現在位置は
です

発言小町

新しいトピを作成
本文です

2018年問題、雇い止めされました

かわおう
2017年11月28日 6:53

長く契約社員で大手に勤めていましたが、いきなり来年度の契約更新はないと言われました。部署で同様の方が沢山いること(10人以上)、会社の業績自体は上向きなこと、などから契約社員の契約を変えなければいけないという2018年問題によるものと思われます。

傾向としては短期の派遣社員がかなり増えてきて、効率はかなり悪くなっています。数年前から危ないなあと思っていましたが、現実的に何も行動しないままこのようなことになってしまいました。今の年齢で仕事を探すのは大変に厳しい状況です。

今年はちょっとした成果も達成できたのですが、逆にタイミング的に切りやすいという状況にもあり、今まで辛い思いをして何のために頑張ったんだろうと思えてきます。過去ブラックな扱いも受けていましたが、最近行政が厳しくて働きやすくなってきた矢先です。

一体何のための改革なのか大変疑問に思います。中々気持ちが切り替わりません。
同様の方いらっしゃいますか?

ユーザーID:2161655575  


お気に入り登録数:176
  • 携帯に送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
古いレス順
レス数:22本

このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました。
タイトル 投稿者 更新時間
雇止めされました
意欲ある労働者
2018年1月4日 13:58

かわおうさん同様雇止めされました。

私は省庁系団体で10年以上契約職員として働いていました。
全国の各支部に1人〜2人の同じ立場の事務員がいて、皆29年末で契約解除され退職しています。

ここの仕事内容はかなり専門的で、完全に覚えるのに3年以上かかります。
各支部の正職員数は少なく、契約事務職員の仕事量、対お客とのやりとり、精神的な負担も相当ありました。
正職員は2〜3年で転勤していくため、その支部の内情、地域の業者等にも精通しているのは事務職員です。
なのに、平成25年2月時点で早々と29年を見越し「無期雇用転換はしない」「29年末で契約終了、それ以降の更新はなし」と文書で通知されました。
最初はその後もクーリング期間6か月をおいて、再雇用も可能との話でした。
ただし、給与は採用当初の金額に下がり、昇給なしとなる条件で。
クーリング希望をし、そのつもりでいたのですが、結局経費節減でそれもなくなり(支部によってはあり)、
相当数の事務職員が泣く泣く退職させられています。そして最長3年雇用の新事務員を雇っています。

平成25年に通知された文書には「無期雇用」=「正職員」と書かれていました。
ネット等の情報では無理に正職員にしなくても、期限を設けず雇い続けるという解釈もありなようです。
私達の勉強不足と、雇用側の情報をそのまま信じてしまったがために、抗議も何もしないまま辞めざるを得ませんでした。

この法律で、雇用側が罰せられることはないようですし、ほとんどの被雇用者には全くメリットがありません。
メリットどころか、害しかありません。
10年以上継続雇用をしてもらい、事務員の平均年齢も高く、再就職もかなり難しいようです。
セクハラや地位差別に耐えて頑張ってきた時間は何だったのか、本当に悔しいです。

ユーザーID:8545430468
だって契約社員だもの携帯からの書き込み
のの
2018年1月4日 22:11

正社員にならない理由は人それぞれあるようですが、契約社員を選択したご自身の責任です。

雇い止めされました、と嘆いていますか、その契約はご自身が望めば60歳まで続くとでも?

ユーザーID:6059400558
世間のせいにするのは気楽でいいですね
まるもち
2018年1月5日 3:44

>数年前から危ないなあと思っていました


トピ主さんの問題は改革だとか制度ではなくて、自分がおぼえた危機感すら無視するものぐささではないでしょうか。

ユーザーID:7709982965
そうですね
堅実父
2018年1月5日 9:06

>一体何のための改革なのか大変疑問に思います。

いつか来るその日のために正社員への転職を目指し努力を促すための改革だったのではないでしょうかね。

>現実的に何も行動しないままこのようなことになってしまいました。

残念ですがただ指をくわえて「その日」を待っていたのなら受け入れるしかありません。

ユーザーID:6367075698
でもそれ、最初からわかっていましたよね?
ヨリ
2018年1月5日 10:25

2018年問題って、さんざん騒がれたのに。
派遣の人たちも、まともな人は、情報を収集して、正社員になって出て行きましたよ。
ぼんやりして、ただ切られるのを待つような人だから、もともとでは?

