び歌として「大きな栗の木の下で」「げんこつやまのたぬきさん」「むすんでひらいて」はきっと今も歌われていると思います。

子育ての時に覚えた10年くらい前の歌では、
「夢のパレード」
「バナナのおやこ」
「あさごはんマーチ」
が好きでした。

今も毎年新しい歌が作られているんでしょうね。
童謡、いいですね。

ユーザーID:3796062369
今も同じ歌を歌っていると思います。
コハル
2017年10月20日 10:53

 あんぱんまんの歌なども歌ってますが、どんぐりころころや大きな栗の木の下でとか歌ってます。小さな子供にどじょうって何?と聞かれたり。栗の木も都会にはないので想像つかないでしょう。でも昭和生まれの中年の私でも意味わからず歌っていました。汽車汽車シュッポシュッポって一度も見たことないです。

ユーザーID:6962680810
手遊び歌は割と残ってる
ふしぎなおどり
2017年10月22日 1:27

50歳で、高二と中二の子がいます。
この子らの在園時のことを考えてみると、
園の先生方の意識的な教育でしょうが、
割と手遊び歌は残ってるなと思いました。

「げんこつ山のたぬきさん」「芽が出てふくらんで」
「お弁当箱の歌(これっくらいの、お弁当箱に…)」
「大型バスに乗ってます」等々。
ただ、音楽は昔と同じで歌詞が違うのもよくあった。
例えば、
「とんとんとんとんヒゲ爺さん」は「パンパンパンパンアンパンマン」に。
フランス民謡「フレールジャック」翻案の「サンタクロース」(私らはこれだったんすよ手遊びなしで)は、
「グーチョキパーで、グーチョキパーで、何作ろう、何作ろう」に。

普通に歌う歌は、おかいつや「みんなのうた」なんかでよく歌われてきた歌が多かったような。
「こぶたぬきつねこ」なんかは「あー私も歌ったな」てな。
あと、なんかそれなりに私らの知らない「スタンダード」ができてるんですよね。
ウチの上の子たちの、年長時のお気に入りは「にじ」って歌。
「にわのシャベルが 一日ぬれて
雨が上がって くしゃみをひとつ…」
てな。
結局卒園式の後のお別れクラスでも歌ったんすが(もう10年以上前だ)、
更に前からのスタンダード曲で、今でも割と歌われてるそうです。歌詞がいい。
そういうのがあって、アニメ主題歌なんかは園活動では歌わなかったすね。
勿論自由時間にはプリキュアやらポニョやら勝手に歌ってたけどね。

あ、「ぞうさん」とか「やぎさんゆうびん」「ふしぎなポケット」
なんかの、まどみちお作品は、
私も園で歌ったし、子らも歌った。

ユーザーID:9038055553
童謡協会という団体がありますよ。
オレンジ
2017年11月2日 18:34

一般社団法人日本童謡協会という団体があって、毎年各地で演奏会などやってます。
来年は童謡100年(童謡誌「赤い鳥」(廃刊)の創刊から100年)です。

ユーザーID:2421917488
英語の歌も定番化してる
ようこ
2017年11月5日 23:06

面白いですねー!2歳の子どもがいるので我が家の定番曲を紹介させてください。

私がよく歌うためか昔ながらの童謡を非常によく覚えています。
保育園でも歌うため、テッパンのよう。教育テレビの朝の番組
(ハナガッパ、ピタゴラ、コレナンデ商会)の曲は
毎日見ていることもあり、しっかり覚えています。特に最近はコレナンデ商会の
《一緒だね〜ふたりはいつも一緒だね〜…明日も一緒だね★》の歌が気に入ってるようです。

個人的にイマドキだなぁと思ったのが2歳にして英語の歌を覚えているところです。
ABCの歌もなんとなく歌え、finger familyという手遊び歌的な
曲は保育園だけで覚えてきました。また、動画サイトでみかけた英語の歌も
気に入って覚えたりもします。

年齢的に日本の童謡も、英語の童謡もかなりあやふやですが、
でんでん虫やらグーチョキパーなど歌から言葉を覚えたり、歌に気持ちを
代弁してもらっていたり。

またイマドキの曲といえば、しばらく前に流行った《エビカニクス》、
妖怪ウォッチの《妖怪体操?》は保育園で習っており、こちらも
親は歌えないのに歌います。あとは《トミカプラレール》の販促歌は
よく歌っています。

