現在位置は
です

発言小町

新しいトピを作成
本文です

母娘旅行の思い出、教えてください! 携帯からの書き込み

セリーナ
2017年12月9日 23:05

間もなく古稀を迎える母を、近々温泉旅行に連れて行ってあげるつもりです。
前回母と二人きりで旅行したのは、今から13年前。
京都に行き、保津川下りやトロッコ列車を楽しみました。
温泉旅館では、夜食に美味しい漬け物とおにぎりが出され、二人でパクパク食べたことを思い出します。
みなさまから、母娘旅行の楽しい思い出を聞かせて頂けたらと思い、トピを立てました。
良かったら、お話聞かせてください!
よろしくお願いいたします。

ユーザーID:7253456601  


お気に入り登録数:15
  • 携帯に送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
古いレス順
レス数:10本


タイトル 投稿者 更新時間
娘とは2回旅行しました。
60代母親です。
2017年12月10日 11:56

私は九州在住の60代後半母で、東京で結婚して住む40歳過ぎの娘(子供はいない)と6年前に二人で、日光鬼怒川温泉に2泊3日で旅行しました
娘と二人旅行は初めてで良い思い出です。
4年前にはやはり娘と二人で(婿は仕事で休みが取れず)、ベトナム5日間の旅をしました。
5月の暑い盛りだったですが、二人で行く海外は初めてだったので(私は一人暮らしの身なので毎年一人で海外は行きます)、食べ物お土産異国で楽しい観光をしました。
子供がいない娘なので(不妊治療でも授からず)、いつかはまた行きたいと思っています。
母娘旅はいいものですよ。

是非楽しんでお祝いしてあげてください。

ユーザーID:5999590790
母の思い出
匿名
2017年12月10日 12:45

結婚してから、ほぼ一年に一度、母と一泊旅行していました。
ほとんどは2時間以内の温泉地が多かったけれど、
(温泉が多い所なんです)
京都や松本の方へ足をのばした年もありました。

子供が小さい頃は、母と私と子供の3人で。
2歳から小3くらいまでだったかな。
あとはまた、母と私の二人旅になりました。

あまり観光はせず、早めにホテルや旅館に入って、ずーっとおしゃべり三昧。
義父母と同居だったので、色々愚痴もあり、それらを母はいつも真剣に聴いてくれました。
でも、時にはきっちり叱られることもあり、
(それはあなたが間違っているよ、と)
反発して、言い争いになった旅も2度ほどありました。

けれど、美味しい物を食べて、広い露天風呂につかって心身ともにリフレッシュすると、母の言う事ももっともだなあと感じたり、やたら納得したり、じきに仲直りしましたね。

旅行のすべてが大切な思い出ですが、大浴場で母の背中を洗ってあげたことが、今も一番の思い出かな。

「背中? 自分で洗うからいい。まだそんな年寄りではないわよ」などと最初は言われたけれど、やがて、母娘旅行の恒例となり、
「気持ちいいわねー、ありがとう」と喜んでくれました。

3年前の旅行が最後でした。
昨年、母は85歳で亡くなりました。


主さん、お母様と素敵な思い出を作ってくださいね。

ユーザーID:3377202756
10年前、秋立つころの軽井沢旅行
アリサ
2017年12月10日 14:49

旧軽銀座にあるカフェでひと息つきました。そのカフェには80種類ほどのコーヒーカップとソーサーが並んでいて、マスターが客の雰囲気に合わせてカップを選んでくださるので有名でした。

母と私とカウンターに座り、しばらくして出てきたのが上品なローズのカップ&ソーサー。マスターは母と私の雰囲気が似ていると思ったのでしょうか。

そうしたら、母が「あなたと同じだなんてね。お母さんのほうがもっといいカップだと思ったのに・・」と言ったんですよ!

