現在位置は
です

発言小町

新しいトピを作成
本文です

「おーきあた!」って?

桃の葉
2017年11月3日 2:43

昔、母が時々「おーきあた!」と言っていました。
びっくりした時、イヤだなぁと思った時…英語で言ったらOh my God!のニュアンスでしょうか。

でも、この言葉を母からしか聞いたことがありません。ネットで検索してみてもまったくヒットしません。
母は今はすっかり年老いて、話ができなくなってしまいました。母の口からもうこの言葉を聞くことはないでしょう。

母は現在80代半ば。九州の八幡の出身で、若い頃は長崎で暮らしていました。九州地方の方言なのかな、と思います。
私は東京で生まれ育ち、九州には知り合いがいません。

この言葉を知っている人、聞いた事がある人、使ったことがある人、使っている人…なんでも結構ですのでお話聞かせてください。

ユーザーID:9072451894  


お気に入り登録数:73
  • 携帯に送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
古いレス順
レス数:14本

タイトル 投稿者 更新時間
もしかして
ひろ
2017年11月3日 16:04

「お、来やがった!」ですかね?

ユーザーID:6241122796
八幡の出身です。
まめたん
2017年11月3日 20:10

現在60代前半で北九州市の八幡で生まれ育った者です。
でも、その言葉は聞いた事がありません。
口に出して何度も言ってみましたが、耳にしたことのない言葉です。

ユーザーID:5117107635
鹿児島在住
ぬくぬく
2017年11月3日 23:55

お母様は、どういう状況でおっしゃったのでしょう?
考えられるのは、
「おーきあた」とは鹿児島で言う「おー来やった」つまり
「おー来あた」=「おー来られた」ではないでしょうか?
待っていた人が来た時などに放つ言葉。
関西で言う「おー来はった」と同意語。
(違うかな〜)

ユーザーID:6929955045
ごめんなさい
ぬくぬく
2017年11月3日 23:59

<びっくりした時、イヤだなぁと思った時>と書いてありますね。
う〜ん・・では、先ほどの回答では無いですね〜

ユーザーID:6929955045
よくわからないけど携帯からの書き込み
はーこ
2017年11月4日 16:57

大き、あ痛(おおきあいた)じゃないかな。
確証はないけど。
九州ではびっくりしたときに「あいた!」って叫びますよ。

ユーザーID:9351253733
レスします携帯からの書き込み
ママプリン
2017年11月5日 0:03

私の亡き祖母は、徳島出身でした。
びっくりした時によく、
「おーけた!(おうけた!)」
と言っていました。
「おーきあた!」と、なんとなく響きが似ているなと思って、思わずレスしました。
「おーけかえった!(おうけかえった!)」
というバージョンもありました。

ユーザーID:6801525562
おーごっちゃあ!
おこげ
2017年11月5日 13:19

両親が別府付近の大分人です。私は外れてますが。

例えば、レスタイトルの おーごっちゃあ は、大事(おおごと)だ=大変だ
かわいそう は、むげねぇ(無碍無ぇ)

という具合に、向こうのお国言葉って些か古めかしい言い回しが多いなと感じてます。

それで考えると、おーきあた の、おおき はおそらく、大き。

「おおきに」も故郷でよく使う言葉で、その語源は「大きに(大変に)有難し」の省略だとか。

わからないのが「あた」ですが、長崎の方言で「あったらか」というのがあるようです。意味は「惜しい」。

よって、「おーきあた!」は「とっても惜しい!」ということではないでしょうか。


余談ですが、私にも母しか使わない謎の方言がありまして。

「あんだまみてん」

意味は解っているのですが、これを口にする人を母以外に見たことがなく、通じるものなのか気になっているところです(笑)

