現在位置は
です

発言小町

新しいトピを作成
本文です

私の結婚式より、子供の習い事の発表会ですか・・・

パンダ
2017年11月8日 13:53
古いレス順
レス数:188本

タイトル 投稿者 更新時間
「子供ができればわかります」って躊躇なく言う人は
ペンギン
2017年11月13日 22:16

結局、子供がいない人間を一段下に見ている気がします。

子供がいない人も含めて社会が成り立っていることを忘れてはいないですよね?と、思わず確認したくなるのですが…。

「どんな場合でも子供が優先」と言うより、「子供に関わる自分はどんな場合でも絶対正義」という考えなのでしょうね。

ユーザーID:8925348173
子供がいない
あやこ
2017年11月14日 1:48

私にはトピ主さんの気持ちわかります。 そして子供をもっても理解できる親になりたいと思います。 子供が大切なのは十分理解できますが、今までしてきてもらったことに不義理をすることはどうかと思います。 見返りだとかなんだとかいう人もいますが、そういうことではありません。 そもそもやってあげてやってもらって助けて助けてもらう、そうやって世の中は回っているのです。 そもそも見返りというほどのこともない。親友の結婚式に出るかでないかの話ですからね。 ただ、まぁそういうことを平気でする人はそもそも親友などいらないのです。 年をとって友達がいないだとか結婚して、子供を産んで友達が疎遠になったとか言い始める人たちがそういう人たちですよね。

本当に残念だと思いますが、親友の席は結婚式にきてくれた人や本当に大切に思ってくれる人に譲ってください。 価値観の相違です。 仕方ない。 

ユーザーID:5648708538
嫌だな
メレンゲ
2017年11月14日 12:30

必ず出てくる、「子供のいない人には、いる人の気持ちは分からない」なんて言葉を、免罪符にしないでほしい。
それを言うのなら、そちら側の人達は、子供のいない人(これから式を挙げる人)の気持ちなんて、とっくに忘れてしまい、寄り添いすらしないということですよね。
子持ちの人の意見って、偉そうな人が多くて、いつも驚きます。

ユーザーID:2817340020
レス読みました、それでいいと思います
mwk
2017年11月14日 14:24

落ち着いて考えられたようでよかったです。

以前にもレスしてしまったのですが、私は子供が全ての免罪符とは
思えない方なので、主さんの気持ちがよくわかります。

ご自身で結論を出されたように、これからはごくごくドライに
お付き合いしていくのが良いと思います。

自分の結婚式に舞い上がって、みたいなレスもありましたが、
かつてそういう結婚式に何をさしおいても出席したのは主さんですしね。
自分の時にやってもらったことは全部子供を盾に不義理にして、
その気持ちがわからない人が気の毒というスタンスの人も
沢山いるんだな、という事もここで勉強になったと思います。

今後は先方が多少甘えてきたり、お子さんの手が離れてすりよってきても、
主さんのお心のままでよいと思います。
最初に他人であることをはっきり見せてきたのは先方なのですしね。

今回の式で、主さんを大切にしてくださった方に、
これからも主さんが恩返しをしていけば良いと思います。お幸せに。

ユーザーID:6443551237
疎遠にします
どんまい
2017年11月14日 14:54

私は、子供の運動会と友人の結婚式が重なりましたが、結婚式に出席しました。
運動会は途中まで見て、間に合うように結婚式へ行きました。運動会は、夫も私の母(子供の祖母)も来ていましたし。
結婚式は、1年前から招待されていた(人気のホテルで予約が早かった)し、そうでなくても結婚式の方が優先でしょう。運動会なんて何回だってあるし。
発表会だって、何回だってあるのに・・・

遅い式だったので、式の後泊まれるようにホテルを取り、運動会の後、夫と子供もやってきてみんなでお祝いしました。(夫と子供は友人とほとんど面識はありませんでしたが)

スピーチまでしたのに、というか、それだけ親しい関係だったのに・・・
残念ですね。

私だったら、自分の片思いだった、自分が彼女を大切に思うほど彼女は思ってくれていなかったんだとあきらめて、疎遠にします。

ユーザーID:5315606135
不寛容の時代
Jun
2017年11月14日 14:54

レス見て思ったんですけど
冠婚葬祭優先の方は
「色々有るけど冠婚葬祭はやはり大事な節目だから優先…」
対して子供優先の方は
「は?お前ごときの結婚式とウチの可愛い子供の発表会を比べる事自体おかしーわ!」
↑かなりデフォルメしてます(笑)
と、文体に結構違いを感じます。
冠婚葬祭優先派?は
冠婚葬祭優先と思いつつ、
現状に驚きながらも自分の考えを提言している。
子供優先派?は
子供優先以外アリエナイ。
冠婚葬祭優先はアリエナイ。
という、まあ、押しが強い文章が多いですね。

