現在位置は
です

発言小町

新しいトピを作成
本文です

早産、早生まれなど。日本も「学年」を柔軟に選択できれば…

HappyMarch
2017年11月16日 14:44

事情で予定日より早く、3月末に低体重で産まれた子供がいます。
健康で産まれてくれただけで感謝ですが、現在1歳7か月。
かなり発達マイペースなため早生まれについて色々考えるようになりました。

日本は「学齢」によって「学年」が選べませんが、海外諸国(アメリカやドイツなど)では、小学校でも飛び級や就学猶予(入学を遅らせる)など子供の能力や保護者の意向に応じて選択できるところが多く、韓国でも2009年に早生まれ制度が廃止になったようです。

日本の場合就学猶予は存在するものの、条件も厳しく実例はほとんどないとのこと。
もっと柔軟に選択出来るようになれば、例えば早産で学年が繰り上がってしまったお子さんや早生まれで発達マイペースなお子さん、生きやすくなると思いませんか。

実際に論文等(川口教授、早生まれ)で、幼少期の相対年齢効果による成功体験が、その後の学習・運動意欲及び人格形成、最終学歴にまで関与していることも証明されています。

そのため、妊活の際に最初から出産予定日を調整する方もいるとか。
晩婚化とともに不妊で悩む方も多い中、妊活期間が制限されるのは、少子化問題を更に深刻にすると思われます。

先日、文科省に相談してみましたが、発達が心配な場合は特別支援学校へ。と杓子定規な回答しかいただけませんでした。
今後、政府に請願書を提出することも本気で考えています。

日本では、一般的に早生まれは保活や受験など様々な面でも不利とされているようですが、結局、学齢で画一的に区切る制度を見直すことで、個々の可能性が広がるように思います。

早生まれ問題は、時々メディアでも取り上げられていますが現状は変わっていません。
もちろん気にならない方もいると思いますが、何らかの課題を抱えている方もいる以上
皆が安心して妊娠出産子育てできるよう賛同してくださる方の声を集めたいと思います。

ユーザーID:7709808392  


お気に入り登録数:160
  • 携帯に送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
古いレス順
レス数:110本

タイトル 投稿者 更新時間
同じ能力ならね…
わさび
2017年11月17日 21:24

同じ能力なら、幼少期の相対年齢効果が影響するかもしれません。

しかし、例えば運動音痴の私が進学を一年繰り下げたら「体育で成功」したかというと、そうは思えません。早々に年下の同級生に追い抜かれたと思います。

もともとの能力に限界があれば、進学時期をずらしても、成果が出るとは限りません。
むしろ同じような能力の子が揃い、「早生まれだから」という逃げ場がなくなって厳しいことになるかもしれません。
また、何を重視して進学時期を決めるか、親の責任も大きくなります。「運動は得意だけど勉強が苦手」な子を、発達が遅いと判断して下の学年に入れたりしないでしょうか。

お子さんは、進学時期をずらしたら解決する程度の「マイペース」なのですか?

ユーザーID:6753781806
自由にしたら
はなえ
2017年11月18日 0:52

うちの子供も三月生まれですが、別に入学年度を遅らせたいなんて思いませんね。
むしろ、体格や知能の発達の早い子と一緒にいる方が、引っ張られて成長が促進されると思う。
同じ月齢でも発達が違うのは当たり前、その差異による個性や多様性こそが、幼児の共同作業や共同生活の利点だと思う。
幼児教育において、能力が揃ってる人と一緒に居る事の利点は何ですか?
親の競争心やプライドが許さないってだけでは?
よほどの天才児ならともかく、一般レベルでそこまで足並み揃える必要がありますかね。
マイペースが良い、というなら、家で保育や教育をなされば良いのでは?

