現在位置は
です

発言小町

新しいトピを作成
本文です

双子の1人が天使になった方を探しています。

双子ママ
2017年10月20日 11:51

双子の1人が天使になりました。
双胎間輸血症候群でした。

もう1人もかなりの早産児でNICUに入っています。
まだまだ心のコントロールができず、
ふとした瞬間に涙が出てきます。

亡くなる前に双胎間輸血症候群の手術をしたのですが、
やるという選択が間違っていたのかと、
毎日後悔ばかりです。

同じような境遇の方と話がしたくても、
天使ママの会などは私が入れるような場所ではないし、
1人を無事出産し、1人を亡くした方の情報は
本当に少なく、行き場がない状況です。

同じような方がもしいるのであれば、
お話お聞かせくださいませんか?

ユーザーID:9704001272  


お気に入り登録数:20
  • 携帯に送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
古いレス順
レス数:12本

タイトル 投稿者 更新時間
私ではありませんが。携帯からの書き込み
いけぴ
2017年10月21日 7:16

同級生の、ふゆちゃん、最初に双子の女の子を産みましたが、一人は死亡してしまいました。
詳しく話した事は無いんです。
むしろ、その子のお姉さんのほうが仲良かったから。
さて、その後、ふゆちゃんは、次から次に出産。
男の子4人、産みました。
そのうちの一人と、うちの下の子が同じ高校でした。かなりの進学校で、子育てに手は抜いてないな、って感じ。
彼女が5人も産んだ気持ちは、わかりません。
亡くなった子の分まで、というのか?
ただ、子供が好きだっただけか?
辛くても頑張ったようです。

ユーザーID:3168495169
知人の話ですが。
通りすがり
2017年10月21日 8:11

残念でしたね。
ご冥福をお祈りします。

自分の話じゃなくて申し訳ないですが
知人にいます。

残ったお子さんは、とても元気です。
二人分の愛情をかけられて、とてもいい子に育っています。

知人も人の痛みを分かろうとする素敵な人です。
出産で苦労したから、というのもあるのかもしれません。

ユーザーID:0438158131
自分の話ではないのですが・・・
なす
2017年10月24日 6:34

うちの子供の友達で 「私は本当は双子だったの」という子がいましたよ。

死産で 双子として育っていたがそのうちに1人の胎児が亡くなってしまった、と その子は ちゃんと知っていました。おそらく親御さんが 子供が分かるような年齢になってからはなしたのでしょう。

その子は その亡くなった姉妹の分も一生懸命生きているように思います。そして 亡くなった姉妹が自分をいつも支えてくれている、と 亡くなっていて会う事がなかったその姉妹の事を 強く心の支えにしているようです。

ユーザーID:4440384818
同じとは言えないかもしれませんが、、携帯からの書き込み
よこ
2017年10月25日 18:30

私は、10週目にバニシングツインになり、1人の赤ちゃんを失い1人の赤ちゃんを出産予定です。

同じ状況では、もちろんないですが、双子を育てている人をみると、なんとも言えない切ない気持ちになります。2人とも育ててあげたかったな、ちゃんと産んであげたかったなと悲しくなります

しかし、1人の赤ちゃんはお腹の中でいまも頑張って育っており、この子を育てていくことがいまの私にできるもう1人の子への愛だと思っています。なかなか気持ちの整理は難しいことだと思いますが、無理させず、ゆっくり子育てをしていってください、!

ユーザーID:7890463930
三歳でした
うちは病気
2017年10月26日 13:52

重度の病気で、助からないものでした。
幸い二卵性でしたので、片方は元気です。

生きてる子供がいますし、誰かが手伝ってくれるわけでもないので、
子育てはノンストップです。
お葬式を出した翌日、夫はさっそく仕事。
もう一人の子を公園に連れて行き、何事も無かったように子育てしました。

双子の片方もそろそろ中学生です。
子供を失ってから、授かった下の子も、
亡き兄弟の年齢を越えてすくすく育っています。

私の場合はもう思い出になってしまいました。

ユーザーID:9060980555
残念でございました
だよね
2017年10月29日 11:01

でも,気を落とさないで下さい.

 初老男性です.
中学の頃,友達に双生児の男子がいました.
双子は似てるのは当たり前ですが,本当にそっくりで区別ができませんでした.(他の双子は,必ず区別ができたのに)

その片っ方とは友達でしたが,もう一人とはクラスが違うのでつきあいは有りませんでした.

ところが,友達だった方の子が海で溺れて亡くなったのです.残念でした.私は当時から泳ぎが得意だったので,「ああ,自分が側にいたなら助けられたのになぁ・・・」と無念でした.

 さて,残った付き合いの無かった方の子ですが,つい何となく,私は,おはようーと言って,話しかけてしまいました.

その時彼は,

「ぼくは,君が分かるよ」

と言いました.
 私を知っているよ,という意味かもしれませんが,もっと違う意味に思えて鳥肌が立ちました.

