現在位置は
です

発言小町

新しいトピを作成
本文です

子供を4ヶ国語で育てるには

ルビナス
2017年11月5日 3:23

国際結婚をし、アメリカに住んでいるルビナスと申します。子供(現在4ヶ月)言語取得について相談させてください。

主人は中国系アメリカ人。幼い頃中国にいたため、中国語も出来ますが、英語が主言語で、子供には英語のみを使っています。
私は韓国系日本人で、韓国語も出来ますが、日本生まれで韓国語はほとんど使う機会がなく、子供には日本語を使っています。
夫婦の会話は英語です。

このままいけば、日本語と英語は問題なく使えるようになると思います。日本語と英語までと行かなくても、子供が中国語と韓国語もある程度喋れるようにするには、どのような環境を作る必要があるのでしょうか?
よく3か国語、4ヶ国語堪能という子供を見ますが、どのようにしたらそうなるのかさっぱりわかりません。
もし似たような境遇で子供を育てられた方、アドバイスを頂けますと感謝いたします。

ユーザーID:4465324995  


お気に入り登録数:80
  • 携帯に送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
古いレス順
レス数:28本

タイトル 投稿者 更新時間
私じゃないですが・・・
在米22年目
2017年11月5日 12:10

子供のお友達で、親がハーフだったりxx系アメリカ人って子が多いです。

仲良しのお友達はお父さんが香港系アメリカ人でお母さんは日本人。
お父さんは英語、お母さんは日本語で接してます。学校は広東語/英語のバイリンガル校(この辺りにはたくさんあります。公立です)。近所に住むおばあちゃんは広東語しか話せないのですが、よく一緒にいるのでその時は広東語で会話。補習校や、夏の日本への長期里帰り&体験入学で日本語は保っています。

大抵は同じような感じで、それぞれの親が1言語ずつ+学校で1言語、4ヶ国語の場合はもうひとつ補習校のような週末の学校に通わせてますね。
その言語を喋るナニーを雇ってる人もいます。両親が働いている場合は住み込みのオーペアとかも。これらは小さな子がいる場合には良いんじゃないでしょうか。

トピ主さんのところは、ご主人のご両親は近くにいますか?もし近所ならベビーシッターを頼んだりしてみては?中国語で話してもらいましょう。

韓国語は、プレイグループでも探してみては?
トピ主さんも話せるなら、その場所では韓国語限定で話す。大きくなったら学校に行かせればいいんじゃないでしょうか。

でも、多分語学に時間がかけられるのは小学校低学年くらいまででしょう。
その後は他のことで色々忙しくなりますからね。

でもまた高校や大学で再開できるかもしれないし、あまり焦らずゆったりやるのがいいと思いますよ。

ユーザーID:3837417649
無茶苦茶な話なのでは
どんぐり
2017年11月5日 12:36

自分の子供でなくても、幼い子供に対して何故? そんな無茶振り
を為さるのでしょうかね。

仮に4ヶ国語ができたらからと言って、何が得られるのでしょう。
またチャレンジしたけれど満足に出来なかった場合には、その空虚
な時間はどうなるのでしょう。

トピ主さんが自ら白状しているではありませんか? 自らが実行し
なかった、出来なかったことを、何故子供に求めるのか不思議です。

人生は、選択の連続です。多くを望んでも与えられた時間は限られ
ています。如何に選択して前に進むかが大切なのではありませんか。
“二兎を追う物一兎をも捕えず”と言う言葉もあります。

勿論、どう選択するかはトピ主さんの権利でもありますが、子供さん
の権利でもあります。

ユーザーID:0100114026
スイスの教育法を研究してみては?
エル
2017年11月5日 14:40

スイスのような多言語地域の教育について書かれた本があるのではないかと思います。まずはそういう本を読み、多言語地帯で育った方にお話をうかがってはいかがでしょう? ほとんどの人がモノリンガルな日本人に質問してもあまり意味はないかも。