強いのは「雇用の期限の定めのない仕事」これ一択なのは、当然ですよね。
契約は派遣よりマシとか、直接雇用だからとか、ヘンな言い訳して時期を逃したのでしょうか。
お気の毒ですが、こういうのを自業自得というんだよな、と思いました。
正社員からこんなこと言ってすみません。

ユーザーID:3697204599
愚痴トピだから仕方ないのかもしれませんが
まーこ
2018年1月5日 17:47

あなたの性別も年齢も職種も分からないのでは、話のしようがありません。

「同様の方いらっしゃいますか」と仲間を募っても、
20代未婚女性事務職と、40代既婚男性工員では、全く話が違います。

なんにせよ、四の五の言わずにハロワへ。

ユーザーID:0919941678
残念ながら十分想定されたこと
ザンパノ
2018年1月5日 19:31

今回の改正派遣法は、はっきり言って「改悪」です。こんなの派遣社員の誰が望んだ内容でしょうか。

実態を知らない政治家と役人に大きな責任があります。

この法改正で企業が多くの派遣社員を無期雇用に転換してくれるだろうと
思ったのでしょうが、読みが甘過ぎですね。

能力の低い方、高齢層の方は益々厳しい労働環境になることを覚悟する必要があります。

ユーザーID:0029521989
仕事は大きく二つに分かれます
黒猫
2018年1月6日 9:36

決まった手順で繰り返し同じことをやる仕事と、変化に対応し、考え、提案実行し成果を出す仕事です。

前者の仕事は今後機械に置き換わっていくでしょう。
機械は決まったことを繰り返すうえでは遥かに人間より優秀です。
速く、倦むこともなく、設定さえ正しければエラーが起こる確率もはるかに低い。

私は派遣など有期の契約での働き方も労働者の選択としてはアリだと思っています。
責任を負いたくない、企業に帰属したくない、長期就業を望んでいないなどの理由で。

最も理解できないのは「無期雇用」を志向しつつ派遣や契約社員に甘んじてる方々です。
不満はなんぼでも述べられるでしょうけど、自己責任ですよ。

ユーザーID:7148543920
全て自分の責任!
とろりん
2018年1月6日 10:20

貴女が手っ取り早い契約社員を選んだのだから!
普通は、将来の事を考えるなら契約社員は選びま
せん。
専門学校に行くなり資格を取得するなりして正規
社員を探します。
貴女が幾ら会社に貢献したと言っても給料を頂い
ているので当たり前の事です。
人のせい、会社のせいでは有りません、全て自分
の考えが甘かっただけです。

ユーザーID:9153421890
雇い止め 泣き寝入りしない方法があるよ
働くものの見方
2018年1月6日 15:09

かわおうさん、意欲ある労働者さんと同じケースの相談を受けています。

 無期転換ルールが4月からスタートする前に雇い止めすることは労働契約法に違反する行為。また、6カ月間のクーリング期間を強要し再雇用するのも合法的に聞こえますが無期転換権を回避するための雇止めであり同様に違法です。6カ月間のクーリングを泣く泣く受け入れて職場に戻ったら、初任給に賃下げされたケースもあります。

 無期転換ルールがはじまるまであと3カ月を切りました。泣き寝入りする必要はありません。黙っていたら働き続けたいと言う非正規労働者の願いのもとできた無期転換ルールがだいなしです。

 しかし、1人ではとても会社に働き続けたいと言い出せない。5年間が上限と言われているから仕方が無いと思われている非正規労働者が殆どです。そこで、働くものの見方「労働組合」があります。一旦、「次回は更新なし」との契約書に同意したケースも労働組合に入って、団体交渉で継続雇用を約束させました。全国の大学の非常勤職員のみなさんも労働組合で「5年上限ルール」を撤廃させています。

 ぜひ、泣き寝入りする前に身近な労働組合に相談してください。会社の労働組合が取り合ってくれないようであれば、地域の労働組合に相談するといいと思います。まだ、まだ、間に合います。働き続けることを諦める必要はありません。労働組合は社会的なものですから、相談したからと言って、居づらくなることもありません。安心してください。

