現在位置は
です

発言小町

新しいトピを作成
本文です

職場に子ども連れで出勤、どう思いますか?

読売新聞生活部
2017年11月30日 10:47

いつもご愛読ありがとうございます。読売新聞生活部です。

熊本市議会の女性市議が、生後7か月の長男を連れて議場に入り、議会の開会を遅らせたとして厳重注意処分を受けました。事前に子連れでの出席を議会事務局に打診しましたが、ベビーシッターの利用を促されたといいます。女性市議は「多様な人が活動できる議会に」と求めているそうです。

女性が活躍するために、仕事と育児を両立できる働きやすい環境を作ることが求められています。

では、職場に子どもを連れてくることについて、あなたはどう思いますか?
また、あなたの職場では、いざという時、子ども連れの出勤は可能ですか?

ご自身の体験について意見をお寄せいただくときは、年齢、性別、可能なら職種も教えて下さい。また、寄せられたご意見は、読売新聞の記事の中で使わせていただくこともあります。

みなさんのご意見をお待ちしています。

ユーザーID:0665218757  


お気に入り登録数:289
  • 携帯に送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
新しいレス順
レス数:221本

タイトル 投稿者 更新時間
絶対反対、ありえません
ねこ
2017年12月23日 16:13

職場子連れ出勤が許されるのは、完全個室で周囲に迷惑をかけない環境の場合に限ります。でも、子育て世代には社長さんや役員さんはあまりいませんよね。
泣き叫んだりしなくても子供は突発的に走ったり大きな声を出したりしますし、おとなしい子でも子供特有の甲高い声は耳障りで集中力がそがれます。
預けることができないのなら休職するなり退職するべきです。
以前の職場でも休日出勤(自主的)に子供を連れてくる人は時々いました。内心苦々しく思いながらも、最初だけ作り笑顔で接し、あとは子供には一切話かけないし、構ってほしそうなそぶりをみせても徹底的に無視しておりました。
問題の議員については馬鹿としか思えません。そもそも議員のような任期制の仕事中に産休育休を取ること自体非常識と思います。産休育休は正社員で、その前後の働きで埋め合わせができる人のためのものです。

ユーザーID:8721609070
投稿ありがとうございました!
読売新聞生活部(トピ主)
2017年12月17日 10:22

いつもご愛読ありがとうございます。読売新聞・生活部です。

トピにたくさんのご意見をいただき、本当にありがとうございました。
ユーザーの皆さま、改めて御礼申し上げます!

「親にとっても、企業側にとってもメリットがある」という賛成のご意見、
「仕事に集中できない」という反対のご意見、
「職場に託児施設があるならいいけど、自分の席まで連れてくるのは反対」というご意見。
ひとつひとつじっくり読ませていただきました。

女性議員にとっての「仕事と子育ての両立」と、皆さまのご意見もふまえた子連れ出勤の賛否について、記事をまとめました。ぜひご覧ください。

URL: https://otekomachi.yomiuri.co.jp/news/20171212-OYTET50028/

今後ともどうぞよろしくお願いします。

ユーザーID:0665218757
仕事しないでお給料をもらうつもり?
50代パート
2017年12月15日 23:00

そんな難しい話の前に、お給料とは仕事に対して支払われるものでしょう?
では、子供を職場に連れていくのはなんのためですか?
職場で子供の世話をするためですよね?
子供の世話している間、仕事はできないでしょう。
仕事をしないで私用をしていて、お給料をもらおうのはあまりにも図々しいのではありませんか?
育児と仕事の両立というのは、仕事をさぼってもお給料がもらえるということでなく、子供の預け先が確保しやすいということだと思います。
この議員はシッターを雇うべきでした。議会に託児所を備えることもありですが、現状として子持ち議員が少ないのであれば、コスト面から難しいでしょう。メリットの少ないところにいくらでも税金をかけることはできないのではないでしょうか?
限りある社会的資源を使うのは、そこからどれだけのパフォーマンスが生まれるか考えてからです。
決して女性個人がやりたいことをやるためにあるわけではないと思います。

