現在位置は
です

発言小町

新しいトピを作成
本文です

オランダの田舎暮らしがつらいです

カース
2017年11月3日 22:49

縁があったオランダ人男性と昨年末からオランダの田舎町で一緒に暮らすことになり、10ヶ月強がんばってきましたが、未だにこちらの文化を好きになることができず、便利で快適、何もかもがそろっていた東京の生活が懐かしく、ホームシックが重症化する毎日です。
4月からは現地採用で日本にいたときと同じ専門職につくこともでき、社会保障等は最低限そろえることはできましたが、いかんせんインフラの充実度が日本とは違いすぎて、小さなストレスが毎日大量に積み重なって精神が磨り減る毎日です。
周りには親切な人も多く、傍から見れば環境も大変恵まれているんだろうことは重々承知ですが、毎日最低1個以上は何かが故障している生活、食べ物のバラエティの違い、話としては知っていたのですが、実際にそういう中で暮らしてみると非常にストレスです。
何かいい気晴らしはないでしょうか。30代半ばで初めての海外暮らしとなり、脳内でシミュレーションしていたよりも大変でポジティブになるのが難しいです。小さなことに感謝したりもしていますが、1時間に1本しかない通勤電車が3日連続で朝キャンセルになったりするとけっこうへこんでしまいます。。。

ユーザーID:5394697393  


お気に入り登録数:94
  • 携帯に送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
古いレス順
レス数:28本

タイトル 投稿者 更新時間
レスします
くらら
2017年11月4日 11:56

そんなにつらいなら、帰国されたらよいのではないでしょうか。

ユーザーID:7561235456
贅沢は敵だ
田舎もん
2017年11月4日 14:02

>便利で快適、何もかもがそろっていた東京の生活が懐かしく、ホームシックが重症化する毎日です。

東京と比べるから不満ばかりになるのですよ。
日本にだって、不便な田舎はたくさんたくさんあります。そのオランダの田舎町に負けないくらいのど田舎というより山奥だってたくさんあります。そういうところにだって人は住んでいるのですよ。

住めば都、郷に入れば郷に従え。

ユーザーID:6733052518
自分の足を
もも
2017年11月4日 15:59

初海外生活でヨーロッパの田舎は辛いですね。
わかっていると思いますが、東京と比べたらダメですよ。
多分、都市部に行っても、東京と比べたら何にもなくてつまらないです。
和食材は多少手に入っても高いしね。

家のあちこちが故障していたり、
修理を依頼しても時間に来なかったり、
来ても結局直らなかったり、
インフラもあっても、郵便がちゃんと届かないとか、
ずっと自宅にいたのに、不在票入ってる謎とか、
都市でも同じですよ。

でも、凹むのわかりますよ。
10ヶ月目だと今一番辛いかも。
もう少し頑張ると、楽しくなってくるかも。

まずは、できるところから快適にしていきましょう。
インフラは自分で変えられないのだから、自分で手に入れましょう。
免許を取り、車を買いましょう。
自分の意思で好きな時に好きなところへ行ける手段が手に入ると、
すごくいいですよ。気持ちが上向きますよ。

食は、手に入るもので工夫してみましょう。
和食材が手に入らないところで作るレシピは、ネットを探せばいくらでもあります。
みなさん、いろんな努力、工夫をなさっています。

月1回ぐらい、和食材や中華食材を買い出しに、
遊びに行きがてら、アムステルダムへ行ってもいいのでは?
それも自分の車があれば可能です。

それと、冬は寒くて暗いので、日本に一時帰国するか、
せめて短い間だけでも、スペイン南部や離島部など、
太陽の降り注ぐ気候の良いところで骨休めしましょう。

でも、どうしてもだめだとおもったら、
無理をせずに、ちょっとでも休みをもらって、
日本に帰るといいですよ。気分転換になります。
頑張らなくていいんですよ。慣れないのが当たり前なんですから。

