現在位置は
です

発言小町

新しいトピを作成
本文です

(駄) 面白かったドラマ武則天

さっかけんび
2017年10月31日 16:10

夏頃ずっとBSで再放送されていた中国ドラマ武則天。
ハマって観ていた方、いらっしゃいますか?

私は、スタート後の数話を見逃してしまいましたが、
夏場以降は全て録画して、先週末、やっと最終回まで観ました。

80話以上あって長かったけど、
ストーリーもテンポよく進んで飽きなかったし、
俳優さん達の演技も良かったですね。
権力闘争のなかで毒殺されるシーンがやたら多かった印象でした。

ところで、もし日本の俳優さんに演じてもらえるとしたら、
どんな配役が合うかなぁ〜、と勝手な印象で考えました。
私がイメージしたのは、以下の配役です(敬称略)。

武則天・・・長沢まさみor真木よう子
太宗・李世民・・・仲村トオル
稚奴(李治)・・・小泉孝太郎or高橋一生
皇太子・李承乾・・・松岡昌宏
呉王・・・山口達也
魏王・・・桐谷健太
高陽公主・・・宮崎あおい
敏月・・・桐谷美玲
蕭淑妃・・・相武紗季
李顕・・・濱田岳
王徳・・・小倉久寛or三宅裕二
李義府・・・松田翔太
長孫無忌・・・西田敏行
長孫沖・・・要潤
瑞安・・・香取真悟(演じた俳優さんと顔が似てるので・・)
李牧・・・妻夫木聡
徐慧・・・満島ひかり
明崇儼・・・勝地涼
楊淑妃・・・上野樹里 
韋貴妃・・・深田恭子or田中麗奈or菅野美穂
蕭薔・・・安達祐実(名演してくれそう・・)

このドラマを楽しんで観ていらっしゃった方、
印象に残ったシーンや、好きだった俳優さんの演技、
それから、
私と同じように日本の俳優さんだったら誰がイメージに合うかのご意見等、
楽しい感想やご意見おねがいします!

ちなみに私は、
李義府のラスト登場シーン(牢の中での武媚娘との会話のやり取り)が妙に心に残りました。

ユーザーID:3103165155  


お気に入り登録数:13
  • 携帯に送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
古いレス順
レス数:11本

タイトル 投稿者 更新時間
録画しました
すず
2017年10月31日 19:31

何度も観直してます。
観るたびに新しい発見があり、伏線が回収されてスッキリします。

それにしても見事な配役。もう文句なしです。
特に、瑞安の香取くんは見てみたい!
李牧はもうちょっと尖った人がいいな。

印象に残った台詞は「情愛は一時のもの、権力は一生のもの」ですね。

ユーザーID:6119945147
見てました
ようこさん
2017年10月31日 20:24

本当におもしろかったですね。何よりヒロインのファンビンビンさんの美しさが際立っていました
私はちぬの一途な純愛が切なかったです。
心が離れたように見えた2人でしたが、最後やはり変わらぬ愛を告白したちぬに号泣しました。
もう一人、ヒロインの親友が悲しかったです。
ヒロインを裏切った報いとはいえ、あまりにも悲しい最期でした。
とにかくスケールが大きく絢爛豪華なドラマでした。
もし日本人で演じるならヒロインは綾瀬はるかさん。素とかけ離れた役をみごとに演じてくれるような気がします

