現在位置は
です

発言小町

新しいトピを作成
本文です

子供のピアノ発表会の選曲 携帯からの書き込み

スフォルツァンド
2017年10月26日 21:49

子供のピアノ発表会の選曲について質問です。

年明けに発表会があるので、そろそろ選曲の話になりそうなのですが、こちらから先生に希望をお伝えしてもよいものでしょうか。

子供は小学校低学年の男児。ピアノ歴はちょうど2年で、進度はブルグミュラー前半辺り、その他にハノンとプレインベンションを中心に練習しています。ピアノを始めてから3回ほど発表会に出ていますが、これまではすべて先生が曲を持ってきてくださいました。子供の好みを踏まえた上で、レベル的にも背伸びしすぎず簡単すぎず、いつもより少し頑張れば良い演奏になるような適度な難度の曲を選んでくださっています。なので、先生の選曲にはいつも納得なのですが…母である私の好みが偏っていて、ギロックとか日本の作曲家とか新しめの曲が大好きで、それを子供が発表会で弾く姿を見たいという我儘な希望なのです。

もちろん、子供の力量や曲の難度は先生がよくご存知ですし、前年の選曲とのバランスや学習効果も考慮していただいているかもしれないので、「絶対にこの曲にしてください」というつもりはなく、「もし白紙の状態から選曲するのであれば、ご参考までにこの辺りの曲が希望です」という程度のお願いです。(子供がその曲を気に入っていることは大前提です。)もしそれがレベル的に不適当であれば違う曲になっても、もっと古典的な曲になっても不満はありません。

先生は気さくな方で、家での練習方法やピアノへの向き合い方などはいつも親切に相談に乗ってくださいます。とはいえ、発表会の選曲で、本人の希望ならまだしも、親の私の希望を伝えるというのはさすがに失礼(というか過干渉)ではないかと思い、皆様のご意見をお聞きしたいと思いました。

ユーザーID:2609662050  


お気に入り登録数:28
  • 携帯に送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
古いレス順
レス数:13本

タイトル 投稿者 更新時間
発表会の目的
Ken
2017年10月27日 12:51

トピ主さんのピアノの先生にもよりますが、発表会の目的は、ピアノの技術の向上だと思います。

もちろん日々の練習ですが、人間、やはりなにかしら人に披露するという舞台が無いとモチベーション高く続けられないもの。

その目標として、発表会があるのだと思います。

ですので、先生がその子の技量を考えて、曲が決まります。

もちろん、いくつか候補があって、その中から、お子さんが選ぶというとこまでですよ。

親に希望はお子さんのピアノの成長に全く関係ありません。

ユーザーID:0351982196
ダメですよ
らむりん
2017年10月27日 15:36

先生が、今のお子さんの進み具合に応じて選曲されますよ。
親がでしゃばってはいけないです。

ユーザーID:3985684848
聞きますよ
うめ
2017年10月27日 17:16

ピアノを教えています。

私の場合ですが、発表会の曲を決める際は、私から挙げる曲の他に、親御さんのご希望も伺っています。

最終的に決めるのはお子さん自身になるので、親御さんのご希望通りにいかないこともありますが...

先生とお話しする機会があれば、おっしゃってみてもいいと思いますよ。

ユーザーID:6706820162
ギロック、私も好きです。
小さい秋
2017年10月27日 18:41

個人的好みですが、ギロックや湯山昭「お菓子の世界」を小さな生徒さんが弾くのが好きです。
なんか、子供が弾いて輝く曲、という感じがするんです。

先生にお願いするのは全く問題ないとおもいますよ。
ただ、その前に息子さんに動画サイトなどで曲を聴かせて下さいね。
肝心の本人が気に入らなければ話になりませんからね。
それから、先生が選んで下さった曲と比べて、息子さんが1番気に入った曲を選べば良いと思います。

ユーザーID:6549171947
言うだけ言ってみれば
パン
2017年10月28日 7:51

ただ、お子さん本人の意向も確認済みで のほうが良いですよね。

ユーザーID:3947470722
目的
門外漢
2017年10月28日 9:22

 お子さんがピアノを習っている目的。発表会の目的。また、「習って」いるのか「習わされて」いるのか、親は「習わせて」いるのか「習うのを支えて」いるのか。その辺りが不明です。
 これらを明らかに出来れば選曲も教師への「具申」も出来るでしょう。

ユーザーID:0100914213
失礼携帯からの書き込み
ゆーり
2017年10月28日 19:48

子どもが発表会で親の好きな曲を弾くのをみたい。なんて理由で意見するのは失礼です。
お任せしておけばいいのに。変な親が増えてやりにくいですよね。

ユーザーID:2246636977
子供に聞く
なみ
2017年10月29日 18:38

レッスンでやっています?