ユーザーID:6803384212
ひとり1言語
ビビ
2017年11月5日 14:59

ご主人:英語
トピ主さん:日本語
中国人:中国語
韓国人:韓国語

親戚でも隣人でも友人でもいいですが、ネイティブの方がその言語だけで話し掛けて下さい。
ひとり1言語です。
トピ主さんも英語で話し掛けると子供が混乱しますよ。

ユーザーID:7677375366
役に立たないレスで恐縮ですが
無い袖は振れぬ
2017年11月5日 15:38

>よく3か国語、4ヶ国語堪能という子供を見ますが、どのようにしたらそうなるのかさっぱりわかりません。

言語に関して天才的な才能があるのでしょう。わざわざ教えなくても、その環境に置いただけで、天才は複数の言語を身につけられる。

それに反して、凡才は、どんなに教育しても二つの言語すらマスターはできません。
私の子供達は、滞米の数年間、現地校で教育を受けさせましたが、帰国して数年で普通の滞米経験なしの人たちと同じに近いレベルになってしまいました。言語に関して凡才だった証拠です。
しかし、進んだ分野(理系)においてはかなりなみんなそれなりの才能を発揮してます。

つまり、人それぞれ、脳には力の限度があり、向いている分野が異なるということです。
親が、ムリに詰め込もうとしても、向いていないモノは入りません。

才能は遺伝します。
トピ主さんが、4か国語を自由に操れるなら、子供さんも自然にそうなることでしょう。
焦らずに、気楽に見ていればいいですよ。なるようにしかなりませんので。

ユーザーID:3596421843
3か国語目よりも専門分野
かっぱ
2017年11月5日 16:38

ヨーロッパ在住で
子供達の母語は現地語で、
一人親の私が日本語(方言)を話しているという環境ですが、
子供達は英語のほうが得意になってしまいました。
日本語は私の方言と相性が良くないようなのであきらめました。
3か国語目よりも専門分野の勉強をしてもらいたいと思っています。
3か国語、4か国語が話せても、すべて日常会話程度なら無意味だと思います。
英語が母語だと2か国語目も難しいかもしれませんね。
こうやってヨーロッパ人が子供でも英語を話せたりしますから。
うちの子供達は動画サイトで英語を習得しました。
(そのつもりはなく単に現地語の動画が面白くないので)
ですので動画を見て韓国語と中国語に「慣れさせる」のはいかがですか。
私は英語と日本語をしっかり勉強することのほうが大事だと思います。

ユーザーID:2234543617
二か国語でも大変
海外在住国際結婚
2017年11月5日 18:03

海外生まれの子供に日本語を教えるのは大変です。現地語の集団に入れたら、親が日本語で話しかけても、子供の返事は英語になってしまう子供がほとんどです。日本語でセンテンスで話せるようになる前に保育園に入れたらまず無理です。

「バイリンガル教育の方法 12歳までに親と教師ができること」という本を読んでみてください。日本語と英語は自然に身に付くという認識自体が、間違っていることがわかります。

ユーザーID:1070556007
アメリカ永住者です。
タマラ
2017年11月5日 18:11

アメリカで20年間、補習校の国語教師をしています。

「このままいけば、日本語と英語は問題なく使えるようになると思います。」とお考えのようですが、本人の適正と日々の学習、何よりも母親の努力が鍵だと思います。母親が日本人で、家庭では日本語が問題なく話せるお子さんも、小学校3年生くらいになると国語学習が困難になってきます。

それどころか、学校に通うようになると、母親が日本語で話しかけても返事は英語、というケースは珍しくありません。日本語の会話が家庭で維持できないと、補習校で教科書に沿って学習することは到底無理です。

また、学習能力の高い子供でも、母親が日本語学習をよほどきっちりさせないと、「小学生低学年レベルで話せるだけ」の大人になるでしょう。

父親がフランス人で、平日はフランス系の学校に通う子供もいます。英語とフランス語は近い言語であり、何より住んでいる国が英語圏で学校がフランス語環境という好条件が揃っているおかげで、英仏は問題なく習得しているようです。でも、日本語まで手が回らない子供はたくさんいます。

父親が中国人という子供もいますが、大人になって使えるレベルの中国語を維持している子供には会ったことがありません。アメリカの現地校に通っているので、中国語を習得する機会が父親との会話に限られてしまうからでしょう。

お子さんの学習能力を見極め、将来どんなレベルで英語以外の言語を身につけさせるのか、ターゲットを明確にするべきだと思います。幼少期から複数の言語環境で育つことはアドバンテージだと思いますが、学齢期に主要学習言語(英語)がしっかり習得できていないとどうにもなりません。

