現在位置は
です

発言小町

新しいトピを作成
本文です

自分磨き、結果。

ラスク
2017年12月6日 12:27

アラフィフ女です。

二十代、三十代、
まったく男にモテない私は「自分磨き」に励みました。

海外旅行、一人旅、映画鑑賞、料理、手芸教室、
ジム通い、テニス、スイミング、etc
いろいろ頑張りました。

その後「自分磨き」とは全く関係なく、縁あって結婚。
子育てのため、
「自分磨き」は、とても磨かれたとは思えないレベルで、
どれも、中断となりました。

先日、娘と美術館巡りをしていて、
そういえば、昔、「自分磨き」と称し、
独りふらふらあちこち美術館を見て歩いたのを
ふと思い出しました。
娘は、絵画が好きらしく、私以上に美術に詳しいです。
ひょっとしてこんなところに「自分磨き」の恩恵?!
と思いました。

みなさんの「自分磨き、その後」教えてください!

ユーザーID:7737631832  


お気に入り登録数:166
  • 携帯に送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
新しいレス順
レス数:26本

タイトル 投稿者 更新時間
趣味から仕事へ
さくらもち
2017年12月25日 10:15

中学に上がった頃からジャニーズ→洋楽に興味が移り、それから好きなアーティストの喋ってることや歌詞が理解したくて英語に夢中になり欧米かぶれに。大学も外語大進学→欧州留学→そのまま現地就業。現在欧州某言語の通訳・翻訳を生業にして20年。
「自分磨き」を意識したのは欧州留学した頃からでしょうかね。会社辞めて行ったから。
でも職業にしようとまでは思ってませんでした。

そしてもう一つ。10代〜30代まで欧米文化にかぶれたおかげで、40代の今日本の歴史や文化にとても興味があり、その良さにやっと気づき始めました。外から日本を見られるようになったら俄然興味が湧き始めました。日本人なのに日本のこと全然知らないことに気づいて、学び始めたら面白いこと奥深いこと。そして知識を持って国内を旅したり展覧会に行くと、全然面白さが違うんですよね。つまらないと思って見過ごしていたものが知識を持って見るとあら不思議、面白い!
これも「自分磨き、その後」かなあと思います。

ユーザーID:3147114591
旅行についてちょっと一言。。。
あらいぐま
2017年12月24日 5:30

旅行は国内か海外かを問わず自分磨きになることも単なる娯楽で終わることもあります。

わたしは基本的に吉方位に旅行します。方位学を信じない方には無理にお勧めはしませんが旅行の時期と目的地を前もって決められるという大きなメリットがある上、わたしの住所からは吉方なら知恵や技術を得られるという東方向にわたしが言葉を習得しようとしている国々が位置します。

まず目的地では全てに対して貪欲になると効き目が倍増します。初めて訪れたスペインの首都、海抜600メートルのマドリッドでは日本で一般的なスペイン料理とされている地中海沿岸料理とは全く異なる、夏の暑さと冬の寒さに耐えるための焼肉や煮込み肉などの鄙びたカスティリャ料理をカロリーを気にせずに食べまくり、プラド美術館では英語の音声ガイドを借りてまる二日かけてみっちり鑑賞し、自然史博物館ではスペイン語の説明書きにも挑戦し、書店で日本文学のスペイン語訳や英西対訳の本を購入しましたが、極めつきは帰りの飛行機の中で英語も日本語も話せないスペイン人がわたしの耳元でスペイン語で数時間話しまくったことでした。「Entiendo o no?」を「わかってるのか、わかってないのか?」と聞くタイミングで言われたら「Dificil pero intere... (難しいけど面白。。。)むにゃむにゃ」と答えざるを得ないでしょう。かくして学校でスペイン語の授業を全くとったことのないわたしでもスペインの現代史や日本人と共通するところもあるスペイン人の国民性についてかなり理解することができました。吉報旅行は大成功でした。これって正に自分磨きの我利我利体験じゃないですか? みまさんもまず国内旅行でわたしと同様の自分磨きの体験が得られるように工夫してみてはいかがでしょうか?

