現在位置は
です

発言小町

新しいトピを作成
本文です

モロッコ行ったことありますか?

砂漠砂漠
2017年11月18日 21:23

トピを読んでいただきありがとうございます。
現在私は家庭の事情で仕事を辞めて、家族の子守をしています。子供達はとてもかわいいのですが、正直言ってものすごくストレスが溜まります。
海外旅行好きな私ですが、今は到底無理なので、旅行会社にあるパンフレットをいただき、頭の中で計画を立てて妄想することでストレス発散しています。
まだまだ先の話なのですが、再来年には子守を卒業する予定ですので、再就職する前に、頑張った自分のご褒美に絶対にモロッコ行こうと思っています。と言うか大袈裟ですが、今はモロッコに行くことを心の支えに日々頑張ってます。
そこで皆様にお聞きします。モロッコ行ったことありますか?行かれた方どうでしたか?何でも結構ですのでお聞かせ下さい。
皆様のお話を聞いて楽しみたいのです。
行かれた方の中でもし添乗員付きのツアーで行かれた方がいらっしゃったらその感想も聞かせてください。行く時の参考にしたいと思っています。
よろしくお願いいたします。

ユーザーID:2168919809  


お気に入り登録数:60
  • 携帯に送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
古いレス順
レス数:15本

タイトル 投稿者 更新時間
感動するモロッコです。
kamome
2017年11月19日 7:45

3年前の1月後半から2月にかけてアーモンドの花が見たくて添乗員付きツアーに参加しました。
私は一人暮らし60代母なので、いつもツアーに一人参加で海外へは行っています。
ツアーに一人参加できるのは、クラブツーリズムが大好きなので(一人参加でも料金は上がらず、相部屋料金も同じ)毎回この会社利用で安心できます。

関空〜ドバイ〜カサブランカ着、マラケシュ、ワルザザート、エルフード、フェズ、メクネス、ラバトでの6つの世界遺産周遊8日間で、街から街への移動は現地ガイドもついての観光バス移動になるので(隅々まで行くので交通網は無い所も多い)楽でした。長時間移動になるので途中でトイレタイムはあります。
見るもの全てが異国情緒あふれて感動しっぱなしでした。
途中バスの窓からアルガンの木にヤギが登っている風景も見れました。
マラケシュのフナ広場、アイト・ベンハッドゥ、サハラ砂漠日の出鑑賞、トドラ渓谷、見たかったアーモンドの花もバスが止まってくれて降りて写真も撮れました。

モロッコはアルガンオイルが有名なので、当然たくさん買って来ました。女性には嬉しい買い物でした。
サハラ砂漠日の出鑑賞も早朝なので、完全装備で砂が靴に入らない様に20cm丈のあるブーツにしました。赤茶のさらさら砂を現地ガイドからお土産に貰いました。
日の出も見られて感動そのものでした。
モロッコの通貨両替は現地空港でしか(カサブランカ)出来ないので、空港について皆さん両替しました。

機会があればまた行きたい国の一つです。
是非行ってくださいね。ネットでも情報は得られます。

ユーザーID:5281905074
旅行形態は?
きゃめる
2017年11月19日 10:10

旅行形態と人数は決まっていますか?

私は添乗員付きツアーに2人で参加したことがあります。
基本的には団体旅行は好きではないのですが、全観光と食事までついているのに驚くほど安かったのでそれを選びました。
旅行中の移動手段とか食事とかチップとかって結構面倒なんですよね。アラビア語もフランス語も出来ないし。