ユーザーID:0762702148
連れてきても
しのぶ
2017年12月15日 15:23

気が散って仕事どころじゃないんじゃないかなぁ。
連れてきた本人もね。
仕事ってかなりの集中力を必要とするものだと思うのです。
そりゃあもちろん仕事と子供、両方を意識しながら業務に携わることはできると思いますが、間違いなく効率、精度は落ちると思います。
これが本人ならまあ仕方ないけど他の人も巻き込んだらそれこそ悪影響でしょう。

その作業効率でもよしとしろ、と言われても、やはり仕事は成果をあげてなんぼですからね。
(業績落ちて給料も下がるかも)

であれば、職場に連れてくるのではなく託児所の完備の方が効果的かも。
でも勤務地が遠い場合は子供の負担が大きいので難しいですけどね。

ユーザーID:8111439714
託児環境を整えるための布石なら
あらふいふ
2017年12月15日 11:39

どこの議員も基本男性が多いでしょう。
まして、お子さんを産むという年齢の女性は本当に限られているでしょう。
そういう環境で子供を産んで産休、育児休暇をしっかり取るべきなのか
あるいは子どもを連れてでも会議等に参加できる環境を整えるべきか。
もっと言えば、子供を産むかもしれない女性が議員としているのはどうかという意見だって表だって言われないだけで思われていたり、陰で言われたりしている事でしょう。

昔は大学の教員といえば特別なものを除けば男性ばかりです。
理系ともなると女性はごく一部、まして結婚して子どもを産んでそれでも続けていくというのはごく少数でした。

まして、子供がいると遠方の学会などに参加できない場合も多かった。
夫や家族に預けることが出来なければ参加できなかったんです。
それが当然で仕方ない事だと。

が、今はほとんどの学会がちゃんと託児の環境を整えることが必須となっています。
(知っているのは医学部系ですが)

子どもを持つ研究者たちが子連れで学会に参加して個人で託児環境をなんとかしていたところから初めて学会の主催側にその責務を負ってもらうところまでしてきたんです。
そして今は医学部でも半分近くが女性です。昔は外科に女性は一人も入局できなかったのがウソのようです。

今の女性議員さんたちもこれからそれを始めようとしているという事ではないんでしょうか。

それをマスコミが一般的な会社へ連れて行くという行為とごっちゃにしてしまって本当にいいんでしょうか。

女性議員が子供を産んで自分で子育てしたいと思う環境を何とかしたいと思う行動を叩く必要があるのでしょうか。
もっときちんとそのあたりを踏まえたうえで意見を求めても良いのではないでしょうか。

ユーザーID:0797701347
質問の意図は?
あらふいふ
2017年12月15日 11:26

>女性が活躍するために、仕事と育児を両立できる働きやすい環境を作ることが求められています。

これはつまり時短や保育園や学童の整備をするべきですよね。
潜在保育士をいかに減らすかという問題もあります。
そういう意味では特に大手企業が企業内託児所を持つというのも一つの手です。

ですが、
>では、職場に子どもを連れてくることについて、あなたはどう思いますか?

この質問の前にこの前フリをつけることの意味はなんでしょう。
職場に子供を預ける整えることと職場に子供を連れてくることにどう思うかというのは?
託児所があるからというのではなく、仕事をしているその職場にゆりかごを置いて赤ちゃんをそばに置いて仕事をしてもいいかという意味ですか?

あるいはベビーシッターを個人で雇って会議室や宿直室で面倒を見てもらってもいいかという意味ですか?

私自身は50代女性です。
職種は事務です。
が、いくつかのレスに子連れ出勤できますと言ってる職場つまり大学です。
大学の研究室はそういう意味では夏休みの子供を連れてきても何とかなる特殊な職場でしょう。子どもを遊ばせておける環境が結構あるという事、子どもがちょっとうろうろしていても怒られたりもしないということ。仕事が独自で行う場合が多い(講義ではなく研究という意味で)からでしょう。

そういう意味で、今回問題になっている議員さんの仕事も特殊でしょう。
その特殊な環境での今回の件を一般的な会社員等にいっしょくたに意見を求めること自体おかしくありませんか?