 重ねてになりますが、無期転換ルール(労契法18条)は、有期雇用の乱用的を抑制し、雇用の安定を図るためにできた労働者保護の法律です。もう、非正規労働者は使い捨てがあたりまえの時代から安定した雇用があたりまえの時代へと変わっています。みなさんの声は正当なものです。労働組合が力になります。

ユーザーID:3631703421
会社側ですが
パピプペポ
2018年1月7日 18:58

大手の契約社員や派遣さんを雇う会社側として三年かけて準備して来ました。
リーマンショックでバッサリ派遣さんを減らしてからは、あまり人員を増やさなかったんですが

出来る派遣さんで長く働いている人→正社員登用
評価は高く無いが社歴長くて業務を握っている人→マニュアル整備、新しい派遣さん追加して複数化
入ったばかりだが仕事が出来る派遣さん→直接雇用に

製造業と違っていきなり全員を雇い止めして入れ替えると業務に支障があるから、予算の範囲で対策して来てました。
トピ主さんの職場も同様だったようです。

はたから見ていて、婚活兼ねての二十代の女性や既婚者でパートには変わりたくない人の方が、社員から情報を集めたり、直接雇用や正社員が無理なら同条件の別の派遣先が無いか(関連会社が沢山あるので)打診されたりしました。
私も同期が別会社でやはりお局様なんで紹介したりしました。
三十代後半以上で未婚で一人暮らしの派遣さんの方が、全く危機感無く対策もして無かった印象です。
その程度のスキルで他所でも派遣先が決まるのかな?って不思議でしたが。
多分、トピ主さんみたいに、今になって焦るんでしょうね。

リーマン不況では非正規雇用は一斉に仕事自体が無くなりましたが、今回は好況で「非正規の選別」が進む形で正社員になる人と仕事が終わってしまう人に分かれる形になりそうですね。

ユーザーID:5897480627
自由と安定は両立しませんね
異数合計
2018年1月8日 9:03

 フリーランス、請負、自営……能力も度胸もなければできない生き方です。。「一定の期間、能力を売って報酬を得る」という意味で、派遣や契約社員もその類だと思っています。

 長所短所を検討の上ご自分で選んだ生き方なので、愚痴を言っても始まりません。何のために法律施行まで猶予期間があるのか、考えられたら良かったですね。
 トピ主様が今すべきは、営業ではないですか? 派遣会社へのアピールか、就職活動かはご自由に。

ユーザーID:1115790415
次、行きましょう
サブ
2018年1月8日 14:52

契約社員という不安定な立場ながらも
大企業や国の外郭団体などに所属しているというステイタスのようなものがあり、
初めの契約時に更新の上限が定められていなかったためにずっといられるんじゃないかと
淡い期待を抱いて勤め続けてしまったんですね。

そういう不安定なポジションは、雇う側に都合のいいように使われたと思うと腹が立ちますが、
本来雇われる側も短期間のつなぎや、次へのステップとして利用するものかと。
そのために職場の作業効率が落ちようと知ったこっちゃない。責任問われませんし。

正社員、正職員より入り口は易しかったでしょう?
当然、他も彼らと同じではありませんよね。

私も新卒で入った職場は公的機関で一年更新でした。
ただ初めから更新の上限期間が定められていて、
勤めている間に自分のポジションが正規化されることはないと上司に確認をし、
正規の人たちとの格差もあからさまだったおかげで数年で見切りをつけることができました。
今ではいい踏み台になった、と思っています。

大企業などネームバリューのあるところに勤務経験があることを活かして
次に進みましょう。
前向きに!応援します。

ユーザーID:6197776395
頑張るからいけない
餡子
2018年1月11日 11:42

正社員でないのに辛さに耐えたり頑張るから気持ちが切り替わらないのです。
表向き120%働いているように見せて、実は60〜70%程働いていればいいんです。
正社員以外はそういう技術が必要です。
耐え忍ばず頑張らず軽い気持ちで働いていれば雇止めされたってすぐに気持ちを切り替えられます。
疑問だの2018年問題だのと考えるのにも力が要ります。そんな無駄なことに力を使うのはばかばかしいと思いませんか?
難しく考えるのはやめて次の職場探しに力を使いましょう。

