現在位置は
です

発言小町

新しいトピを作成
本文です

インコに対する迷い

小桜
2017年11月14日 13:44

現在、14才のコザクラインコと共に暮らしているものですが肝臓疾患で通院しています今月に入り気づいたのですが尾脂線の横の辺りに腫れ物ができているのを見つけ診察してもらった所、触診だけで多分 脂肪腫ですと言われましたが肝臓が悪い為にメスを使えず入院も希望しない為に電気で焼き切る治療をするか何もしないで様子を見るか…と言われ今はインコは腫れ物を気にしていないのですが今後、大きくなった場合に気にして突いて血が出たり感染症を起こしたり大きすぎて取れなくなる場合もあるとのこと…事前にある程度調べていったので言われたことに納得。一番怖いのは治療をしたがために弱ってしまわないかが心配です。ウチのこは去年、足を痛めて体調を崩し餌も食べず体重が10gも減り入院させたのですが入院して3日目から面会に行くと帰る時に痛い足を引きずり呼び鳴きし強制給餌も吐き戻す様になったので6日目に朝いちで面会に行った際に、その場で退院になった経緯があります。迷いがありますのは今の病院は鳥も診れる医師ですが鳥好きでないのが接し方でわかりますし(不親切ではないです)肝臓が悪いと羽根の色が変わるのですが投薬治療が決まった時に羽根の色は戻りますか?と聞いたら戻りませんとの回答…元に戻ってきたので診察時に こんなに羽根の色が戻りましたと報告したら、そうなんですかー?気づいてない様です。前にいた先生が開業されて止めるので引き継がれた先生ですが前の先生は羽根の色は完全には戻らないかもしれませんが大分戻ると言われ診察も毎月 身体の状態を見たいと仰り毎月でしたが今の先生は年に3回程です。そこで思い切って開業された先生の病院に行き相談したいのですが家から駅までタクシー新幹線タクシーで構内移動とか待ち時間入れずに1時間10分かかります。それ+病院も待つのと帰りの時間も合わせると老鳥が心配です。鳥飼いの皆さんならどうしますか?

ユーザーID:8917247326  


お気に入り登録数:27
  • 携帯に送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
古いレス順
レス数:3本

タイトル 投稿者 更新時間
前の先生に連絡してみる
ゆず
2017年11月14日 15:23

どんな治療をするかの判断は全て飼い主さんの意思で決めないといけない為
とても悩む部分がありますよね

前の先生のところへ通うのは一度診てもらうだけというわけにもいかないようなので
やはりインコちゃんにも移動中の騒音や身体的負担も大きいと思うので
まずは電話で相談されてみてはいかがですか?

もし鳥に研究熱心な先生が近場にいらっしゃるようであれば
紹介していただくなど何か道がひらけるかもしれません

お代は送金致しますというのも最初に伝えて
電話で相談するか、
インコちゃんはお留守番してもらって
一度あなたが直接前の先生の開業先をアポとって訪れて
ここに書かれているような今の先生への違和感などもきちんと説明し
どういう選択肢があるか教えていただいたらいかがでしょうか

人間の治療ももちろんそうですがペットの治療となると
保険がきかないことや、その他もろもろで
先生の方からこうしましょうという強いススメはあまりおっしゃらないなと
感じたことがありますので
きっと言えないんだろうと思いますが
どういう方法をとることができるか、それはこちらが熱心に求めれば
きっと答えて下さると思います

お大事に

ユーザーID:6620536107
トピ主です
小桜(トピ主)
2017年11月18日 18:47

ゆず様有難うございます。
アドバイス通り相談してみました。
一度診てもらうことになりました。
現在、市内近辺でインコを診れる評判の良い
病院に通っているのです。
高齢で治療はできないかもしれませんが
とても良い先生なので納得できると思います。もっと
弱った時のことも相談してこようと思います。
公共の乗り物は殆ど使ったことがなく電車内とホーム待ち
の時の温度差の対策をどうしようかと思っていますが
ゆず様は電車等の暖房具合が分かりますか?カイロはインコバッグ
に入れたり外したりするのに貼り付けでないほうが良いですかね?

ユーザーID:8917247326
保温はカイロではなく「湯たぽん」オススメ
箸置き
2017年11月21日 21:26

私も遠くの鳥の病院に飼い鳥を通院させたことがあり、厳寒だったので保温には苦労しました。
まず、大きめの保温バッグ(お買い物用の内側がアルミの保冷バッグが保温バッグとしても使えた)を用意し、そこにバスタオルを引いて、大きめの湯たぽん(ドラッグストアなどで売っている電子レンジで暖めるジェル状態の湯たんぽ)を熱々に加熱したものを包み、その上にあらかじめ暖めておいた移動用キャリーをのせ、上からもバスタオルを厚めに被せました。

カイロは、酸素を消費するので密閉した状態で使うと小鳥が呼吸困難になると聞きました。カイロよりも湯たぽんや、熱いお湯を入れたペットボトルをタオルにくるんだもので保温するのを勧めます。

ユーザーID:4577485471
 
現在位置は
です