ユーザーID:8345287521
わたしにとって自分磨き=我利我利体験です。
あらいぐま
2017年12月24日 4:20

音楽・日英中3ヶ国語の読書(純文学・ノンフィクション・推理小説)・絵画鑑賞・フィギュアスケート鑑賞などなどあります。加えて読書と声楽に絡んで外国語習得(中西仏伊、英語は普通に使っています)にも我利我利しています。どれをとってもここまでは友人や恋人獲得のためだったということはありません。全部自分のためで終点はありません。ただ、読書で語感と作文力を磨いておけばいろんな場所で感想や説明を求められた時に的確に対応することができるので対人関係にも役立っているのかなとは思います。

最近、従兄の家を訪問して自然に恵まれた立地だったので従兄の奥さんに向かって口をついて出た言葉は「赤毛のアンの夢の家みたい。」でした。NHK朝ドラの「花子とアン」で親近感を持った人も多いはずなので従兄の奥さんは時間が許せば「夢の家」を読むかもしれません。

フィギュアスケートでは最近ヴォーカルが入った選曲が許可され、歌の内容が既に磨き抜かれた選手に言霊効果のような追い風を送るという仮説に立って色々考えて発表できるのはやはりここ(発言小町)しかないです。読んだ人がどう感じるかはいまいち不明ですがプッチーニの遺作「トゥーランドット」の王子のアリア「誰も寝ない」の「Vincero! Vincero! (勝つぞ!勝つぞ!)」→ 荒川静香さんと宇野昌磨選手のFPが最高です。それから羽生結弦選手の「陰陽師」の「晴明」に絡んで陰陽師とは何で羽生選手が何を表現しようとしているかを英語で書いて動画サイトの羽生選手の陰陽師の動画で日本語以外の解説がついたものにコピペで投稿しまくっています。動画があまりに多いのでコピペで疲れました。平昌オリンピックが終わった頃にまたやりたいです。どなたか読まれたらその通りとかそうじゃないとか日本語で書き込んでください。これも我利我利努力してきて国際交流に少し役立っているのかな、と思います。

ユーザーID:8345287521
60近い女です
オバ・サン
2017年12月23日 21:42

私が若い頃は「自分磨き」って言葉はなかったけれど、とぴ主さんの様なことはやりましたね。結果全然モテず、今でも役に立っていません。

「若気の至り」だったなあと思っています。若いうちは勝手に、こういう風だったらモテるんじゃないかとか考えちゃったんですね私は。

何か目標を持っている人とか、他人を思いやれる人がモテていましたね。あと、明るさがあるとかね。これらの事は私にはなかったなあ。(涙)

ユーザーID:1698783782
そう、目くじら立てずに、言葉尻とらえずにさ
マリン
2017年12月23日 7:57

否定的な意見の方、トピ主の言いたいことは、「自分がかつてやってきた趣味(これをトピ主さんは「自分磨き」と表現してる)が、今、このようにふと返ってきた」「みんなも若いうちにやってきたことが、今どのような形で現れてますか?」ではないのですか。
単純に愉快なトピ内容と思うし(誰も貶めるような内容でない)、和やかなレスを期待したものの、なんだか随分と否定的な意見と言うか、言葉尻捉えて「で?」「だから?」「自分磨きね、クスッ」みたいな意地悪なレスも散見され、少々驚いてます。
日本人は否定的な考えの人、皮肉屋が多いのでしょうか。それか、人の言葉尻をとらえ揚げ足取ることで、己の「賢さ」を顕示したいのでしょうか。
まあ、それはさておき、若い頃に夢中になったのは、私も海外旅行と英語。今は英語圏に住み、伴侶も英語圏の人です。海外旅行は大好きで、よく行ってました。自ずとその国の文化、歴史を学ぶようにもなり、世界史の教科書を読み返したり、オフには録画してた海外ドキュメンタリーやニュースを見まくりました。今、英語圏に住み、たかが英語、されど英語を実感痛感してます。そんな中で英語圏人仲間と共に働いてます。度胸とハッタリ、物怖じしない性格は、生来のものであると共に、旅を始めとした実体験から培われたのかも。
また、海外に興味が生じたら、自国のことも気になりだし、今もたまに日本史の教科書を開き、小説も読みます。主人も若い頃にはよく旅に出てたようで、かつて旅好きだった者同士で話が合います。今の人生は、旅から繋がり、そして充足してるかなと思います。

