現在位置は
です

発言小町

新しいトピを作成
本文です

母が自殺してもうすぐ一年が経ちます 携帯からの書き込み

2017年10月29日 3:45

私と母は昔からすごく仲が良く、よく買い物や旅行にいき、周りにも仲良し親子だと言われていました
私が大学卒業後、社会人になり、初めは実家から通っていましたが、数ヶ月後一人暮らしを始めました。そして一年半が経った頃母がうつ病になり、心療内科にかかって三ヶ月程で自殺しました。兄が2人いましたが既に家を出ていて、父も実家の祖母がひとりなため、家にいないことが多く、母は1人の時間を過ごすことが多かったです
母がうつになってから私も頻繁に実家に帰り、母と話をし、趣味を提案したり、前向きな話をしたりしましたが、改善には向かいませんでした。足が悪くなり体調を崩してから仕事も辞めてしまったため、余計に1人の時間が増え、孤独と戦っていたようです。夜も一睡もできず、ご飯も食べられなくなった母を、私は救ってやれませんでした。
こんなに今まで愛を注いでくれた母を、母がうつになってからは何度もぶつかり合い、早く治ってほしいと願うばかりで、前向きになることを強要し、さらには、家に帰ってこんなに暗いお母さんが待ってると思うと私は家に帰るのも嫌だ、と言ってしまいました。私の足にしがみついて助けを求めてきたときも、私はやめてよ、と振り払ってしまいました。まさか死を選んでしまうとは思っておらず、こんな自分を許せません。(母は私の幸せを願って命を絶ったと思っています。私に今後迷惑をかけないため)母との楽しそうな写真をふと見返すたび、心臓をえぐられたような気持ちになり涙が溢れてとまりません。これからの母のいない人生を考えると、すごく恐怖に襲われます。母にもう一度会えるなら何もかも捨ててもいいと、抱きしめてあげたいと日々思います。今は、私も1人で過ごすことが嫌いになり、母は毎日こんな思いをしていたのかと、そしてそんな母を助けてやれなかったのかと思うと、胸が張り裂けそうです

ユーザーID:0185408762  


お気に入り登録数:264
  • 携帯に送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
古いレス順
レス数:28本