ユーザーID:5844710406
車はありますか?
60代
2017年11月4日 17:47

田舎暮らしなら(日本でも海外でも)車がないと辛いです。まず車を確保。免許がないならできるだけ早く取得してください。自由に動けるようになると気分的に違います。また、オランダはヨーロッパの中心部に位置する国。近隣のヨーロッパ諸国に簡単に行けちゃいます。オランダやフランダースの絵画が好きな私には羨ましいです。とはいえ、私も若い頃、北欧の田舎に結婚のため住み、鬱状態になったこともあります。当時はまだインターネットなどない時代でしたから、ホームシックになるとそれはひどかったです。航空運賃も今よりずっと高かったし。結局、大きな街に仕事をみつけて転居しました。これから試行錯誤されることと思いますが、まだお若いので、無限の可能性があることをお忘れなく。日本と違って職場での男女平等は行き渡っているでしょうし、家屋などの生活水準も高いのではありませんか?私は30代で北欧に来て、もうすぐ退職を迎えますが、日本と異なり年金の問題もなく、持ち家の価格も少しずつ上がって資産形成もできました。子供を持ちながらキャリアを続けるのは、日本だったら難しかっただろうと思います。日本は大好きですが、総合的に考えて自分の場合は海外に出てよかったです。

ユーザーID:6872705165
待ちの姿勢では解決不能、攻めの姿勢に転じよ
自分でバンバン
2017年11月5日 9:43

>毎日最低1個以上は何かが故障している生活、

大袈裟ですね。
今日は洗濯機が故障、直ったら次の日はテレビが、それが直ったら次の日は車が、その次の日はエアコンが、その次は水道がと毎日故障の連続でしょうか?そんな世界は先進国には無いと思いますけどね。

何かの故障を修理せず放置してあれば、毎日それが1個故障してるわけだけど(笑)。そういうことなら日本でも時々あるよ!

>食べ物のバラエティの違い、

自分でバラエティのある料理を作ればいいじゃない。食材は、電車で出かけた先で手に入るでしょ。

>1時間に1本しかない通勤電車が3日連続で朝キャンセルになったりする

予告なしの当日キャンセルですか?
そんなことが毎週?毎月?おきるの?はたまた年に1回くらい?
もしかして、不可抗力の故障とか事故で、そこの住人にとっても初めてのことではないのかな?

なんか難癖をつけているようにしか見えませんけど!!

ユーザーID:2640081276
オランダは移民にとって住みやすいと思います。
びっくり
2017年11月5日 21:07

まず移民に対して差別意識があまり無いです。英語が町のハンバーガー屋でも通じる位英語が話せる人が多いです。国が小さいので田舎町でもすぐにそこそこ便利な大きい街に行けます。
インドシナ系の人が多く住むので、割と日本人の口にあう食べ物がスーパーで売ってます。魚を食べます。
ドラッグが合法とか問題もありますが、一般的におそらくヨーロッパの中で一番移民にとって暮らしやすい国です。
それでも我慢がならないのなら、子供さんが生まれない間に別れて日本に戻ったら良いと思います。
私は東欧の旧社会主義国に国際結婚で住んでいて子供を育ててます。夫の仕事で3年暮らしたオランダが忘れられません。夫も転職活動をしていて、オランダに引っ越そうと今頑張ってます。私からしたらうらやましいです。

ユーザーID:2770202651
すでにレスにも出てますが、車ですよ。
やっぱり車。
2017年11月5日 21:20

トピ文を拝見して、私も60代さんと同じことを思いました。
東京暮らしが長いと、車の便利さを忘れてしまうのです。

私も東京で20年社会人をした後欧州に来ましたが、大都市の郊外に住んでいても車は必須です。

私はもともと車の運転が好きなほうではないのですが、一度こっちで運転を覚えると、
ラウンドアバウト(英での言い方)や高速が無料など、日本よりずっと運転しやすいことが分かり、
今では東京の生活を恋しいとは思わなくなりました。

免許を持っていないようでしたら、ぜひ取ってください。
自分の専用の車がないようでしたら、中古でもいいので入手する努力をしてみてください。
欧州での生活は車とともに始まる、と言っても過言ではないと思います。

ユーザーID:0428994480
海外に住んでみないとわからない
海外の田舎から
2017年11月6日 16:22

電車が3日連続キャンセルとは運が無い、でもありえる話です(笑)先進国でも。

何かが常に壊れている、これも残念ながら想像にかたくありません(笑)

利便性が一番大事なら日本から、特に大都市圏から出てはいけなかったんです。

トピ文は、海外暮らし(食事や言葉、文化等)と田舎暮らしの問題点がごっちゃになっています。

まず何が一番ストレスなのかを考えてみて、それがオランダ暮らしではなく、田舎暮らしにあるなら、もう少し都会に移ることもご主人と話し合われては?

