現在位置は
です

発言小町

新しいトピを作成
本文です

愛猫との別れ

K
2017年11月23日 3:24

皆さんは、身近な存在の死をどのように乗り越えられましたか。
立ち直り方を教えてください。

現在20歳の大学生です。
昨日の朝、3歳の頃から連れ添った猫が天国に旅立ちました。

彼女は乳がんと精一杯闘って17年と6ヶ月の生涯に幕をおろしました。
彼女が産まれてすぐ家に来た当時、自分は3歳でした。
それ以来、母子家庭で一人っ子の自分にとっては兄妹同然の関係であり掛け替えのない存在でした。

ツンケンした性格で普段は自分には寄ってこないのですが、好物の刺身を見つけると近くに来てニャーと鳴きます。
冬になると暖を取りに膝の上に乗って来ます。
自分が落ち込んで泣いていると心配そうな顔をして近寄って来ます。

そんな彼女にもう会えないのかと思うと、形容しがたい気持ちに襲われます。


実は現在、留学で海外におり彼女の最期に立ち会うことができませんでした。
留学は昔からの目標であり、留学に来たことは何一つ後悔していません。
留学が決まった時、既に腹部に腫瘍があり彼女の死はある程度覚悟していました。

7月に夏休みで帰国した時も腫瘍は大きくなっていましたが、これまで通り元気な姿を見せてくれました。
留学を終えて帰国するまであと3週間弱でした。

昨日の早朝に母からの連絡で彼女の死を知りました。
今日、火葬も終わったそうです。

彼女がもうこの世にいないことは理解しているつもりなのですが、ふとした瞬間に心にぽっかり大きな穴が空いたような気持ちに襲われます。
時間も場所も問わず、いきなり涙が出て来ます。
何をするにも上の空で、授業にも集中できてないような気がします。

3週間後実家に帰った時に、彼女がいないことはわかっています。
でも、どうしても彼女のいない生活が想像できません。
自分にとって彼女の存在は人生の重要な一部でした。

できることならもう一度あの暖かくて柔らかい体に触れたいです。

ユーザーID:7593565784  


お気に入り登録数:17
  • 携帯に送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
古いレス順
レス数:6本


タイトル 投稿者 更新時間
猫に出会えたことに感謝携帯からの書き込み
なでしこ
2017年11月23日 21:16

18年飼っていた猫が10月に母の膝の上で抱かれてなくなり、私は仕事から帰ってきて知ったので、仕事に行く時急いでいてたまたま声をかけてなでていなかったので、最初はもっといろいろしてあげたらよかったと後悔していたけど、すごくやすらかな顔で寝ているかのような感じだったし、家にきて幸せだったのだなぁ出会えてよかったと思います。今でも写真に話かけるけど、近くで見守ってくれている気がします。もう親も年なので次は飼えないけどペットショップに見に行って癒されてます。

ユーザーID:2848959427
泣いて悲しんでください
ひよこまめ
2017年11月23日 22:36

泣いてください。悲しんでください。
生きてゆくわたしたちは、するべきことはしなくてはなりませんが、それを終えてひとりでいられるとき、泣いて泣いてください。名を呼んで伝えたいことを言ってください。

わが家も、ひとり息子の姉妹であり恋人であり、家族誰もの宝物であった猫を、16歳でなくしました。
4年経ちますが、いまもときどき思い出して泣きます。ときどきになりました。

「いつまでも泣いていたら彼女が悲しむよ」

って言われたって、別れは悲しいです、つらいです。しっかり悲しむのが、何よりの供養だと思います。

ユーザーID:3684822746
寂しいですね携帯からの書き込み
チロ
2017年11月23日 23:01

胸が詰まる思いで読みました、もうすぐ留学から帰って来られると言うのに、ほんとに辛いと思います。ペットロスは猫の方が辛いですね、私も犬四ひき猫五匹を天国に送って、今は娘と二人暮らしです。猫は昨年立て続けに亡くしずっと泣いていました。もう一度会えるなら日本中行ってもいいと思えます、一年以上たっても寂しさは消えないです。でもねきっと先に行った、貴方の猫ちゃんは心配していると思いますよ、今も大好きだった貴方の側に居てると思います。猫を亡くした人はみんな、寂しい思いを胸に秘めて生きていると思うと、自分だけじゃないと少し楽になったりします。あまり慰めにならなくてごめんなさい
少しだけ元気を出して下さい。

