現在位置は
です

発言小町

新しいトピを作成
本文です

亡き両親を想い涙が出る

みつ
2017年10月19日 16:36

50過ぎの中年です。

母は20年近く前に亡くなり、父は今年亡くなりました。
母の事は、時間が経っていましたので思い出しては懐かしく思うように、気持ちは落ち着いていました。

ですが、今年父が亡くなって、父の事を想い涙、そして母を思い出してまた涙。
倍の悲しみが押し寄せてくるようになってしまったのです。
20年前の事を鮮明に思い出し涙・・

毎日やる気も楽しみも起きません。
夫(私の両親と血の繋がりはないので当然ですが)や子供が普通の生活をしてるのを感じる度、羨ましく感じます。

ユーザーID:8934353037  


お気に入り登録数:54
  • 携帯に送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
古いレス順
レス数:18本

このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました。
タイトル 投稿者 更新時間
全く貴女の携帯からの書き込み
あや
2017年10月19日 22:33

状況と同じでした。
私は50代の女ですが私が小学校3年の時に母が亡くなりその後父が私と妹を育ててくれました。
2年前に父が亡くなり私にとっては辛い日々を過ごしました。私一人…なんで一人になってしまったんだろうと。でも必ず父に感謝して生きて行く気持ちに成るときが来ます。

私は父の死後更年期を発症したりと体調も崩してしまい大変でした。貴女も体に気を付けて日々を過ごして下さい。父の事を想いながら。

ユーザーID:1451143971
親の死は多くの人が経験する事。携帯からの書き込み
56才
2017年10月19日 23:09

私は8年前に立て続けに亡くしました。

母親の時は後追いたいくらいでした。荒波に独り放り出されたような淋しさ、、、。


私はあの世を少しは信じてますので、多分あの世で会えると思ってます。

その時に楽しかった話、頑張った話沢山したいから、今、生きています。

トピ主さんはお子さんもいるんだから、涙拭いて前進あるのみ。

ユーザーID:1404911910
少し立場は違いますが
ナナハナ
2017年10月19日 23:37

私はおととし母を、先月父を看取りました。
母のときは、残された父がかわいそうで、自分の哀しみはそれほどでもなかったのですが、まさかわずか2年で父も逝ってしまうとは…。

でも、不思議と涙は出ません。
半年間、在宅療養でつきっきりに世話したためか、後悔が無いんです。
ただ、寂しいです。虚しいです。
みつさんのように、「何をする気力もない」とは少しちがって、「何をしたって甲斐がない」という気持ちです。
そして、広い家に独りでいると、やりきれないです、

でも、みつさんの立場を想像してみて、哀しみを同じ心で分かち合えない人たちと一緒にいるのも、辛いことだと知りました。
私には夫はなく、子供も遠くにいます。
そばに誰もいないからこそ、私は人目も気にせず、父の遺影に向かって話しかけることができるのです。

ですが、また、みつさんが羨ましくもあります。
ご夫君が、お子さんたちが、きっとみつさんを「やる気も楽しみもない」状態で放っておいてはくれないだろうからです。
「時間薬」とよく言いますが、「家族薬」と併用した方が、きっとよく効きますよ。

ユーザーID:1961469355
お辛いでしょうね。携帯からの書き込み
りん
2017年10月20日 0:57

ご両親が あなたを大切に育てて下さった結果です。

時が癒やしてくれますから 泣きたいだけ泣いて
あとはご自身の人生を楽しんで生きて行って下さいね。

ユーザーID:4841209999
幸せなのですね
んー
2017年10月20日 2:36

主さん幸せな子供時代を過ごされ
ご両親と良い関係で羨ましいです。

私は涙は出そうにありません

ユーザーID:2061724051
子供は当たり前かと
エリッサ
2017年10月20日 9:25

人は必ず亡くなるから、トピ主様夫婦が亡くなった時子供も同じように感じると思う。

今年だとまだ落ち着いていないのかと。
私も昨年母を亡くしました。
納得はしていますがメンタルの面で心がざわつきます。
そのたびに、頑張らないと頑張らないとって自分で唱えています。
でないと、親がここまで頑張ってくれてたのに自分がくじけちゃったら罰当たりそうですから。
母は長い闘病生活の後、病院での最後で、そのことばかり思い出してしばらくは辛かったです。
でも、半年たって、それからさらに少したって楽しかったり面白かったりする思い出が少しずつよみがえってきて、ちょっと落ち着いてきました。

こういうものは、時間でしか癒せないような気がします。
誰でも多かれ少なかれそれは一緒です。

私は一人で暮らしているので、トピ主様よりももっともっと親のことを思い出したり考えたりする時間が多いと思います。
残された家族がいる分だけ、トピ主様は幸せですよ。

何かしら見つけて、頭の中を空っぽにするくらい打ち込んで見てはどうですか?
掃除お勧めします。

悲しいって思えるだけ、私は幸せだったんだなって思ってます。

ユーザーID:9518448092
読んで涙が出ました
もうすぐ50です
2017年10月20日 10:20

昨年母を亡くし、今もちょっとしたことをすぐ母に結びつけては思い出し、泣いてしまうことがよくあります。
父はまだ健在ですが、近い将来のことを考えると自分の心情はどうなってしまうんだろうと思います。