ボカロは私が好きで聞かせたりもありましたが、今のところ気に入っていないよう。
ただ、アブリルラヴィーンのCDがたまたまプレーヤーに入っていたのを見つけ、
聞きたいとせがまれ、繰り返し聴いてみたりもありました。
童謡だから好き…というよりも曲やその他の面白いことと結びついて
覚えるのかなと日々観察しています。

ところで。うちの子どもは《トントントントンひげじいさん》はそのまま
歌いますが、アンパンマンアレンジは初めて聞きました(見かけました)
そういうアレンジもあるんですね。うちの子どももアンパンマンは
好きなので調べてぐずった時にウケるか試してみます。

ユーザーID:9606660824
歌っていますよ携帯からの書き込み
ゆっけ
2017年11月12日 9:12

現役保育士のオバサン世代です。
今でも、おりに触れて昔ながらの童謡、歌っています。
さぁ、みんなで、歌いましょう。という感じではなく、遊びの中や生活の中で歌っている。といった感じです。

例えば、
散歩の途中でトンボを見かけたら
「トンボのメガネはみずいろメガネ」と歌いながら歩くし、
泣いて眠れない子がいたら
「ゆりかごのうたを、カナリアがうたうよ」とうたってあげます。

これは、私よりもっと、若い先生もしています。


なんていうか、教えたい、とか、伝えたい、という感覚ではなく、自分の経験から自然にわき出ている、といったところでしょうか。
そうやって、続いていけばいいな、と思っています。

もちろん、最近まったく歌わなくなった童謡も沢山ありますけどね。
子ども達と過ごしていると、歌の世界もどんどん変わっていきますから、オバサン世代はビックリすることもよくありますよ。
実習生がやった手遊びに、ピカチュウが出てきた時は驚きました・・

ユーザーID:1761122603
親御さんは童謡のCDを購入してもっと子供さんに聴かせてあげて
みんなのなかへ
2017年11月15日 23:15

私が幼児期の場合、まあいわゆる、刷り込まれたというか、そんな感じで全10巻からなるトッパンの童謡絵本にあった童謡(このなかには一部文部省唱歌やわらべうたもあるが)を全曲揃えてレコードを毎日のように聴かされていたような気が。でも、そうすることで自分は泣くのをやめておとなしくなったものだから、やっぱり童謡が大好きだったのである。
そうなんだな、親が歌う子守唄には拒否反応を示して…実はレコードの女の子が好きだったから?そりゃ、大人より子供が歌うのが本来の童謡のありかただからな。

「にじ」という曲は知ってますよ。何年か前私が購入した童謡CDのなかにあるから。要するにあなたは童謡を歌う歌のおねえさんファンだから?たしかに、それ見たさに幼児番組にチャンネルを合わせていたことは、別にアイドル追うのと変わりないもので。いや、あくまで目的は歌そのもので、歌手ではありませんよといったところで、でも童謡を歌っている女の子はそこらへんのアイドルよりずっとかわいいのは事実だろう。

でもたしかに、童謡を歌ったのは女性であるが、童謡を作ってきたのは男性である。そういえば今週は13日が詩人のサトウ・ハチロー、17日が作曲家の弘田龍太郎の命日である。勿論女性が活躍しにくかった条件はあったかもしれないが、童謡の生まれる背景には童心そのものが根底にあるからこそ、たしかに、女の子はすぐ大人になりたがろうとするし、男の子は子供っぽさがあとあと残るから。歌謡曲は女性の作詞者が圧倒的に多いけどね。そういえば、大学の時に所属した合唱団で、合宿先のピアノにそこの子供のものだったらしい低学年の音楽の教科書があり、なつかしくて男声陣はみんな集まって歌いだした。女声陣はこれを遠巻きに見ていた。男はやっぱり子供だねって感じで。

ちなみに私は、出産祝いにはワンパターンながら童謡のCDを贈呈することにしている。

ユーザーID:8851694886
 


現在位置は
です