ユーザーID:5653306389
今KBS京都で携帯からの書き込み
まかろん
2017年10月31日 22:15

やっとりますのえ〜

私は中国ドラマは見ないんだけど、夫が好きで録画して見てます。

中国の女優さん綺麗ですよね

ユーザーID:3055973562
目の保養でしたねー携帯からの書き込み
大好き
2017年11月1日 2:26

美男子、美女がこれでもかと次から次へと登場してくるだけでなく、感動的な場目もたくさんあって最高でしたねー。
武媚娘(武則天)が李世民に蘭陵王を舞えと言われ、嬉しそうに用意をして行ったのに舞台には親友の徐ケイがスタンバイしていて踊る所は胸が痛みましたね。あれは可哀想でした。後、李世民が亡くなった後もずっと武媚娘は彼を慕い続けていたのに、高陽公主が真実を暴露する所も泣けました。知りたくない真実、ですよね。絶望した媚娘は結局、公主の言うとおり、新しい君主である李治を頼ることになるんですけど・・。明らかに涙を流し、通常の精神状態でない媚娘でも自分の元に来てくれた!と心から嬉しそうに彼女を抱き締める男性心理にびっくりしました。でもあんまり李治が幸せそうな顔をしているので、良かったねぇと母親的な気持ちになりました。カメラがロールするアングルに、夜中に一人赤面しまくりでした(おバカです、ハイ)でも、ヒロイン武媚娘と李治のラブシーンは美しいなあとつい、巻き戻しして見てしまいました。
一番記憶に残っている台詞は晩年の李治が死ぬ間際に言った「初めて掖庭で会った時から、私の気持ちは変わっていない」という台詞です。何十話も見ていたら、登場人物それぞれの気持ちに共感出来ますので、感動もひとしおでした。
要領がいい李義府、憎めないキャラで私も好きでした。あと、武媚娘に忠実に付き従う宦官(大監)端安と宮女の文娘の淡い恋や、悲しい別れも涙を誘いました。
武則天がお好きなら皇貴妃の宮廷もオススメですよ。清なので辯髪ですが、すぐに見慣れます(笑)魏の時代なら今、王女未央をCSで見れます。こちらも毎回、ハラハラドキドキします。
トピ主さんがあげられた日本の俳優さんなら・・のキャスト。すごく良いですね!豪華すぎて叶わないだろうけど、見てみたいなあと思いました。

ユーザーID:4588636037
本当におもしろかったですね〜
ごじら
2017年11月2日 15:35

わあ、うれしい。

参加させてくださいませ。

もうもう、世の中にこんなにも美男美女がいるとは!!
主人公もそうですが、男性も女性も個性豊かでみ〜〜〜んな麗しい、、眼福眼福。

ストーリー展開も早くてドロドロでもあるけどサッパリもしていて。

セットも豪華絢爛、衣装もまあ素敵というところなしでした。

一番はまったのが 李世民をされた俳優さんの表情です。
深い感情を表しつつどこか微笑んでいるような。。まあ、ドキュンの眼差しでした。
三人の皇太子もそれぞれ美形だし、稚奴の純愛も泣けてくるし。
どの役もそれぞれしっかり書き込まれており、めくるめく時間を過ごせました。

夢物語のような絵巻物のようなドラマでしたね。

主題歌もよかったです。

これで華流にはまり、次に隋唐演技も見ましたがやっぱり男前の層が厚くて
おばちゃんには本当に見るだけで幸せになりました。

中国三千年の歴史はこんなにも見目麗しい人が出てくるんですね。脱帽しきり。
日本にも素敵な俳優さんは多くいらっしゃいますが
なんとなんくスケールが違う気もします。また別の麗しさなんだろうなあ。。

ユーザーID:1132074784
トピを立てた者です。
さっかけんび(トピ主)
2017年11月6日 20:04

ひとつの特定のドラマに関するトピなので、
興味ある方も限られてしまい、レスがつかないかも?と思ってましたが、
数名の方にレスをいただき、楽しく読ませて頂きました!
ありがとうございます。

私は、全話を、各1回ずつしか観てないので、
話が進むスピードについていけず、
いまいち把握できていない箇所も多いです。
登場人物に関しても、
例えば息子たち(皇太子候補)が何人も毒殺されたりしてますが、
「これって母親は誰だったっけ?」と、観ながら混乱してました。

印象的だったのはやはり衣裳や宮殿の内装の豪華さ。
それに髪型もすごいですね、高く盛って!
髪飾りは可愛いのが多かった。
化粧も濃かったですねー。
尼僧になった頃の武媚嬢のお顔は逆に薄化粧で、これもまた綺麗でした。

