現在位置は
です

発言小町

新しいトピを作成
本文です

外国語で生活している方に質問です。

2017年11月11日 17:15

海外生活が10年を過ぎました。移り住んだのは35歳過ぎてからでした。

喋るときも本を読むときも 脳内で日本語変換しないで 現地語を使えるようになった頃からだと思うのですが、
どうも自分の左脳とのコミュニケーションの量と質が 落ちた様なのです。

数字(時間 日付など)を口語で伝えられた時に短期記憶に残らない。(数字の絡んだ情報はメモに取らないと処理できないレベルです)
プランAに支障が生じたとき とっさにプランBが組み立てられない。
プランAさえも 私が組むと 穴だらけ。
メモに取る それを音読する くらいしないと 記憶に残らないという恐怖でメモ魔になり
仕事が終わるとグッタリです。
もともと右脳が優勢だなあ と思うことはありましたが(数学が絡む教科以外は優秀でした 。
片付けは不得意でもどこに何があるかは把握している。メロディはすぐ取れるが歌詞はテキストが付かないと無理。時計が読める様のなったのは10歳過ぎてからでした。)

ここにきて かなり生活への支障を感じるレベルになりました。
ストレスや 脳の老化も疑えますが
左脳と言語中枢のつながりについて 本を読み
右脳は映像で思考し 左脳は言語で思考するなら 言語を変更された左脳のストライキもあり得るだろうかと思った次第です。

使用言語が大人になってから変わった方が 同じ様な体験をしておられないかと思い
レスを立てさせていただきました。

あと 私はまだ 電話で現地語を使うと 聞き取りという点で不安が残るレベルですが
受話器を左耳に当てる(右脳をつかう)のと右耳に当てる(左脳を使う)ので違いがあるかもしれないくらいと思っています。
右耳左脳の方が良い様です。皆様はいかがですか?

ユーザーID:9021105260  


お気に入り登録数:94
  • 携帯に送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
古いレス順
レス数:16本

タイトル 投稿者 更新時間
時期
みか
2017年11月11日 20:48

今。45歳くらいですよね?
更年期の始まりではないでしょうか?
極端に記憶力や思考能力が衰えたりしますよ。
でも、ある時期を過ぎると、また慣れて戻ります。
私はそんな感じでした。
焦らず、落ち着いて、メモ取ったり時間をかけてやり過ごしてはいかがでしょうか。

ユーザーID:4151881876
現地語を鍛える他ない
現役
2017年11月12日 1:29

私はもう40年になる理系ですが、左脳とか右脳とか考えた事無いです。言語能力がネイテイヴと同じになるという事は諦めていますが(特に話す能力)、映画を観たり本を読んだりして現地語で楽しむ能力はかなり自信あって、読後感や映画批評は良く友達とやりたくて仕方ないです。こういう事が好きな友達は少なくて一生懸命探します。

しかし、言語能力が或る程度でそれ以上にならないということは嫌で嫌でしょうがないです。今でも、現地人が何であんなに言語能力があるのだろうかと羨ましくてしょうがなく、自分は話す内容で勝負しようという悲しい立場ですが、それでも何か極秘があったら知りたいです。

TED TALK で、或る左脳の癌の手術をした人が言語能力を失って右脳で一生懸命その力を回復した例を見た事があります。それから、メモを取る事は脳を助ける意味で有効ですから、続けた方がいいです。

これだと、努力するほかないと思って止みません。これから、老化も進み大変でしょうが、この努力しか救い所が無いと自覚してお互い頑張りましょう。

ユーザーID:8232615491
それはね
みかん
2017年11月12日 8:04

現地語能力が、まだ低いから起きるのです。
低いといっても、相当高いレベルに来ています。

「日本語を介さずできるレベル」と「日本語に常に変換しないとできないレベル」とは、天と地ほどの差があります。
トピ主さんは、地のレベルを脱して、天のレベルに来た。素晴らしいことです。ところが、天のレベルではまだ最低値なんです。

もう一段階上がると、変わりますよ。

帰国子女でもない限り、日本人でそこまでのレベルに行くのは本当に大変です。ましてや、トピ主さんは30歳すぎてから始めている。頑張りましたね。

お勧めなのは「このくらいの難易度だと、一度日本語に切り替えたほうがはやい」というのを、自分でつかむことです。

私は日本語と外国語2つを使っていて、第2外国語はトピ主さんと同じで30歳すぎてからやっています。トピ主さんと同じように、思考停止になっていた時期がありました。

でも、しばらくしたら随分改善されてきました。同時に、日本語を適宜必要な時に使うようになりました(机上でのプラン立てとかね)。ある意味、日本語と外国語のスイッチが、ものすごく早くなったのです。トピ主さんは、まだここまで来ていないのでしょう。