ユーザーID:7778931817
難しい
リンゴ
2017年11月18日 5:38

日本では落ちこぼれを出さない、皆同じが重要な教育、そして社会の為、飛び級、落第等、諸外国の様にするにはかなりの時間が掛かると思います。社会に出ても出る杭は打たれる風習なので、非常に難しいのではないでしょうか。

私の現在の在住国では飛び級、落第等も普通に有りますが、日本で同じ事を行うと、画一的である事を乱す事になるので、文部省がそう簡単に既存のシステムを変更するとは思えません。

飛び級、落第等で子供も大人も大騒ぎしない色んな人が居る事を認識出来る社会になれば可能だと思います。

ただ、日本の落ちこぼれを出さない、飛び級も無い、年齢でスパッと区切る教育も底辺の底上げという意味では非常に優れたシステムで、日本を離れると、日本の教育システムが素晴らしい事を感じます。先生も非常に熱心な方が多く、色んな教科を満遍なく学ぶ、恵まれた国で教育を受けた事に気付きました。

どの国の教育にも一長一短が有るということでしょうね。

ユーザーID:9045982059
柔軟になるのは良いことですが、ある程度の決まりは必要。
さき
2017年11月18日 6:00

柔軟になることは良いことですが、何でもかんでも柔軟な政策が良いとは思いません。
一定の決まりごとは、社会を完全に回す上で必要だと思います。
また、学年が柔軟に選べたとしても、現在の日本社会は留年や浪人に否定的な考えを持つ人も多いので、
トピ主さんのお子さんが一学年下で入学を許可されても、周りの子や親の反応は否定的だと思います。

その研究は50年以上前のもので、今は特に差が顕著だという研究結果は出ていないというのが主流です。

端的に思ったのは、トピ主さんが早生まれが嫌なんだろうなということです。
早生まれを気にするのは親だけで、当の本人は全く気にしていません。
気にしている子供がいるとすれば、親の刷り込みです。それはその子にとってとても不幸なことです。
そういう親は意識せず子供をハナから「早生まれだから出来ない」と決めてかかってるんですよね。

私は早生まれではありませんが、兄が早生まれです。
兄は私(二学年差の年子です)から見ても兄の同級生より幼いと思ったことがありますが、
母は発達に影響すると思ったのか、一切早生まれというのを言い訳にしなかったそうです。
その結果、普通に成長し、人並みの生活を送ってます。
兄を見て、結局は3月でも4月でも変わりはないと思いました。
4月上旬生まれでも、難がある人はいっぱいいますしね。

早産も、25週早産と、36週早産とではまた違いますが、
障害が残らない場合は、就学の頃には大体同じくらいには成長しますので、今の制度でも問題ないと思います。
ちょっと差があるということなら、特別支援学級との併用で、徐々に普通級に移行しますし、
就学の頃まで顕著な差があるなら、それはもう大人になってもその差は埋まらないので特別支援学校へ、ということになります。

なので、早産だから、早生まれだからという理由での柔軟な対応は必要ないと思います。

ユーザーID:7541387279
なるほど携帯からの書き込み
ローヴィ
2017年11月18日 8:00

我が家には発達障害児2人います。
長男は完全に発達が遅いので、特別支援学級にお世話になってます。
10月生まれだし、たぶん一年遅らせる意味はなかったかな。

次男がやや知能指数が低めですが、4月生まれなのでなんとかなりそうとのこと。
次男は切迫早産で3月中に産まれてもおかしくないところギリギリまでもってくれて、4月に産まれてくれました。
もし、3月中に産まれていたらやはりトピ主さんと同じような悩みを持っていたと思います。