タイトル 投稿者 更新時間
誰のせいでもないです携帯からの書き込み
mannbou
2017年10月29日 11:47

貴方のトピを読んで涙がでました。

私は50代半ばです。貴方より少し年上の娘がいます。就職して家から出たときにかなり寂しかったのを思い出しました。

貴方は出来るだけの事はしたと思いますよ。まさか死を選ぶとは思わないですものね。
自分を責めるのはやめましょうね。

お母様も貴方が明るく笑顔で過ごせる事を望んでいると思いますよ。

ユーザーID:9832383556
あなた一人のせいじゃないよ
オバ・サン
2017年10月29日 12:07

まず、お母さんの事お悔やみ申し上げます。

お母さんの死はあなた一人の責任じゃないですよ。責める訳では決してないけれど、お父さんもお兄さんもいたわけだしね。病院の先生にもかかっていたわけだしね。

あなた一人がお母さんを救おうとして、重荷に感じてお母さんに優しく出来なかったとしても誰も貴女を責めないよ。

お母さんの人生には楽しいこともいっぱいあったと思いますよ。

今はさぞお辛いと思うけれども、自分一人を責めちゃあいけないよ。今、お母さんは安らかな世界にいる。うつの苦しみから解放されて。

泣くだけ泣いたら、お母さんの冥福をお祈りしましょうよ。

ユーザーID:7608838783
18年前に母が自死した者です
ベツレヘムの星
2017年10月29日 12:38

私は20代半ばごろでした。

きっとトピ主さまと同じ年頃ですよね。

その頃に母が自死しました。
亡くなって一年後というと、家族全員で何年も心療内科にかかり、身も心もぼろぼろの日々でした。

いろいろありいろいろ学び、今は子育てをしながらセラピストをしています。

お母様がうつ病だったという状況も、同じです。あれから、心理学、自然療法、自然食、フラワーエッセンス、ヒーリング様々なことを学び今は穏やかに暮らしています。

お母様は、更年期からくるホルモンバランスの急激な変化の影響も大きかったと思います。

今、トピ主さまに話しても慰めにならないことは承知していますが、誰も悪くありませんよ。うつ病は、専門の勉強をしていても、家族の対応は難しいのです。

どうしても、うつの状態に巻き込まれてしまうのです。トピ主さまが追い詰められたとしても仕方がないことなんです。

母が亡くなり勉強をしました。良かれと思ってしたことが、かえって母を追い詰めていたことを初めて理解しました。

その後、私も何年もうつ病を患って、自殺願望を抱えてあやうく実行しかけたことが何度もあります。母の死のみが私をおもいとどまらせましたが、タイミングが悪ければ事はなっていたかもしれません。私の経験では、あれは発作なんですよね。
それが、悪い具合にピタリピタリと状況がハマり、発作のピークと状況がはまると、起きてしまうのだと思います。

トピ主さまは、今は後悔が先にたち自分を責めてばかりでしょうが、お母様は普通の状態ではありませんでした。

何も知識がない、お若いトピ主さまがどうして良いか分からずに、突き放してしまったことは、本当に仕方がないことなんですよ。

できれば、信頼できるセラピストを探しましょう。今のトピ主さまには、助けが必要です。
良い出会いがありますように。心から応援しています。

ユーザーID:7975265487
こんにちは携帯からの書き込み
もか
2017年10月29日 12:49

辛い思いをしていますね。

読んでいるこちらまで辛くなりました。

どんな言葉が貴方を楽に出来るのか考えても見つからないくらい、貴方は本当に辛く苦しいのだと感じます。

でも何かを伝えたくなるくらい、貴方の苦しみを少しでも和らげてあげたいと思いました。

誰かに背中を擦ってもらえるだけでいい。
襲ってくる苦しみの波の激しい時に隣に誰かにいてほしいのですよね。

背中は届かないけど、自分で自分の腕や胸(鎖骨辺り?)を優しく撫でたりポンポン叩いてみませんか。子供に対して、大丈夫大丈夫と慰めるように。

誰かにして欲しいのはもちろんだけど、身近に誰も居ないときは自分で自分を慰めて。

離れていても、貴方の力になりたいと思う人間がここに1人います。

ユーザーID:3792893886
これから幸せになることが主さんの課題
nana
2017年10月29日 13:38

お母さんのご冥福をお祈りいたします。

まず主さんに言いたいことは、こういう病気になってしまった人には元々そういうふうになる気質があって、周りがどんなに止めても自分でその道を選んでしまいます。絶対に主さんのせいでそうなったわけではありません。主さんがそのとき振り払おうが払うまいがその道を選んでいました。どうかご自身を責めないでください。

お母さんは主さんが幸せになるからその道を選んだのですか?そんなわけないでしょう。主さんを後々まで苦しめることがわかるはず。お母さんは今自分が生きているのがあまりにも苦しく、そのつらさから逃れたいがゆえに選んでしまったんです。結局は自分のために選んだことです。今頃苦しんでいる主さんを見てとても後悔しておられると思います。

重いものを背負ってしまいましたが、これから主さんの目標は幸せになることです。そのために一生懸命頑張ることです。自死遺族の会に参加したり、カウンセリングをうけたり、お母さんと同じ病気になってしまわないように、生きる喜びを見出す努力をしてください。つらいときは吐き出す場所、ここでもいいですし、時間はかかると思いますが、お母さんも今主さんがそうなってくれるよう、後悔しながら願っているはずです。