ただ、最近つくづく思います。私は母語の人のようには絶対になれない。小学生から始めないとダメだと。でも、ここまでできるようになったら十分じゃないか、とも思っています。
私には、立派な日本語という母語があります。その母語は、素晴らしい文学や芸術をうみだした歴史をもつ言語です。そんなに欲張らなくてもいいかなと。

ただ、もっと日本語が他と似ていればよかったのに、そうすればこんなに外国語習得に苦労しなくてすむのに。私が例えばイタリア人で今までのこの努力をもってすれば、今頃5ヶ国語くらい軽く話しているのに(苦笑)、とはいつも思っていますよ。

お互い、ゆるーく続けましょうね。

ユーザーID:8403831067
似たような経験があります
経験者
2017年11月12日 10:47

>あと 私はまだ 電話で現地語を使うと 聞き取りという点で不安が残るレベルですが
受話器を左耳に当てる(右脳をつかう)のと右耳に当てる(左脳を使う)ので違いがあるかもしれないくらいと思っています。

私は、長らく、英語を使う職業に就いていました。
どちらか片方の耳に受話器を当て遠隔地の相手と英語で会話するのです。周囲との会話は日本語が主で、英語も使います。受話器は右に当てることもあれば、左に当てることもあります。
そして、長らく「右(左)」だったのに「左(右)」に変えると、言葉は聞こえているのに理解するのに1秒くらいの遅れが生じるのです。しばらくすると慣れてしまいますが、慣れるには数か月が必要でした。

>右耳左脳の方が良い様です。

脳の言語野は左右どちらの耳から入った音も扱っていて、情報の種類(言語そのものや韻律)によって左右の担当が異なるようですね。そして、言語そのものは、右(左)利きの人は主として左(右)が担当しているようです。

「(右脳をつかう)のと(左脳を使う)」ので異なるというよりは、熟練していない脳部分に切り替わったときに違いが出るのだろうと思います(あくまで推測)。

ユーザーID:0040174158
ありません
通りすがり
2017年11月12日 17:23

外国語で毎日生活、日本語は書く以外殆ど使いません。
でも主さんのようなことはまるっきりありません。年齢も同年代かと思われます。

一つだけ、掛け算割り算は頭の中で日本語、でも回答は現地語で日本語で回答はできません。例えば3x3=nineみたいにね。回答を9と言えません。
記憶力は別の問題ではないでしょうか?

ユーザーID:1846511709
似たような状況です
ミドリ星人
2017年11月13日 6:23

40代中盤に入りました。
海外で英語を使って生活、仕事してます。
ここ一年くらい視覚情報がないと耳から入った情報だけでうまく対応できないという状況に困惑してました。
トピ主さんと私の年齢と状況は似ているように思いますので、年齢的な問題やホルモンと関係があるかもしれないですね。

仕事の責任が増しているのにもかかわらず、視覚情報がないと咄嗟に判断できない最近の状況でストレスが悪循環に陥ってます。
第二言語と関わりがあるんでしょうかね。
日本で仕事している同年代の方の状況も気になってきました。

ユーザーID:5087125951
問題は違っても同じ状況です
異国のおばさん
2017年11月13日 9:46

私も30代で移住し今40代です。現在は自分の現地語が上達していない事と日本語が低下している事でストレスです。どちらも不完全でイライラします。

数字等に関しては仕事中は問題ないのですが、なぜか自分の電話番号が覚えられません。他の人の番号も覚えていませんけど…。

こちらの数字の数え方が英語と違うから混乱する事が多いです。

でも私は老化と更年期が原因だと思っています。40歳を過ぎると記憶力が低下すると聞いていましたけど、新しい言語を学ぶにはやはり若い方が良いのだと実感しています。

今でも若い時に取得した英語の方が現地語より発音が良いです。英語より現地語で話す方が自然に話しているつもりですが、発音はなかなか上達しません。音を聞き取る力が衰えているのでしょうか。

最近では日本語の読解力も落ちています。訓練で何とかなるのなら頑張りたいと思っていますがなかなか厳しいです。

本当にどうしたらいいのでしょうか。

ユーザーID:7776412016
私が以前読んだ記事では・・・
Penguin
2017年11月13日 11:55

以前、アジア圏で現地語で生活しており、現在は日本在住ですが、
夫が欧米人なので、家の中では100%英語で話している者です。

以前読んだ語学についての記事によると、
言語の種類によって使う脳の場所が違うため、
例えば英語(屈折語)と日本語(膠着語)の組み合わせの話者だと、
いつくかのタスクを同時に処理する能力がアップする、とありました。
もしかすると、トピ主様は言語脳の活動領域が現地語のみになったため、
パフォーマンスが落ちてきているとか・・・?