その質問の意図をきちんと説明してほしいものです。

ユーザーID:0797701347
公的な場所の会議はなしでしょう
ニャンギラス
2017年12月15日 7:53

私も職場に子連れ出勤には否定派でした。

が、今日テレビの情報番組でそのような取り組みをしている職場を見て、職場によって受け入れ体制が整っているならアリだと思うようになりました。

受け入れの状況としては、職場に別室(ガラスで様子がうかがえる)の保育スペースのような場所がある(できれば保育担当者がいる)という環境でしょうね。
女性メインの企業なら取り入れやすいでしょう。
でも子ども間に病気の流行があれば職場が機能しなくなるでしょうね。
全員揃って休みですから。

間違っても就業のエリアで野放しはダメで職場と保育の区別は必要だと思います。

ただし、同伴できるとしても職業にもよります。

ユーザーID:3239263163
反対
アラフィフ
2017年12月14日 21:28

女性ですが反対。
シッターを雇うべきです。連れて行っていい場合は託児所がある場合のみで、考えたらわかることです。女性の活躍といえば何でも押し通していいわけではないと思います。

ユーザーID:5269574548
ルール破りも必要な時がある
地味変
2017年12月14日 17:15

議会に子連れなどの事態が発生したとき
必ずというか、
「ルールを守るべき」
「ルールを守らないのはけしからん」
という意見が大勢を占めます。
確かにその通り、正論です。
でも正しいことって、天から降ってきたものではなく
その前に人間が作ってきたものです。
人間の作ったルールは人間が変えてもいいのです。

人間の決めた「ルール」をきちんと守ってきたなら
歴史は動くことがなく、人間の社会はいまだ石器時代だったでしょう。
ルールに異を唱え、改変した歴史が今の人間社会と文明を作ったものではないでしょうか。
ルールを変えようとするとき、時には強引な方法によらなければならない時があると思います。
革命などという暴力を伴う場合だってあります。
保育園落ちた日本死ねっていわば非常識なアンチモラルな言葉を発したからこそ
人々を動かし、やっと政治家や行政も動き始めたのです。

とにかく一番いけないことは
ルールに異を唱える人の声を
「とにかくルールは守れ」と
耳をふさぐことだと思います。
議会に子供を連れていく人の真意は議会の邪魔や冒涜を目的にしたわけではないと思います。
彼女が何を目的としているか
その真意を一顧だにしないで「けしからん」では
それはまさに、頭が石器時代だと思います。

職場に子供を連れていくことの是非は
職場の条件や環境や、各家庭の状況や
大きく言えば行政や国の対応で、一概に正否が決まる問題ではないと思います。

ユーザーID:1563023964
少なくとも自分のところでは認めませんね
エアジス
2017年12月14日 15:43

独立系エンジニア。子連れを認めるかといったら絶対に認めませんね、機密の問題もありますし。
保育所や託児所の充実がどうたらという人もいますが、テーマが子連れ出勤なのでそれには触れません。
自営なり在宅勤務なり自分で労働環境を決めることができる、あるいはそれが許されている人は、許された責任の範囲で好きにされたらいいと思いますが、企業では一つの職場でもいろんな担当業務があって、担当は必ずしも個人の希望で選べないので、それによって子連れが認められる人とそうでない人がいることは士気に関わります。例外を認め始めたら統制もできません。また、社会全体で見たときに子連れができるべきかそうでないかは経営者の自由裁量に任されるべきで社会的議論の意義も感じません。
もっと率直に言えば、労働対価を得ながら私事を持ち込むことが多様性だとか進歩だとか思ってる人の気が知れませんね。成果物ベースで対価を受け取るフリーランスになったらいいんじゃないですか。
進んだ企業と遅れた企業の烙印でも押したいんでしょうか。

ユーザーID:1994575984
レスします
のんのん
2017年12月14日 10:51

私はパートの事務職ですが、入職するにあたり、「子供を連れて仕事にきてもいい」と言われ、当時6ヶ月だった次女を連れて集に2日仕事をしました。次女はその間、サークルの中でおとなしくしていましたが、やはり気になって仕方がなかったです。半年後、保育園に入れることになったのでそれ以降は連れて行ってません。