今回みつさんの投稿を読んで、すごくお気持ちがわかりますし、同時に近い将来の自分を見るようでもあります。

何か夢中になれるものがあると、そのときは忘れられますし、その積み重ねがだんだんと元気を取り戻していけるのかなとも思っています(なかなか出来ない自分ですが…)。

また、私は既婚ですが子どもがいません。母が亡くなってから、とにかく主人には健康で長生きしてほしいと強く思うようになりました。

ユーザーID:8876800320
死んでポッとする酷い親がいる私は、あなたが羨ましいです
ツナ
2017年10月20日 18:36

親に関して懐かしい思い出があるトピ主さんが羨ましいです。

いないことが涙がでるほど悲しい親なんて羨ましいです。

ユーザーID:2543868976
時間薬が解決してくれます
ゆきち
2017年10月21日 9:11

私も20年近く前に母を、半年程前に父を亡くしました。

父は随分前から危ない事がわかっていたので、やっとこの世から解放されたとほっとする様な気持ちでしたが、母はある夜突然に旅立ってしまったので、当時は悲しくてたまりませんでした。

でも、彼の世があるのだとしたら、今頃二人揃って大好きな旅行をしているんじゃないかなって思います。
二人お墓の中で喧嘩せず仲良くやって欲しいです。

ご両親ともあなたが「生きてる人を大事にしてあげてね」って言って下さるのではないでしょうか?
ご両親があなたにして下さった事、あなたがご両親にしてあげたかった事、回りの人たちにしてあげて下さいね。

ご両親の体は亡くなっても魂はまだあなたの中に生きていますよ!

ユーザーID:5919311138
素晴らしいご両親だったのでしょうね。
NEKOBY
2017年10月21日 20:55

こう言ってはなんですが,自分の両親も素晴らしい両親でした。
すでに2人とも亡くなっています。

しかし自分はそれほど悲しいとは思ってはいません。
なぜなら,自分も死ぬときが必ずやって来るからです。
その時はいつか分かりませんが,どんなに長くても50年以内でしょう。
死んだら先に行っている両親と会うことができ,その期間は永遠に続くのだと思います。
しばらくは会えませんが,そう長いことではありませんので,今は会える日を楽しみに生きています。
(楽しみは後にとっておくタイプです。もちろん美味しいモノは最後に食べるタイプです。)

親が亡くなってから,2つ良いことがありました。
1つめは死ぬことが怖いことではなくなったことです。
むしろ楽しみとさえ思えます。
(死にたくはありませんが…)
2つめは霊が怖くなくなったことです。
悪い霊がいてもきっと両親がどんなことをしてでも守ってくれるでしょうからね。
生きていたときと同じように。

ユーザーID:3527970014
ごめんね 涙も出ないどころかホッとする人も多いのよ
オババ
2017年10月22日 16:16

寂しい思いをされているトピ主様は、ある意味お幸福ですよ。
私の周りは、100歳近くのご長寿さんが多くて、子どもと言っても70歳過ぎ、介護で大変な思いをしています。
亡くなられても、涙も出ない人も多いのですよ。
私自身、両親揃っていますが、認知症で娘の事も分らない、排便をまき散らす母95歳が亡くなってもホッとするだけだと思っています。
もっと悲劇なのは、子どもの方が先に亡くなり、子どもの死も分らない親がいつまでも生きている例です、これも多いです。
私は、不謹慎かもしれませんが、そんなに悲しめるトピ主様が羨ましい。

ユーザーID:4190224386
ありがとうございます。
みつ(トピ主)
2017年10月23日 15:53

皆さん書き込み頂いてありがとうございます。
じっくり読ませて頂いて、また涙涙。
泣いてしまいました。
人それぞれ色々な想いを持たれてる。
長い人生の中には、楽しい事もありますが、辛い事仕方のない事もありますね。
ゆっくりと乗り越えて行かなければと思いました。


本当にありがとうございます。

ユーザーID:8934353037
トピ主2です。
みつ(トピ主)
2017年10月24日 18:46

引き続きありがとうございます。
親子関係も色々ある、ということですよね。
私も父との関係はうまくいってたとは言えなかったのです。
母が亡くなって、母の代わりのようにずっと
こき使われてるのが嫌でした。
だから冷たく当たってしまい、多分後悔してるんです。
今だから言えるんですけどね。

ユーザーID:8934353037
嫌な事は嫌と言わないと
ゆきち
2017年11月6日 8:46

私の姉がトピ主さんと同じです。
三人姉妹の姉は、小さい頃から跡継ぎの立場を任され婿をとり、親の言いなりになって来ました。
父の具合が悪くなってからも、自分が責任をもって面倒を持ち、そのせいで鬱病になりかかっていました。