食事は都会に行けば選択肢は増えますが、それでも高くて味もそこそこになるだけです。田舎には田舎の良さがあり、そこを認め、楽しめないと田舎で暮らしていくのはきついと思います。田舎ならではの気晴らしには、ガーデニングとかウォーキングとか、サイクリング、ドライブ、たくさんあると思いますが、多分こういった事が主さんには気晴らしにはならないのではないでしょうか?

文化を好きになれないのであればオランダで暮らしていくのは難しいと思います。ご主人の仕事は日本ではできないことですか? そこも含めてご主人と話し合った方がいいように思います。

これからどんどん暗く寒くなって、それでなくても気分が滅入りがちになります。

主さんのようなケースは、そもそも文化に興味があり、ちょっと来てみたつもりが気が付いたら10年以上が過ぎてた私のようなタイプとは根本的に違います。合う合わないは誰にでもありますから、何が合うのか合わないのかを自覚することが大事なのだと思います。

ユーザーID:1424746980
わかります!
クリ
2017年11月6日 19:17

ドイツに住んでいます。わかります、カースさんの気持ち。ドイツにきて生まれて初めて洗濯機が壊れるのを体験しました。日本の家電製品とか、10年使っても壊れないですよね。インターネットも家のWifiが壊れたら1か月直らないし。電車、バスだっていきなり間引き運転とかざらにありますよね。日本は物は壊れない、サービスがする来る、電車は5分も遅れない素晴らしい国ですが、その分、働いている人がすごい残業したり、休みも取れないんだなと思います。夕方も真っ暗で辛い時期ですが、もう少ししたらクリスマスムードで町なかも華やいできます。ご主人と寒くてもお出かけして気晴らししてみてください。あと、食べたいものを食べましょう。ちょっと高くても気分が変わります。

ユーザーID:1817996990
がんばって!
M
2017年11月6日 20:00

当方、オランダ在住25年近くになります。
住んだところがロッテルダムなので
オランダの片田舎と違って住みやすいのですが、
私がこちらに着た頃は日曜日、月曜の午前中は商店も開いておらず
東京人にとって不便で、寂しく、わびしく、悲しい感じがしました。

オランダ語は話せますか?
あまり話せないようだったら、是非オランダ語の習得を。

自動車免許を持ていれば、こちらでオランダの免許証に書き換えできます。
教習所というものはありませんが、「L」のマークを付けた車を見たことがありませんか?それは教習車です。
右側通行なので、私も12時間ほど教習車に乗りました。
是非車をお持ちになることをお勧めします。

住めば都。
東京の暮らしと違うところを
「えー、不便すぎー!」とひとくくりにせず、
長い旅に出た、という気持ちで頑張ってみてください。

私も不平不満だらけの日々でしたが、
いつの間にか25年ちかく住んでいますよ。

頑張ってね!

ユーザーID:6603492509
最初は辛いです
アムゼル
2017年11月6日 23:01

こんにちは!ドイツ在住10年を過ぎたアムゼルと申します。
私も30歳半ばで初めての海外暮らしとなり、かなり辛かったです。
引っ越して10か月ですと、まだまだ辛い時期ですよね。
3年過ぎると、諦めて楽になるのですが。
気晴らしで一番いいのは、日本人の知り合いをつくって日本語で
話すことですが、オランダの田舎だと日本人は近くに住んでいない
のでしょうか…。ドイツだと田舎でも意外と日本人が住んでたりします。
人口7700人の田舎に住んでますが、私以外に日本人住んでいてびっくりです。
絶対私一人しか日本人住んでないと思っていたんですよね。

ドイツのデュッセルドルフには、日系のレストランや美容室なとが
沢山あるので、気晴らしに行ってみるのもいいですよ。
食べ物もバラエティ少ないですが、これだけの食材で日本食が
作れるのか?とチャレンジしてみるのも楽しいですよ。
最初は大変ですが、まぁ何とかなります。