うちの子も以前発表会に先生の選曲で平吉毅州、
ギロック、ハチャトゥリアン、カバレフスキーを
弾きましたが、うちの先生は自分も現代音楽が好きで
レッスンにも取り入れています。

発表会とはいえ、指導の一環でもあるので
レッスンでもやってない、子供もやりたくないなら
家でやって下さいとなるでしょうから

お子さんに曲を聴かせるなり、楽譜を見せ
お子さんがやりたそうなら、子供も乗り気なので・・
と聞いてみたらいかがでしょうか?

ユーザーID:2829688081
雑談程度で
ちょこ
2017年10月31日 11:45

師弟関係、のような中で学んでこられた先生ですとお怒りになる可能性は高いですね。

発表会でなく普段の自由曲としてこんな曲ひいてみたい、とかいつかこんな曲がひけるようになったらな、っていう雑談で先生に希望をお伝えするくらいならいいのでは?

家で好みの曲を弾く子供のピアノ聞くのも幸せですよ

ユーザーID:5227001011
ありがとうございます携帯からの書き込み
スフォルツァンド(トピ主)
2017年10月31日 12:33

ピアノの先生の生のご意見をお聞きできて、とても参考になりました。どのご意見もなるほどと思いながら読みました。

そして、今のところ、失礼というご意見と、希望を伝えていいというご意見とちょうど半々ですね。先生の考え方もさまざまなだなぁと思った一方、失礼・変な親と思われる先生が半分もいるのであればやはり希望を伝えるべきではないと思いました。

その中で、門外漢さんの
>ピアノを習っている目的。発表会の目的

という部分には考えさせられました。

ピアノは正直「親が習わせている」に近いです。子供はピアノが嫌いではないけれど、練習は親に言われて渋々する状態。学校で伴奏を任される場面が出てきて、ようやく楽しさを感じているようですが、それは演奏する楽しさではなく、友達の前で腕前を披露する楽しさに留まっています。けれど、低学年の男児なんて大半はそんなものかなとも思っています。

上のレベルを目指しているわけでもなく、いずれは音楽自体を楽しむようになって欲しいというのがピアノを習う目的ですが、楽しく弾けるようになるためには地道な練習が必要ですから、楽しむことと練習することのバランスをとるのに日々苦心しています。(発表会前は特に…)

その中で、発表会の目的って先生から見たら何でしょうか?そして、何を考慮して選曲されていますか?(選曲について先生に希望を伝えることはしませんが、ピアノとの関わり方や発表会との向き合い方についてはいつも苦労しているので、先生のご意見をお聞きできたらと思いました。)

最後に、小さい秋さんの
>ギロックや湯山昭「お菓子の世界」を小さな生徒さんが弾くのが好き

というご意見、私も全く同じです。他の生徒さんが弾いているのを見てもとても素敵なので、いずれは自分の子供がバウムクーヘンを弾くところなど見てみたいなあと思いますが、私の心の内に留めておくことにします。

ユーザーID:2609662050
主役は誰?携帯からの書き込み
ドミナント
2017年11月2日 0:09


自己主張が止まらない人ですね
発表会どころか過干渉な母親を持った息子さんが心配です
少しは黙ったほうが良いですよ


ギロックは貴女が弾けば良い。

ユーザーID:6731728613
こどもが言いましたよ
はな
2017年11月2日 14:56

前年の発表会で年上のお姉さんが弾いていたエリーゼのためにを聴き、「誰もが知っているしこれが弾けたら素敵だよねー」と息子に話したら息子もそう思っていたらしく、次の発表会前に自分で弾きたいと話してました。

お子さんから「弾いてみたい曲がある」と先生に言った方が、先生も本音を言いやすいですし、わだかまりも残らないと思いますよ。

ユーザーID:4645732076
ありがとうございました携帯からの書き込み
スフォルツァンド(トピ主)
2017年11月7日 9:18

その後も何人かの方からレスをいただき、ありがとうございました。厳しいご意見も優しいご意見も真摯に受け止めています。

その中で
>発表会どころか過干渉な母親を持った息子さんが心配です

というレスには正直落ち込みましたが、確かに普段から何事にも過保護気味である点は反省材料で、それがピアノの発表会に関わるこんな短い文章にもダダ漏れしているのだなと改めて思いました。これを教訓に、少しずつ子供から手を離しつつ愛情を注いで行かれればと思っています。

今回はありがとうございました。

ユーザーID:2609662050
 
現在位置は
です