ユーザーID:2167386438
同感
デスク
2017年11月18日 9:35

ヨーロッパで子育てをした友人が、入学時期、飛び級、留年に対する方考え方が柔軟で、助かると言ってました。

まだ幼いから入学は来年、授業についていけない、理解できないので、もう1年間学ぶって子どものための教育ですよね。

日本は、みんな一緒、他人と違うのが不安、集団行動が好きという考え方が強いので、個人が大切にされにくい文化だといいます。改善されるといいです。

ユーザーID:8025107809
賛同はしたいですが携帯からの書き込み
えーと
2017年11月18日 11:07


少子化ということは、子供が少ないのですよ。

そこに議論して時間を割くとは思えないです。

人数が少ない学校でも行けば、学年関係なく学べると思います。

人数が多いとどうしても一定にならざる得ません。早生まれにしない方法はあるのですからね、生むほうが合わせるしかないですよ。

私は下の子は上の子の夏休みに生めるようにしたくらいですよ。

早生まれが嫌だったら生まない事です。

成長すれば、大差ないですよ。

ユーザーID:6380404173
早生まれです
ものの子
2017年11月18日 13:00

私は早生まれです。
トピ主さんの意見には早生まれの子の気持ちや立場が書かれていないのが気になります。
私は早生まれですが、親に勝手に判断されそんなことをされたら嫌です。不快です。
子どもの意志がはっきりしない、判断能力がない段階で勝手なことをしないでほしいです。
他にも親が決めることは沢山あるけれど、入学する時期などは
割と大きな問題ですよね。親の独断で決めないで欲しいです。
もしそれで子どもが嫌な思いをしたり、遅れて入学は嫌だった、
悲しかったとなったらどのように責任をとるのでしょうか。
通うのは子どもです。脳的にメリットがあっても、それよりも大切なことはあると思います。
子どもの気持ちとの折り合いをどうするか。
そこを明確にしないと議論は始まらないのでは?
通うのは親ではないのですから、当事者の立場に立ち、
あらゆる角度から考えなければ。
嫌だと感じる子どもの問題をどう解決しますか?
いっそ早生まれは全員強制でそうするとなれば諦めもつくでしょうが、
親の判断となると反感も生まれると思いますよ。
敢えて人と違うことをさせ、違う思いをさせるのですから。
脳的にしんどくても同じがいいと考える子がいても
おかしくはないと思います。

ユーザーID:1938500760
同感です携帯からの書き込み
むっちゃん
2017年11月18日 17:41

よく3月生まれと4月生まれでどちらが得かなど話題になりますが
大切なのは、その子にとってどちらが合っているかだと思います。

4月なのにマイペースで小柄な子もいるし
3月でも大きくてしっかりした子もいる。
だから早生まれでも心配ない。などのご意見もみかけますが、それは、たまたまその3月の子が困らなかっただけ。

年上お手本集団にもまれて、真似て伸びる子もいれば、自分が年長者で、リーダーシップタイプに成長する子など、子供の成長は個人差が大きく十人十色です。

その中で、マイペースで小柄なタイプ、あるいは早産などで成長がゆっくりな子。
そういう子たちが早生まれだった時に、ダブルハンデとなって苦労し、いじめなどにもつながる可能性が大きいのだと思います。

お子さんが早生まれで心配な方は日本の制度だからと諦めてると思いますが、もし本当に選択制になれば救われる方も多いでしょう。

昔は、三月末に出産しても4月 2 日で出生届を出すなどありえたようですが
今は、昔と違い厳しくできないのなら、確かに、制度を変える時ではないでしょうか。

大学や社会人では、年齢ではなく同期が=友人で違和感ないですよね。
幼少期もそれでいいと思います。
いかに有意義な成長過程を過ごせるかが大事で、将来、早生まれだから同級生より若いとかは体勢に影響ないことだと思います。

ユーザーID:6161835214
賛同します。
5月生まれ
2017年11月18日 19:26

同じようなことを考えていました。
例えば区切りの前後三か月の人はどちらの学年を選んでもよいとか
トピ主さんが言うように、早産や発達状況などの理由で一年遅らせるなどの判断は保護者の裁量にもう少しゆだねてもよいのではと思います。