ところで、疑問が残ったところがあるので、
どなたかご存知の方、よかったら教えて下さい。
清玄がチヌを毒殺する事に失敗して、
呉王の腕の中で息絶えるシーンをみていて疑問が残りました。
清玄は、呉王のことを男性として愛していたのでしょうか!?
それとも、仕えていた相手だから皇帝になって欲しかっただけ?
そして、呉王の方も、もしかして清玄を女性として愛していたのかな?
いや、だけど、
武媚嬢と呉王がダンスを踊ったりして、
それをチヌが盗み見て嫉妬しているシーンもありましたね。
呉王は、もしや武媚嬢のことが女として気になっていたのかな。

よろしくおねがいします。

ユーザーID:3103165155
武側天
めいにゃん&ミーユエ
2017年11月8日 1:01

武側天、一気に見て楽しませてもらいました。衣装が非常に豪華で美しく、髪飾りも見ものでした。各役者のキャラが立っていました。一番好きだった衣装は、女官たちが好きな生地を選べる場で、媚娘(メイニャン)が見つけた、白地にblue紺色の流れるような花柄がある生地で作った衣装です。友人の徐慧が着たと思いますが、豪華な色彩の女性たちが並び居る中で、あの衣装は地味そうに見えて、一等、美しかったです。

さて青玄ですが、呉王を男女として好きだったというよりは家族のような、姉のような好きだったんではないかと思います。呉王の母の淑妃は、凛として賢く筋が通った人間で素敵な人でしたね。私、この人、メイニャンの次に好きでした。青玄は、淑妃が一人息子の呉王を覆う気持ちをずっと見てきて、家族のような信頼関係があり、淑妃亡き後、呉王を守り通したかったんだと思います。(作品以外の知識はありません。勝手な推測ですが。)呉王は清玄に対して、男女の愛感は無かったと思います。母親の淑妃の次女で忠義を尽くした人なので、身内的な感覚だと思います。

宮廷の中は、広いようだけど、その中は敵ばかりで、心許せる人間はなかなかいません。メイニャンは女性には珍しく、懐が深く情に厚く義理堅い性格だったので、呉王は、心許せるところがあったんだと思います。母親の淑妃が可愛がっていたし。呉王は一時、都を離れていたが、時を経てまた宮廷に戻ってきた時、孤独だったと思います。そこでまたメイニャンに会い、昔の淑妃(母)と一緒に暮らした懐かしい日々の記憶があふれて、メイニャンに、その悲しみや懐かしさやあらゆる気持ちを、つい見せてしまい(剣舞の時)、中国語で言うところの「開心」(かいしん)状態になったんでしょう。それは愛というより、懐かしい故郷の母や姉や妹や好きな幼馴染や昔の恋人が目の前に現れたような、不思議な強烈な気持ちだったんでしょうね。

ユーザーID:2622576799
チヌとメイニャンの愛
武則天&ミーユエ
2017年11月8日 1:04

ましてや年(ねん)を経てさらに妃として美しくなったメイニャンですから。「ゆらり」と感情や本能が現実から離れて揺れ動いても仕方ないですね。メイニャンも、チヌとの関係も悩み多い時期だったので、呉王の気持ちの揺らぎに、一瞬、クラッときたかもしれませんね。

チヌとメイニャンの愛は素敵でしたね。チヌが一途にメイニャンを愛し守る姿は、見て胸が痛いくらいでした。チヌはメイニャンを心底愛する、いい男でした。しかし、知恵・賢さ・勇気・度胸があるメイニャンには、男性として、頼り切れなかったかもしれません。メイニャンはチヌを守っていたんですから。彼が年下でもあるし。最後に「前王がずっと好きだった」ことを言われたときのチヌは可哀想でした。でも、チヌはメイニャンの懐深い人間性を知っていた。最後は守り合う二人だと。メイニャンは母であり姉であり、心を預けられる全てだったんです。絶対に信じれる人だったんですね。この世に他には誰もいない。チヌはメイニャンがいて幸せだったと思います。

