現在位置は
です

発言小町

新しいトピを作成
本文です

オーロラを観た人、観たい人集まれー! 携帯からの書き込み

森宮
2017年11月3日 12:24

死ぬまでに一度は観てみたいです、オーロラを。
どんなに幻想的な色なんだろう。
観る時、私は何歳なんだろう。
どこの国で観るんだろう。

実際にオーロラをご覧になった方、感想・どこで観たか・寒さ対策・旅費・ツアーでのエピソードなど、何でもいいので教えて頂けませんか。

オーロラを観てみたい方、一緒に夢を語りませんか。

みなさま、レスをお待ちしております。

よろしくお願いいたします。

ユーザーID:3642162972  


お気に入り登録数:76
  • 携帯に送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
古いレス順
レス数:33本

タイトル 投稿者 更新時間
見たよー
loony
2017年11月3日 14:57

カナダの東部の田舎で観ました。

状況としては、夜、裏庭に毛布を敷いて寝そべって夜空を見上げた時です。

田舎なので兎に角、星がきれいだったのとほかに娯楽がなかったので時々、夜のピクニックをしておりました。

空の色がかすかに青や黄色?(よく覚えていません)ぼんやりと薄明るくなっていました。

季節は覚えていませんが夏の終わりか秋の初め。基本10~4月までは夜に外で過ごすことは無いので。。


よく知られているような北欧の壮大なオーロラではなく空の一部が薄明るくいろいろな色に輝いていたという感じてした。

森の中の一軒屋で周りに何もなく、静かに時間が流れるような所です。

ユーザーID:4771364606
見たいです
トリトン
2017年11月3日 15:33

夫が永年勤続で休暇をいただいたときに検討しました。
イヤー、お高い!ツアー代金が・・・
その上、自然相手ですから必ず見られるとは限らない。
私はあきらめました。
大枚はたいて見られなかったら立ち直れませんから。

でも出来るならいつかは見てみたいです。

ユーザーID:8046830787
見に行きましたよ
現実逃避
2017年11月3日 15:57

・感想
真っ白な雪に囲まれた、音の無い世界で見るオーロラは、幻想的で、
この世のものとは思えない、息をのむほどの美しさでした。
自分が異世界に迷い込んでしまったかのような、不思議な気分になりました。
私は、ラッキーなことに、毎晩見ることができた上に、
最終日には、係員の方も興奮するほどオーロラが爆発し、
最高の状態を見ることができました。
一生忘れられない思い出となりました。
いつか、是非もう一度見に行きたいです。

・どこで観たか
カナダのイエローナイフ

・寒さ対策
上半身:ヒートテック、薄手のニット、スウェット、フリース、スキーウェア
下半身:タイツ、厚手の靴下、レギンス、スキーウェア
その他に、カイロを足裏やお腹・腰等に貼り、
スキー用手袋やイヤーマフや帽子を着用しました。

・旅費
2月出発の3泊5日で、確か20万円はしなかったと思います。
北欧に比べ、カナダは低価格で行けると思います。

・ツアーでのエピソードなど
オーロラ観賞は、暖房が効いたロッジで温かい飲み物などをいただきながら待機し、
オーロラが出現すると係員の方が声掛けをしてくれるので、
声掛けがあってから、外に出て、各々好きな場所でオーロラを鑑賞し、
オーロラが消えたらロッジに戻り、待機し、声掛けを待つという形式でした。
(待機→声掛け→鑑賞→待機→声掛け→鑑賞・・・の繰り返し)
恐ろしく寒いのはオーロラを鑑賞するために外に出ている間だけでした。
スキーウェアを持っていない方は、ホテルでのレンタルがありましたので、
わざわざ購入する必要は無いと思います。(旅行会社やホテルへ要確認)
昼間は特にすることがないため、
犬ぞりに乗ったりイヌイットの村へ行ったりして過ごしました。