ユーザーID:0500010286
頑張らなくてもいい、というのは賛成できない
純一
2018年1月14日 12:31

>表向き120%働いているように見せて、実は60〜70%程働いていればいいんです。

非正規問題に関しては、どちらかと言えば、「正社員の身分が保護されすぎ。非正規の立場には理不尽な部分がある」と思っている方ですが、餡子さんのこの記述は、気持ちはわかる部分はあるものの、賛同はできません。

非正規、特に派遣社員は特定の業務のプロとして派遣されているはずです。ですから、対価を頂いている以上、対価以上の価値を生まねばならないと思います。現状、「正社員の手足」的な扱いを受けている人が多いと思うので理不尽な事はわかりますが、そこでプロ意識まで捨ててしまったら、それこそ「私は使い捨てられるのがちょうどいい人材です」と自ら証明しているようなものだからです。今の仕事をキチンと全うできない人が、次の職場で価値を出せるでしょうか。どこへ行ってもその調子なら、どこでも使い捨てで終わるのではないかと思います。

仕事は、ちゃんと100%(以上)やる。でも、「雇用主に精神的に依存しない」「仕事や会社に感情移入しない」というのが正しいのではないかと思います。私の知る優秀な派遣さんはそういう人が多かったと思います。「60%とか70%」なんて仕事は、見抜かれていますよ。

仕事の指示者である社員の方がその面の意識が低く未熟な事が多く、感情移入やら忠誠心を前提にした指示を出してくることがありますので・・そこはそこで直さないといけないと思いますが、自分がプロである事を止めてはいけないでしょう。

私個人は非正規でも社員でもありませんが、請負作業でやっていて、発注側の担当者とやり合うことがよくあります。いくら理不尽な仕事でも、「60とか70%」なんて仕事してたら、業界から干されますから絶対できません。いくら理不尽でも「仕事をする人としての倫理観」を捨ててはいけないと思います。

ユーザーID:3537153112
同じ立場ですが
あらふぃふ
2018年1月14日 18:14

私も契約社員です。
途中やめていた時期もありますが、トータルにすると25年以上です。

最初の時は実質無期限でしたが、再雇用時には期限付きでした。
で、おっしゃる2018年問題もずっときにしていました。
なので6年前に再契約する折1年後とでも3年でも選んでいいよといわれた折に、3年契約でしてもらいました。なので私の場合2020年時点で5年となります。

同じ立場の人たちに同思っているのか、あるいは上司に5年雇用についてどうするつもりなのかいろいろリサーチし、組合がどのように動くのかずっとチェックしてました。

正直言って同僚達の大勢はあなたと同じで、どうなるだろう、何とかなるんじゃないかと思っている人が多かったです。

改革自体には本当にどうかと思います。ですが、私の職場のように相当数がいるケースではおそらく現場が困るという声も上がるだろうと想像はしていました。

で、実際この時期になって一部の人は契約期間が解除されるようです。
そうならない人もいます。
その違いは個々の現場によるとおもいますが。

私自身は上記のとおり丁度5年前に施行された時点で契約途中だったので今は他の人の様子見をすることが出来ます。

契約が切れる時点で正社員の人たちが定年する年齢まで数年なので、特例として継続してもらえないかといろいろと動いているところです。
毎年ある評価のための書類や面接は形ばかりと思っている人が多いようですが、そういうものが後々大事になると思いきちんと提出しています。
それでも最終的には雇い止めになっても致し方なしという覚悟も出来ているつもりです。
年齢的にも条件でも環境的にも転職する気になれないからです。

契約社員でいる以上、契約終了という事は常に意識していなければならないと思いますよ。
お気持ちは本当によくわかりますが、やはり考えが甘かったと思いますよ。

ユーザーID:6345272377
だって「大手に務めて」いたかったんでしょう
長靴が欲しい猫
2018年1月14日 21:25

契約社員で長く大手に勤めていました。

→正社員で入社出来なかった(学歴・職歴等)、契約社員から正社員に変われなかった(社の制度・本人の能力)のだから、「長く」なる前に「中小でも正社員に」と変わる時間はあったでしょう。

数年前から危ないなあと思ってました。

→でも、行動しない。「綺麗なオフィスでバリバリ仕事!」幻想に取っ捕まっただけです。

別に大手の正社員が超絶優秀で勤勉とは思っていませんが、入口の選別なり、長く働き続ける努力はしていた筈です。
トピ主も「最近行政が厳しくて」というように、以前は長時間サービス労働当たり前の世界から、ようやく「働き方改革」が始まっただけ。