電車が遅れたりキャンセルされたりすると、本当にムカつきますよね。
特に仕事へ行く時だと、どうするんじゃ!と更に腹が立つ。
私の場合は20分に1本だったので20分後は電車来るのですが
次は本当に来るのか?と心配がつきなかったです。
電車は当てにならないから、自転車か車ですよね。オランダは平坦なので
自転車いいですよー。健康にもいいし。でも雨の時は辛いですけど。

あとは…日本人作家の小説を読むとかどうですか?
動画サイトでお笑い番組をみて笑うのも悪くないです。

今はとっても辛いと思いますが、数年頑張れば大丈夫です。
コンビニも無いし、買いたい物が見つからなくて不便ですが、
コンビニ無くても日祝お店が閉まっていても死にはしません。
日本と比べても仕方ないです。オランダはオランダ。日本は日本。
オランダの良いところに目を向けましょう。

ユーザーID:7287330012
車、旅行、将来計画
私も田舎暮らし
2017年11月6日 23:25

私も欧州の田舎暮らしです。お気持ち分かりますよ!

ちなみに、鉄道が当日どころか出発時刻間際にキャンセルなんてこともありますよね。うちの最寄駅でもしょっちゅうですよ。何も知らないくせに疑ってレスしている人がいますが。

まず、車を運転しましょう。田舎なら一人一台は欲しいところです。
費用はかかりますが、これで自分の足は確保できます。

オランダなら、国境を越えて隣国に行くのも難しくないですよね。せっかくだから、ヨーロッパの諸都市を自分の活動エリアにしてしまってはどうですか。

あと、数日の休みがとれたら、旅行しましょう。
例えばロンドンなら飛行機でもすぐですよね。
日本食とか、日本関連のものがいろいろあり、観光もしやすいので気晴らしになりますよ。

そして、将来的にもずっとそこに住むのかどうか。
そもそも彼の方はどうなんですか?
そこは彼の故郷とか、彼の仕事がそこしかないとか、そういう関係ですか?
お互いのキャリアプラン含めて将来計画を一緒にたてて、ゆくゆくは都市部に移るというビジョンがあれば、田舎暮らしも期限付きで楽しめるかも。

私も東京出身で、欧州のいくつかの大都市に住んだ後、今の所に家を買って家族で暮らしています。
人より牛や羊が多いような村で、最寄の都市へ行くにも、田舎道を時速100キロで飛ばして1時間かかるようなところです。

在宅仕事なので通勤の問題はないですが、2ヶ月に1度は都会に出て用事をすませたり、買物したり、美容院にいったりしています。そういうペースが出来ると、こういう生活も悪くないと思えるようになりますよ。
今はインターネットもあるし宅配サービスも利用できるし、物質的に不便はないですね。

逆に、人混みに出るとなんだか疲れるし、自然に囲まれた我が家が一番落ち着きます。

ああそれと、モノは故障するもの!と開き直っちゃえばイライラも減りますよ。

ユーザーID:6979208814
今が1番つらいと思います
レノア
2017年11月6日 23:37

オランダではありませんが、ヨーロッパの田舎に住んでいますので、
トピ主さんのお気持ちはよくわかります。
田舎は、東京どころか日本のどこと比べてもダメだと思います。
欲しい日本食材はなかなか手に入らない、
電化製品はすぐ壊れるし、修理が必要な場合も修理人が数日間来ないなんて
当たり前、ようやく来ても当日直るとは限らず、部品が足りないので
そこからお取り寄せで数週間待たされたり…。
壊れてもすぐに直してもらえず待ち状態なので、ほぼ常に何か調子が悪いままです。
大袈裟ではなく、現地の人に聞いてもこんな事ザラにあるそうです。先進国なのに。

でも正直慣れます。
1年目はつらいですが、年を経るごとに慣れます。
日本のなんでもサクサクと物事が進む国の感覚のままだとつらいですが、
その国その国の感覚に慣れれば大丈夫ですよ。

ユーザーID:5965357320
主様は真面目だなぁ〜
欧州某国郊外より
2017年11月7日 3:16

私も運転に自信が無かった頃、電車通勤をしていたので似たような事を何度も経験しました

>1時間に1本しかない通勤電車が3日連続で朝キャンセル
朝なら仕方がないと諦めて、ゆっくり(+でも出来るだけ急いで来た振りをして)出勤すれば良いんですよ
電車のキャンセルは、主様の所為ではないんですから…

私なんて電車がキャンセルになったら、職場に連絡入れて、珈琲買って無料の新聞貰って準備が整ったら、あわてず騒がすゆっくりと振替バスの列に並んでました
焦ってもゆっくりでも到着時間に大差はないですし、電車キャンセルの時点で遅刻決定ですから…
バスに乗ったら珈琲を飲みながら、ゆるりと出勤です

現地の人なら大抵、電車事情を知っているから、それで責めたりしないでしょ?