本当に異国という感じで、とても楽しかったです。
毎日早朝からアザーン(祈りが始まるお知らせ)が鳴り響き起こされましたがそれもまた異国文化として楽しめます。
物価は日本より安いです。
モロッコでは外貨を稼ぐことがとても難しいらしく、ツアーバスがあれば必ずと言っていいほど物売りが寄ってきます。
商機を逃すまいと皆さん必死です。
自作の小物、ポーチ、化石などが多いですが、いずれもきちんとしたお店で売っている物ではありませんから、それを理解した上で買うのはアリだと思います。
お店でも本当に熱心に勧めてきてすぐ商談に移りますので、買うつもりもなく何となく見るという行為はとても難しいです。買うつもりがないなら最初にきっぱりとそう言わないと、散々時間を費やして勧めたのに何も買わない無礼なヤツだと思われます。
何かしてもらった場合には常にチップが求められると覚えておいた方が良いです。
例えば砂地を歩く時にちょっと手を貸してもらったとか、写真を撮ってもらったとか、本当に小さなこともお金を稼ぐために手を貸そうとする人がどこにでも居ます。

家並み町並みなど私には本当に目新しく、ものすごく沢山写真を撮りました。
食事は美味しかったです。特にパン(ホブス)は思いがけず美味しかったです。
オレンジジュースも美味しいです。

私は添乗員付きツアーでしか行っていないので、個人の場合はまた違った見方になる事も多いかも知れません。
実はまたいつかリピートしようと思っています。

ユーザーID:4737398034
体力勝負!
ミントティ
2017年11月19日 17:37

4年前、個人旅行で行きました。
行きましたっと言っても、モロッコの入り口のダンジェですけど。
スペインの南、アルヘシラスから
ジブラルタル海峡を越えてモロッコに入りました。
アルヘシラスの港では、モロッコ行きのチケットを売る小屋がたくさん並んでいますが
それらはスルーして、港の中に入りチケットを購入します。

魅力的ですよ。
迷路のような街。ランプを売る店。絨毯を売る店。
ごちゃまぜの異文化!
また行きたい!
でも体力がないと大変〜。

ツアーなら楽なんでしょうね。

ユーザーID:4917737290
海外情勢に注意
p
2017年11月19日 20:07

行ったことがないのですが、すみません。
モロッコは私も長年行きたいと思っている国です。ヨーロッパとアフリカの文化的なものが融合されたような場所をイメージし、世界遺産あり、砂漠あり、面白そうだなと思っていました。
そして数年前、海外旅行に行こうと考える機会があったのですが、知人に教えてもらった外務省の海外安全情報のサイトのMAPでモロッコのところを見たところ、危険地域の色が着いているのに気づきました…。ご存知でしたか?
私は安全そうな国に変更しました。ここ何年かは海外ではテロが頻発し、一昔前より危険になりましたね。どうぞお気をつけて。

ユーザーID:0249885936
おすすめの漫画と映画
ミントティー
2017年11月19日 20:42

モロッコ行きましたよ。
たしか5月くらいで本格的に暑くなる前だったと記憶していますが、砂漠はもう40度超えていました。
ただ夜は冷えるので(寒暖差が激しい)衣類に注意が必要でした。

青と白のコントラストが美しい港街もあれば、アトラス山脈と赤い砂漠があり、有名な巨大迷路の市場もあり、白い都市(カサブランカ)もれば赤い都市(マラケシュ)もある。
楽しい国でした。
もう一度行きたいです。

「女ひとりで団体ツアーに参加してます」というエッセイ漫画にモロッコ編も載っています。
サハラ砂漠の朝日鑑賞でラクダに乗った話など書かれています。宜しければご参考に。

それと映画「セックス・アンド・ザ・シティ2」はマラケシュの市場が、「ドゥーニュとデイジー」はアイト・ベン・ハッドゥがロケ地になっています。
これらも観ていかれると面白いかと。

良い旅を!