昨今、不寛容の時代と言われますが
不寛容になる資質の一つとして興味深く拝見しました。

特にどちらがいい悪いは無いですが
私は結婚式に出ます。

事実、私は今週末友人の結婚式です。
娘の習い事の試合と被りましたが
なんの迷いもございません。

ユーザーID:5635172387
ヨコですがかたばみさん
ベッテル
2017年11月14日 18:42

悪いですが、ピアノを演奏するのはお子さん自身であり、そして演奏するのは「母親のため」ではなくて「自分のため」ではありませんか?

もちろん母親に聞いてほしいという気持ちは普通でしょうけど、逆にかたばみさんの方が普通ではないと思いますよ。
しかも長い子供人生の中で半年に1回程度のものですよ、そんな事さえ我慢できないような子供が大人になっても世間一般の忍耐力なんかつかないでしょうし、自分自身がない「親の為に」「親の評価が絶対」な親離れ子離れ出来ない人間に育ってしまわないか心配です。

子供自身の自分と向き合うのはあなたの方ではないでしょうか?

ユーザーID:0585522021
子供を持ってワガママになるタイプ携帯からの書き込み
えの
2017年11月14日 20:12

子持ちになったとたん、自己中でワガママになる女性って少なくないと思います。

「子供がいるから〜」と言って自分に都合よく動かそうとする人たち。たとえ理不尽・非常識なことであっても関係ないのです。

私の場合、友人の結婚式は、見返りを求めない間柄の人だけ出席しました。自分の結婚式に欠席されても構わない相手。自分の結婚式に来ていない人でも、お祝いしたい人の結婚式には出席します。

欠席した結婚式は、いずれ疎遠になる人や人数合わせ、ご祝儀集め、であろう結婚式です。

出席する結婚式は選んでいいんですよ。時間とお金を費やすのですから。

ユーザーID:6925130811
早く結婚した人だけが式で友人に祝って貰える
セイウチ
2017年11月14日 20:28

結婚したら、また子どもができたら、
自分の都合だけでは予定が決められなくなります。

つまり、早く結婚した人は独身の友人達に式に出席して貰えるが、
遅く結婚した人は、早く結婚した友人の家族の状況によっては
ゴメンナサイになると言うことです。

要は、早い者勝ちってことですよ。

後は欠席の埋め合わせ、つまり祝電やご祝儀があれば、
最低限の義理は果たしたと世の中では見なされますし、
それ以上の無理強いはできません。

ユーザーID:1411124481
二度目です
匿名希望
2017年11月14日 20:41

小さい子の発表会。特に女の子なら仕方ない。
母親がいないと愚図って大変だから。と書いたものです。

でも
「友達の結婚式の時、遠方だったので出席者が少なく、どうしても三次会まで出て欲しいと頼まれて、飛行機で行き、2泊して、無理して出席し、その時に「パンダの結婚式も何があっても行くからね」と言ってもらえたので、もちろん自分の時も無理して出席してもらえると思い込んでいたのだと思います」

こういうことがあったなら話は別です

それは友達が冷たいですね。こんな無理を言ったんだから。トピ主さまがモヤモヤしても仕方がないと思います。
トピ主さまが言われている様にこれからはトピ主さまも無理をせず、合わないなって思ったらしばらく疎遠でも良いんじゃないでしょうか
また合うようになってから仲良くなっても良いと思います
今はお友達も子育てに必死なのでしょう

これからは深夜に愚痴の電話なんかあっても、長電話に付き合う必要はありませんよ
「明日が早いから」で話をぶった切りましょう

ユーザーID:9050937324
レスします
ボックスティッシュ
2017年11月15日 1:32

これは、子供の有無とは無関係な問題だと思います。
「主さんよりもご友人の方が大人になるのが早かった」ということに尽きるのではないでしょうか?
長い人生を歩んでいれば、それまで構築してきた人間関係への意識というものは、その時々で自然に変化していくはずです。
その変化を「進化」と受け取るか、「なんか、変わっちゃったね…」と受け取るかの違いですよね。