現地校の成績が優秀な子供は、大抵、補習校でも優秀です。そして、第3言語、第4言語も立派に習得していくようです。

ユーザーID:4444724417
必要性が必要
もも
2017年11月5日 18:35

私が知っている例をあげてみますね。

1 父;トルコ人、母;日本人、父母は子供とそれぞれの母語で会話、夫婦間は英語のみ、現地学校はドイツ語。

2 父;中国系日本人、母;日本人、父は中日混ぜて、母は日本語で子供と会話、夫婦間は主に日本語、現地学校は中国語と英語のバイリンガル。

3 母;ポルトガル人、父;スイス(独語圏)人、父母はそれぞれの母語で子供と会話、夫婦間は英語とドイツ語を混合で、現地学校はフランス語メイン。

4 父;ドイツ人、母;スペイン人、父母はそれぞれの母語で子供と会話、夫婦間はスペイン語、現地学校は中国語と英語のバイリンガル。

例からもわかるように、子供にとって生きていく、あるいは勉強するのに必要出ないと、言語は簡単には身につかないし、習得のモチベーションも維持するのが難しいです。

トピ主さんご一家のケースなら、私なら、もし可能なら幼稚園だけ日英バイリンガル園に通わせます。日本語は小学校以降、家庭学習か習い事で維持。

子供は言語以外にも、学ばなければならないことがたくさんあります。例にあげたようなやむを得ない事情でない限り、2言語環境でもう充分。中韓に関しては、自分のルーツに常に触れる機会を意識的にもうけて、あとは、本人が高校生大学生になって学びたいと思えば、どうにでもなると思います。

多言語環境は、向き不向きがあります。複雑なほど、言語の習得は遅れるので、長い時間かけてじっくり周囲は待たなければなりません。どうしても必要でないなら、無理に増やす必要はないと思います。

ユーザーID:9643853874
言語は親の努力
くまこ
2017年11月6日 6:45

まず、アメリカに住んでいるなら英語での会話は外でマスターできるのでご主人には家の中で中国語を話してもらいましょう。あなたも、ご主人との会話は中国語で、子供への語りかけは日本語を徹底してください。
学校のない日は、韓国人のコミュニティへ行き、韓国のお友達を作り、その際は、あなたも徹底して韓国語を話します。
一番いけないのは、混ぜて使う事です。この状況ではこの言語のみ、を徹底させる。間違った場面で間違った言語を使った場合は、叱るか無視をします。絶対に対応してはいけません。
親がそう振る舞えば、子供も付いて来ます。
ただし、言語に時間を費やすと、学校の勉強が遅れ気味になりますので、家でのフォローが肝心です。
言語の習得はいかに親がそういう環境を作ってあげるか否かです。
祖父母に一緒に住んでもらって、おじいちゃんには中国語、おばあちゃんには韓国語でお話をするというふうにするとなお良いと思います。

ユーザーID:3957041355
堪能といっても、
かぴ
2017年11月6日 14:46

a大学入学レベル
b高校入学レベル
c中学入学レベル
d小学入学レベル
とすると、

四言語をaレベルで操れる方はまだ見たことがありません。
acccくらいの方は結構周りにいますね。
小学生レベルの日常会話が出来る程度でも、
人によっては「堪能」と言うし、そう解釈する人がいます。

我が家はaacの三言語です。
赤ちゃんの頃から母語と二言語をちょうど半分になるように生活させました。
徐々に住んでいる地域の言葉が強くなっていくので、
比較して弱い言語を自宅で補強しました。

第三は小学校三年生から学校で学習しました。

語学能力は日常会話から上は記憶力に依存します。
幼稚園くらいで記憶力の資質を見極められると思いますので、観察して方針を決めるのが良いと思います。

ユーザーID:8651079039
主様は、自分がなぜ韓国語を殆ど使わないのか考えてみましたか?
家族で3か国語使用中
2017年11月6日 17:42

>主人は…中国語も出来ますが、英語が主言語で、子供には英語のみ
>私は…韓国語も出来ますが、日本生まれで韓国語はほとんど使う機会がなく、子供には日本語

主様ご夫婦は、なぜ、お子様に対して中国・韓国語を使わないのですか?
ご自分の中に答えはあると思いますが、それについて考えてみた事はありますか?