ユーザーID:6782166335
モロッコ大好き
モッコ
2017年11月19日 23:16

ドイツに住んでいます。モロッコが大好きで既に10回以上行っています。

まず何と言ってもマラケシュ。ジェマエルフナ広場での屋台や大道芸人達、すぐ隣のスークでの買い物、クトービアモスクの観光など楽しのですが、何よりもマラケシュから2、3泊の砂漠旅行に出るのがお薦めです。

次はフェズ、旧市街の迷路は衝動的です。又、青い街シャウエンも美しいです。

宿は一流ホテルも良いのですが、リアドという昔の大邸宅、宮殿をホテルに変えた宿も素晴らしです。アラブ社会では建物の外見は粗末にしていますが、扉を開けると、中はアラビアンナイトの世界です。

ユーザーID:9741905139
サハラ砂漠を歩きました
旅好きオババ
2017年11月20日 17:04

今年の3月に行きました。トルコ、エジプトは行ったことがあったので。
ツアーでしたが、添乗員さんも現地のガイドさんも良かったですよ。
カサブランカから、シャウエン、フェズの革工場で夫と私のコートを買いました。(値段は日本と変わらないけど)
暖かったのに、イフレンでなんと大雪、ようやく通れて、エルフードから四駆でサハラ砂漠の日の出を観に行きました。どこまでも続く砂漠をラクダに乗らずに歩きました。(凄く歩き辛かったけど、ガイドさんが支えてくれた)砂漠には亡くなったラクダがそのまま骨になっていて、びっくり。
マラケシュの迷路のような活気あるジャマエルフナ広場で、買い物したりお茶したり面白かった。
モロッコはケバブは美味しかったし、ベリーダンス観たり、アルガンオイルをお土産に、一度はいらしても良いと思います。

パリ経由が多いのでしょうが、トルコ航空のビジネスでイスタンブール経由、イスタンブールの豪華なラウンジが好きなので。(齢なので長距離エコノミーは辛いのです)
意外とお安かったと思いますが、今、他のツアーをビジネスで見ると結構高いです。(凄い人気ツアーで応募が多く、日程追加してくれました)
トピ主様、色々パンフレット比べてみてください。掘り出し物ツアーもあります。

ユーザーID:3731113990
何が目的かによる
まい
2017年11月21日 0:03

モロッコはスペインからも近いので行きやすいですよね。フェズやカサブランカはそれなりに観光地で見所も多く、特にフェズの迷路は一見の価値ありです。イスラム圏なのでヨーロッパとは違うエキゾチックさがあって雰囲気や町並みや文化面はかなり楽しめると思います。
でも正直あんまりお勧めはしないかなぁ
テロや治安状況等を一切無視して考えるなら、個人的にはモロッコならスペインの方がずっといいと思います。同じ北アフリカならチュニジアの方が良いし、イスラム圏に行きたいなら断然トルコがお勧めです
どうしてもモロッコにしかないもの、モロッコ限定の何かが目当てならまだしも、そうでないならモロッコに拘る必要はないと思います

私が行ったのは10年近く前なので、多少事情は変わっているかと思いますが、近代化した中心街なら問題はないと思います。でも旧市街にはやはり充分な注意が必要だと思います。
気の弱い人、大声を出せない人はなるべく大人数で行動して下さい

ユーザーID:4799744754
渡航歴10回越え
MM
2017年11月21日 10:41

初めて行ったとき、航空券は自分で手配し、現地の日本語で対応してくれる旅行社にマラケシュ発ーワルザザード一泊ーティネリール一泊ー砂漠テント一泊ーフェズ着の3泊4日ツアーをアレンジして貰いました。
行きたい場所の相談にも乗ってくれました。
日本から単独参加の方と計5名で英語ガイド兼ドライバー付のトヨタの4WDでした。4万円ほどだったかな?もう15年以上前なので、今は少し値上がりしてるかもしれません。
ご一緒した方々とも楽しく過ごせました。
マラケシュとフェズのホテルも自分で手配しました。
当時は電話しか手段がなかったですが、今は予約サイトがあるので簡単だと思います。
ホテルでも周遊ツアーを手配してくれます。こちらはおそらく英語ガイドになると思いますが。
ただ、昔から有名なマラケシュのホテル企画のツアーがあるんですが、かなり安いものの、これはお勧めしません。
車の乗り心地はひどいですし、格安なだけに各国からのお客さんの質も残念な感じです。
日本からのパッケージツアーに参加経験はありませんが、旅程表などをみると無理な移動をするなー、という印象です。
日本からのガイドさんも、現地事情に明るいわけではないでしょうし、楽しさで言えば、ダントツで現地発着ツアーに軍パイがあがると思います。
団体さんは受け入れてない、素敵なホテルも増えましたし、どんなホテルに泊まりたいか、希望も聞いてくれると思います。
ぜひ、計画をじっくり練って、楽しい滞在にしてください!