ユーザーID:9273797604
祖母の言葉
66F@kyusyu
2017年11月5日 13:50

1880年代生まれの祖母が、「おおきにあ〜た」と言っていたのを思い出しました。
関西の人が「ありがとう」というのを「おおきに」というような感じで、使っていたように記憶しています。
祖母の言葉の最後の方の「あ〜た」というのは「あなた」という雰囲気でしょうか。
つまり「おーきあた」というのは「ありがとう、あなた」というイメージだと推測しました。

もし、違っていたらすみません。

ユーザーID:0573745490
岡山では「怖い」を「きょうてえ」というのは、
幸ひ住むと人のいふ
2017年11月5日 14:52

岩井さんの小説などで有名になりましたが。

「おー」が感嘆詞または程度の大きさを示すもので「きあた」は音からして「きょうてえ」と同義では?

安直な推測ですみません。

ユーザーID:4632409258
補足です。
幸ひ住むと人のいふ
2017年11月5日 14:54

つまり「おーきあた」=「お〜怖い!」では?

ユーザーID:4632409258
皆様ありがとうございます
桃の葉(トピ主)
2017年11月10日 3:43

レスをくださった皆様、ありがとうございます。まとめてのお返事で失礼いたします。

実際に使っている方は見当たりませんでしたね…てっきり母の生まれ育った地方の方言かと思っておりましたが、同じ土地のご出身というまめたんさんにも心当たりがないご様子。生まれ年に20年ほどのブランクはありますが…。

語源の推理をいただいた中でははーこさん、ママプリンさん、おこげさんのものが近いように感じられます。機会があれば言語学者や方言研究者などの専門家にもあたってみたいくらいです。

まだ何か情報があれば…と思い、トピは閉めずにおきます。お心当たりの方、なんでも教えてください。

ユーザーID:9072451894
「おおけなし」の「おおけ」か!!
ひろひろ
2017年11月11日 20:28

ママプリンさんの「おーけた」「おーけかえった」が非常に近いように思えます。地域も近いですし。
「おおけかえった」と活用するということは、語幹は「おおけ」です。
現代語の感覚ですと「おーき」+「何か」に見えますがそうではないのでしょう。

「おおけなし」は百人一首の慈円僧正の歌にも出てくる単語で、「だいそれている」くらいの意味です「おおけ」自体も「分不相応に大きい」という意味です。
この「おおけ」が動詞的に使われていると考えると、「すごく大きいことだ」→「とんでもないことだ」のような意味合いになるかと思うので、使われ方としても意味が通るかと思います。

方言は、古い言葉が残っているようで案外と現代語の影響下にあります。
古い方言はふるい言葉の影響下になりますから、現代では使う人があまりいなくなってしまうのでしょう。残念な話です。

ユーザーID:4828493590
おお!きゃあたぁ携帯からの書き込み
2017年11月12日 0:37

ママプリンさんの祖母さまと同じ発音かな?と思いましたので。

友達のお父さん(推定80歳)が岡山県出身でした。

座る時、立ち上がる時、驚いた時、話の相の手代わりに、動くたびに、一息吐くたびに?
驚嘆、驚愕、答えに詰まるような話から逃げる時。 
何かにつけては「おお、きゃあたぁ」「やれ、きゃあたぁ」と言ってました。
たぶん、正式には「きょうてぇ」ですが、私の耳にはそう聞こえました。

「きあた」と言われれば「きあた」に聞こえなくもないです。

きょうてぇ=怖い、のようですが…
友達のお父さんに限っては、ヨイショッ!ドッコイショ!凄いね!こりぁあ参ったな…、ああ疲れた〜の意味も含んだと思います。

お母さまと同じ年代の方に話を聞きたいですね。

ユーザーID:7341180343
横レスですみません
うどん県より
2017年11月12日 16:03

おこげ様
もしかしてそれを小さく分けると「あんだ、ま、みてん」となりますか?
そしてたまに「あんだまぁみてんまい」になりませんか?

意味は「あらまぁ、(あれを)見てごらん」という意味でしょうか。

もしそうであればさぬき弁だと思います。

ユーザーID:3880234926
 
現在位置は
です