>日本語と英語は問題なく使えるようになると思います
他の方も仰る通り、この環境だからほっておいてもバイリンガルになるとは限りません

我が家も国際結婚、夫母国留学中に出会い、家族の会話は主に夫母語、夫の仕事の都合で第3国在住中です
子供達はこの国で生まれ就学した為、教育言語は現地語、家で生活言語として夫母語・日本語を使っていますが…日常会話レベルに到達するのも容易ではなく、言語を習わせ、毎年のように帰国・体験入学・現地の人と交流等、努力をしてきた結果です
ただ小学校高学年頃から外国語の授業が始まりますが、家の子が初心者と一緒に勉強しても意味が無いと言われ、夫母語や日本語ではない他言語を選択しました
言語能力が高い子は、中学校で更にもう1言語履修と言われ…子供達は学校で夫母語・日本語以外の外国語を2つ習っていますが、その他の教科もレベルが上がり宿題も増え、全言語を平等にやろうとしたら1日24時間では足りないです
日本で進学しないであろう我が子には夫母語や外国語2つの方が大切なので、今、日本語は程々にしています

ちなみに知人の子(国際児)は理数系の才能有で、1番得意な言語でも無口な方です
両親母語を話すように言い、話して間違えた所を指摘を繰り返していたら、寡黙になってしまいました
専門家の方々に「得意な理数関係の才能があるんだから、言語よりもそちらを伸ばしてあげた方が…」と言われ1言語に絞ったら色々な事が改善しました

主様のお子様にも向き不向きがあると思うので、ご注意ください

ユーザーID:3556011842
経験上・・・
ことばって面白い
2017年11月6日 20:51

4つの言語を操れるようになったら素晴らしいですし、お子さんの可能性を育てたいという気持ちはよく分かります。
でも、主さんの状況だと、2言語を等しく身につけるのも実際大変かもしれません。

子供が複数言語を自然に習得するのは、家庭の言語環境と社会(学校)の言語環境がしっかり確立している場合です。主さん自身もそうだったのではないでしょうか。家では両親・きょうだいが韓国語、学校など外の世界では日本語という状況だったから、両言語とも話せるようになったのだと思います。言葉というのは社会的行為ですから。

主さんちの場合、家の中も外の世界も英語環境ですよね。となると、母親のみの第一言葉をプラスするのでまずは精一杯かと。
しかもそれすら、子供の適性により、難なく受け付けてくれるとは限らないです。

英語圏にいるうちの場合、子供は学校にあがるまで私の日本語を主に育ちましたが(父親は英語話者)、学校(英語のみ)に上がる前後に言語が混乱して社会性に問題が生じ、親子ともども大変な思いをしました。幸い、学校側の親身な協力を得ることができ、数年たってようやく英語中心の生活で落ち着いてきたところです。本人が学校生活を楽しめるようになって、改めて日本語や他の外国語に興味を持ち出しています。

なので、主さんたちは最初から4言語と気負わず、まずは英語プラス日本語、機会があれば韓国語と中国語にも触れる機会を作ってあげて、言語間の違いの面白さを体験させるくらいにしておいた方がいいですよ。

4ヵ国語堪能になるには、
1 社会の公用語が2つある(A語、B語)ので、学校教育で身につく
2.家の中で両親が別の言語(C語)を話しているので、家庭生活で身につく、
3.さらに別の言語(D語)を近在の親族が話しており、頻繁に行き来し生活の一部になっているので身につく、
…というような状況があって初めて可能なことです。

ユーザーID:4566856849
バイリンガルでも難しい
アジア某国より
2017年11月6日 21:11

うちは駐在家庭で、家の中は日本語、子供の学校は幼少期からずっと
インターです。両言語を、読み書きまで年齢相応に持っていくのは、
なかなか努力を要します。

トリリンガル(それ以上)になれるのは、言語の「遠近」も関係すると
思います。子供の学校で、「英語のできる日本人(日本語ができて漢字が
書けることが前提)が、第二外国語の授業で中国語を選択すると、上達が
早い」と説明がありました。