ユーザーID:2700287535
旅好きオババ様とどうやら気が合いそうです
旅大好き小ババ
2017年11月22日 21:28

>トルコ航空のビジネスでイスタンブール経由、イスタンブールの豪華なラウンジが好きなので。
全く同感です!!
高級ホテルのバスルームのようなシャワールームや、
高級ホテルの朝食ブッフェのような食事、多種多様なドリンク、スイーツコーナー、
作りたてパニーニコーナー、全てが素敵ですよね!
私、あのラウンジなら住める気がします。むしろ住みたい。
中東や欧州(クロアチアやスペイン等)に行く時は、
ラウンジ目当てに、ついトルコ航空を選択してしまいます。
トピ主さんにも是非お勧めしたいです。

さて、本題のモロッコの話です。

私は個人手配でしか行った事がありません。
せっかくなのでホテルではなくリアドに泊まり、街をブラブラする。それだけで楽しいです。
食事も、マラケシュではフナ広場の屋台で食べたり、庶民的な食堂で食べたり、
ドレスアップして高級なレストランに行ってみたり、その日の気分に合わせて。
日程に余裕があれば、砂漠に行ってみたり、
アイト・ベン・ハドゥなどの世界遺産に行ったりしても楽しいです。
砂漠や世界遺産の場合は、現地ツアーを手配します
現地ツアーはいつもクスール・ヴォヤージュを利用することが多いです。
日本人経営で安心ですし、自分好みのオリジナルツアーも手配してくれるので
「団体で、ただゾロゾロと連れていかれるだけ」「興味がないところに連れていかれる」
「あちこち連れまわされて結局どこに行ったのか分からない」
なんていうことがありません。
自分で航空券を手配して、自由に過ごし、時にはツアーに参加して、
好みのホテルやリアドに泊まる。
モロッコはそのように自分で手配しています。

トピ主様が、何度もモロッコに行ける状況でないならば
できればツアーではなく、
個人手配で自分好みの旅を自分で作った方が良いのではないかと思います。

楽しい旅になると良いですね!!

ユーザーID:6560634054
トピ主です
砂漠砂漠(トピ主)
2017年11月28日 18:13

皆様レスありがとうございます。御礼が遅くなってしまい申し訳ありませんでした。やはり面白そうですね!ますます楽しみになってきました。今はネットでモロッコを検索したりモロッコの本を読んだりして、頭の中で妄想旅行に出かけてます。行くときは個人手配も魅力的ですが、一人旅をする勇気も無いので添乗員付きのツアーで一人参加になると思います。それと「女ひとりで海外団体ツアーに参加してます」は私も読みました。ご存知の方がいらっしゃってうれしかったです。引き続きモロッコに行かれた方がいらっしゃったら、レスよろしくお願いいたします。

ユーザーID:2168919809
ツアーがおすすめ
匿名
2017年12月12日 13:56

お疲れ様です。
長い間家に閉じこもっていると、ぱあーっと解放されたくなりますよね。
そんなトピ主さんに、モロッコ大賛成です。
砂漠の真っ青な空、海のようにうねる砂丘、幻想的なマラケシュの夜、
夜明けの静寂に響きわたるアザーン・・。
エキゾチシズムの神髄があると思います。