私が焦ったのは帰りの方でしたね
子供のお迎え等があったので…
帰りの方が問題で私は車通勤に切り替えましたが、それでも事故渋滞等、不測の事態は起こりますよ〜

私は日本にいた頃は「〜あるべき」と考える癖があり、欧州に来たばかりの頃は、その思考癖で自分で自分を苦しめていた時期がありましたが、まぁいいか〜なるようになるさと思えるようになったら、欧州や他の国での生活が精神的に楽になりました
実際の不便さは全く変わらないのですが…

在外20年選手の私は不測の事態で〜キャンセルと言われたら、内心ほくそ笑む位、図々しくなりました
一応、表面上「えぇ〜困る」とか言うポーズはしますけどね…

ユーザーID:7561895015
日本以外はどこでも一緒
x
2017年11月7日 15:34

私も先進国と言われる国に住んでいます。
かれこれ25年程。今でもイライラしたり、憤慨したり、残念に思ったり・・・なんてこと日常的にありますよ。

でもね、主さんが書いておられるような利便性、実際日本以外のどこに存在するのでしょうか?
私は、他の国には住んだことはありませんが、あちこちに行ったことがあります。親類縁者も住んでいます。

でも、誰もが口をそろえて言いますよ。日本が一番便利だし、食べ物が豊富でおいしい。言い出したらキリがないですよ。
電車やバスが時間通りにやってくる、なんて日本ぐらいでしょう。
私の在住国では、テレビ番組だって時間通りには始まりませんよ(苦笑)

もうね、この不便さは日本で生まれ育った私たちにしか、実感としては分からないんですよ。こちらの人にしてみれば、この不便な生活が当たり前ですから。

一つ良いことは、その不便さはオランダの田舎だからじゃないんです。世界中、どこへ行っても、日本みたいに便利な国は存在しません(断言)

ユーザーID:9683527917
レスありがとうございます・・・!
カース(トピ主)
2017年11月7日 19:26

近隣諸国で暮らしてらっしゃる方のレス、じんわり心にしみました、
わざわざレスを書いてくださりありがとうございます、感謝です。

すんでいる市、とはいえ、村みたいな規模のところではまだ日本人を見たことがありません。。。会社にもアジア人はわたしだけで、通勤途中でも「あーこの人日本人かしら」と思うような人を見かけることも今までないような状態で、日本の数少ない友人とのラインだけが日本語コミュニケーションでしたので、すごくうれしいです。。

>車!
そうですね、そう思います、やはり足は必要ですね。右側走るのと、高速道路の頻繁なレーン変更に慣れればきっとだいぶ生活に自信もつくのかなと思います。

>田舎の良さ
そうですねぇ、、、田舎に住むこと自体が人生で初めてなので、そのうちよさがわかるかもしれません・・・
毎日会う白鳥がわたしのことを覚えているのか、通ると運河からあがって出てきてくれる(というか威嚇してくるのかな)のはけっこううれしい気もします。

>年数を経るとだいぶなれてくる
これはけっこう勇気付けられました!!!何名かこう書いておられますよね、これは本当に勇気が出る言葉でした!きっとなれて、いろいろなインシデントに対しての余裕が出てくるのでしょうね。あー、これは、もうちょい居てみて、「なれたな」の境地になってから完全帰国を考えてもいいのかなーとちょっと思いました。

>将来のことを考える
そうですね、まずはオランダの生活がどんなものかわからないとなーということで、ここの生活を知ってから考えようという感じです。ちょっとずつ暮らしを整備して、いろいろとなれて、余裕が出たらまた次のプランを考えるということにしようかなーと思いました。