ユーザーID:5493005393
バブル時代に
Esmeralda
2017年12月23日 1:53

どれほどの20代女性が「自分磨き」の真意を理解していたでしょう?
トピ主さんも明記されているように、いろいろなジャンルの活動にトライして余暇を埋めることが当時の「自分磨き」だったのですよ。私の場合は、資格の取得でした。転職するごとにその分野の資格をとるため勉強していました。今では全く必要ないものが大半です(苦笑)。
でも、どなたかがおっしゃっているように、主さんの行動は全く無意味ではなかったと思います。今の時代、多方面に興味を持ち行動に移している若い女性がどれ位いらっしゃるでしょう?美術館巡りにしろ、海外旅行にしろ、一度経験したことは、少なくとも人生の「肥やし」になっていると思います。若い世代へのエールにも賛同しますが、我々中年女性もいくつになっても好奇心を失わず行動に移したいですね。きっと何年か後に何らかの有意な形で返ってくると思います。

ユーザーID:6872422949
うーん…
ゴーヤ
2017年12月20日 23:36

絵を見たことあるよのコメントだけでは
自分磨きになってないんじゃないかなぁ。
その後、その画家について何か調べたり、
勉強したりしたのでしょうか。
私は絵画は詳しくないですが、時代背景や人間関係、
技法等絵画って奥深いですよね。

ユーザーID:0614794722
「自分磨き」とか
ニガウリ
2017年12月19日 19:31

「自分磨き」と最近よく言われますが??です。
自分磨きは人生そのもの、生きて行く過程を言うものだと
私は思うのですが。

「磨く」とは自分より硬いもの、強いものに切磋琢磨されて
初めて磨かれるのです。

ちょっと格好だけで磨かれるものではありません。

ユーザーID:0930192775
なるほど!
地球儀
2017年12月19日 19:28

>「そういえば、この絵、昔、お母さん、若いころ、見たよ」とコメントできて、
なるほどー。状況が分かりました。
素敵です!

ユーザーID:2329145582
とぴ主です。
ラスク(トピ主)
2017年12月18日 11:27

みなさん、私の「駄」なトピにお付き合いくださり、ありがとうございます。

自分磨きに肯定的ではない意見もあるのはわかっていたので、
あえてカッコ付けで「自分磨き」とさせていただきました。
その意味を汲んで、ご自分の体験談を面白く披露してくださった方々、
ありがとうございます!

そうです、「どこ磨くんだい?」と皮肉られましたよね。

心優しい親友(都内23区在住、短大卒業後腰掛OLを経て、結婚。高給取りでステキな旦那さま、3人のかわいくて優秀な娘と息子たちアリ)には、
「ラスクちゃん、そんな、自分磨きなんてしているから、男が寄ってこないのよ。ボーッとしてなさいよ」と笑われたもんです。

でも、なにかしていないと腐りそうだったので、あのころは、必死でした。

海外旅行も、ツアーじゃ行かない辺鄙なところへ一人旅をしましたよ。(でも、その手の話に引く男性もいるので、あえて封印)

バブリーだったので、名画がたくさん日本に来ていたので、それも見ました。でも、真価なんてわからず、正直、豚に真珠だったんじゃないかな、と思います。

ところが、先日、娘と美術館巡りをしていて「そういえば、この絵、昔、お母さん、若いころ、見たよ」とコメントできて、「あ、あのころの自分磨き、ちょっと役に立ったかな」と内心、クスッと笑ってしまった出来事があったので、トピを立てました。

もし、昔の私のように自分磨き中のお嬢さんたちがいれば、今やっていることは無駄にならないよ、とエールを送りたいです。

何人の方のコメントにもありましたけれど、やったことはなにかの役に立つと信じています。

少なくとも、がんばっている若者を鼻で笑うようなアラカンにはならないよう、謙虚に、今後も心も体も磨いていきたいです。磨いても磨いても、年々肉付きがよくなって、心は図太くなっていくのが悩みの種ですが…。

ユーザーID:7737631832
全く無意味だったことは無いと思います
メロンめろん
2017年12月13日 22:08

要するに、どれもさわりだけかじって辞めちゃったという、ことですね。
私は、トピ主さんがしたこと全く無意味たっとは思わないけどなぁ?
海外旅行なんかは、やっぱり自分が行った国がTVで出ていたら思い出すし、一度も海外に行ったことのない人より知識になっていますよ。
外貨の両替の仕方、飛行機の乗り方、現地の料理の味。
すべて経験になっていると思います。
料理も手芸も映画も、大半は内容を忘れちゃったかもしれないけど、覚えていることだってあるはず。
仕事には繋がらなかった、一生の趣味にはならなかった、と言えばそうだけど無意味ではないと思います。

ユーザーID:6499595939
他人を磨いた方が『自分磨き』になるような気がする
赤の他人
2017年12月11日 1:48

本人が「自分磨きした!」というと、途端にその輝きが消滅するような気がします。

何がその人にとって「自分磨き」になるのか、わかりませんが、自分より『他人を』磨いた方が、自分が磨かれるような気がするのは、気のせいでしょうか?