少しでも「見てみたい」と思う方は、絶対に見に行って下さい。
想像のはるか上をゆく素晴らしい景色を見ることができると思います。

ユーザーID:5608606725
北海道でも見られますよ
どさんこjr
2017年11月3日 16:11

帯広在住の親類が過去に何度か目撃しています
レスする前にネットで確認したら「低緯度オーロラ」と言う現状だそうです
出現する時期や時間帯は海外と一緒
オーロラは電磁波によって発生するので、太陽の活動が活発な年はよく出ると聞いた事があります
寒さ対策については、オーロラが出るレベルの寒さだと脳がダメージを受ける怖れがあるので、防寒用の帽子をお忘れなく

ユーザーID:7280354693
オーロラ好きです
ボレア
2017年11月3日 16:11

フィンランドに住んでいるので,オーロラは時々見えます。先週も1度,うっすらと見えました。

見える可能性のある時期は夜の天気に注意したりオーロラの数値をチェックしたりするのが日課ですが,最近はアプリやアラートで可能性の高い時に知らせてくれるサービスがあるので便利です。しかし,オーロラが強くても天気が悪くて見えないことはよくあります。

北部ラップランドにも何度か行き,素晴らしいオーロラも見ましたが,ちょうどよく見える時に当たるとは限らないので,そう頻繁に行くというわけにもいきません。

オーロラと一口に言ってもピンからキリで,弱いときは空の一部がぼやっと白っぽくなっているだけで動きも色もなく,慣れないとオーロラと思わないかもしれません。しかし頻度としては弱いのが最も多いです。またオーロラは暗いので,写真では多彩でも肉眼ではほとんど色がついていないように見えがちです。

このため,せっかくオーロラを見に遠くまで旅行しても「実際のオーロラって大したことなかった」と言う人は多くいます。

しかしごくまれに見える強いオーロラの時は,天頂から色とりどりの光の筋が空いっぱいに地平線まで広がります。見上げると空のはるか上まで全視界がオーロラというとてつもない大きさで,にもかかわらず驚くような速さでうねったり点滅したりと,声を失うような光景が展開されます。それが全くの静寂の中で起こるので,非常に不思議な感覚におちいります。さすがにこれは写真と別物の素晴らしさです。う〜ん,また見えるといいな〜。

トピ主さんも,きれいなオーロラにご縁がありますように…。

ユーザーID:2068563097
北欧で見ました
きよちゃん
2017年11月3日 16:15

最初は9月上旬にロンドンからアイスランドに向かう飛行機から見ました。

アイスランドでは、現地の人に「Auroraは見ることができるか?」と聞いたのですが、意味が通じなくて何度も聞いているうちに、「Northern Lightsのことか?それなら天気が良ければ見えるよ。」とのことでした。
幸い夜遅くにホテルの庭で緑色のカーテンのようなオーロラを見ることができました。

次は2月にノルウェー北部のトロムソとスウエーデン北部のキルナでやはり緑色のオーロラを毎晩見ることができました。

でも写真に撮るのは難しいので絵葉書を買うことをお勧めします。

ユーザーID:3024140823
フィンランドのサーリセルカで観ました
アウローラ
2017年11月3日 16:24

到着したその日に見れたので、そのあとは余裕の気持ちで旅行できました。
オーロラ鑑賞旅行は、見れるまで不安で、結局は見れなかったという事も普通にあるのですから、初日に見られた私はラッキーでした。

夜遅くにホテルの庭に出てみると、空に緑のかたまりがあったので、何かと思って見ていたらどんどん大きくユラユラしてきたので、オーロラだとわかりました。
寝ていた友人を起こして、出来るだけ明かりの少ない方へと移動しているうちにどんどん大きくなり、見事オーロラのカーテンを見ることが出来ました。

費用は個人旅行で、6泊8日で、20万円弱だったと思います。(現地で使う食費や遊興費は別途)
でもホテルや日数によってもっと安くも高くもなるので。

寒さ対策は、帽子と耳あてと厚手の手袋、靴の中用の使い捨てカイロを持って行きました。
でもムートンブーツだけで充分暖かく、靴用カイロは使いませんでしたが。

因みに同じホテルに、ツアーで来ていた方がいて、サウナの中で話したのですが、ツアーによってオーロラが見れなかった時の補てんが違うのだそうです。
まるっきり補てんがないツアーもあれば、数千円の返金があるツアーもあるとか。