私が行ったのは2004年なのでかなり前ですが、当時に比べて格段に
個人旅行しやすくなっています。しかし、初回はツアーがよいと思います。

理由は、
・まずは見るべき名所が網羅され、効率的に動けるしくみになっている。
・土産物屋の店員がしつこく体を触ってくるなど、治安の問題があるので、
 ガイドさんに守ってもらう方が安全で気分よく回れる。
・旅仲間との出会いも一つの楽しみ。帰国後の写真の交換などの交流も
 楽しいものです。私は当時の添乗員さんとまだ文通してます。
などなど。
交通事情が悪い国での移動は想像以上に体力と時間が要ることと、女性の
一人旅は現地の独身男性のターゲットになることから、必要以上に気が張って
しまいます。
自分で荷物を持つ冒険要素がある旅は、若い時だけだな〜とつくづく思います。

モロッコが舞台の映画といえば、
「シェルタリングスカイ」
「グッバイモロッコ」あたりがいいですね。
ロケのみなら無数にあり、ガイドさんが教えてくれますよ。

あと、大事なのが現地料理との相性です。
私の参加したツアーは、ほとんどの方がモロッコ・北アフリカ料理が口に合わず、どなたかが持参した醤油が大活躍。アーモンドフィッシュ(ちりめんじゃこ)やハッピーターン、柿の種などのお菓子の争奪戦になりました。
なので、食べなれた日本のおやつを用意されるとよろしいと思います。

では、よい旅を!

ユーザーID:1942167010
個人旅行なら単独はやめたほうが良い。
トラベルジャンキー
2017年12月14日 11:55

私は夫とイギリスから行きました。個人でゆっくり2週間くらい。でも、やはり治安は日本のようではありませんので、砂漠のキャンプなど、危険らしいです。私も夫が一緒だったのに、セクハラ系の怪しいガイドがいましたし、電車で話しかけてきて、土産屋とグルになって巻き上げる系のガイドも横行していました(途中で知り合いになったイギリス人カップルが引っかかっていました。)トピ主さんが女性ならツアーか男性連れをお勧めします。そこそこのホテルも日本人はお金を持っていると思われていますし、いろいろな面で気を使うことが多すぎます。アジア人は舐められていますしね。

ただ、雰囲気や景色は素敵でしたね。イスラムの雰囲気とアフリカ大陸の雰囲気が十分に味わえます。物価も安いですし。お気をつけて行ってきてください。

ユーザーID:6038268750
三年前に行きました
ダイアナ
2018年1月10日 20:31

エキゾチックではあるけれど、一度でいいかなというのが私の感想です。先ず、買い物はだいたい交渉で決めるのが普通。面倒。道一本奥に、とはいえ本道から丸見えの日中に
小学生と思しきグループに囲まれ、たかられる。勿論、追い掛け回してやったけど、東洋人の女を舐めてる子どもたち。1人が両手を擦り合わせて謝ったから許したものの、此の異変に気がついた親父が、逃げてる子どもたちに、ブンブンおにぎり大の石を投げ始め、それを止めるのに大変だった。観光地のマーケットは、力一杯値を吹っ掛けてあり食べ物も二流。騙される方がバカという常識が受け入れられるのならOK。ちなみに、柘榴は至福の味でした。

ユーザーID:2988962914
言い忘れました
ダイアナ
2018年1月12日 9:55

先にレスした者です。規則は緩やかとは言え、敬虔なイスラム教徒の国です。色々なタブーがあります。もし、個人的な旅を考えているのならば、事前にちゃんと勉強していってください。笑顔は少なくても気の良い人が多い国、何も言われなくても、相手に迷惑や不愉快な気持ちを味あわせることができるだけないように気をつけてね。観光地でも、市民や信者しか立ち入ることを拒む場所もあります。力一杯の男社会でもあります。女性の立ち入りを嫌う場所もあります。カサブランカの浜辺を歩いていると話しかけてきた男性がいました。「 夫を連れず妻1人で何故海外などの旅行ができるのか?」が、彼の最大の疑問でした。西洋諸国の風習は彼には理解不明で、その意義も受け入れられないようでした。きっと今彼は、モッロコの嫁を持っらて自分は何て幸せ者だと妻を大事にしてると思います。因みに、古くからある日本の礼節は、どの国でも敬意を持って受け容れられますよ。

ユーザーID:2988962914
 
現在位置は
です