前を向いていると、それまでの関係にこだわらず常に「今」で考えることができ、相手にも良い意味で執着が薄くなるし、何より、自分自身が自由になれるのではないしょうか?
後ろばかり見ていると、義理というものにかんじがらめになって窒息したり、過去の出来事と照らし合わせる作業に熱中するあまり、勝手に裏切られた気分になって不必要に傷ついたりします。

ユーザーID:4171182657
「私なら出席します」って、友人は出席が不可能なわけでしょ?
そら
2017年11月15日 8:24

「行こうと思えば行けるけど大変だから行かないね」と
「どう頑張っても物理的に不可能」は全くわけが違います。

子供が出来ればわかる、という意見は「子供優先で当り前でしょ!」ではなくて「子供ができると今まで出来たことでも不可能になる」ということかと。
自分の意思だけではどうにもならないことが多々あるという意味です。

いくら行きたいと思っても人間にテレポーテーションは使えません。
細胞分裂で同じ人間を二人作ることもできない。
夫に任せればいいのに、というのも出来ない理由なんていくらでもあるわけです。

子持ちの私でも気持ちでは親友の結婚式に参列したいです、でもやはり出来ないケースはあります。
今回は特に遠方だしね。

疎遠にしたら良い!というご意見もたくさんありますが、お祝いもいただいているのだから冷たい友人ではないですよ。

ユーザーID:9107553644
なんだろう・・・
キリギリス
2017年11月15日 10:35

同じ子持ちの人でも、子供ばかりの話で、全てが子供優先という人と、そうじゃない人がいます。もちろん後者も、他の誰よりも自分の子供が大切なはずですけど。この違いって何でしょう。
「子供ができれば分かります」という人、知らず知らずのうちに、人からの信頼をなくしつつあるかも。一度、自分を見つめ直してみて。

ユーザーID:2817340020
かわいそう
子持ちですが
2017年11月15日 11:45

ひどい友人を持ちましたね。
不義理にもほどがある。

義理人情を忘れる人なんて、もう親友じゃないですよ。

疎遠にしてもいいと思います。

ユーザーID:2655590436
たぶんですけどね
唐草
2017年11月15日 13:24

昔に比べると、生活における子供のプライオリティって
ものすごく上がってるんだと思います。
子供のために割く時間、手間、かけるお金。
周りの親たちの声を聞いてると、そういったものが
自分が子供の頃と比べて段違いだなと感じます。
周囲がそうやって子育てに手間をかけていれば
それが焦りやうしろめたさを生み、無言のプレッシャーにもなるでしょう。
自分がいかに子供に愛情とリソースを注いでいるか。
おそらくはそれを無意識に周囲と比べさせられ、競わされている。
端的に言って「今の親は大変だな」と思います。ある種の呪いだな、とも。

なぜこんなことになっているのか。
単純に子供が減ったからということもあるでしょうが、
たぶん、あらゆる関係性が取引化しつつある現代では
「贈りたい」という欲求を適切に消化する先が
もはや子供ぐらいしか残ってないからじゃないか、と想像してます。

理由はともあれ、とりあえず現代の風潮としては
そんなところじゃないでしょうか。
「子供は後回し」が当たり前の感覚でいると足元をすくわれ、
白い目で見られる。注意が必要ですね

ユーザーID:6333707836
ずらせばよかったじゃない。
ロイー
2017年11月15日 13:57

私はトピ主さんに深く同情しますけどね…
普通は披露宴招待は応じるものであり、断る理由は、近しい人の披露宴が重なっているか、喪中か、妊娠かくらいです。

けれど最近は所要程度でもあっさり断る方も増えてるようです。こればっかりは時代の変化もあり、考え方が違うんだから、仕方ないでしょう。

また、いくら親しかった仲でも、ステージが進むごとに考え方に違いがでてくるのは
いかんともしがたいです。


でもねぇ。
トピ主もねぇ…後から言うか?思いますけど。

そこまで大事なお友達だと言うなら、日程が発表会と重なってるとわかった時点で
披露宴の予約を変更すればよかったですよね。
だって何が何でも来て欲しかった人なんですよね。