トピ主さん宅では、日と英は努力して身につけるとして、日本語に語順が
似ている(すみません。詳しくないのですが)韓国語、そして英語の
語順と漢字の知識を持って中国語も身につく可能性があると思います。

ユーザーID:2015470927
4ヶ国語はなかなか難しいかも。。
在中小町
2017年11月6日 22:10

3ヵ国語まで話せる人なら結構いるように思います。国際学校に通う子どもの話ですが、韓国人だと母語(韓国語)+中国語(現地の言葉)+英語(学校での学習言語)。中国人でも、家庭で特別な方言(広東語や台湾語)を話す子たちも、 中国語の普通語と英語を合わせると、ある意味三ヵ国語を操っていると言えます。やはりそれぞれの言語を実際に使う場所がある、ということが重要だと思います。

小さい頃から耳に入れておくだけでも随分違うと思います。生活圏がアメリカであれば、学習言語は英語になると思いますので、トピ主さんは頑張れる限り日本語で。後はお子さんにとっての祖父母と接する機会がある時に、中国語や韓国語に触れさせておく、でしょうか。周囲に中国人や韓国人のコミュニティがあれば、中国語や韓国語で一緒に遊ばせるプレイグループなどもいいように思います。 聞き取れる耳さえ出来ていれば、大きくなってから発語しやすいと思います。

学校に上がってから第2言語を学べる機会があれば、そこで中国語を選択してみるとか。そういう選択肢が出来ればですが。小さい頃に触れる機会を持っていると、本人の興味も湧きやすいです。

4ヶ国語以上となると周囲ではなかなかいないように思っていますが、子どもの友人のベトナム出身の留学生が多国語を操れると聞きました。その中には日本語も含まれています。言語取得能力の優れた学生なのだと思いますが、ベトナム語自体発音が難しいので、他の言語を習得するハードルが低いのかもしれないと個人的に考えています。

ユーザーID:1518799205
一人知ってます
シルビア
2017年11月7日 7:48

娘の友達だったお嬢さんですが、マルチリンガルでした。アメリカ在住。

お父さんは日系台湾人で日本語は喋れないが、仕事柄英語、ポルトガル語、スペイン語、フランス語、中国語と台湾語が話せるので、時々お嬢さんに教えていた。

彼の両親(つまり父方祖父母)は生まれは日本人で育ちは台湾。日本語も話すが台湾語の方が得意、この祖父母が幼少時からお嬢さんを預かることが多く、日本語を教えていた。家族でブラジルに住んだこともあり、ポルトガル語も少し話せる。

お母さんはブラジル人だが、死去。再婚した継母が中国人。

お嬢さんは中学〜高校とフランス語を学校で勉強。

このお嬢さんがペラペラ喋れるのは英語、中国語、台湾語の3か国語で、フランス語もかなりマスターしている(フランス語のコンテストで州レベルで優勝歴あり)、ブラジル語はカタコト、日本語はほんの微々たる程度。

この娘さんのケースですが、家では主に中国語(マンダリン)で会話してたと思います。学校ではもちろん英語。父方祖父母と話すときは主に台湾語、時々日本語。ブラジルから親戚が来るときや、時々ブラジルの親戚を訪れるときはポルトガル語という感じで話してたようです。中国語は補習校に通っていました。

彼女のお父さんが数か国語話せるようになった理由は、成人するまでに一家が違う国を転々としていたことが大きかったらしいです。さらに、父親の兄弟などをみても、親譲りというか、地頭の良い一家みたいです。娘さん自身も飛び級で、勉強好きで優秀なお子さんでした。

一人が2か国語を教えるのはあまり上手くいかないと思います。それぞれの言語を話す人が一人必要です。

ユーザーID:7977839343
3か国語が家庭で飛び交っています
4か国語話者
2017年11月7日 8:25

米国在、夫ヨーロッパ人、私日本人、なので二人の子供達には最初から それぞれ母語で話しかけていました。毎年夫の国、私の国へ帰省し、日本では幼稚園〜小学校体験入学、夫の国では 英語が話せる兄弟もいますが、両親(子供にとっては祖父母)は全く英語ができません。なので会話は夫の母語を使用。夫の仕事も9−4時で6時には帰宅できる、面倒をよく見ていたので父親だからといって 母語を耳にする機会はほとんどなかった、という環境ではなかったです。
友人らが遊びに来ると我が家では3か国語が飛び交っているのが、ビックリするようでしたが、私たちには普通の事でした。
小さいうちは兄弟間では日本語でしたが、中高生の今では完全に英語です。週末は補習校へも通っていました。
現在は中国にいますので中国語日常会話はできるようになりました。