プロサッカー選手には、4月5月生まれの人が多く早生まれの人は少ないという記事を読んだことがあります。
これも学年の区切りの影響が全くないとは言い切れないでしょう。
行政に意見具申、いいですね。 支持します。

ユーザーID:6674918299
私立なら
甘梅
2017年11月18日 20:28

私立は幼稚園でも小学校でも学年を下げる選択も可能ですよ。我が子にいろいろと融通をきかせたいのなら、私立がお薦めです。

ユーザーID:1226962536
あと保育園の問題ですが
ところがね
2017年11月18日 23:33

 あれは、入れたいと思ったときにすぐに申し込みができて入園できる体制になっていないことそれ自体が問題なのです。助けが必要な人がいるのに、社会福祉が機能してないってことを意味するからです。
 そもそも、「社会福祉」なのに申し込み時期が指定されていて、指定された時期に申し込みができる人から優先的に入ることができるという状態がもうおかしいのですよ。待機児童(場所によっては保留児童とも言うんでしたっけ?)がいるということは、社会福祉の機能に重大な問題があるってことなのです。

 保育園の問題は、早生まれや早産が問題ではないのです。必要なところに必要なものが行き届いてないことが問題なのです。問題の本質が全く違うので間違えないように。

ユーザーID:3122782973
次の学年が前年早生まれ+「その学年ー早生まれ」になってます
学年が選べる国在住
2017年11月19日 0:22

在外で、「早生まれ」は学年が選べる国在住です
そして日本より就学が数年早いです
基本的に、早生まれ以外の子が学年を遅らせる事は難しく、早生まれも早生まれでない子も飛び級はできません

うちの子Aは、その国では早生まれ(日本なら2月下旬)に相当し、生まれた時に現地の方から学年が選べると教えて頂きました
就学前に色々な方に意見を聞きましたが、特に問題を感じなかったので…そのままの学年で就学させました

Aが就学し子供同士の話や誕生会等を通して、Aの同級生の誕生日を知ったのですが…
Aより後に生まれた同級生は学年に1人だけで、就学を1年遅らせた同級生の中にはAより誕生日が早い子も居て、同じ学年で1年以上差があります
日本なら、H29年1月〜H30年3月生まれが1学年のような感じです
学年が選べるのは悪い事ではないと思いますが、大半の子が遅らせてしまうと学年を区切る月を変えただけ?のような結果になってしまいます

ここでは、必要なら小学校等義務教育でも留年があります(割とシビア)ので、学年を遅らせ+留年も経験してしまうと2年以上遅れる可能性はあります
Aが小学校卒業してから随分経ち、今は誕生日による差よりも学力差の方が顕著になっています

主様はお子様が3月末に生まれたから、早生まれの子の事を心配しているのだと思いますが…
最近は実際の月齢と修正月齢がズレるお子様も増えて来ましたので、生まれた月に関係なく、その子の成熟度に合わせて就学年度を決められる方が効果的なのでは?と私は考えています

ただ、主お子様はまだ
>現在1歳7か月
これから成長し、小さく生まれた事を感じさせない位になる可能性もあります

色々と心配だとは思いますが…
子が大きくなり生意気な事等を言われると、昔は可愛かったのに〜と思います
お子様との時間楽しんでください

お子様の健やかな成長を願っています

ユーザーID:0642409810
切り取って海外に習えでは賛同できません
3兄弟の母
2017年11月19日 1:40

一部だけを切り取って海外に習え・・・という考えには賛同できません。

早生まれ廃止なら、1月入学にすれば全員同じ年生まれですよね。しかし、1月生まれと12月生まれに差があるのは4月入学制度と同じで。トピ主さんの3月生まれのお子さんと同じ思いを12月生まれの子がするだけのこと。
実際にはお正月を重視する日本で1月入学は非現実的ですね。

日本の殆どの企業は定年制を年齢で敷いています。
従って1年遅らせれば生涯年収が減ります。逆に飛び級をして1年早く卒業すると企業は1年間多くの年収を支払うことになり、全体を見ると膨大な出費となり企業の経営状態の悪化を招きます。