レス下さった方、本当にありがとうございました。

ユーザーID:5394697393
ブログのネタにするのは?
ひろひろ
2017年11月7日 23:38

ブログか、てきとうな日本のSNSかを始め、
「今日はこんな事件が!! 」みたいに記事にしていけば
日常のトラブルもネタとして役に立つので多少は楽しくなるのではないでしょうか。
いちおう、「きれいな景色」「この国ならではごちそう」などのプラスにネタも織り交ぜていき、記事にするためのネタを探していくと、案外と気づかなかった「いいところ」にも気づけるかもしれません。

ユーザーID:1697132364
日本ってすごいよね
さくら
2017年11月8日 16:13

先日某国から日本に帰国しましたが本当に日本ってすごいですよね。

インフラはまず止まらない。最近は災害で止まってしまう事もありますが復旧も比較的はやいですよね。
スーパーに行けば同じクオリティのものがいつでも手に入る。

私がいた国では停電、断水はしょっちゅう、突然道路が封鎖、機械は壊れやすい。この前スーパーにあったものが今日はない、牛乳を買ったらすでに酸っぱい、食品の異物混入などなど日本で起こると大問題になるようなことばかりでした。

最初はビックリするわ、なんて不便なんだと日本の状況が当たり前という物差しで見ていましたがある日気づきました。
日本が特別だと。不便だけどその国の人にとってはそれが当たり前、みんないつもの事ととてもおおらかです。
日本に戻った今、こんな事でニュースになっちゃうのかと便利な反面そのクオリティを維持するのは大変だなぁとか
頑張りすぎてちょっと窮屈だなぁとも思っています。

今はホームシックや慣れない生活でついつい日本と比べがちですが仕方ないと身をまかせるしかないですよね。
日本を求めるなら一時帰国した時にごっそり食料を買い込んで和食をつくるとかおやつを食べるとか。
あとは日本のテレビを見るとか(サテライトとか契約できますか?)ですかね。
私は年に一度帰国した時は食料、ゲームソフトをがっつり買って帰っていました。

あまり思い詰めないようにね。

ユーザーID:7103467237
慣れるもんだって!
私も海外の田舎者
2017年11月8日 22:35

私も欧州の郊外地に住んでて電車通勤してます。

東京からこちらに来たばかりの頃はビックリし過ぎてで毎日疲れました。
電車がキャンセルって何?
毎日起こるのは何故??
先進国ってなんだ??の連続でしたから…

家電が壊れて技術者呼んでも治るまでは数週間かかって、2回壊れたら買った方が安いかな??でもまた壊れるのかな??と思い悩みます。
冷蔵庫の次は洗濯機、そして食洗機、冷凍庫と順繰りですからねぇ…

冬に暖房が壊れた時には参った!そういう時に限って週末だから会社も学校も休みだし、図書館や店舗も当然閉まっているんだな、これが。
お風呂に浸かっているうちにどんどんお湯が冷めていくし、布団から出した手は冷たくなるし…部品が届くまでの4日間、スキーウェア着込んだ家族全員が暖炉の前で「あっち向いてホイッ!」して、早寝遅起きに徹していました。

でも、安心してください。慣れますから!!

不便さが当たり前になると、日本に帰って逆にびっくりの連続です。
分間隔で走る新幹線、遅れた電車には遅延証明、24時間開いているコンビニ、お辞儀をするデパートの店員…見慣れない光景になってしまいましたから。
最近では、東京から不便な田舎に帰ってくるとホッとするようになってしまいました。
東京では気軽の買ったり外食で済ませていた揚げ物だって作るようになったし、
現地で手に入る食材で和食もどきを作っては自己満足してます。

カースさんも頑張ってね!
毎日白鳥に挨拶(威嚇?)されるなんて、東京じゃありえない貴重な経験ですもん!私はキツネに無視されてますけど…

ユーザーID:6387729068
ブログ!
カース(トピ主)
2017年11月9日 0:38

レスありがとうございます、
ブログやってみようかな、、、!!!と思いました。ご提案ありがとうございます。
明るい感じで「やれやれ・・・」な出来事を書いてみたら、意外とすんなり消化できるかもしれないですね。

ユーザーID:5394697393
 
現在位置は
です