ユーザーID:7341284225
寿命携帯からの書き込み
うさぎ
2017年10月29日 15:48

お母様は寿命だったのですよ。
体と同じく心にも寿命があるのです。
そして、必死で闘病されて、天寿を全うしたのです。
ああすれば良かった、こうすれば良かった、あの時お母さんは…あの時こうしていれば…
このような感情になるのは、お母様もあなたも必死で病と闘ったからです。
誰にも運命はあります。お母様はうつ病になって寿命がきたのです。お母様の生まれながらの運命です。あなたが気を病むことはありません。
あなたはあなたの人生をしっかり楽しんで歩んでください。お母様は寿命だったのですから。
お母さん、がんばったね、必死で闘ったんだね。
わたし、頑張るよ!だから見てて!

ユーザーID:2724824723
身近な人が自殺したとき
コッペリア
2017年10月29日 15:56

身近な人が自殺したとき、「自分にできることなかったのだろうか」「自分のせいかもしれない」と悩むものです。
でも、あなたのせいでもお母さんのせいでも、誰のせいでもありません。あえていうならうつという病気のせいなんです。
お母さんとのあたたかな思い出を大事に、お墓参りしてあげてください。
あなたが幸せになることはお母さんが望んでいたことでもあるだろうし、お母さんを死に追いやった病気そのものに対する最大のリベンジになると思います。
お母さんのご冥福と、あなたのお幸せを祈ります。

ユーザーID:7293412834
忘れましょう
智子
2017年10月29日 16:56

お母さんは、あなたたち子供に恵まれ、幸せな人生を送られました。
長寿=幸せ
であるとは、私は思っていません。

お母さんはあなたの幸せを願い命を絶たれた…
私もそう思いますよ。

私には死にたい願望があります。
別に不幸せな訳ではありません。
スポーツでも勉強でも人格的にも学校や同級生から
認められる子供と、十分な給与と生活環境をもたらしてくれる夫がいます。

それでも自殺願望が常にあります。

もう一度言います。お母さんは幸せな人生を送られました。

どうぞ、あなたはあなたの幸せな人生を送ってください。

あなたがどんな手段を講じ、どんなに尽くしても結果は同じだったと思います。

ユーザーID:9847241877
違うよ
みう
2017年10月29日 18:16

うつ病経験者です。

とぴぬしさん、厳しいことを言いますが、
お母様はあなたのために亡くなったのではありません。
あなたのせいで亡くなったのだと思いました。
あなたがされたことは、
うつ病の人には到底耐えられないことです。

あんまりだと思いました。
お母様は戻りませんが、
自分の罪を受け入れ、
贖罪の日々を送ってください。
恐らくその方が、あなたは救われるでしょう。

ユーザーID:4354278808
うん、、、
バラ
2017年10月29日 19:48

もし私があなたの立場だったら同じように胸が張り裂けそうになると思いました。

でもどうしようもないですね、思い出して後悔しても時間は戻せませんからね。

せめてもあなたが幸せになることがお母様の供養になるのではないですか。

ユーザーID:9840562425
こんな厳しいレスを書いて苦しみがやわらぐかわかりませんが
スツール
2017年10月29日 21:52

お母様と同年代の高齢シングルマザーです。
おそらく更年期の症状ではないでしょうか。
私も不眠と軽い(?)ウツがありますが、
二人の子供がまだ未成年で仕事をやめることができず、
「おかげで」日中はウツはほとんどありません。
これでもウツのしんどさは知っているつもりですが、
残された家族のことを考えるとそんな自分勝手なことはできません。
子供達は路頭に迷うだろうし、トピ主さんのように苦しむだろうし、
場合によっては「母親は自殺した」と後ろ指をさされます。
トピ主さんの幸せを願っていたなら、
トピ主さんに迷惑をかけたくなかったのなら、
自殺なんてしなかったはずです。
もう時計の針は戻せません。
楽しかった思い出を祝い、笑顔を見せることが
最も喜ばれる供養だと思います。

