現在位置は
です

発言小町

新しいトピを作成
本文です

忙しくて片付けられない

よーこさん
2017年11月13日 9:53

初めまして、私の夫の実家は小さいながらも個人商店を営んでいます。

旦那が企業を早期で退職して後を継ぐために実家に戻りました。
私も夫に付いて行きましたが、
義両親とは完全別居のため、普段の生活での干渉はありません。

仕事は家族でやっていて物凄く忙しいので、
私も仕事を手伝っています。
なので、仕事場では義母とずっと一緒にいるのですが、
義母が忙しいを理由に片付けないんです。

一例としてハサミを使っても、使いっぱなし。
次に使う時にどこにあるか分からずに義母に聞くと、
自分のやっている仕事を中断して探しに来てくれて、
切れ気味にここにあるじゃんと教えてくれます。
こんな風だから物を無くすこともしょっちゅうです。
ハサミ以外のものでも同様です。

夫が怒ってくれますが、実の息子だからか、
「そんなこと(片付けなんか)してたら仕事にならん」
て逆切れしてます。

私も時々ですが、困ると言うと、
笑いながら 申し訳ないじゃんねー と言いながら
でも忙しいからね。
と馬の耳に念仏です。

義父は長年連れ添って来ていてもう諦めきっているのか何も言いません。

こういう人に片付けてもらうようになってもらえるいい言葉はないでしょうか?

本当にストレスです。

ユーザーID:8305712683  


お気に入り登録数:14
  • 携帯に送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
古いレス順
レス数:6本


タイトル 投稿者 更新時間
性分だから
整理すき
2017年11月13日 12:31

一生直らないと思います

ユーザーID:5278005870
自分で用意する
るる
2017年11月13日 12:38

そういう人は直りません。
小さなポケットの沢山ついた腰巻きエプロンを着けて、そこに自分用のハサミなど色々入れておきましょう。
そうしたら少しでもストレスが減ると思いますよ。

ユーザーID:8627797611
プロの手を借りよう
冬になる前に
2017年11月13日 12:53

片づけのことで家族がケンカをしなくてもいいですよ。
片づけはシステムを変えれば片づけができない人でもきれいを続けられますから。

そこで、片づけのプロにお任せしましょう。
収納、整理整頓の専門家、検索してみてください。
お近くの地区でされている人がいると思います。
一度整理収納のやりかたを教えてもらったら、それからは見違えるほど「散らかりにくく」なります。

お店がお休みの時に、家族みんなでアドバイスを聞いて、一緒に整理していって、そうすれば喧嘩もなくなり、色んなことがスムーズに運ぶようになると思いますよ。

ユーザーID:1331596339
なるほどわかります携帯からの書き込み
クロ
2017年11月13日 16:42

義理のお母さんに片付け、掃除をしてもらいたい。
わかります。自営業なら、仕事に必要なものがないと困りますよね。でも言いにくい。私も言いにくいです。仕事に必要なものがないと困るので、私なら自分たち(ご主人と貴女)が使うものを1箇所にしまいます。
目についたらお母さんが使ってしまって何処かに置きっ放しにしてしまいますから、自分とお母さんは分けるようにします。もとのところに戻してください、と言っても多分無理だと思います。私も以前は使うと使いっぱなしで探してました。今は使ったらもとに戻すようにしてます。たまに探しますけど、
それか、仕事に必要なものは、大きい箱のようなものを用意して、ハサミやペンなど文房具など、他に仕事に必要なものを全てそこに入れるようにするとか
そうなると、箱などかかなり目立つような色がいいでしょうけど、年とると頑固になるとも言いますし、
ただ、片付けや掃除は大事だと思います。衛生面や掃除をしたことで気持ちがスッキリするとか。
私も完璧ではないですけど、片付けや掃除はします。出来るうちにやった方がいいでしょうし。
あとは、少しずつ貴女のペースに巻き込むか?
いかがでしょう?

ユーザーID:0060923243
トヨタのカイゼン
まああ
2017年11月15日 1:41

が、思い浮かびました。

我が家は、夫がひどい散らかし魔でしたが、幼稚園のように動線を考えて物の住所を決め、色々工夫したらだいぶマシになりましたよ。

ユーザーID:2485779611
私がやったこと
通りすがり
2017年11月17日 8:26

・不要な物を他の部屋へ移動(本当は捨てたいけど、捨てると怒りを買うので、とりあえず使っていない部屋へ移動。箱には上と側面に表題を書いて、後日使う際に捜しやすいように。)
・季節物、数ヶ月に一度しか使わない物、買い置きの消耗品を、上の棚とか棚の奥など、取り出すのに一手間かかる場所へ移動。(必然的に使用頻度の高い物は、簡単に手に取れるようになる。)

・下に新聞紙を敷いたり、不要なテーブルクロスを切って敷く等、掃除しやすい工夫をする。
・棚の中に100均で買ったファイルの収納箱を置いて、皿を立てて収納する、コロコロが付いた収納で、引っ張り出せる様にする等、取り出しやすい工夫をする。

・物の数を決める。必要なら、北と南に一個ずつ置く、名前を書いて一人に一つ持って貰う等、臨機応変に。
・動線を考えて、使用頻度の高い場所にそれぞれの道具をスタンバイし、引き出しと棚を整理して、表面に大きく表題を書く。わかりにくいなら、棚を赤くして収納の物にも赤いテープを巻く等、色で分かる様に。

・収納方法に工夫する。道具そのものにヒモを付けてしまって、その場でしか使えないようにする。吊り戸棚の下面を磁石にして、包丁やハサミ等の金属製品がそこにぺたっと貼り付けられるようにする。(但し、スマホとかカード類が、磁気に触れないように注意)工具類は、固いスポンジをそれぞれの工具型に切り抜いて、特定の工具が特定の位置にしか入らないように、又無くした物が一目で分かるようにする。

・プラスチックの水切りカゴを、ステンレス製に変える。洗濯して使っていた物を、使い捨ての物にするなど、掃除や仕事の手間を省く工夫をする。
・掃除機、アルコールスプレー、掃除用ブラシ等、頻度の高い掃除グッズは収納せず、すぐ使えるように。

これらの工夫で、ストレスが減りました。主さんも頑張って!

ユーザーID:7928019862
 


現在位置は
です