現在位置は
です

発言小町

新しいトピを作成
本文です

海辺に住んでいらっしゃる方、教えてください! 携帯からの書き込み

海の子
2017年12月2日 21:06

海の近くに住む暮らしに、昔から憧れています。
実際に住まれていらっしゃった方、住んでいらっしゃる方、海の近くに住むって、どんな感じですか?
メリット、デメリット、日々の暮らし、経験したエピソード等、教えて頂けませんか。
よろしくお願いいたします!

ユーザーID:4422958437  


お気に入り登録数:83
  • 携帯に送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
古いレス順
レス数:33本

タイトル 投稿者 更新時間
「海に行く」携帯からの書き込み
あん
2017年12月2日 22:42

漁師の町で生まれ育ちました。

大人になって、友達が使った「海に行く」という言葉に、少し違和感を覚えました。


なんでかな、と思って考えたところ、私の中では
「浜に行く」
「磯に行く」
「沖に行く」
が明確に区別されていて、「海に行く」ではないのだと気がつきました。

ユーザーID:3828213573
湿気と塩気
逗子
2017年12月2日 23:29

私も海の近くの生活を求めていました。
自宅の改築の際に仮住まいで、海辺の賃貸住宅に住みました。
海辺の別荘地の家を貸し出していた。

引っ越しの日は、快晴の日でしたので、幸せいっぱいでした。
一ヶ月を経過すると都市部と違うことが分かってきました。
洗濯物は外に干せない日が多い。海の匂いかも。
空気の湿度が高い。家の中が湿っぽい。
子供たちの自転車が錆び始めた。
車のボディ表面、ガラスに塩気を感じる。
台風の時は海水が飛んでくる。
沢山のディメリットを紹介したレスが届くと思います。

私は半年程度の仮住まいでした。都市部に戻れるから気楽だった。

ユーザーID:9690111776
毎日変わる海の表情携帯からの書き込み
なは
2017年12月2日 23:56

これを見られることが、
唯一最大のメリットです。
特に季節外れの夕暮れ時は最高です。


デメリットはなんといっても塩害です。

風向きや湿度で磯臭く感じる日がたまにある。
風が強い日の翌日なんて、窓が白くなります。
いかにもしょっぱそう。

そして、異常なほど錆が早い。
庭の鉄製のテーブルの脚が10年で折れました。
自動車のマフラーに穴があいて、
暴走族の車みたいになったこともあります。


でもでも、海のある生活、いいですよ。

ユーザーID:5876086050
ハワイ島に住んでました
a
2017年12月3日 0:07

一番ショックだったのが、カバンについている金属が錆びた!ことです。金属製は、海からの海水が、どういうわけか陸内に風で吹かれ、全部錆び浸透。こればかりは、住んでみないと分かりません。

ユーザーID:5503614188
海の近くで生まれ育ちました
おばちゃんパート
2017年12月3日 1:44

普通に暮らしていたので、よくわかりませんが、金属類が錆びるっていうのはあると思います。
あと、皆さんが海の匂いだ!と思う匂いって、大概漁業に使う海水を含んだ網の匂い。強烈な時もあり、まいります。風の強い日は砂が飛んできます。庭の草木は枯れます。
曇りの日は、波の音がうるさくて眠れません。
夏場は観光客と、若い子が騒いで煩い。ゴミも巻き散らかすし迷惑。

学生の頃は、夏休みに早起きして浜辺を散歩するのが好きでしたが、働き始めると1分でも多く寝ていたく、散歩もしなくなりました。

思いついた時に、すぐ海を見られるのは気分転換になってます。捕れたての魚が食べられます。

夢を壊しちゃうけど、普通に暮らしていると、海の近くでも遠くでもあまり変わりなく思えちゃいます。
今現在…大きい地震のあと、小高い丘の上に引っ越しました…

ユーザーID:3727184896
海外ですが
海辺近く
2017年12月3日 3:05

海の近くに住んでいます。

メリットは、
・車の駐車場を考えないで歩いて海に行けること。
・家から海をのんびり眺められること。
・海で行っているコンサートとか家で聞けること。(笑)ぐらいかな。
・海へのお散歩など、清々しい〜気持ちになる。

逆にデメリットは、
・いつも家が湿気る。そのため、鉄等錆びが速い。
・メリットでもあるがコンサートとかの音がひどい。
・夏など花火がうるさい。特に海辺に住んでいない方たちが迷惑を考えずに夜中にもバンバン花火は迷惑すぎ。
・イベント時は家の前が車でいっぱいになる。
・知り合いが海へ行くならっと、我家をホテルだと勘違いする。