ユーザーID:5742010016
イエローナイフでした
団塊世代
2017年11月3日 18:14

3年前の9月中旬にカナダのイエローナイフに3泊の予定で行きました。
1夜目に駐車場から湖の近くのティーピーに向かう途中真っ暗な空に白い雲が意外なくらいはっきり見えました。
ガイドさんに聞くとそれがオーロラでした。
しかし観察場所についた時には本物の雲が出て、その後雨になりました。
2夜目は完全に雨。ティーピー内での参加者の懇親会で終わりました。
最後の3夜目天気は晴れでも空は真っ暗。 オーロラが出れば教えますと言われ待機。

「オーロラだ」の声で外に出ると夜空には薄い緑色の白っぽい雲のようなものが動いていました。
だんだん色は濃くなりましたが写真のような色にはなりませんでした。

色は多少期待外れでしたが空一面にゆらゆら揺れるオーロラは圧巻でした。

9月のカナダは本格的な冬になる前で氷点下にならず、夜は十分に暗いのでオーロラ観測には最適です。

これに味を占め今月中旬にアイスランドに行くことが決定しました。
アイスランドは緯度のわりに暖かいと言う情報からです。
出来れば世界最大の露天風呂ブルーラグーンに浸かりながらオーロラが見えれば最高なのですが・・・・・

妻が寒さ嫌いなため寒くない場所を探しています。

ユーザーID:0673303584
機内から
ササミ
2017年11月3日 21:14

ずいぶん昔のことですが、欧州から日本への帰国時の飛行機の窓から見たことがあります。
たしか時期は2月初旬だったと思います。
ペテルスブルクを通り過ぎた辺りのロシア上空でした。
ゆらめく光のカーテンの美しさは圧巻でした。
テレビ映像とはまったく違いますね。
地上から遠く見上げるのではなくカーテンの真横を飛べた事はとてもラッキーでした。
冬に夜間フライトの予定があるなら、北極側の座席を確保ですよ。
運が良ければ見られるかもしれません。

ユーザーID:3359485851
世の中狭いな、
毒きのこ
2017年11月3日 21:23

私と同じことを考えている人がいるなんて。
嬉しいです!
私も死ぬまでに絶対に見たい、いや見ます。
元々自然が大好きで自然に魅了されます。
お寺、大仏、古墳、お城に万里の長城などなど歴史上の建築物を
見ても何も思いません。所詮人間が作ったもの。
でも富士山、アルプス山脈、那智の滝、グランドキャニオン、
自然に出来たものは、一日中見ても飽きません。
とにかく心奪われ魅了されます。
何度でも見たい。そこに住みたいと毎回思います。
最近では、登山をして頂上から見た雲海が忘れられません。
まだ見ぬオーロラ。待っててね。必ず見に行くから!

ユーザーID:4659887699
自宅で一年中見られます。
北の国から
2017年11月3日 21:25

  カナダ在住で我が家は北緯49度、丁度バンクーバーのあたりと大部分のアメリカとの国境付近の北側にあります。

田舎なので自宅のリビングルームからでも、ほぼ一年中(真夏でも)見られます。色は薄いグリーンからやや濃いグリーンで、薄いカーテンが風に揺れているようにも見えます。刻々と変化します。一旦見えなくなり次にドーンと現れたりと、本当にオーロラのダンスです。

今は市の街灯が全てLEDに変わってしまったので、オーロラも小さい星の数もはっきりとではなく、薄っすらと見える程度になってしまい、

車で15分ほどの郊外へ行かないと、はっきり見えません。

此処2年ほどは、もう少し南の北緯43度以南でも見える時があるそうです。

確かに神秘的ですが、家では20年前の6月にオーロラが一晩中見えていた次の日に 10年飼っていた愛猫が亡くなりました。

まだ中学生だった娘と「本当にお星さまになったのね」と話をしました。

  冬に旅行会社企画のオーロラツアーがあるようです。それですと、ホテルで防寒服(極北用のパーカ)の貸出しもあると思います。

ご自分で用意をされるなら、スキーパンツ、パーカ、スキー帽、スキー手袋、ブーツが必要です。

是非お出かけください。

ユーザーID:3003337887
ロシア上空。携帯からの書き込み
リリス
2017年11月3日 23:49

息子の卒業式の帰り乗ったエールフランスの機内から見ましたよ。
ロシア上空に差し掛かった所で客室乗務員のフランス人男性が オーロラが見えてます!って教えてくれて左側の窓から見ました。
緑色の太い帯が40分近く見えていました。
機内からのオーロラ。
とても得した気分になりました。
来年妹とフィンランドのロバニエミに行く予定なのでもう一度オーロラが見られたらいいなあと思います。