でも、トピ主さんが『自分を高めるために』色々と建設的な事に手を出したのは褒められる事だと思いますよ。勘違い女は、『自分を高めるために』人を貶め、利用したり騙したり、自分が損をしないように策略をめぐるだけに頭使いますから。

ユーザーID:7675478876
いわゆる教養ってモノ
iris
2017年12月9日 17:29

私も同世代です。「自分磨き」って言葉、流行りましたよねえ。それにかこつけて、まあ楽しくいろんなことやりました。習い事、旅行、観劇、美味いもん会…。

ウチの中学生の息子、トピ主さんのお嬢さんとちょっと似ていて、不思議なことにテレビで歌舞伎中継をやっていると一人で見ていたりするんです。私が若い頃、歌舞伎座通いをしていたので、テレビで観ながら「この人は赤色で顔に線描いてあるからいいモンなんだよ」なんて教えていたら、自分一人でも観るようになって、「歌舞伎、面白いね」って。学校の音楽鑑賞教室(東京都交響楽団とか室内楽とか)もすごく楽しみにしていたり、「西洋美術館はキリスト様の怖い絵(磔刑の絵のコトらしい)がたくさんあって怖いからニガテ」だとか、結構いつのまにか親の影響って受けてるみたいですね。

大げさかもですが、文化とか教養みたいなものってなんとなーく、こうやって伝わっていくのかな、だとしたら「自分磨き」っていっていろんなことをしたのも、ムダではなかったのかなと思います。

ユーザーID:6589402571
そうだったのか
ないす
2017年12月9日 16:00

ラスクさんのお話を読んで、ストーンと腑に落ちた事があります。

学生時代、フィギュアスケートが大好きでした。
カタリナ・ヴィット、トービル&ディーン、ペトレンコ、スコット・ハミルトン、ペアのゴルデーワ。
家にビデオが無かったので、テレビの前で食い入るように見ていました。

その後、忙しくてじっくり見ることも無く、荒川さんや真央ちゃんでさえ碌に見る機会もなかったのですが。

今23歳の長女、超絶な?フィギュアスケートオタクです。
お小遣いを貯めて全国あちこち観戦し、動画やフィギュアサイトを繰り返し見ています。

日本や世界の有名で無い選手や、細かいルールにも精通し、なんでこんなに好きなのか不思議だったのですが。

ラスクさんの投稿を読んで、
もしかしたら、私が若い頃夢中になって見ていた記憶がDNAに刻まれて娘に受け継がれたのかも!って気づいてしまいました。

きっとラスクさんの娘さんにも、お母様が若かりし頃心ときめかせた記憶が遺伝子に入っているんですよ!!

今、娘さんが夢中になっていることが、将来お孫さんにも引き継がれたりして。

なんか壮大なロマンですね。

娘さんといつまでも仲むつまじく趣味をわかちあえると幸せですね。
私も娘と話しながら「カルガリーのオーサー(羽生君のコーチですね)はね・・」「サラエボの『ボレロ』は鳥肌たった」なんて蘇ってきます。

でも、長男・次男はまったく興味なしなんですよ。これはこれで面白いですが。

ユーザーID:2567442477
で・・・それで??
なっす
2017年12月8日 18:43

>海外旅行、一人旅、映画鑑賞、料理、手芸教室、
>ジム通い、テニス、スイミング、etc
>いろいろ頑張りました。

で、その当時はトピ主さんは『輝いて』いましたか??

私は一度に多くの事は出来ないタイプですが、
いつも、磨くよりも、のめり込んでいましたねぇ。

今も他人からは「多趣味ですね」と言われます。
広く浅くだったかも知れませんが、後悔は一切無し!
面白かったなぁ・・・だけですし、また新しいことに・・・(??)