こんなもんでしょうか。

ちなみに私は森派なんですけどね。

ユーザーID:4599158303
いいこと尽くめ
たつごろう
2017年12月3日 3:44

50代の男です。
幼稚園くらいから海のそばで過ごしました。
海水浴は歩いて行って費用はタダ。貝掘り、釣り、ワカメ採り、など新鮮な海産物がタダで手に入ります。
観光地だったので多くのお客さんは遊覧船で島巡りをしますが、自分の場合、複数の友人の親が漁師なので、船に乗せてもらって海水浴や魚採りに行ったり。
もちろんタダ。
海がそばにあるのが当たり前の生活で、そのありがたさが分かったのはだいぶ大人になってからです。
この年になって海の匂いをかぐと懐かしく、心が落ち着きます。故郷の匂いですね。
港で船を見るのも大好きで、大きな船があれば写真撮りまくります。
デメリット?思い当たりません。

ユーザーID:9321915880
楽しかったけど、夏だけでいいかな
ココ
2017年12月3日 9:13

オーストラリア南部のビーチタウンに計5年、その間ビーチフロントのアパートメントに2年間住んでいました。

気候の良い時期はとても気持ちがよく、週末の朝や平日の仕事上がりにビーチ沿いの遊歩道を夫と一緒に散歩して、外食したりビーチフロントホテルのバーで軽く飲んだりと大いに満喫していました。
夏に泳ぐ時も着替えも何も要りません。水着にタオルだけ持って外に出て、泳いで水着のまま帰宅してシャワーが浴びられます。稀ですがイルカやアシカなんかもビーチの岩場近くでぷかぷか遊んでいました。家から青く透きとおった海が見えるのも気持ちがよく、よく用もないのにバルコニーに出ては乾杯していました。

ですが雨が続く時期や冬の寒い時期はなかなかハードです。
オーシャンビューのバルコニーに面したオシャレな両開き硝子ドアの建てつけが微妙で、嵐の日には風や砂がリビングに入ってきていました。そして当然ながらヒーターを付けていてもとても寒いし、そんな時は敢えてビーチサイドは避けて裏通りから外出していましたが、それでも歩けないくらいの強風です。
当然、車のナンバープレートの釘部分など細かいところも錆びていました。洗濯ものは基本乾燥機使用か室内干しですので、天日干し派としては微妙でしたね。

同じアパートには私たちのような若い夫婦より、年配の方が週末だけ、夏の間だけセカンドハウスとして使っている部屋が多かったです。

今はそのオーシャンビューアパートと同じ家賃で、緑の多い、安全で閑静な住宅街の広い一軒家に住んでいます。
ビーチからは車で30分ほどかかりますが、夫婦ともに田舎の山育ちなので、今の緑の多いヒルズサイドの暮らしはとても性に合っているようで快適です。

トピ主さんは日本海側だったり沖縄だったり、どの辺りの海際がお好みなのでしょうか?
それによっても環境や生活スタイルは随分変わってくると思います。

ユーザーID:1313465140
高潮警報
たまご
2017年12月3日 9:57

津波被害の経験はありませんが、高潮警報はけっこう出ます。台風接近と満潮が重なると、道路が冠水したり家にも迫ってきたりする可能性があるので、土嚢で防御したり、車を高い所に持って行ったりしてます。

ユーザーID:4391936788
どこも同じ
育子
2017年12月3日 10:52

海辺でも、都会か田舎か、高台か底部か、日本海側か太平洋側か

これらによっても異なりますよ。

一番は津波が心配ですね

どこも住めば都だと思います。

ユーザーID:8033596889
少し離れた方が良いですよ
2017年12月3日 11:11

まずは、
塩害が酷い、海風が酷い、湿気も酷い、鉄製品はサビるからマメな手入れが必要、地震の度に津波が怖い(遠くで地震が有っても、こちらまで影響する場合も有り)、漁港が近いと生臭い、早朝からエンジン音が煩い。

少し離れると山の中になってしまって、高低差が有るために生活しにくいけど、そちらの方がむしろいいかも・・・と思います。
眺望は良いけど、車がないと生活できない為に、道がめっちゃ混みます。特に夏の観光シーズンは悲惨。毎日大渋滞です。

