現在位置は
です

発言小町

新しいトピを作成
本文です

おすすめの小説 国内 海外 携帯からの書き込み

クロネコ
2017年10月23日 0:14

台風の影響で、激しい雨音と強風 寝付けないため、本を読んでいました。 ジェフリー ディーバーの
「イリュージョニスト 魔術師」 上巻です。ジェフリー ディーバーの小説はいくつか読みましたけど、
因みに、リンカーン ライム シリーズのみですが、
面白いですねー。 物語の中にひきこまれます。
私は、読書が趣味のひとつで、時代小説、ミステリー
歴史小説も好きです。
心理分析官をテーマにした小説で、面白い(この言葉は
そぐわないが) うなるような小説でおすすめはあるでしょうか? 国内 海外 問いません。
あと、これはおすすめという小説がありましたら、
ジャンル問わず教えて頂ければと思います。

ユーザーID:7216978940  


お気に入り登録数:24
  • 携帯に送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
古いレス順
レス数:3本


タイトル 投稿者 更新時間
レッド・ドラゴン
ゆきち
2017年10月25日 19:53

かなり古いですが、トマス・ハリスの「レッド・ドラゴン」がお薦めです。
まだ、心理分析官という職業がアメリカにもなかった時代の作品で、今読んでみると現実離れしていると感じるかも知れませんが、レクター博士というキャラクターが強烈に魅力的だと思いました。

同じ作者の「羊たちの沈黙」は映画化されてアカデミー賞も受賞しました。
ハンニバル・レクター博士を演じたのは、アンソニー・ホプキンスで、彼の演技に映画館で鳥肌がたった程です。
「レッド・ドラゴン」の後の作品が「羊たちの沈黙」で、同じキャラクターも何人か出てくるので、先にレッド・ドラゴンを読んだ方が分かりやすいと思います。

ユーザーID:8945021759
薬屋のひとりごと
Will
2017年11月14日 15:19

「薬屋のひとりごと」日向 夏・著 ヒーロー文庫 1〜5巻以下続刊

舞台は中世中国の後宮。
ヒロインの猫猫(まおまお)は、薬草摘みの最中に拐かされ後宮に「下女」として放り込まれた。小柄で、そばかすだらけで、胸も、色気も無い彼女は、2年の任期を何事(帝のお手つきとか)も無くやり過ごせば家に帰ることが出来るが、ある日、何気に聞こえてきた「帝の子の連続死」について関心を持ち原因を調べ始める。
4人の妃達、世継ぎ問題、女の園のドロドロ、超美形「宦官」、を素材に、後宮で渦巻く策略や陰謀に猫猫は巻き込まれていく…と言うのが1巻です。

猫猫の世間ずれした価値観(毒物マニア)と、彼女に何かと絡んでくる超美形「宦官」との関係がおもしろいです。
1巻読んで「こりゃおもしろい」と、急いで全巻買いそろえて一気読みしました。

ユーザーID:2287587061
ライムシリーズがお好きなら
miwa
2017年11月18日 12:53

ぜひ、同じ作者のキャサリン・ダンスシリーズも読んでみてください。
キャサリンはキネシクスという、相手のボディランゲージから心理を読み取る技術を持った捜査官です。
その技術を使って犯人を追い詰めていく展開にワクワクします。
ライムシリーズと同じくどんでん返しの連続なので、慣れるとちょっと飽きてきますが(笑)
キャサリンはライムシリーズにも時々出てきますし、ライムもダンスシリーズにちょっと顔を出すことがあります。

ユーザーID:6955264026
 


現在位置は
です