私は、全体を見ないで一部だけの改革や改善を主張するトピ主さんに賛同はできません。
人間は年をとれば年齢差が近くなるのは周知の通りです。

1歳と2歳の子供の差、小学校6年生と中学1年生の差、29歳と30歳の差、55歳と56歳の差・・・年の差は対象年齢によって大きく異なります。

目の前の自分の子供だけを近くから見ているからの意見でしょうか?
もっと視野を広げておおらかに子育てを「楽しんで」ください。マイナス面よりプラス面を探すことが子育てを楽しめると思います。

ユーザーID:4599014910
わかります
ohoho
2017年11月19日 22:26

4月一斉入学・新卒一括採用・バブルウハウハ氷河期世代は人生どん底。
なんだかな〜と思います。
個人の能力ではなく生まれつきや生まれ年にによって人生左右されることが多いのが日本のシステムのような気がします。

もっと柔軟に、4月入学ではなく6歳で入学とか、大学みたいに科目ごとに習熟度別授業とかでもいいと思いますよ。
もちろんできない子は何度もやり直しになるかもしれませんが、さんすうなど躓いたままでは、すすめばいいってものではないし、というようなものもありますし。

一方でできる子はどんどん進ませればいいと思います。


日本の学生は世界でもとりわけ自己肯定感が低いとの調査があるようですが、こういう画一的なシステムのせいかと思います。頭がいい子も悪い子も、体格が良い子も悪い子も一緒くたに単なる生まれ月で区切られ、自分ができるところをやる、でなくて決められたことを周りと同じようにやるってことが必要になってくるので。

で、別に周りと同じことを無理にさせたからってその子ができるようになるわけでもない。ただ落ちこぼれて机に座ってるだけの学校生活。あるいは運動音痴のレッテルを張られるだけ。

それって教育なのかしら?って思う。


別に早生まれに限らずもっと柔軟に対応すればいいのにな〜と思う。

ユーザーID:6006172287
それは有名な話ですが
私も早生まれ
2017年11月19日 22:43

特に運動で顕著ですね。
以前、プロのスポーツ選手がコラムでそんなことを書いていた記憶があります。やはり4−6月生まれが多いと。
幼いころの成功体験って大きいんですね。
私は昔から運動音痴と思い込んでいましたが、もし早生まれでなかったら運動が好きになっていたかもしれない!と、今はちょっぴり思っています。
かけっこやドッチボールなんて最悪でしたから。

でも、学業は早生まれの弊害は全くありませんでした。
ちなみに、さらに早生まれの知り合いは運動神経抜群です。

ので、私の運動能力はそもそもそんなもんだったのかもしれません。。。(もしかすると平均ちょっと位は行ったかもしれませんが)
ただ、自信は持てたのかもしれませんね。そうすれば運動部にも入ったのかも。
そうすれば人生は少し、違ってますね。

ユーザーID:8920271890
私も、選択学習は賛成です。
みやん
2017年11月20日 0:06

子供の能力に応じた、飛び級や、留年制度ですよね。
それが差別なく当たり前になれば、中学になっても四則演算が出来ない、
国語での漢字の読み書きや作文が出来ない等、の受け皿は出来ると思います。

学問という面だけ見れば、
15歳になったら、中学までの学習は全て教えたのだから、出来るはずだ。
20歳になったら、大人である。という、年齢で区切った概念はどうかと考えています。

人生90年と考えると、子供が学ぶ時期には幅があった方がいいと思っています。
いづれ、働いて納税してもらうのだから、
ところてんのように年齢になったのだから、いいだろうと。不完全な教育をするよりも、
個々に合わせた能力で学習することは大事なのでは?と思います。