双子の片方が残ると,二人分生きるのだと思います.オカルトチックな話しではなくて,本当に二人分生きていくのだと思っています.

ユーザーID:5612895443
トピ主です
双子ママ(トピ主)
2017年10月30日 14:12

トピを見つけられず、遅くなってしまいました。
パスワードを忘れてしまったので、トピ主表示が出ていないかもしれませんが、
トピ主の双子ママです。

これだけの大きな掲示板でも該当するのはほんのひと握りの方なんですね。
まだまだ立ち直る事はできませんが、1人じゃないとわかり少し心強くなりました。
レスしてくださったみなさまありがとうございました。

ユーザーID:9704001272
全く同じです携帯からの書き込み
てんとうむし
2017年11月4日 1:22

私も3年半前、双胎間輸血症候群の手術を受け翌日にひとり亡くしています。この手術ができる最寄りの病院が自宅や実家から高速で2時間かかるところで、亡くなったと告げられたのは私一人の時でした。未だに思い出すと涙がでますが、もうひとりが元気に育っているのでなんとか大丈夫です。でもふたりいたらもっと楽しかっただろうな、とかよく思ってしまいます。

あの手術を受けていないと目の前の子も亡くなっています。手術を受けたことは間違ってないと思いますよ。

私も当時、同じ状況の方のブログなどを探してみましたが見当たりませんでした。なのでトピ主さんにここにいまーすとお知らせしたくて書き込みしました。

ユーザーID:1410223364
助産師をしてます。
hima wari
2017年11月5日 6:56

大変辛い思いをされましたね。
自分をあまり責めないでください。
きっと亡くなられたお子さんは生まれ変わってあなたのとこにやって来てくれますよ。

ユーザーID:5247200328
横になってしまいますが
もへあ
2017年11月6日 13:08

天使になったとはダウン症になったということですか?
ダウン症児を天使と表現しますよね。
それとも虹の橋を渡っている方の天使ですか?
二通りの意味があるので明確にした方がいいと思います。
文脈からは亡くなったのかと読み取れますが、念のため確認です。
どちらの意味で天使を使っているかでレスする方も変わるかと。

ユーザーID:8142497529
私もTTTSの手術受けました
あきら
2017年11月12日 0:58

3年位前ですが、妊娠6ヶ月の時に手術して、小さい1人が亡くなりました。
死産ではなく流産の扱いでしたが、火葬して残った骨を壺に入れて埋葬し、今も定期的にお墓詣りしてます。
私も手術から数時間で亡くなった時は号泣しましたが、残った1人を無事に産むまでは泣かないと決め、産まれた後は死んだ子の分まで大切に育てようと決めて現在に至ります。
手術したことは全然後悔していません。手術しないと2人とも危険な状態だったかもしれませんから。
亡くなった子を火葬するために、臨月頃に小さな箱と折り紙を使って棺桶を手作りしました。洋服や鈴の入ってないガラガラも一緒に作って火葬しました。親としてやれることはしたと思っています。
トピ主さんも今はお辛いと思いますが、生きているお子さんを大切に育ててあげてください。私はそれが一番の供養になると信じて育児してます。

ユーザーID:0591862905
いつも一緒
ユリコ
2017年11月13日 10:34

私は出産経験がないので、自分自身の身に起きたことでなくてごめんなさい。
近所に、まきちゃん(仮名)という女の子がいました。
明るくて、ちょっとはにかみやで、お互い猫が好きだったので年の差をこえて
私たちは猫友達になりました。
まきちゃんは当時小学校3、4年生だったかな。
彼女はよく言っていました
「あのね、私ね、双子だったんだよ。でも生まれるときに死んじゃったんだ。
男の子でね、家族みんなで一郎くん(仮名)って名前付けたの。
いつも私と一緒にいるんだよ」

ご両親もそのことを隠しておられなくて、死産だと戸籍などには名前残らないとしても
家族の間で、まきちゃんの誕生日には一緒に一郎くんの誕生日もお祝いしていたようです。
まきちゃんにはほかにもきょうだいがいましたが、みんな知っていました、
そして一郎くんのことを想っていました。

案外ご自分からおっしゃらないだけで、双子ちゃんの片方のお子さんが天使になってしまった方は多いのかもしれません。
これは何十年も前の話なので、今のように妊娠中に詳しく双子の二人の状況を知る術がなかった時代のことです。

お母様もお父様も一郎くんのことを大事に思っていることが他人の私にもよくわかりました。
そして生きて生まれてくることが出来たまきちゃんは、一郎くんといつも一緒だってしょっちゅう言っていました、親御さんがそのように彼女がごく幼い頃から言って聞かせたのだろうと思います。
まきちゃんと一郎くんは、共に30代を迎えました。
元気に暮らしていますよ。

ユーザーID:4767178926
 
現在位置は
です