披露宴の予約って一年とか八ヶ月前とかなんですから、一週間ずらせば済んだことです。
それをしなかったということは、来て欲しいと言う気持ちの大きさがその程度だったのでしょう。

ですからお互いにその程度の大事さだった、ということです。
相手だけ責めるのは誤りなのです。

ユーザーID:9122732394
トピ主さん、かわいそう・・・
パ好き
2017年11月15日 14:01

いやだな、そんな友達。
元気出して。

ユーザーID:0261354073
こういう感覚って人それぞれだと思うので
子ども関係の仕事人
2017年11月15日 16:48

ご結婚おめでとうございます。似たような経験をしています。
私はご友人の立場なのですが。結婚して子供二人を育てました。

まず、
>私が習っていた頃は、カジュアルな教室内の発表会なので、
母親どころか誰も来ない事もよくあったのですが、今は状況が違うのかもしれません。

とのことですが、母親世代のときと、今とは状況が違うことが多いのですよ。
少子化の折、より生徒さんを多く集めたくて、このような発表会が派手になりつつあると
私は感じています。

より多くのお楽しみの場を作って、生徒さんをたくさん集めたい、という傾向があるように
感じます。もちろん、全てではありませんが。

また、おそらくフランチャイズのお教室なのだと思いますが、同じ「○○の教室」でも、
先生によって、「発表会をどのようにするか」が、すごく違う場合もあります。

トピ主さんと同じ先生ではないのでしょ?Bさんの教え子でもないのでしょ?
それなら、どの程度「カジュアルか」はわからないですよね。

続きます。

ユーザーID:1589071157
こういう感覚って人それぞれだと思うので 2
子ども関係の仕事人
2017年11月15日 17:05

また仮に、その発表会が、トピ主さんのときと同じくらい「カジュアル」で、
トピ主さんは、小学2年生の時に、親御さんが来なくても全く平気だったと
思い出せたとします。

でも、そのような感覚って子どもによって違いますので、そのお子さんは
「カジュアルな発表会でも、お母さんに来て欲しい」と願うお子さんなんだと
思うのが自然だと思いますよ。

電話で子育ての愚痴をきいたのでしょう?ナイーブなお子さんなのだと思いますよ。
また、お子さんと一緒に招待したとのことなので、お子さんが発表会を休むのを
嫌がったのかもしれません。

私の書いたことは想像ですが、このように考えた方がトピ主さんの精神衛生上も
よいのではないでしょうか。

ユーザーID:1589071157
二度目です
おいも
2017年11月15日 17:25

このトピ内にもたくさんいますが
こういう、二言目に「子供が〜」と言う人って
独身者や既婚で子供がいない人に対しては、お得意の
「子供がいない人にはわからない!」キリッ! とまとめることが
多いようですけど。いわば必殺技。言葉の暴力と言ってもいい。
それを言われてもどうしようもないのにわざわざ言うんだから
本当に意地が悪いですよ。
こういう人たちって、ママ友関係ではどうしているのかと思います。
だって、ママ友というのは子供がいてこその関係ですから
子供がいる、というのは全員に共通していること。
独身者や既婚で子供がいない人に対してはお得意の
必殺意地悪技で捨て台詞を吐けますが、ママ友には通用しないものね。

トピ主さんは自己中でも幼稚でもない。してもらってばかりで
行けなくてごめんね、という気持ちも示さずに平気でヘラヘラしている
友人の方がよほど幼稚で自己中です。トピ文には「ヘラヘラ」とは
書かれていないけど、友人の言葉からそう読み取れます。

友人の結婚式なんかっていうレスもあるけど、呆れますね。
自分だってしたでしょ? 式や披露宴はしてない、写真だけだって
言うかもしれないけど、結婚した感動はあったでしょ?
友人の晴れの門出の結婚というものに対する招待に対して、
「なんか」という言葉を使うなんて、失礼極まりないです。
お金も時間も取られ迷惑という意見もある。
自分の時に来てもらっててこういうことを言うんだったらすごいわ。
恩知らずですね。それなりに長く生きてるみたいですけど
そんな考えしか持てないなんて貧しい心根ですこと。

まとめて言えるのは、ウエディングハイならぬ子供ハイも大概にしたら?
ということ。本当にうっとうしいから。

トピ主さんは今回のことを教訓にして、過剰な子供ハイにはならないでね。

ユーザーID:9220664052
 
現在位置は
です