以前、コンビニのレジで会計をしているときに、オーナーのお子さん(2歳ぐらいの女の子)が店内をうろうろしていて、私の会計中にオーナーさんが急に子供に対して怒鳴ったんです。私はびっくりしました。怒鳴るくらいなら、保育園に入れるか、ベビーシッターを雇いなさいよって。

仕事は仕事。きっちりやらないと周りにも迷惑がかかると思いますけど…。

ユーザーID:5560088462
だったら
マカロン
2017年12月13日 21:58

>職場に連れてこられるならば、授乳もすぐにできるし、いろいろなメリットもあります。

それは連れて来る人にだけ一方通行にあるメリットですよね。


私が新人の頃(90年代初頭)は会社も緩くて、仕事抜けだして歯医者さん行ったり、〇理痛が酷い時は医務室で休ませてもらったりしていたけど、随分前から、そういう時は時間給を取ることが徹底されました。(今にして思えば当然だけど)

体調不良の人が療養するのは時間給取るのに、子供を連れて来た人は仕事中に授乳が許されるのは理不尽です。

ユーザーID:9705360320
仕方ないと思う。拒否するなら会社側(議会)で対策すべし。
さき
2017年12月13日 15:12

子連れ議会、仕方ないと思います。
だいたい、子連れが参加できない議会のあり方は偏っていると思います。
子供を自分で育てたこともない人たちや、家に子供がいてもお金を稼ぐだけの人、
子供が大きくなって子供に直接関係がない人たちばかりが
議会でいくら話し合っても、現実的な政策は出てきません。
だから、現在進行形で子育てを担っている彼女のような人が必ず必要なのです。

もし、彼女に議会に子供を連れて来るなというのなら、議会側で保育士を雇い、シッターを用意すべきでしょう。
もしくは、保育園を充足させてその子を入れられるようにしなければなりません。

それをしないのに文句ばかり言うのは、ナイなと思います。

ユーザーID:9784138186
自営のオバちゃんでも子連れで仕事してません
松ぼっくり
2017年12月13日 10:04

40歳、自営業のお店のオバちゃんです。

自分の店でも子供を連れて行けませんでした。なぜなら、子供に触ってほしくない物や危険な物がたくさんあり、テーブルの角や床材など子供に配慮した作りになっていないからです。自営のお店で赤ちゃんを背負って、というのは、自宅の一部がお店になっていて、すぐに自宅に戻れる人のみ、ではないでしょうか。

普通はお客様と話している時に、子供が泣いたからって子供を優先できません。ですがウルサイし、気を遣わせるでしょうから、結局ご迷惑をおかけしてしまう。
ちょっと大きくなると、気を引く為に大声を出す、手を引っ張る、バイトのお姉さんにまとわりつく、など容易に想像できます。大人の足元にいるので、うっかり蹴ってしまう、などの事故も考えられます。

それに我が子は走ったりジャンプするのが大好きなので(大抵の子供はそうだと思います)、それができない狭い場所にずっと閉じ込めておくのは、子供にとってストレスになると母親ならわかります。「それは触っちゃダメ、静かにして、こっちに来ちゃダメ、いい子にして座ってて」一日中、こんな事言われ続けたら、最後には大泣きするでしょう。子供の心身の発達に良くありません。

そして、親である私自身も、子供と仕事との板挟みでとても効率良く働けません。
周りの人も迷惑、親の生産性も落ちる、子供にはストレス。全く良い所がありません。

ユーザーID:3633816991
レスします
none
2017年12月13日 8:53

規則を決めるべき議員が、規則改正の手続きすら踏まず、気に入らない規則だからと無視するようになれば、誰も法令を守らなくなる。

賛同者はそれでも良いと言いたいのだろうか。

ユーザーID:6974518986
兎に角
金平
2017年12月12日 19:47

運動や政治活動に子供や性別を盾にして自分の意見を通そうとする態度が駄目だと思う

ユーザーID:8381854259
熊本市義の話と一般向けの保育施設拡充はちょっと方向性が違う
隣人
2017年12月12日 19:35

12月11日の通りすがり様

熊本市義はお子さんを母乳育児をしており、いつでも授乳できるようにしたいそうです。だから、会議に同席したいのです。今も、授乳の時に離席するときに、採決のタイミングが来た時には、連絡をしてほしいと要請しています。(席で授乳したいと申し出たら、それはダメと言われたそうです。)
そして、託児所についてですが、市議は毎日定時に出退勤するわけでなく、議会の開催時だけなので、保育園には入れづらいそうです。