なんの努力もしなくても、おかみがなんとかしてくれる。って意識だから取り残されたんでしょ。

ユーザーID:6265084113
今回の改革を喜ぶ側です。
待てば海路の日和あり
2018年1月15日 0:02

なかなか厳しい意見が多いですね。
でも、トピ主さんのお気持ちがよく分かります。
以前に、派遣・契約雇用で6年間勤めた人が雇い止めを無効として
裁判した結果、契約更新の期待権が認められて勝訴したことがありました。
他にも類似判例があるはずです。(その逆もしかりですが…。)

私も同一業界に非正規で長く働いていますが、3年雇用ばかりです。
職場によっては様々な形で雇用延長しようとしてくれたものの、周囲からの反対で
延長却下されました。
なので、私と全く同じ仕事内容ながらも、大企業で契約社員として永遠に勤務する
友人や、業務委託者が10年以上勤務している前職場の環境が羨ましかったです。
今回の改正法で、非正規者が「今までずっと勤められたのに。改悪だ。」と
怒っているテレビインタビューを見ては「何を今さら…。これが普通。」と
思いました。
これでやっと足並みが揃う雇用契約に変わっていくのかなとも。

現職場も3年雇用でしたが、雇用満了時に上司が他部署のパート職を薦めて
くださり、引き続きパート契約していました。
そして、今回の改正法に基づき就業規則が改定されて、再び契約社員雇用と
なりました。
正規雇用を目指す年齢ではないので、クーリングオフ期間なく契約が続くことを
有難く思っています。
私の職場は今回の改正法が良い導きとなりましたが、トピ主さんの職場では
シビアに転換されてしまったようですね。

現在、前職場では10年以上勤務の業務委託者達をすげ替えたり、友人の会社では
派遣社員を2年9ヶ月で打ち切ったという話を聞きます。
主観ですが、これまでシビアだった職場は今回の改正法で緩和されて、大らかだった
職場が厳しくなっているように感じられます。

ユーザーID:3796568892
「運」だと思います。
ぷくぷく
2018年1月16日 20:05

トピ主様、その後いかがでしょうか?
お気持ちの整理はつきましたか?

雇い止めをされる前に、有給は使えるのでしょうか?
どうせ辞めるのです、使わせてもらえる権利は使いましょう。

非正規雇用での職場は運です。
運がよければ無期限雇用。
運が悪ければ雇い止め。

これから派遣でも直接雇用(非正規雇用)でも、うちでは最大
5年までしか雇えません、なんて会社も増えるでしょうね。
契約書に期限が書かれていたら、どうにもならないんでしょう。
それでも一縷の望みをかけて雇ってもらうか、頑張って正社員
を探すか・・・。
難しいですね。

私は非正規雇用者のままいきます。
どう頑張っても事情があり正社員になれないので。
大手で、雇い止めのない会社もあります。
そこにうまくもぐりこめないでしょうか?

トピ主様の背景が分かりませんが、運よくいい会社に雇って
もらえるよう、私も応援しています。

ユーザーID:5139885812
わかります
ブルートパーズ
2018年1月19日 15:30

私も一昨年迄同じ会社で10年以上派遣で働いていて、その頃から雇い止めの問題に「どーなるんだろ?」と思っていました。運良くその会社で社員として採用されましたが、派遣で働いていたら「誰の得にもならない改革」だと思います。

企業は仕事に慣れている派遣社員を使ったほうが効率が良いし、派遣社員は働き易い企業で長く勤めたいと思っている。WIN=WINだと思います。だいたい人件費を少しでも安くあげたいから派遣社員を雇っている会社が、易々と派遣社員を社員にするとは思えません。そりゃ、金のかかる社員にするか派遣を切るかの選択をしなければいけないとなったら派遣を切りますよね。現場をな〜んにも知らない人達の安易な考えからうまれた改革だと思います。

厳しいレスも多いですが私は主さんのやりきれない気持ちがわかりますよ。なかなか気持ちの整理がつかないと思いますが、次の仕事が早くみつかりますよう応援しています。

ユーザーID:1159166689
 
現在位置は
です