この作品を見て思うことは、メイニャンには、国を治める素質が備わっていたということです。チヌはメイニャン無しでは、王の役目を果たせなかったでしょう。メイニャンが女ということで(家の姓のことで)、繰り返し繰り返しガラスの天井に遭い、更には例の予言のせいで、次々鉄の天井に遭ったけれど、それらすべてを突き破って壊し、天下を収めます。チヌが上朝できなくなっても、武側天(メイニャン)が国をしっかり治めたということは、凄いことだと思います。男も女も関係無く、真に能力や資質がある人はやるんだと教えられます。残念ながら、武側天は、夫の健康と国の政治の跡継ぎに恵まれませんでしたね。いろいろな歴史作品を見ましたが、一国を収められる人材を育てること(得ること)はいつの時代も、難しいものですね。

ユーザーID:2622576799
「覇星(はせい)」として生まれたミーユエの運命
武則天&ミーユエ
2017年11月8日 1:07

また、やはり人には運命というものがあると感じます。計画したから「成る」というものではないですね。

その点、「ミーユエ 王朝を照らす月」は、もっと、「運命」というものを、はっきり実感させてくれます。

次々と数奇な展開の中で、秦・楚・燕・中国のもっと西の遊牧民族の国・義渠(ぎきょ)まで、とても広範囲な舞台で、恵まれない生まれの王の娘ミーユエが、運命に導かれるように、思わぬ人生を送り、辛酸もなめて、最後に秦を治める立場になります。

「覇星」(はせい)(中国語音でパーシー)という予言・運命で生まれた女の子が、「まさか女の子が天下を取るなんて」という周囲の予想が覆えり、数奇な運命で大国・秦を治めることになります。

このミーユエがまた、とても活発、賢く知恵があり度胸があり正義感ありで、目が離せません。武側天も、ミーユエも、やはり人間が大きくて、持って生まれた器があるんですね。だから、男性にとっても、人間的に(女性としても)魅かれるんです。実際、モテました。「武側天」も素晴らしかったし、また「ミーユエ」の舞台のスケールと人間模様は圧巻でした。

ユーザーID:2622576799
追伸。「武則天」
武則天&ミーユエ
2017年11月8日 15:39

先のレスで、文中の

「武則天」の則の字が違っていました。

「側」ではなく「則」です。 訂正しておきます。

ユーザーID:2622576799
御返答ありがとうございました。
さっかけんび(トピ主)
2017年11月10日 13:54

武則天&ミーユエさま、御丁寧に解説をして下さって有難うございました。
ドラマ武則天は、脇役の心の動きも丁寧に描かれていましたが、
武則天&ミーユエさまの解釈を読みながら、
ドラマで描かれている呉王の気持ちの動きや表情などを思い出してしまいました。

ところで何話だったか忘れたけど、瑞安が、宦官仲間にいじめられて、
お弁当?を食べながら泣いてるところへ武媚嬢がやってきて、
母のように慰めるシーンがありましたね。
私は、あのシーンが好きで、印象に残りました。
瑞安は、終盤までずーっと武媚嬢を裏切ることなく仕え続ける。
裏切りばかりの人間模様の中で、王徳と瑞安の存在には心が癒されました。
ある意味、李義府も従順でしたね。

余談ですが、最寄りの図書館に行って、
児童向けの歴史マンガなどをパラパラ眺めてみたら、
まー、武則天の顔が、いじわるバアサンみたいに描かれていて、
いかにも悪女って感じでした。

このドラマが面白かった事ですし、
これを機に、そのうち則天武后に関わる書物でも物色してみようかと思います。

それから、ドラマで見逃した数話もいつかみてみようと思います。

ありがとうございました。

ユーザーID:3103165155
 
現在位置は
です