ユーザーID:0619769919
わかる気がする
ぷう
2017年10月29日 22:00

40代主婦です。娘は高校生。
私は娘が大好き。今でも毎日チューしてます。
私自身は大学入学時から一人暮らしなので、娘もいつかは離れて行くのだろうと思うととっても寂しいです。
それでも、いくら寂しくても、子供の邪魔にだけはなりたくない。
わがままな親なら、子供に同居を強要したりするでしょう。
トピ主さんのお母さんは元々そういう人ではないですよね。
辛い時でもワガママは言いたくなかった筈です。

お母さんは寂しかったでしょう。
でもトピ主さんには悲しまないで欲しいと思っています。
トピ主さんが泣くと、お母さんはトピ主さん以上にもっと悲しくなっちゃいます。
お母さんは今、心穏やかにいるでしょう。
娘の幸せだけを祈っているはずです。

トピ主さんは過去の時点では、自分自身も精一杯だったのでしょう?
仕方ないですよ。

ユーザーID:7838465763
正直な気持ちを書いて下さって
ごめんなさい
2017年10月30日 16:25

お辛いなか、正直な気持ちを書いて下さってありがとうございます。

私も今うつを患い、薬を服用しながら子育てと仕事をしています。
子供達にはうつとは伝えていません。更年期で調子が悪い伝えています。

子供達が成人したら責任を果たしたことになるだろう、とそれだけを考えながら日々を過ごしています。
そのあとは楽になりたい…と考えたことも何度もあります。

でも自分がささやかながらも楽しみを見出して生きている姿勢が、子供達の背中を押すことになるのですね。

でもこんな親で申し訳ない、迷惑をかけたくない、そんな気持ちも消せないのです。
同時に誰よりも大事な存在で愛しているのだと、子供達には伝えたいのです。
トピ主さんのお母さんもそんな気持ちだったのではないでしょうか?

ユーザーID:2910238933
あなたにできることをさがしてください
太郎
2017年10月31日 1:26

お悔やみを申し上げます。
おかあさんのため、あなたにできることをしてくみるといいと思います。
お母さんは、貴方の幸せを願っていたんですよね。
だから、あなたは、あなたが幸せになることで、お母さんに喜んでもらうべきです。
あなたの幸せが、お母さんへの一番の供養となるはずです。
あなたの幸せをお母さんに届けてください。

ユーザーID:7251816058
主さんへ。携帯からの書き込み
モグラ
2017年10月31日 13:01

お母さんは、あなたを恨んでいません。

お母さんは、あなたにたくさん幸せをもらいました。生きてるときにたくさんもらいました。

うつ病になり、娘に迷惑をかけ、冷たくされたからって、娘を嫌いになんてなれなかったと思います。

あなたに幸せになってほしい。こんな死に方をしてごめんね。私の分も生きて。

私があなたのお母さんなら、きっと。。

自分を傷つけないで、生きていってください。

ユーザーID:3986897725
仕方ないですよ
イザベラ
2017年10月31日 15:48

あなたは優しいですね。私の母がまさに今そういう状況なのですが
私は助ける気はありませんね。心の病は自分で何とかするしかないので。
私自身が親からそう教わってきたので。

子供の足にしがみつくなんて怖すぎる。子育てが終わり
する事がなくなったからってあなたに依存して
子離れできない最悪の大人ですよ。言い方は悪いけど。

こういう結末しかなかった。仕方なかったんですよ。
時間が経てばあなたのこころも落ち着きますよ。

ユーザーID:3614037946
辛いですね
やる気なしナース
2017年11月1日 13:48


お母様のご冥福をお祈り申し上げます。

まず、お母様の「死」は誰のせいでもありません。
どなたかもおっしゃっておりましたが、「寿命」です。

私は看護師ですが、どのような形でも「死」というものって、絶望でしかないのです。

病死・事故死、色んな形でこの世を去られたご家族の言葉は、「何故あの時、気付けなかった」「なぜあの時、止められなかった」という言葉。
「自死」に限ったことではなく、それだけ「死」という現実は辛く苦しいものです。