私は逆に英語を頻繁に話すようになってから、
電話は左耳の方が聞きやすくなりました。

面白いトピですね!コメント楽しみに待ってます〜

ユーザーID:0352392156
私も少し心当たりがあります
ジャム
2017年11月13日 14:01

現地語だとボキャブラリーが少ないし、その狭い範囲で考えているので、脳が退化した可能性はあると思っています。現地語で会話しているときは現地語で考えるしかないです。翻訳していたら間に合わないですから。

疲れたりすると、とたんに現地語が全然聞き取れなかったりもしますが、私はストライキではなく、休みたいから休んでいるんだなと解釈しています。友達でもそういう人は多いですよ。聞きたくない会話は聞かなくてすむのが現地語の良いところ。日本語だと、無意識に何でも拾ってしまいます。会社で誰が悪口を言っているときとか、聞こうとしなければ現地語はシャットアウトできます。

疲れたら聞き取りたくないので、ストライキしているのか、休みたいから休んでいるのか、どちらが合っているのか分かりませんが、脳にストレスかかっているのは、事実かなと思います。

今のところ自分の意思でコントロール可能な範囲なので、脳を休められるように、じっくり睡眠を取るようにします。私の場合はストライキより退化が心配なので、図書館で日本語の本を読んだりもして、刺激しています。

ユーザーID:6751997383
正に同じです!
熊子
2017年11月13日 17:15

私も、4年ほど外国で暮らし現地法人で仕事をしていたことがあります。
電話でのやり取りも、少し緊張しつつもこなせる程度の会話力でした。(まあ、日本語でも電話はちょっと緊張しますが。)
当時20代中盤。

同じように、電話で会話して、確実に聞き取った数字が、電話を切った瞬間に曖昧になる、という状況を何度も体験しました。
やはりメモを取ってしのぐようになりました。
数字だけです。

不思議でした。

それ以来、バイリンガルの人は計算するとき何語で考えているのだろう?などと、おぼろげな疑問を抱いております。

ちなみに私は小学校のころから、理科と算数が得意だった、バリバリの理系です。

現在40代になりましたが、日本語でもそういうことが起こり始めています。
あれと、これは別物だと思います。

どういうことなのか、私も知りたいです!

ユーザーID:9835426670
ありがとうございます
(トピ主)
2017年11月13日 19:14

みかさん、そうかもしれません もう何がニワトリだかタマゴだかわかりませんが 数字の情報が抜け落ちる事に気付き メモ魔になるまでは仕事でも家庭でも無力感一杯でした。
今は少し自分の弱点への自覚と対処(メモ 復唱)にまで行き着けて ある程度落ち着きましたが コレが一時的な事であれば まだ 光が見えます。うちの母の更年期が酷かったので 恐怖も感じますが。

現役さん、理系のかたの読書感想や映画の感想は 文系とひと味違っていて 語り合うと楽しかった記憶があります。良い語り相手が現れると良いですね。
話す内容で勝負 っていう気持ちわかります。
聞き役に徹して ピンポイントで いいとこ取りする事で 国語力が無いけどバカじゃ無いってマーキングするぐらいしか出来ませんが 頑張ってます。
40年経っても努力しておられるのは 素晴らしい先輩に出会えた思いです。

数字っていうのは アルファベットとは違い 表意文字なので キチンと現地語ブースに移動できていないのかもしれません。
又、時間も 数字からもう一つ離れたカテゴリー表示の様で 日本語では何時何分と デジタル時計読みするので 時間を線状に置きやすかったのが
現地語ではアナログ時計上での説明文みたいになってて は?という様な情報を 脳みその中でデジタル表記に変換しないと 私の把握できる情報にならないのも原因に加担しているかもしれません。しかも 私の弱点を理解して助けるために デジタル表記でも情報を補ってくれる人もいて。。そうなるともう頭が真っ白に。

置き換えをやめて 現地語アナログバージョンでもサッと情報把握する練習をしてみます。小学生の練習帳みたいなのを探してみます。

努力あるのみですね!老化をも補うシナプス活性化を志します。

ユーザーID:9021105260
ありがとうございます
(トピ主)
2017年11月14日 8:13

みかんさん、まだまだ 上があって前進しかないのは 重々分かっていたのですが 「今より悪くなることはナイ」 という前向きにも後ろ向きにも使える呪文でここまで乗り切ってきたのに 脳みそが穴だらけになった様なおかしな状態にオロオロしてます。
一歩戻ってみる、便利に使えそうな時は日本語脳も協力させる。というのは意識しないと「日本語を封じ込めてる」感じになっているので 誠に的を得たコツのように思えます。
現地語は私にとって第三外国語なのですが 英語(第1)も第2外国語も封じ込めになっているようで とっさには使えません。
日本語なら 必要な時はいつでも出てきますが 来客などで 英語や第2外国語を使うと(1日かけると出てきます)今度は現地語に戻るのに1日かかります。
日常3ヶ国語を使ってお仕事されてるのですね 、想像するだけでめまいがします。
私はソフトの問題もさることながら ハードにもどこか 欠陥があるのかもしれませんね。
ゆる〜く前向きに 長い目で見て 成長を続けます。同志な先輩の存在に心が温まりました。

