現在位置は
です

発言小町

新しいトピを作成
本文です

「自分探し」しましたか?

編集部
2017年11月27日 14:36

発言小町ユーザーのみなさん、こんにちは。「読売中高生新聞」編集室です。

大人の本音を10代に伝える読売中高生新聞の連載「オトナの本音アワー」。中高生が抱える素朴な疑問や悩みについて、この掲示板で小町ユーザーのみなさんから意見を頂き、紙面で10代向けに紹介していきます。親や教師からはなかなか聞けない、オトナの本音を教えてください。

今回のテーマは「『自分探し』しましたか?」
思春期のボーイ・アンド・ガールにとって「自分探し」は永遠の課題。そこで、今回は若い時に「自分探し」と称した旅に出かけたり、ちょっと他人と違うことにチャレンジしたりした思い出や、「結局何を見つけたのか」その結末をお聞きしたいと思います。自分探しをしていた友人を冷めた目で見つめていたというご意見もぜひお寄せ下さい!

※投稿の際は、ご意見とともに、お住まいの地方、年代、性別を記載してください。
※ご意見の一部は、読売中高生新聞(http://www.yomiuri.co.jp/teen/)で転載させていただくことがあります。

ユーザーID:9524094219  


お気に入り登録数:10
  • 携帯に送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
古いレス順
レス数:1本


タイトル 投稿者 更新時間
「自分探し」というほどでもないですが
バブル世代
2017年12月7日 21:25

東京在住(出身も同じ)
50歳代
女性

「若い時の苦労は買ってでもしろ」と言いますが、苦労とまではいえなくても経験をたくさん積むことは大いに意義があると思います。
「経験」は、後からお金では買えない財産です。
しかもこの財産は、決して盗まれる心配がありません。

東京に実家があるのに、高校卒業とともに東京で一人暮らしを始めました。
一人暮らしは結婚まで十年以上続きましたが、親にも会社にも頼らず家賃を自腹で支払ってきました。

若いときは一人旅もたくさんしました。
生まれてはじめての海外旅行は、大学時代の一人旅でした。
その後も、何度もバックパッカーひとつで長期の海外旅行をしましたが、日本の常識が海外では通じないことを実感しました。

国内も何度も一人旅し、20代のうちに47都道府県全てを回りました。
東京人は「東京が一番」と思いがちですが、地方の良さをたくさん知ることができました。

そんな日々の結果、「自立心」を手に入れました。
経済的にも精神的にも自立している人、それが私にとってのオトナです。

結婚してからも、夫に金銭面で頼ったことはありません。
夫との共有財産を持たないこと、財布をきっちり分けることが、私が望んだ結婚条件でした。
そうなると、離婚も簡単にできます。
離婚が簡単にできるからこそ、そうならないように日常的にお互い愛情や思いやりを態度で表すようになりました。

純粋に愛情だけで結びついている夫婦のため、銀婚式を迎えた今日まで喧嘩したことがありません。
「自立心」とともに、「夫婦の対等な関係」「夫婦間の純粋な愛情」も手に入れました。

ユーザーID:6485993321
 


現在位置は
です