ユーザーID:4802415047
見ました!携帯からの書き込み
ひよひよ
2017年11月3日 23:57

10年以上前ですが、ノルウェーのトロムソで。
ホテルの前で見られる場所を選びました
毎日祈る気持ちで空を見上げ3日目、風の強い晴れた日の夜、いきなりオーロラが現れました
空一杯に緑の光るカーテンが広がり、北極圏の寒さも忘れて跳び跳ねたのを覚えています

ユーザーID:1025666059
10月のフィンランドで
稲荷
2017年11月4日 0:31

私もずーっと前から一度はこの目でオーロラを観たい!と思っていました。

下の子が大学生になったとき、夫や子供を誘ったのですが断られて「おひとり様ツアー」に参加しました。

オーロラって寒い時に出ると思ってたのですが違うんですね。
緯度が高い地方に出る=寒い地方なんです。
昼間の星が見えないように周りが暗いことが大事です。

10月のフィンランドのイナリ3泊というツアーに参加して3日とも出ました。
ホテルの裏の湖のほとりで見れます。湖にオーロラが映って幻想的でした。
中高年の参加者は12時くらいで部屋に戻りましたが若い人たちは遅くまで見てたようです。

色は白っぽい地味なものでしたがゆらゆら揺れて皆で感動しました。
3日目は出始めたら雲が出てあっという間に見えなくなりましたが。

とにかく「晴れる」のが大事です。
オーロラは雲より高いところに出ますので雪なんか降ってたら見えません。
曇りでもダメ。

ぜひ、素敵な旅をしてくださいね!
書いてるうちにまた行きたくなってきた。

ユーザーID:1561238571
意外と薄い
たか
2017年11月4日 3:52

フィンランドで見ました。
ホテルの中に日本語のツアー会社が入っていたので、そこで説明を聞いて申し込みました。

夜に集合すると、ドライバーは英語しか話せず、日本人の方はお見送りでした。
色々と英語で解説してくれるのですが、どうも我々以外は英語がわかっていないようでした。

オーロラが出た(とガイドが言っている)ときも肉眼で見つけるのは大変で、カメラ(三脚も持参)で撮るとはっきり写るのでそれを頼りに見ました。

他の人たちはカメラも持っていなかったので、ひょっとすると見えていなかったのではないかと思います。

過去一週間のオーロラの見えかたが旅行会社に掲示されていたので、翌日に確認すると○でした。
あれで○なら△の日だと素人には見つけられないんじゃないかと思いました。

ユーザーID:1074668405
幻想的だったー
ぴよ
2017年11月4日 6:45

10年くらい前にアラスカ、デナリ国立公園でみました。
真夏(8月)だったので、期待してなかったんですが
ある夜、ふと空を見上げると緑色のカーテンのようなものがユラユラ〜と。
あれ?もしかしてオーロラ?夫と二人でしばらく見入ってしまいました。
色も形もどんどん変わり、飽きることなく見惚れていましたが
あまりの寒さにギブアップ(氷点下)。
次の日も見えるかなと思ったのですが、それっきりでした。
でも普通夏には見えることは少ないらしいので、超ラッキーでした。

ユーザーID:6589288841
機内携帯からの書き込み
通りすがり
2017年11月4日 13:19

ロンドンから日本行きの機内で見ました。
真っ暗な中に浮かび上がっていたピンクのオーロラ。
機内アナウンスがあったので、起きて見ました。
オーロラを見たのは、後にも先にもこの一度きりです。