ユーザーID:9021105260
数字はそうらしいですよ
常夏
2017年11月14日 8:57

何かで読みましたがどんなに外国語に堪能でも、数字や計算は母国語に引っ張られるらしいです。
以前多国籍の職場にいましたが、ちょっとした計算でも皆口をついて出るのは
それぞれの母国語でしたね。 現地語ですると、とたんにパフォーマンスが落ちるのです。
数字まで現地語でこなすのは結構難しいですよ。 あまり思いつめず、そういうものと思った方が良いかと思います。

ユーザーID:8906966562
私の場合
56才
2017年11月14日 12:54

同時通訳を聴くのが苦手です。拙い英語でもそれだけで聴いた方が良いし、なんとなく脳の中で使う部分が違うような気がします。1日留学生と英語だと、日本語を使わないでいるとなんとなく違和感があります。
字幕は平気ですが、下手な同時通訳だといらいらするので、英語だけ聞いていたりします。

使う部分が違うとかスイッチとかかなと思っています。栄田だけ、日本語だけ、集中した方が効率が良いです。その上で、語彙の違いで理解の感覚も時間がかかって身につく感じですね、文化が違うので、音のとらえ方が違うのだと思います。産まれたときからのバイリンガルだと違うのでしょう。音を音として聞くしかないところから学習しているので。日本語と外国語との文化の違いを感覚的に理解していることで言葉にして表現するのが難しいのは、使っている脳の部分が違うので脳内交流が難しいからかなと。

ユーザーID:8606355616
ありがとうございます
(トピ主)
2017年11月14日 19:56

すでに各人様へのお返事を書くのを断念することをお許しください。
様々なレスポンスを頂き 一人ぽっちな気分が ずいぶん払拭されました。

情報も人間も国境を越えやすくなったとはいえ 社会的動物である人間の脳は
この様に生活環境が変わる様には準備していなかったかと思います。
家族揃っての移民 単身での移住 事情に応じて社会的経済的な対策は建てられて努力は出来ても、脳がついてきているかはなかなかチェック出来いまま 無理をさせている人 結構居るのかと思います。

生活(仕事や人間関係)にも影響が出るので 異文化ストレスだけではない疲れの原因として 移住生活者は自覚的に取り込むべき問題なのかもしれないと思いました。
訓練した部分と出来ていない部分のアンバランスも納得できます。
老化や更年期 という一般的な変化の影響も甘くはないでしょう。

日本語変換しながら生きながらえていた時期は ダントツに短期記憶が発達しました。
神経衰弱(ゲーム)が得意になったのは初めてででした。
それが 突然機能しなくなった感じです。
数字の暗記 電話番号などは 全くダメです。年号暗記方法(イイクニツクロウカマクラバクフみたいなの)で日本語で叩き込んだら アウトプットで現地語に置き換える時にとてつもない時間がかかってます。

同じ様な問題を感じている方のおはなしも 別の観点でも使用言語変更にあたっての心持ちや覚悟 ため息のおはなしも
ひとつひとつが 私の支えとなる様な気持ちで読ませていただいています。

ユーザーID:9021105260
追加です
(トピ主)
2017年11月16日 17:14

苦手分野の追加です
右と左も 現地語のままでは 一抹の不安が残り 念の為日本語変換していることに気がつきました。
インプットの時だけです。自分が発信元だと現地語一本やりでいけてます。

現地語の他に2ヶ国語が出来る現地人に 数字で困る様なことがあるか聞いて見ました所、数字は数字が頭に浮かぶので何語か考えた事がなく、その時使ってる言語でその数字を読み上げるだけだ との事。(3ヶ国語とも ヨーロッパ系です)

「この数字が頭に浮かぶ 」というのが ヒントかな と思いました。
日本語で時間を伝えられたら サッと数字が頭を横切る気がしますが 現地語だとアルファベットの羅列がまずインプットされ そこから情報を拾う感じです。

左右も 日本語だと 右 /左 という漢字が閃くようです。

例えば英語だと ライトもレフトも野球なんかで日本語英語になってるためか カタカナで 「レフト」「ライト」という文字が閃く感じがします が
ただL と R とだけ示されると この書き換えが働かず 一呼吸理解が遅れます。

頑張れ脳みそ!という感じですね。
様々な見解を 地球のあちこちからいただいていると思うと 不思議な幸福感を感じます。
コメントに時間を割いていただき感謝してます。

ユーザーID:9021105260
 
現在位置は
です