ユーザーID:0125454338
わかります
ばんご
2017年11月24日 1:11

私も数年前に猫とお別れしました。22歳の長生き猫さんでした。
最後のときは、仕事がどうしても抜けられず、家に帰ったら動かなくなっていました。
無理にでも休みをとって看取るべきだったと今でも後悔しています。
その後、ペット霊園では骨が戻ってこないことがあると知り
綺麗な誰もいない海岸を探して、一日かけて自分で火葬しました。

猫が死んでしまってからの一年ほどの間はちょっと精神的に不安定でしたね。
ふいに思い出して涙がとまらなくなったりしました。

それでも時間が経つにつれ、徐々に収まって来て、いまでも哀しい思い出ですが
痛みを感じるほどではなくなりました。
時間はかかるかもしれませんが、これも弔いの一つと思ってみてはいかがでしょうか。

ユーザーID:8243200731
主様の気持ちはよくわかります。携帯からの書き込み
愛犬猫家
2017年11月24日 7:19

私も娘同然の犬を亡くしました。しかも医療ミスで命奪われたも同然に亡くならせてしまった。設備医師数揃う病院だからと盲信過信した私のミスで責任ですが、どんな事でもするからと言っても娘は帰ってこられない。世の中に絶対はないと言うが、絶対があるものが、ただ一つだけある。それは命。亡くしたら最後、絶対戻らない。それをわかりながら私は四年以上娘のお骨と写真に謝っています。私が言える事は、泣きたいだけ泣いて下さいという事。話を聞いてくれる人や本当の猫好きさんに泣きながら話してもいい。メールでもいいし、動物好き集まるSNSでもいい。私でよければ話してください。どんな事も聞きますから。こんな事しか言えない経験者で申し訳ないけど。

ユーザーID:4525674618
いっぱい、いっぱい 想い出ありがとう
RekoーLime
2017年11月27日 23:36

大切な存在の死、永遠の別れ 本当に辛いでしょうね。幼い頃から居て当たり前の存在が‥…。50代半ばすぎの おばちゃんです。一緒に還暦かなぁ、と飼いだしたマンチカンの雄。ペットショップで出会いました。すばしっこくて、おっちょこちょい。コリカリ??と音の方に行くと2階からぶら下がってる!!なんとか後ろ脚を掴み無事。去年の今頃、血尿。「膀胱に石、今は心配ない。ストレスかも。フードを換えましょう」と医師。それから今年4月、1日尿が出ず、「心配ない点滴します」帰宅して2度お漏らし。ソファからフラッ~。「心臓かも。大学病院に行来ます?」大学病院で「心臓ではないけど、検査します?」車で3時間近く掛けて来たし「はあ、お願いします」30分後「よく生きてました。重篤な状態です。緊急手術になります」腎臓に直接管を通し尿を出し。麻酔から覚めず次の朝面会。行きの車で「今、息を引き取ったところです」と想像し涙。面会で私を見て近くにふらふら。「ねんね ねんね」声を掛けるとケージの隅にヨタヨタ。後日尿管を開く手術。砂状の石が数え切れないくらい。貧血で反応ない。おじいさんみたいな顔。痛々しくて涙、涙。術後に尿が出ず、成す術無くの帰宅。Limeは何度もオシッコしたくやっと21回目に!3日後、走る、跳ぶ「先生、元気なんです!回復、奇跡。でも腎臓機能25%。死と隣合わせの毎日。まだ1歳半。脚に纏わり、フードも「この手で頂戴」トントン。「オシッコしたよ」居ない日なんて考えられない(‥…涙‥涙)
せめて苦しむ姿、硬く、冷たい物体になった彼女に合わなくて良かったと思いたいです。一緒に過ごした時間だけ想い出して下さい。あなたとの楽しい一生だったと思いますよ。

ユーザーID:3623257178
 


現在位置は
です