現在位置は
です

発言小町

新しいトピを作成
本文です

母子二人きりで母との日々がいとおしすぎる。

かえで
2017年11月8日 23:49

母はむかしから、病気ばかりしていましたが、優しくてわたしと姉の味方をしていつも叱るときはしかり、優しいときは優しくて、いままできました。
が、母と父は熟年離婚し、姉家族もはなれてしまい、母も私も病気もちでわたしも、友人もいません。40歳になり、母との時間が短いのではないかと、つらくなります。わたしもひっりきりになってしまうしそのまま、ながいこといきないといけないなんて、つらすぎます。
 皆様は、こういう年齢がきたときに、どうやって孤独感に打ち勝っているのでしょうか。
ふだん、人の意見をきいたり、相談できないので意見が聞きたいです。

ユーザーID:3850728228  


お気に入り登録数:55
  • 携帯に送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
古いレス順
レス数:7本


タイトル 投稿者 更新時間
自分の人生をいとおしんで、積極的に!
11月になりました
2017年11月9日 12:10

私も昨年母を亡くし、ひとりっきりになりました。

半年ほどはほんとうに寂しかったのですが、でも、なんとかなるものです。
親が先に逝くのは、自然な順番ですからね。
自分の人生を、いとおしんでくださいね。

病気がちとのことですから、まずお姉さまと相談して、近くに住むことなどを考えるのも良いと思います。
身内がそばにいると、何かと安心ですからね。
親戚など、他にいませんか?

あとは、やはりお友達を作ることかな。
趣味をもったりするのも良いと思います。
習い事や、地域の行事に参加して、人付き合いをして行くことも大事ですね。
その中でお友達もできると思います。

あまり手のかからないペットを飼ったり、何か自分の支えになることをみつけるのです。
積極的に、生きていきましょうね。

親はいずれ、自分よりも先に逝くものです。みんなが通る道です。
お母様が心配されないよう、今から積極的に、何かを見つけていきましょうね。

自分の人生です。
大事に生きていきましょう!!

ユーザーID:2747221760
考えたくないですね、、、
ちゃむ
2017年11月10日 12:03

解答にならなくて、すみません。

私も母親大好きなので、母がいなくなったときのことなど、とても考えられません。

私の母も病弱です。病気になったときは、最後までせいいっぱい看病しようと思っています。

その後は、ぬいぐるみを抱っこして、母の遺骨をペンダントにして、何とか強く生きていける、、、でしょうか。母以外にも愛しいものがあったかなと不安になります。

ユーザーID:1500420892
気持ち痛いほどわかります
ぼっち婆
2017年11月10日 15:58

今61才の子無し独身女性です。 91才の母と猫と暮らしています。

私も本当に怖くて怖くてたまらない。母と猫のいない人生なんて考えられない!母や猫より早く死にたいって思うほどです

あなたはまだまだ若い 自分の家族を持つ可能性もある いい回答はできないけど私は過去も未来も考えず今の生活を楽しんでいます

でも1日でも長く続いてほしい

ユーザーID:4944869517
でもね現実は容赦ないですよ携帯からの書き込み
同年代の孤独女
2017年11月12日 18:42

私も母がいなくなるなんて考えられないと思っていたら母に突然のすい臓がん発覚。それからは怒涛の月日でした。
私は働いてはいるものの、昔から人付き合いが苦手でイジメを受けた経験から自分の殻にこもってきたので友達も全くいません。
しかし母が病になったらすべてのことが私の肩にかかりました。母方の親戚は社会的地位のある人ばかりなので体面をすごく気にします。
母を喪うストレスと親戚から受けるプレッシャーで人生で一番辛い日々でしたが何とかなりましたよ。その一年後私が幼い時に離別した父が独居死しその後始末も数日で終えました。遠距離なので何度も通えないので。
今は母方の親戚とも絶縁し、一人で気楽にいきてます。母方の親戚は自分たちがお金を出すわけでもないのに、母の葬式、四十九日、納骨と私の都合を無視して彼らの体面及び都合を優先するので、私が切れてしまいそういうことになりました。
こちらの思いなぞ関係無く現実は無情です。なるようにしかならないです。覚悟しようがしまいが人は亡くなるし、まあ何とかなりますよ。
近所付き合いも積極的にしてないので、仕事を辞めたあと何かあったら私の最期は孤独死でしょうが。

ユーザーID:9847392628
頑張れ
ひまわり
2017年11月13日 9:38

未婚の60歳。
2歳の犬と、同居ではないですが92歳の母。
母が亡くなったら、犬が亡くなったら...
と思うだけで辛く寂しく、そういう日が来たら耐えれないな...と。

が、
母を看取るのが親孝行で、
犬を高齢になるまで命を守り看取るのが責任だと思っています。

私が先に逝き、
高齢の母に悲しい思いをさせ、犬を路頭に迷わせるわけにはいかない(実際には、私の万一の時には妹一家が私の犬を世話をしてくれる事になってはいますが)
そう思うと、強くなれます、強くならなきゃと思えます。

ユーザーID:2238275247
与える人生を
たんぽぽ
2017年11月13日 10:38

仕事や体調などの都合がつくのなら、
子供たちになにか関わる活動をしてはどうですか。
趣味もいいのですが、自分だけのことではなく、他に与える人生こそが、きっとこれからのとぴ主さんの生活を意味のあるものだと思わせてくれると思うのです。

別に子供でなくてもいいのですが、本能に即しているので、一番わかりやすいと思います。

最近は自己責任論が強く、余暇も自己研鑽・個人の楽しみ消費がはやりですね。
でも、生き物ってそういうものではないと思います。

与えられる人生から与える人生へ、階段を上ってみませんか。

ユーザーID:8295408743
羨ましい携帯からの書き込み
パンプキンパイ
2017年11月15日 10:20

私は今40代半ばですが、20で母を亡くしました。
それから私の人生はとても寂しかったです。
親孝行も何もしてあげられなかった。
そんなに長くお母さんと一緒に居られるなんて、羨ましいな。
親孝行してあげて下さい。

ユーザーID:5321887462
 


現在位置は
です