良いところは、魚が新鮮で美味しい。静か。眺望が良い。朝の散歩が気持ち良い。(但し、打ち上げられるゴミも多いので、掃除も大変ですが。)

辺りでしょうか。

ユーザーID:2258115984
結婚してから、ずーっと海のそば
ドラママ
2017年12月3日 11:55

三ヶ所、海のそばに暮らしました。最初は、海から五分位の所、小さい息子を連れて、普段は、散歩。夏はお父さんも一緒に、海水浴でした。二ヶ所目は、転勤で行った東北で、気に入り、堤防の横に家を建て、暮らしました。広い太平洋から日が昇り、目の前の海岸で、お祭りがあり、花火大会があり、お正月にカーテンを開けると初日の出を見る人でいっぱい。ご近所からお魚を頂き、美味しいものをたくさん食べて、楽しい暮らしでした。家を売って地元に帰って、数年後、震災があり、思い出の地は無くなりました。思い出と写真をいっぱい残して。今また、最初の所から、10キロくらい離れた、海から五軒目くらいの所に住んでいます。今は、海に落ちる夕日を眺めています。
時々強い風が吹くことと、塩害が、ちょっと気になるかもしれません。でも、開放的な雰囲気と、美味しい海産物は、最高です。

ユーザーID:9872336566
海外で二度ほど住む機会がありました。
夢と現実
2017年12月3日 12:19

所謂オーシャンビューが素晴らしい家、(家賃は会社持ち)でした。

兎に角海の色が綺麗、但し天候の良い日だけ。
この時気が付いたのは真っ青な海の色は霧の日はどんよりしたグレーだという事でした。
まあ気候の良い地方でしたのでそれに短期間(二年間)でしたからそれ以外は特に気が付きませんでした。

二回目は小島の多い国でしたが砂ぼこりが半端ではありませんでした。
この時気が付いたのはフェリーから見える小島で住民は海辺ではなく山(丘)の上に住んでいるという事でした。(湿気の関係から)

海辺のホテルに滞在するのは好きです。

ユーザーID:2964274075
住んでいました
もちむぎ
2017年12月3日 14:06

18歳までと22〜29歳まで住んでいました。
子どもの頃はメリットデメリットなど考えませんでした。
お魚が美味しかったことくらいですね。
それは海から離れてみてはじめて実感しました。

大人になってから(22〜29)住んでみて感じたことは、潮風が健康にいいんじゃないかと思いました。
根拠はありませんが、その頃は家族全員健康でした。

でも、やっぱりあったんです、デメリットが…
それは潮風による錆び。
家電も長持ちしません。
車も自転車もすぐ錆びます。

リタイアした今はやっぱり海の近くに住みたいと思います。
波をずっと見ていると心が落ち着きます。

ユーザーID:7748201538
きれいごとじゃない気がする・・・・
マリーナ
2017年12月3日 15:53

東京隣県の海辺住みです。
毎日サーフィンやりたいとかならいいのでしょうが・・・

そりゃ天気のいい日は ひゃっはーって感じですよ。
うちは高台なので毎朝 青い海が見えます。
タンカーなども見えます。汽笛も聞こえます。

ですが!

雨、台風などでガラス窓に潮がついてものすごく汚れる。
台風時はすごいですよ。
海まで車で10分ほどでも汚れる。

風向きによっては磯臭い。かなり昔ですがかなり離れたところで
赤潮かなんかで大量にサカナが死んだ朝はドアを開けた瞬間
近くのゴミ集積所でコトが起きたのかと思うくらいにおいました。


塩害が避けられない。車や 室外機、換気扇は傷むと思う。

ゴールデンウィークや夏休みは周辺道路がありえなく混む。
15分かかるところを50分とかもある。
これが結構痛いです。

ユーザーID:6527529690
一長一短あります。携帯からの書き込み
オジンオタク
2017年12月3日 19:24

太平洋に面して、全国的に有名な海水浴場が複数箇所ある地方都市に在住しております。
自宅は漁港から徒歩10分。
父の実家からは、徒歩10分で海水浴場に到達します。

短所。
東日本大震災以降、津波対策が必須。
地価が低迷している。

塩害。(鉄製品全般、特に自動車)

長所。
魚が新鮮でうまい。

ユーザーID:2996019067
海のそばで
りたいや組
2017年12月3日 19:47

静かな内湾に面した広い網干場に接した場所に26歳から56歳になるまで30年ほど住んでいました。半島のような形状で3方を海に囲まれ、隣の家まで100mほど離れています。家の前を通るのは漁師と釣り人だけ。