アラスカと北欧でオーロラを見て来た友人達がいます。
どちらへ行くかは、費用の問題だそうです。
大手の旅行社とオーロラ観光専門の旅行社の両方を使った友人は、時期にもよるが、後者のほうが見られる確率が高かったと言ってました。
寒さが堪えるので、行くなら体力のある若いうちがいいらしいですよ。

ユーザーID:1110252869
自称オーロラチェイサーです
空飛ぶカンガ
2017年11月4日 13:41

オーロラ、素敵ですよね。
昔から憧れていて、4年前にアラスカへ行って初めて目の当たりにし大感激でした。
フェアバンクスで、チナホットスプリングスで、そしてコールドフットで観ました。
帰って来て、写真を見ながら夫に「でもこんなに緑ではなかったよね?!」って言ったところ、写真と全く同じ色だったと。
私にはもっと白っぽく見えていたのです。
夫が青い目(白人)だからかと思ったのですが、調べてみると普通は私のように白がかって見える人が多いとか。
ちょっと彼が羨ましかったです。

2年前はノルウェーに行ってみて来ました。
ケルケネスのホテルの近くで、そしてベルゲンへ向かう船の上で観ました。
オーロラはいつ出現するかわからないので、真夜中に待機していなければならず結構体力がいります。
私はいつでも、どこでも寝られるタイプなのですが、ちょっと時差ボケのような状態でした。

今年はアイスランドへ行ったのですが、10月上旬だったためか観られませんでした。
アイスランドは物価が高くて泣きそうだったので、次回はカナダのイエローナイフあたりを狙っています。

ちなみに写真を撮りたいのであれば船の上より地上がオススメだと思います。
船の上の写真、揺れのせいで三脚を使ったにもかかわらず、かなりボケてて。
まあ腕の悪さもあるんでしょうけど(笑)
白い幽霊のようなのも写っているなって思ったらカモメか何かの海鳥でした。

ちなみにアラスカでは新婚旅行でいらっしゃったカップルにお会いして。
ハネムーンでオーロラ鑑賞、素敵なアイデアだなぁって思いました。
その夜はオーロラの爆発(?)もあって、大感動でした。

トピ主さんも、とっておきの素敵なオーロラ観れると良いですね。

ユーザーID:7525041182
赤い色のオーロラ
そうですね
2017年11月4日 13:47

この辺りの緯度でも、赤い色のオーロラなら見ることが出来る人がいるそうです。

ユーザーID:0346165031
見れる所に住んでます。
ノーザンライツ
2017年11月4日 14:00

オーロラが見れる地域の一番くらいの南側の北米に住んでます。
自宅から見れる所に住んでいて、今まで何度も見ました。
と言っても テレビやプロの写真で見るカラフルなカーテンがそよぐ様なのは2度だけ。
緑色の筋がゆらゆらとするくらいはしょっちゅうです。

見える地域によるかも知れませんが、10年周期でピークがあると聞きます。
確か4年前(もしくは5年前)がピークだったと それ以降ガクンと減り、これからまた増える時期なのかなと思います。
ピークと聞いていた年は流石にしょっちゅうで、見た中の一番派手なのがその年でした。
基本は北側の空に出ますが、ピークの年は真上も合せ広域のも見ました。

色々な条件が重なって出来るのですが、冷たい空気と暖かい空気が入り交じり、混ざりきらない時によく出るようです。
そのせいか、私の経験では真冬はあまりなく、夏の終わりが一番多く、夏の始まりとかの寒い時ですよ。 
ツアーで行かれると、防寒着は付いてると聞きましたが、見るために長時間外に居ると本当に底冷えすると思います。
中に着込む物は自分でもかなり用意された方が良いです。

一眼レフでの撮影はコツがいるようで、私のテクニックでは難しく、意外とスマホの方が簡単に撮れます。
風に揺られ、長い時間の時もあるけれど、結構あっと言う間に消えてしまう事が多いです。

ツアーで訪れる所はもっと頻度と質の高いのが見れる所、もっと寒い所でしょう。
日本からツァーで行って見れなかった人も聞いたことあります。

私はツアーとか旅費は語れません。
いつか見れると良いですね。

ユーザーID:4951196394
 
現在位置は
です