ユーザーID:4732311818
あらら‥…
ぺこりん
2017年12月8日 14:09

おーいおーい何か勘違い?然も、自画自賛。。なら私「歯磨き、踵磨き」しか浮かびません。。。。。。。『自分磨き』いい言葉ですね!いなちゃんさんに同意。生涯の目標にします。

ユーザーID:0630539539
ライフワークの一部に
散歩人
2017年12月8日 12:10

ダイエット目的で高尾山を月に3回登ってました。
その後ジョギングも始め、見事ダイエットに成功!!
登山も趣味となり、高尾山以外の山にも挑戦し、
今では週末開いていて天気さえよければ山に行く生活。
母も夫も同行する始末

体型はと言いますよジョギングはやめてしまったので元通り
(というか三十路を超えて体型変化)
ですが山はもう辞められません!
今後子供が出来てもきっと山に連れて行くことでしょう(笑)

ユーザーID:8457721914
それは自分磨きと言わないのでは?
ちゃむ
2017年12月8日 8:00

>海外旅行、一人旅、映画鑑賞、料理、手芸教室、ジム通い、テニス、スイミング、etc

これは、全部趣味であって、遊び歩いたってだけですよね?

私もたくさん遊んだし海外旅行も行きましたが、それを自分磨きと解釈する人がいたのかと驚きました。友達もみんなそこそこモテましたが、みんな海外旅行や映画鑑賞は行くものでしょう。それは趣味で楽しむものであって、自分磨きなのですか?

「恩恵」も使い方を間違っていませんか?

若い頃、たくさん遊んだ。娘も絵画に詳しい。2人で楽しめる機会があった、、、というなら、よかったねって思いますが、それを「自分磨き」と自称したり、「恩恵」と言ったり、言葉が間違っているのが残念です。もう少し本を読んで、教養を身につけた方が良いのではないでしょうか。

ユーザーID:7341604132
スイミング
ビスケット
2017年12月8日 1:12

同じくアラフィフです。
子供の頃は今と違って小学校で水泳をみっちりやってくれたので、
25メートルはかろうじて泳げ、スイミングに通うことはありませんでした。

大人になってダイビングにはまり、もっと泳ぎたいという欲求が出て
短期のスイミング教室に通ったり公営の温水プールやスポーツクラブで
泳ぐようになりました。

期間にして10年ぐらいでしたが、水泳の本や雑誌ターザンなどをみて
どうやったら力を抜いて長い距離を泳げるようになるかをひたすら
研究しました。

それから10年後、子供がスイミングに通うようになり、スクールは
人数が多いし週一回なのでコーチに見ていただける時間もわずかです。
スクールの検定で落ちた時は、子供がやりたいと言うので温水プールで
私が教えてます。

親は口や手を出さずにコーチに任せっきりの方が良いという意見もネット
では目にしますが、うちにはこのやり方が合ってるようで、子供の
進級も早いです。

「最初から自分で教えれば良かったのに」というツッコミがあるかと
思いますが、水に浮く恐怖心を取り払うのに私ではダメで、
そこはスクールの力をお借りしました。

当時の私は「自分磨き」という意識は全くなかったので、ラスクさんの
求めるレスとは違ってしまうかも知れませんが、一生懸命打ち込んでいた
ことが結果役に立っています。
人生に無駄はないのだなと感じます。

夫は25メートル泳げないしプール嫌いなのですが、最初プール嫌いだった
子供は私の遺伝子を受け継いだのか泳ぐのが好きみたいです。
きっとラスクさんのお嬢さんは絵画好きの遺伝子を受け継いでいるのだと
思います。

ユーザーID:5522848514
自分磨き、、、、、?
おばはん
2017年12月7日 20:37

アラ還の女です。

息子と娘がいます。

何十年と生きてくれば、何かしらいろんな経験をしてきています。
それなりに、いろんな引き出しもあったりします。

息子や娘と共有できる話題も、有るものです。

海外旅行は、回数は少ないですが、行った国数でいえば、10カ国ほどは行きました。
十代後半の頃から、美術館よく行きましたし、、、、、、
得意不得意、いろいろありますが、
「自分磨き」だと思った事は、無かったのですが。
好きなことをした、としか思っていませんでした。

ユーザーID:9157829226
 
現在位置は
です