メリットはとにかく静かです。冬場はウミネコが大挙して押し寄せるのでニャァニャァとうるさいですが。田舎ですが隣家まで遠いので個人的なお付き合いもあまりしなくて済みました。昼間でも夜でも他人を気にすることなく思い切りピアノが弾けました。家の前にヨットが係留できました。電線がないので冬の風を受け充分に凧あげで遊びました。夜は本当に暗いので屋上に布団を敷いて子供たちと寝ながら冬の星座を楽しみました。

デメリット
網干場が隣なので捨てられた魚をあてに野ネズミが多く住んでいました。冬場には寒いのでウチの中に入り込みます。なので飼い猫は絶やせませんでした。
台風などで海が荒れるとシブキが屋根まで届き窓が塩で白くなります。ひと雨降れば塩は流れますけど。なのでクルマはすぐに錆びます。
商店は少なく酒屋・食料品店程度です。漁村なのに魚屋が2軒ありましたね。コンビニは隣の地区、交番はあるけど郵便局は消えました。小学校は徒歩40分。買い物はクルマで30分の市街地で。なのでクルマは一人一台必要です。

ここで30年住みましたが30年でもよそ者扱いでした。なにせ300年住み続けている人たちばかりなのでね。

ユーザーID:9029324770
デメリットなし
はるさめ
2017年12月3日 22:17

道路を隔てるとすぐ海という居住型リゾートマンションの高層階です。
築10年の大規模マンションですが人気物件のようで、値下がりどころか発売当時の2倍近い金額で取引される部屋もあるようです。

歩いて10分ほどのところに海水浴場はありますが、面してるのがマリーナや埠頭で砂を含んだ風が吹き込むことがないです。
潮風は少し心配ではありましたが、リビングの大きな窓が塩で白くくもるということもなく、ベランダの壁や床も潮風の影響でベタ付くといったこともありません。
洗濯物も炎天下の南の島で洗濯物を干したときのような「乾いてるけど湿っぽい」という感じはありません。
車は下回りに関しては防錆処理をしていますが、屋内駐車場なので特に気にしていないです。
売り物件が非常に少ないことを見るかぎり、皆さん気に入って住まわれてるみたいで定住率高いです。

海でも山でも「景色がよいところ」ということで探していて、たまたま見つけたのが今の住まいですが、外断熱工法で建てられていることも決め手の一つです。

真ん前が海なのでお風呂の窓からも海が望めてリビングもそんじょそこらのホテルより景観が良いです。
毎日見ていても飽きないし、これ以上の部屋はないと思っています。

ユーザーID:5747840057
いいですよ
Beach
2017年12月4日 0:20

海外で海の近くに住んでいます。郊外のビーチの近くなので、空気は綺麗だし泳げます。夏は週日は仕事が終わってから、ビーチへ散歩に行ったりビーチで夕食のピクニックをしたりします。週末は混むので、朝早く、または夕方4時過ぎに行きます。寒くなると、週末に散歩に行きます。冬のビーチは凍りついて、大きな氷の塊が漂流したりしていてものすごく寒いですが、夏とは違う自然の美しさです。1月1日にはビーチで大きな焚き火を焚いて、みんなで海に飛び込んで泳ぎます。潮の満ち引きのサイクルはいつも何となくわかっています。うちの近くでは引き潮の時には船は出せないので。

心配なのは台風です。特に大潮と台風が重なると皆祈るような気持ちで台風が去るのを待ちます。海や川沿いの道や家が浸水したり、船を陸にあげ損ねて破損したりすることがあります。

私は自然のサイクルと一緒の生活が大好きです。

ユーザーID:6991015154
イメージされている「海辺」とは違うかもしれませんが
ポッチャリー
2017年12月4日 0:55

埋め立て地のマンション群です。

良いところは
埋め立て地なので土地が平ら。自転車でどこでも楽に行ける。

困ったところは
風が強い。洗濯物が竿に巻きつくくらい。
おまけに塩混じりで、窓を開けているとテーブルがザラザラになる。

引っ越して別の所に移った後で大地震が起きました。
埋め立て地のせいか液状化現象が起き駅前なども大変な状況になっていました。
テレビで見るたびつらかったです。
液状化以外にも海辺は津波のことも頭に入れておかなければいけません。

ユーザーID:8561930232
 
現在位置は
です