現在位置は
です

発言小町

新しいトピを作成
本文です

一昔前の自給自足で生活する人達のお話の本を探しています。

ローラ大好き
2017年11月20日 16:01

ローラ・インガルス・ワイルダー著の「大草原の小さな家」シリーズにすっかりはまりました。

同じような、一昔前の自給自足で生活をする人達のお話の本が読みたくなりました。
日本・海外どちらでもかまいません。
もしお勧めがありましたらぜひ教えてください。

ユーザーID:2508139037  


お気に入り登録数:47
  • 携帯に送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
古いレス順
レス数:15本

タイトル 投稿者 更新時間
超有名ですが
北国生まれ
2017年11月20日 16:58

ソローの「森の生活」がありますね。

ユーザーID:6076681669
サクランボたちの幸せの丘
人それぞれ
2017年11月20日 17:13

「サクランボたちの幸せの丘」 アストリッド・リンドグレーン

農場で暮らす双子の姉妹のお話です。
底抜けに明るい赤毛のアンって感じです。

ユーザーID:6417662412
思いつくのは津端修一さん(夫妻の暮らし)
むぎぎ
2017年11月20日 17:35

都市計画が専門の建築家で、名古屋近郊の高蔵寺ニュータウンで自給自足の半農生活を送られました。
奥様との共著で何冊かある本は暮らしの様子が身近に感じられて、私の日々の参考書です。
本は書店にも並んでいますし、図書館にもあります。
津端修一、津端英子で、本やブログが検索できますし、映画「人生フルーツ」でも検索できます。

ユーザーID:5514782389
ちょっと思い出すままにですが。
通りすがり
2017年11月20日 18:42

アリシア・ベイ・ローレルの著書「地球の上に生きる」他、宮代一義著、自然食通信編集部「手作りのすすめ」、水上勉「土を喰う日々」などでしょうか。

ユーザーID:0498782819
日本の話でもよいのならば
甘夏
2017年11月20日 20:16

「サンカの民を追って 山窩小説傑作選」を是非。
インガルス一家とはかなり趣が異なりますが、こういう世界もあるということで。

ユーザーID:5119688874
おすすめ!
ワーママ四年生
2017年11月21日 9:14

ズバリ、灰谷健次郎著「はだしで走れ」です。

舞台は戦後の日本(恐らくバブル前後)。四人家族のサラリーマン世帯が島での自給自足生活に挑戦する話です♪

ユーザーID:0708308185
映画で良ければ。携帯からの書き込み
山口県民
2017年11月21日 10:26

「二人の桃源郷」
 老夫婦が山で生活した、実録映画です。

ユーザーID:1377225573
アーミッシュ
peko
2017年11月22日 16:39

現代のアメリカで暮らしている実在の人たちです。
アーミッシュで検索するといろいろと本が出てきます。

ユーザーID:8767087019
現在進行形
キャロライン母さん
2017年11月22日 23:33

アリスファーム 宇土巻子 藤門弘 で検索してみてください

ひと昔というより割と最近 ここ30〜40年位の話 ですが 
家具職人 羊毛加工などを主体とした北海道で自給自足の話が興味深いです。

ユーザーID:8815767204
ありがとうございます!
ローラ大好き(トピ主)
2017年11月22日 23:42

書き込みありがとうございます!
既に何冊かネット中古書店を通じて注文させて頂きました!
今から読むのが楽しみです!

引き続きのご紹介を楽しみにしています!

ユーザーID:2508139037
思いつくままに
自給自足いいですよね
2017年11月23日 9:45

ご存知かとは思いますが、ローラのお母さんの若い頃のお話「クワイナー一家の物語」、「リンゴの丘のベッツィー」など。あとおすすめは「豚の死なない日」。タイトルがちょっと手に取りにくい感じなのですが、貧しくてもまっすぐなお父さんの生き方が胸を打ちます。爽やかな読後感なので、未読でしたらぜひ。

ユーザーID:2153877731
スイスのロビンソン
みーこ
2017年11月23日 17:00

トピ主様のお望みにぴったりな本をご紹介いたします! それは…

“スイスのロビンソン”(ヨハン・ダーフィト・ウイース著)

昔々、家にあった少年少女世界文学全集の中で、一番繰り返し読んだ本。

海で難破し、一家で無人島へ。究極の自給生活が始まり…

読むたびにワクワクし、自給自足、無人島に憧れましたね〜

今でも岩波文庫で出版されているようですので、是非!

ユーザーID:4615762279
お望みのものとは違いますが
作り話でよければ
2017年11月24日 8:31

作り話系になるので、お望みの自給自足からはだいぶ離れますが、
「ロビンソンクルーソー」や
「15少年漂流記」など
サバイバル話として面白いかもしれません。

一昔前の暮らしという点では、普通の料理書や生活書
「梅仕事」についての本や
桑井いね著「おばあさんの知恵袋」(西川勢津子さんの本ですね)
特に後者は面白かったですよ。戦前の暮らしがたっぷり。
「次郎物語」も、長い分、生活面のことも書き込まれていたかしら。

ユーザーID:0419264345
床下の小人たちのシリーズ
旭山城
2017年11月30日 22:33

スタジオジブリでアニメ化されたアリエッティの物語です。床下で生まれ育った彼女は成長するにつれて新しい世界を求め、野外の生活に憧れます。それは小人たちのとってとても厳しいものなのです。実際の話ではありませんが、人間の家の床下で暮らす第1作から、野外で文字通り生き延びていかなければならなくなった2作目以降も手に入るもので工夫し、家族で団結して困難に立ち向かいます。手紙を壁紙にしているので途中で文章が途切れ続きが気になるとか、銀貨をお皿にしたり、やかんで川を下ったり気球を作って閉じ込められた家から逃げ出したりします。

ユーザーID:6891280626
私も好きです。携帯からの書き込み
なっちゃん1114
2017年12月2日 21:10

既出ですが、ローラのお母さんのキャロラインが主役の「クワイナー一家物語」。チャールズとの馴れ初めも出てきます。
それからローラの娘のローズが主役のシリーズもありますよ。(タイトル忘れました)確か「続・大草原の小さな家」シリーズだったかな、、、。
ローラが嫌いなアルマンゾのお姉さんも出てきます。

そしてアーミッシュのお話。アーミッシュは現代でも昔ながらの生活を厳しく守っている人々です。電気を使わない生活って想像出来ないですよね。

ネイティブアメリカンの少年が主役の「リトル・トリー」という児童小説や「おやすみなさいトムさん」というイギリスの戦時中の田舎に疎開した男の子のお話も面白いですよ。

後はベタですが、赤毛のアンシリーズでしょうかね。
日本なら楢山節考(暗いけど、、、)とか?
私も他レス参考にさせていただきます。

ユーザーID:0372757327
 
現在位置は
です