離れて住んでいる私はたまにしか実家に行かず、気付いてすぐに役所に行き行政に支援を求めました。
親の事は子供が全て面倒を見るのが当然だと洗脳されていたのです。

親の世話をしながらも自分が楽しい思いをしなければ、息が抜けない。
本当に困っているときは回りに助けを求めなくてはいけないと話し、姉はわかってくれました。

全てを受け入れるだけでは、病気になってしまいますよ!
ご家族を含め、自分以外の人に嫌な事は嫌だとはっきり言って下さいね。
あなた以上にあなたの事を考えてくれる人はいませんよ!

ユーザーID:5919311138
親を思う心
冬の足音
2017年11月19日 13:11

母が脳出血で倒れた時、姉から連絡をもらったのですが、すでにいつ亡くなってもおかしくない状態でした。
でも、なぜか、母は私が病院に着くまで絶対死なないという確信がありました。
その後。在宅介護を経て母は亡くなるのですが、母が亡くなったという実感がもてたのが3カ月後、新緑萌える時期で青々と芽を伸ばす樹々の息吹に圧倒されて、やっと「ああ、こんなに命があらゆるところに溢れているのに、母の命はもうここにはないんだ!!」と、衝撃的に感じました。
その時、電車の窓から外を見ていたのです。緑を眺めながら涙がとまりませんでした。

母は本当に 亡くなったんだ
そのことを認めるのに時間がかかり、それから義理家族と母のことを普通に話せるまで10年かかりました。
自分の思うままに時間をかけて、親との和解を進めていけばいいのだと思う。
私は幸い、母とはとても仲が良くてその分、母の死を認めることがなかなかできませんでした。
誰もが自分の歩みで、やり方で、これまでの生きた道を亡くなった人と紡いだ道をなぞっていくしかないと思う。

正気なところ、薬に頼ったり、おかしな霊媒師に頼ったこともありました。でも、結局、一番納得できたことは「母は私が幸せになることを願ってる」ということだけでした。
いつか、どこかで、母と会えることが私の望みです。
一緒に少しずつ歩いていきましょう。

ユーザーID:1037924704
その後も書き込み頂きありがとうございます。
みつ(トピ主)
2017年11月25日 18:32

トピ主です。

皆さん色々な想いを秘められてるんだなぁと改めて思います。
数ヶ月が経ち、少し気持ちが落ち着いたかな・・と自分で思っていても
救急車の音を聞いたり、高齢者の人で似てる方を見かけると涙腺が緩んでしまいます。

少しずつ時間が経って気持ちが落ち着いていくのを待ちます。

ユーザーID:8934353037
いいご両親だったんですね・・・
ミニー
2017年11月27日 9:03

日に日に落ち着いてきていますか?
あなたのトピを読んで、心の底からうらやましく思いました。
親のために泣ける、当たり前のようでそうではない人たちもいます。
私もその一人です。
両親には迷惑ばかりかけられた人生。
なぜ今も生きているのかわからないほどのひどい両親です。
私は自分の両親が亡くなったときに、初めて心から幸せをかみしめることができるのだと確信しています。

ただ、たらればを使わせていただけるとしたら、私もあなたのように幸せな家庭に生まれて、両親のために泣ける娘でありたかったなと。
こんな人間もいます。
だから、泣ける自分を今はそのまま受け入れて、心穏やかにお過ごし下さい。
遠くから応援しています。

ユーザーID:3338329447
私も両親を亡くしました
2017年11月28日 19:48

みつさんこんばんは。
私も50過ぎ
母親を2年前に、父親を今年見送りました。
母の好きだった花を飾り涙
父と母と私と一緒に食べたケーキを思い出しメソメソ。
哀しみは増すばかりです。
子供達は葬儀の時は号泣していましたが、今はあっけらかんとしています。
でもそれで良いのでは?と思います。
子供達はまだ若いしこれからまだまだ長い人生を歩んで行かなければなりません。いつまでも落ち込んでいたらそれはそれで心配ですし。
私自身も祖父母を亡くした時はそうだったのだと思います。でも親は違いますよね。
実家の遺品整理をしていたら、結婚前に母が父に送った手紙が見つかりました。
父が母を想い、母も父と共に人生を歩んでいこうと決心して、2人の未来を築こうと希望に満ちた内容でした。
2人の絆があったからこそ私が生まれて今まで生きて来れたんだと実感しました。
父母を失った哀しみはきっとずっと薄れる事はないとは思いますが、不器用ながらも私に伝えてくれた想いを子供達に伝えて行くことが私のすべき事なのでは?
と思います。
私もあの世を信じていますのでいつか又お父さんとお母さんに会って、父母の愛情を子供達にバトンタッチしたと報告したいと思っています

ユーザーID:0505191802
 
現在位置は
です