国会議員の中には幼児を連れていらっしゃる方が居るようです。でも、ご自分の個室にベビーサークルを置きシッターさんを雇っています。

この熊本市義の方の母乳育児をしながら議員の仕事をするのが大変だと取り上げるのもいいですが、実際の所、働く親が欲しいものは、子と親が同じ席で仕事をするのではなく、安全で安心できる保育施設を拡充する事だと思います。

外国でしているからと言って日本でも可能だとするよりも、今の日本は保育施設を充実する方が子育て中の親が活躍できるのに。と議論をもっていかないといけないと思うのですが。

ユーザーID:0865486200
「どうにもならないとき」は受け入れたい
すず
2017年12月12日 19:33

託児スペースがあるとかならいいけど
オフィスの中に子どもがいるのは反対かなあ…

でも「何が何でもダメ」というのではなく
急なことで、どこにも預けられない
仕事の穴もあけられない
かといって、車の中に放置したり
公園のベンチに座らせ「ここで待ってて」
というわけにも行かない…

というときなどは、受け入れたいなあと思います。

ユーザーID:7207704157
うちの職場は可能です
kana
2017年12月12日 18:18

子連れ出勤していました。

単発のケースなら、男性も女性も職場に子供を連れてくることは、昔からよく行われています。主人の職場でも同じです。近くに親がいない中でのフルタイム夫婦ですから、この両者の職場環境にはとても助けられています。

だからこそ、なおのこと一生懸命仕事をして恩返ししようと思っています。

安心してあづけられる場所を作ることがまず大事、という意見には大賛成です。しかし、職場に連れてこられるならば、授乳もすぐにできるし、いろいろなメリットもあります。

どんな職場でもいつでもできるとはもちろん思いません。しかし実際にやっているところが複数ある以上、工夫してもっと出来るところもあるのではないでしょうか。

どうやったらできるのか、どこまでだったらできるのかなど、保育園の整備とあわせて、同時に議論する意義は十分にあると思います。

ユーザーID:7512843851
絶対いやだ
ゆう
2017年12月12日 17:38

子どもを連れてくるのは反対ですが、連れてこなければならない状況をなんとかすればいいのでは?と思います。
だって、誰だって連れてきたくてそうしているわけではないでしょう。

私は出産を控えた女性なのですが、保育園に預けて共働きで子育てをするなんて本当に大変そうだと思います。
さらに子供を職場に連れていかなきゃならないなんてぞっとします。
保育士さんっていう専門の職業があるくらい、子どもの世話って大変なんですよね。
預けるかしないと仕事なんてできないし、1度に1つのことしかできない時もあります。
仕事してる間に、子供を見てくれるシッターの普及、保育士の収入と地位向上で子どもに携わる職業の人が増加し、安定することが急務だと思います。病児保育、保育所、土日も使えるこども園を増やしてほしいです。
老人に対する手当ばかり厚いこの国ですが、この日本の発展に寄与してきたことには敬意を抱きますが、今後税金使うしかできないんですから、日本のこれからのために、医療費も年金も少な目でお願いしたいです。将来の税収を確保するために、子どもに関する政策を最優先すべきだと思います。

レスを見てて疑問だったのですが、「子どもがかわいそう」と仰る方は、「もし自分がその子どもだったら、自分はかわいそうだ」と思われるからそう仰っているのでしょうか。虐げているわけでもなく、親が子のことを思いながらも致し方なくしていることに、かわいそうなんて差し出がましいことは言ってはいけません。
子どもの環境はこうあるべきだから、という理想に基づいた発言でしょうか?自分の子育て理想論は、自分が掘った穴にでも向かって語ってください。かわいそうじゃなくなるまで、助けてあげられる立場ではないのなら、この言葉は使ってはいけません。かわいそう、という前にかわいがってあげて下さい。

ユーザーID:6927149698
 
現在位置は
です