現在位置は
です

発言小町

新しいトピを作成
本文です

今頃になって。

寂しい
2017年12月3日 16:03

もうすぐ還暦の独身女性です。
6年前に同居していた弟を亡くし、3年前に同じく同居の母を亡くしました。弟の時は母がおりました。母の時は私が大病に倒れ激動の日々で感じなかったのですが、おかげさまで普段の生活と体力が戻る速度と同時にどうしようもない寂しさに一人泣いています。電車に乗っても道を歩いても二人の影を求め悲しく何でもっと大事にしなかったのか?自分を責めてしまいます。家族のいなくなった私は何のために生きなければいけないのか?病気のまま死にたかった。フワフワした感じで生きています。生きている実感が日に日に薄くなる感じです。同じ様な体験をされた方のアドバイスをいただきたくトピしました。よろしくお願いいたします。

ユーザーID:9053266263  


お気に入り登録数:45
  • 携帯に送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
古いレス順
レス数:4本


タイトル 投稿者 更新時間
何とも言えませんが
育子
2017年12月3日 17:21

酷な言い方ですが、運命と自己責任というほかありませんね。

でも貴方の人生はまだ30年近くあります。

まずは健康に留意して、何か楽しみを見つけて人生を全うして下さい。

それは生ある人の務めです。

ユーザーID:1466308136
今からでも新しい家族をつくってみては?
ミサ子
2017年12月3日 18:30

ご高齢の方の結婚も増えているようですよ。

素敵な出会いがありますように。

ユーザーID:6387280250
人のために生きることを考える
ぽん
2017年12月3日 20:16

経済的に生活にはお困りではないのですよね。
ボランティアとか支援とかされてみてはどうでしょうか。
家族に先立たれてお寂しいのはわかりますが、生きていくのに必死な方々、病気や障害で苦しんでいる方々がいます。
人のために生きることをお考えになってはどうでしょうか。

ユーザーID:1132295747
明日を生きませんか
アルマジロゥ
2017年12月3日 21:11

トピ主さんの悲しみは、日々の生活を過去に生きて居られる
からではありませんか。

焦ることはありません。ゆっくりと越し方を振り返ってご覧
になり、心の内を洗濯為されてはと思います。

だからと言って、過去を全て捨て去れと言うものではありま
せん。過去は過ぎ去った事にて、どんなに悔やんでもみても、
遣り直しがきくものではありません。

過去を思い出し懐かしく思う事はあっても、悔やんだり嘆い
たりすることはないと思います。
過去は棚上げして置いて、新しいことにお取り組みになられ
てはと思います。

ご自分の年齢を元にして、未来を考えることを止めてはなり
ません。人は、新しいことや始めてのことが好きな生きもの
です。

また、頭脳を遣って考えてばかりではいけません。身体を動
かしながら考えて行くことが生きることです。
現代人は、精神的活動を優先させて、肉体的活動を等閑に
しているのではないでしょうか。

生きて行く中で大切なのは、この肉体です。身体を大切にし
ながら、若い時と同じように前を向こうではありませんか。

ユーザーID:4329990839
 


現在位置は
です