コツは1、それぞれの国のママ友などを作りその言語で遊べる環境を沢山つくる 2両親はそれぞれ根気強く母語のみで話しかける 3幼稚園や習い事などそれぞれの言語の環境での学びの場を作る 4可能であればある程度それぞれの国に住み祖父母などと関われる環境を作ると言葉の習得は早い

トピ主さんの場合ですと中国語、韓国語と日本語は似ている事もあり習得するのに難しくないです。プラス英語なので徹底すれば可能かと思います。
歌のCD,DVD,絵本、ドリルやゲーム、友達、親戚、沢山利用すれば良いでしょう。
中国語と英語は 日本語にはない音があるので3歳までにしっかり発音を自然に覚えていけばいいと思います。  

ユーザーID:2577280883
12歳までが勝負
3か国語取得子供の母
2017年11月7日 17:33

日欧結婚で欧州在、駐在でインター経験ありの家庭です。子供は3か国語を母国語として使えます。現地語、英語、そして日本語です。外国語としてはその他に2か国語、欧州語を勉強しています。
この日本語を身に付けさせるのに非常に苦労しました。現地では毎週日本語補習校に通い、生まれた年から高校生まで毎年2か月日本に滞在しています。子どもは語学が好き、読書が好き、それでやっと日本語まで自分のものにできました。読み書きOKです。

トビ主さん夫妻はそれぞれの母国語ができるとおっしゃいますが、どの程度で「できる」と判断されているのか?日常会話だけで「できる」というのであればそれ程難しくはない。でも仕事には使えませんし、年齢相当の語彙が身についていかないので、あまり意味がありません。

きちんと4か国語取得するには言語環境を整えることが第一です。例えば韓国語しか使えない韓国在の家庭に毎年1か月なりと滞在できるかどうか、そこで体験入学など通学が可能か、それが毎年持続できれば可能性はあります。ただ親の出身国というだけでは、子どもにその言語を伝えることは普通できません。たぶん、トピ主さんの直接の母国語である日本語ですら、非常に難しい。家で親と会話する、毎晩読み聞かせをする、程度では、言語はきちんと身につきません。

中学以降は言語習得だけに時間をさくことはできなくなりますから、それまでに基礎をしっかり作っておくことが大切です。現地滞在、そこでは現地語しか使えないという環境を持続して作れるかどうかがカギとなると思います。

ユーザーID:2680784709
必要となる環境を作る
ひゅ〜ん
2017年11月7日 20:19

 タイトルに尽きるでしょうなぁ。
 必要に迫られる、つまり「その言葉が話せないなら生きていけない、死ぬ」という状況でないなら、よっぽど根性座ってやり抜く意思がないと語学習得なんて無理だもの。

ユーザーID:4844395884
目的は何ですか?
器用貧乏
2017年11月8日 8:17

>このままいけば、日本語と英語は問題なく使えるようになると思います。日本語と英語までと行かなくても、子供が中国語と韓国語もある程度喋れるようにするには、どのような環境を作る必要があるのでしょうか?

4か国語を使いこなすのは、何のためでしょうか?
何か目的があるのですよね!
単に、「4か国語を使いこなせる」ということが目的じゃないですよね。

4つの言語を使いこなすには、「脳」が言語に関して4種類の情報をメモリーさせ、情報処理をしなきゃなりません。脳の言語野に費やすエネルギーが多大なものになるでしょう。それぞれの言語の関係性をつなげるのですから、単純に4倍ではすまないと思います。そして、言語に費やすものが多すぎると、他の分野が手薄になるリスクがありそうです。

もちろんですが、件の4言語を飯のタネにするのならそれはそれでよいのです。しかし、仕事は別の分野でなんてことでしたら、言語への努力はムダどころか、足を引っ張ることにもなります。

そもそも、トピ主子供が言語に対する天分があるのかどうかもわかっていないのに、先走り過ぎですよ!!

ユーザーID:3596421843
 
現在位置は
です