現在位置は
です

発言小町

新しいトピを作成
本文です

正直疲れます

まりさ
2017年11月13日 16:04

10代女性です。

一番親しい友人の話です。
私の友人は天然・自分に甘い・世間知らず・あまのじゃく、です。彼女は天然のところがあり一緒にいてとても楽しいです。他の友人にはないユニークさがあります。しかし、その代償といいますか悪く言えば彼女と上に非常識です。

我慢という言葉を知らずその甘えに付き合わされることが時たまあり、何か自分の不都合があれば他のもののせいにするところもあります。また、彼女は言葉をあまり知りません。(勿論純日本人です。) 以前「はぐらかす」という言葉を使ったところ意味を知らなかったようで説明をしました。一通り説明したところにっこり笑って

「にげんな、とかでいいじゃん」と満面の笑みで言ってきました。

彼女は高校生ですが言葉の説明は会うたびに1度はされる頻度なので最近は私が多彩な言葉の必要意義に疑問を感じるようになりました。また他に理解が2・3テンポ遅いなどと彼女は現状私の一番のストレス源です。

勿論一緒にいて楽しい事にはありますがそれと同じかそれ以上に疲れます。割合としては 楽しい40% 疲れる 60%というところです。
自身のストレス度を考えると距離を置きたいのはやまやまなのですが2人でよく行動したりなどと理由があり、離れづらい状況です。

どうするべきでしょうか??
また多様な言葉はなぜあるのでしょうか??

ユーザーID:5931532060  


お気に入り登録数:3
  • 携帯に送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
古いレス順
レス数:4本


タイトル 投稿者 更新時間
疲れるのなら
ことのは
2017年11月13日 17:17


疲れるのなら、ほどほどに付き合うしかないでしょうね

満点な人間はいないし、トピ主さんにとって完璧を返してくれる友人はいません
それはその友人側にとっても、そうだと思います

トピ主さんとその友人は高校生でしょうか?
社会へ出ると、対人関係の悩みは尽きません

そこで疲れるとまで思うのなら、腹6分でお付き合いなさいませ
どことなくですが
友人に振り回されているのかな?と思いました

面白い事を言って楽しませてくれる人とは友人でいたいのでしょうけど
自分に甘い、あまのじゃく、天然
とまで羅列するのであれば

一線をひいてのお付き合いが一番いいのでは?


 

ユーザーID:8705099956
似た者同士
ちび
2017年11月13日 18:24

多様な言葉はなぜあるか?
言葉は伝えるためにありますよね?
人間の生活は全てに於いて複雑です。
その複雑な事をより正確に伝えるために、言語も複雑に(多様に)なりました。

さてお友達との付き合い方ですが、
自分の意思に反して行動を共にしなければならない場合は、
それがあなたの「役割」なのだから、必要最低限のお付き合いをすれば良いのです。
しかしそうではなく、一緒にいて楽しくて自分の意思で付き合っているなら
似た者同士、類は友を呼ぶ、あなたもお友達と同レベルだという事です。

良くも悪くもお友達は自分の鏡です。
お友達と「ただ」一緒にいるだけでは、あなたも「天然・あまのじゃく・世間知らず・自分に甘い」ただの子供です。
そうではなく、お友達の素晴らしい所を見つける事で、あなた自身の視野がグッと広がり人生が豊かになると思います。

きっと彼女はあなたの一生に友達にもなり得ます。
二人で一緒に頑張って、いろいろな事を考えて悩んで、会話して、成長してください。

ユーザーID:0946324278
よくあるかも
メイカーズ
2017年11月14日 1:08

そういう経験をして大人になっていくんだと思いますよ。
10代、中学生高校生の頃は、私も経験あります。

語彙力が多い、少ないは、知識の違い。本をよく読む、読まない、知的好奇心がある、ないみたいな違いから起こることじゃないかな。
別に不思議なことでもない。

そこで「疲れる」となるのは確かにストレスですけど、40%の「楽しい」があるなら、なんとかつきあう事はできるよね。
100%「楽しい」と思える友達も運が良ければ出会えるでしょうけど、そうそうないかもよ。

その「疲れる」も、そう思うと余計にそこがクローズアップされてきつい。
波があるでしょ、きっと日によって。
なんとかバランスとって、良いところだけ見てつきあえない?
切るのは簡単だけど、後悔することもありますよ。

若い頃って「やだな、疲れる」と思うとパッと切ってしまったりして、でも何年もたって振り返るとその子の良かったところが思い出されて「切らなければよかったなー」なんて思うもの。簡単に切ってると友達なんて続かない。

>多様な言葉は何故あるのか

コミュニケーションの為です。
でもそれは何歳であっても必要とする人とそうでない人といて、画一的なものではない。
大人になるにつれ、その感覚の合う人同士が集まるようにはなるかもね。
高校時代はさておき。

ユーザーID:9045245333
全てに甘い
むた
2017年11月14日 15:56

彼女は全てにおいて甘えているのだと思います。彼女の育ってきた環境がいちばんの原因でしょう。そういう子は、社会に出てから苦労すると思います。
言葉を知らないというのは、可哀想なことです。
今の若い子は全て「ヤバイ」で解決してしまうところがあります。
話の印象では、友人はそういう子なのでしょうか。もちろん、そうじゃない子もいますが。
トピ主さんが仰る「はぐらかす」という言葉を「逃げるな」という言葉にしたとすると、「あの子って、はぐらかすの上手いんだよね」→「あの子って、逃げるの上手いんだよね」になると、意味が全く違ってきます。
対応する様が、行動する様になります。

それに、同じような意味でも違う言葉を使うことによって、相手に与える印象を強めたり和らげたりすることもできます。
言い難いことも言葉を換えれば伝えやすくもなるし、言われた人も傷つくことなく理解することもできます。

多様な言葉があるから、色々な言い回しが出来て面白いと思います。単調な言葉、ボキャブラリーの少ない人と話していても面白くありませんよね。色々な語彙が溢れて出てくる人と話ていた方が会話も彩り面白いです。

高校生ならば、次は進学か就職になりますが、友人は社会に出て色々学ぶしかないでしょう。大人に囲まれれば多少は違ってくるはずです。付き合いが面倒ならば、離れるのがいいですが、それが出来ないのであれば、面白い本を紹介してはどうでしょうか?小説がいいですが、それが無理なら漫画でも少しでも字に触れる時間を増やしていくのがいいと思います。一緒に図書館に行くといいかもしれませんね。

ユーザーID:8600421433
 


現在位置は
です