現在位置は
です

発言小町

新しいトピを作成
本文です

こんな光景は、みたことがある

晩秋の猫
2017年11月2日 5:51

先日、
駅ターミナルで子供達数人とその親たちが集合していたのでしょうか、
その弾むような雰囲気のひと時と数分間、一緒でした。

どうやら偶然「○ちゃん」という名の子が二人いたらしい
(子供同士の会話でわかった)。

さて、片方の「○ちゃん」の親は、
やたら我が子を「○ちゃん」と呼んでいる。
片方の「○ちゃん」の親もきっとその場にいたと思うが、
遠慮してか空気を察してか、なにも言わなかったように思えた。

・・・遠い昔・・、
私も級友と同じ名前で、
そのお母さんから「うちの△ちゃんはね」「うちの△ちゃんもね」と、
私に向かって言ってた目を思い出しました。
今思うと、
我が子と同じ名を持つ、
よその子供に向かって威嚇するような感じだったんだと思います。

今も昔も、
「母親」の一面というのはこういう部分もあるなと思いました。
おとなしいタイプだった我が母も、
決していいとこばかりの母ではありませんし。

自分の母親を美化するつもりはありませんのであしからず。

親を美化せず語れる人のレスのみ待ってます。

ユーザーID:4868476147  


お気に入り登録数:20
  • 携帯に送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
古いレス順
レス数:5本


タイトル 投稿者 更新時間
成長できない人達
三つ葉
2017年11月2日 12:47

うちの○○は〜でも、お宅の○○ちゃんは…と話すものなのに、今回耳にしたグループもトピ主さんの子供時代のお話も、大人気ない母親がいたものだとあきれてしまいます。

50を過ぎてもなんと幼いという性格の人もいますよ。そういう人は一生を大人気ない態度で過ごすのでしょう。

成長できない人達もいるものですね。

ユーザーID:0125412255
フラッシュバック?携帯からの書き込み
皇帝ペンギン
2017年11月2日 13:15

>よその子供に向かって威嚇するような感じだったんだと思います。

南極大陸の厳しい自然の中で子育てするペンギンの話しです。親とはぐれてしまった子供のペンギンには死が待っています。
親ペンギンは自分の子供以外には決してエサをやらないそうです。逆に子供が行方不明になった親ペンギンは、よその親の子供ペンギンを奪おうとするらしいです。

トピ文を読んで南極大陸で子育てするペンギン達を思い浮かべてしまいました。


>親を美化せず語れる人のレスのみ待ってます。

別段、親を美化するつもりはありませんが。親なんて、そんなもんでしょう。鬼子母神のお話を読んだ事はありませんか?。
ところで、トピ主さんは何が言いたいのでしょうか?。少しセンチメンタルな気分になったのでしょうか。

ユーザーID:9657855922
そんなのこと見たこともありません
夏子
2017年11月2日 16:20

親の美化でも何でもなく、それは単なる貴方の錯覚でしかありません。

ユーザーID:0513892659
美化せずに考えてみました
ちゃ
2017年11月11日 17:26

威嚇されている子供をそっと見ている母が悲しかったのでしょうか?
その人の前で同じ名前を持つ主様を呼んでもらえなかったのが悲しいのでしょうか?

うちの△ちゃんがと言われたら、「主様ちゃんが」と言いやすい状況を作って下さったのではないですか?
他所の子に向かっての威嚇?子供の記憶はあいまい過ぎて塗り替えられていることが多々あります。
もう一度その時の事をお母様と確認しあえると良いでしょうが、もう忘れていらっしゃるでしょうね。

時間はそのためにある気もします。

ユーザーID:8696001368
威嚇
ムーン
2017年11月15日 18:07

威嚇、なんて、ものものしい言葉ですね。
ただ待ち合わせが一緒だったってだけで、短時間でよくそこまで事情がわかるものですね。
そもそも、親は待ち合わせなんかに行くとまず「自分の子が危ない事しないか、人と違う事して迷惑かけないか」が、最優先で気になるものです。
しょっちゅう名前を呼ばれる子は、やはり注意される子、って事です。
私だったら、やんちゃな子なんだろうな、大変だな、と思います。
威嚇、とかそう連想するのは、子供のいない人かなあ、と思います。

ユーザーID:6736668513
 


現在位置は
です