ですが、問題もあります。
飛び級や留年したことに因る、差別がないこと。(制度があるところでは、必ずあります。)
国に予算(教育費)がないこと。
そういった判断が出来るマニュアルや機関がないこと。
別で学習障害(知能は普通にあるのに、読み書きが出来ない子。)という問題もあります。

それを必要としている子は、普通の枠ではないとみなされて、
どうしても外されてしまうのが現状です。
結局、マイノリティーに属す子の為に、お金や人材のかかる制度は作りがたい。
そういうことなんだと思っています。

だから、現状のままでいいのか?なんですが、
個々に合わせた教育が出来れば、本当に理想的だな。と思います。

でもかなりの難問だとも思っています。

ユーザーID:6125053423
気持ちはわからないでもない
kei
2017年11月20日 11:03

ついこの間4月中頃に生まれた子がいます。
生まれる日について気になってました。
4月の1日までは下の学年になってしまうからです。
同級生は既に生まれて一年近くたっていると思うと気になりましたね。
海外は日本よりいろいろと自由で選択肢が多くて羨ましいと思うことはあります。
でも日本にいるからには期待しない。それでもいつかは日本も新しい制度を取り入れて近づける日が来るかなと思います。
私も日本の右へならえ的なやり方には疑問を持っています。

ユーザーID:7217443438
親の勝手な意図に左右される
tomo
2017年11月20日 12:34

その子をよく観察して学年をずらすだけで解決しそうな問題なら悪い事ではないですが、往々にして親の見栄や安心のために使われそうな気がします。
日本に導入するにしても専門家による個別の認定が必須など、ある程度厳しい条件を設けないと制度自体に混乱をきたすと思います。

私もアメリカに住んだことがありますが、日本人の場合は特に、せっかくアメリカにいるのだから該当の学年で入学させるなんて損と言わんばかりに次の学年で入学させたがる人が多くいて、何だか奇異に感じました。

たしかに幼いうちなら数カ月早く生まれている分、他の子より習得が早かったり点数が取れたり本人の自信につながるのかも知れませんが、1、2年もすれば遅らせた利点なんてなくなってしまいます。
幼いうちに「楽勝」と感じてしまったらその後は努力しなくなり、いつしか月下のクラスメートに追い越される立場に。
たかだか数カ月の生まれの違いなんて、すぐに個人差として吸収されてしまいます。

ある程度は背伸びしたり悔しい思いをするのも成長の過程で必要だと思うのですが、それよりも最初から有利なポジションで楽ができる方が大事でしょうか。
この辺りは、考え方の違いとしか言いようがないですけれど。

4才くらいでお手洗いを一人でできない子、親と離れられない子が幼稚園に入れないというルールはよく聞きますが、就学の場合は話が別です。

親のためでも受け入れ側のためでもなく、生まれた時期というはっきりした基準によって学校へ行くことができるのは子供の権利です。
親の恣意で左右されてはいけない部分だと思います。

ユーザーID:2086919914
ご心配ですね
よつば
2017年11月20日 14:43

「成長すれば差はない」というご意見は全くその通り。
であるならば、であるからこそ、トピ主さんのおっしゃる通り小学校入学を規定通りにするか一年遅らせるかなんてことは親が選択しても何の問題もないと思います。

うちの子は普通の体重で生まれましたが3月生まれで発達マイペース。
同級生たちと比べると一番小さいし、要求される基本的なことがいろいろできませんでした。
周りと比べると凹むので、私は彼の発達が気になった時は1年前の彼と比べるようにしています。
去年よりはずいぶん成長したなぁ、よしよし。

「早生まれだから」って言い訳できなくなるよ
なんて意地悪なレスがありましたが、好きでそんな言い訳する人いないでしょ?何か苦しい思いを抱えているんです。

うちの子の入学を遅らせた方が良かったとは思いませんが、早産の方の心配と不安は察することができますし、そういう方が入学を遅らせたいと思うことに反対する理由は私には何もありません。

ユーザーID:1910437712
 
現在位置は
です