近親者の方を亡くされた方は、絶望しかないと思います。

それはそれでいいじゃない。当たり前の感情です。

その思いに素直になり、受け止め、受け入れていく。

苦しくなったり、辛くなったり、あなた自身が「死」を考えそうになったとき、小町で気持ちを吐き出して。

小町には、真剣にあたなの気持ちを受け止めてくれる人たちがいます。

ユーザーID:6034553956
次のページを開いてください
栗名月
2017年11月1日 16:01

ゆさん。大丈夫、乗り越えられますよ。

私も、13年前に母と同じ別れ方をしました。

ガハハと豪快に笑う、周囲からも人気の自慢の母でしたが
体の弱い父が旅立ってから、心が病んでしまいました。
元の母親に戻ってほしくてプレゼントしてみたり旅行に連れだしたり…
私なりのやり方で励まし続けたのですが、唐突に命を絶ったのでした。

その後、来る日も来る日も自分を責めて、声をあげて泣いたり、
声にならなくてただただ涙を流したり。
自分の心も病んでしまいそうになった時、こんなんじゃ嫌だ、と思いました。

少しづつ、自分のために、今の自分にできることから始めようと、
身だしなみを調え、無理くり明るい表情を造り、人の輪の中へ入っていき
今に至ります。

自分の人生を全うして、また母に会えたら、どれだけ自分が頑張ったのか
ちょっと恨み節語って、でも、助けてあげられなくてゴメンね、って伝えたいと
思います。  頑張りましょ!お母さんから頂いた大切な命を輝かせてください。

ユーザーID:5709828978
わたしも気分障害を患っています
ホットフラッシュ
2017年11月1日 20:03

だから言います。
うつ病その他精神を病む人のために犠牲になってはいけません。
思いやりはもちろん大切ですよ。でも、なんでもかんでも、患者中心の生活は違うと思います。
ネガティブなことを言われれば、家族だって嫌〜な気分になりますよ。やめてよ!って、言いますよ。言わなきゃ家族が壊れるでしょ?
気持ちに正直になれるのは患者だけの特権ですか?違います。病人も健康体も判然と区別があるわけでなく、みんながみんな苦しいし悩んでるし悲しいのよ。
患者のネガティブを受け入れ切れなかったから、トピヌシのせいだって?こんなことを言う人は、自分中心なんです。病人以外は鋼の心臓を持ってると思ってる。想像力に欠けるのです。相手にばっかり受け入れろ〜理解しろ〜と、そんな一方的な主張が許されると最近のキャンペーンで、世の中おかしくなってしまったような気がします。
トピヌシはできる範囲のことをしました。それでもこうなってしまったのは病死なんですよ。寿命なんですよ。

ユーザーID:2284101294
具体的にやることを書き出して計画を立てること
アコ
2017年11月2日 0:28

おつらいですね、トピ主さん。

私も母親と絶縁しているので
このまま母が亡くなったら後悔するんだろな、と
たまに考えます。

それはさておき、ひとりで考えていると
どんどん悪いことばかり浮かんできます。

これからお母様に報いるために何が出来るかを
現実的に考えましょう。

たとえば一周忌。
そこにはどんな人を呼ぶのか、
どんなお店で食事をしてもらうのか
お引きは何を選ぶのか。
お母さんだったったらどうしたかな?と
考えながら準備をしましょう。

そして毎月の月命日は
お母様が好きだったお花をお墓に飾りましょう。

お母様が好きだったお店のランチに行ったり
お母様の得意料理を作ってみるのもいいかもしれません。

そうしてお母様とこれからでもちょっとずつ
距離を縮めていくのがいいと思います。

ユーザーID:1534040300
 
現在位置は
です