私から言わせてもらえば「27歳も年齢の違う娘と同じバラのモチーフのカップを出されるなんて、お母さんはすごいな・・。」

母は良妻賢母として知られていましたが、ほんとうは気が強くておてんばだったんです。私だけが知っている母のほんとうの姿。そんな母が、今はたまらなく可愛く愛おしいなあと思います。

母はこの秋、亡くなりました。今あのカフェに行ったら、マスターはどのようなモチーフのカップを出してくれるか・・、時々考えます。

ユーザーID:7308512827
母の古希のお祝いで東京に行きました
2017年12月10日 20:44

東北在住の者です。
もう10年近く前になりますが、初めて母娘ふたり旅で東京に行きました。
どこに行きたいか尋ねると、東京タワー、浅草、巣鴨と、当時お昼に放送していた
みのさんの番組を観覧したいとのリクエスト。当たるかどうか分からないよと
渋りながら一応応募してみたら、なんと当選してしまい、慌てて仕事を調整して
お休みをいただき、無事に行ってきました。

当初、母は至ってクールな感じでしたが、実はとっても嬉しかったようで。
娘に東京に連れていってもらうんだ、巣鴨で干支のプリントの赤パンを買ってくる
とお友達に宣伝しまくっていたようです。巣鴨の赤パン屋さんに着いたときに
母がお財布から取り出したメモを覗いて見たら、お友達の干支とパンツのサイズが
びっしり書いてあり、かわいくて笑ってしまいました。

東京タワーでは、歴代総理のイラストが描かれている湯のみを嬉しそうに買う母。
一応、本当にそれでいいのか確認しましたが、それは伯父達にお土産に買っていくと
約束をしてきたのだとか。

みのさんの番組では、CM中に「60歳以上の方〜」と挙手を求められました。
まだ誕生日前でしたが、促して手を挙げさせたら、みのさんが怪訝な顔をして
「ん?あなた、本当に60歳なの?」とおっしゃるのです。でも私が横から
「今年還暦なんです」と口を挟んだら、「へえ、そうは見えないね、若いね!」と
優しく微笑んで、クオカードを手渡してくださいました。クオカードをいただいたこと
以上に、若いと誉められたことが嬉しかったようです。いつもなら、そのような
使い方が分からないものは私にくれるのに、母は今でも大事にとっています。

「娘に連れてきてもらった」ということだけで、お母様はとても喜んでくださると
思いますよ。よい二人旅を楽しんでいらしてください。ご報告お待ちしています!

ユーザーID:8168154415
京都から箱根へ携帯からの書き込み
今回は匿名
2017年12月11日 11:14

母も私も、温泉と美味しいものが大好きなので、一度行ってみたかった箱根へ母を招待しました。
その前に二人旅をしたのは、新穂高へ。10年以上、間が空きました。トピ主さまと同じですね(笑)

箱根の旅では、一駅だけですがロマンスカーに乗り、箱根登山鉄道に乗って急勾配を楽しんで。
強羅温泉の8部屋しかない小さな温泉宿に泊まりました。食事がものすごく美味しかったです。
朝食後はロビーで野鳥を眺めながらコーヒーを頂いて。
そしてロープウェーに乗って、富士山がばっと見えたときはワーッと歓声を上げてしまうほど雄大で素晴らしかったです。

結婚後、子供ができるまでの貴重な期間。あのときを逃したら、あんな旅行はもうできなかっただろうと思います。それほどゆったり過ごした2泊3日でした。
今はファミリー向けのホテルや旅館になりますし。それはそれで楽しいですけれどね。

夫も父も、快く送り出してくれました(父も誘ったのですが遠慮されて。)。母もとても喜んでくれました。みんなに感謝感謝です。

トピ主さまの母娘旅行が楽しいものになりますように。

ユーザーID:7518281355
結婚前に
ohana
2017年12月11日 11:14

10代20代の頃はけっこう母と旅行しました。
海外が多かったです。お金が母持ちだったのでかなり豪華な旅行でした。
もう一度行きたいと思うぐらい良かったのは、フランスのお城のホテル。HOTELドゥラシテみたいな名前だったと思います。ネットや写真で見るより実物はもっと良くて、その時はクリスマスの飾りやライティングもあってとてもロマンチックでした。
また、同じ時に泊まったオーベルジュのようなホテルも中庭が素敵でお部屋も素敵、ロマンチックで良かったです。

イタリアに行った時はカプリ島へ行く船で私が酷い船酔いになってしまい、別行動しました。母は母でみんなと青の洞窟を楽しみ、私は私で島を一人であちこち歩き、知らない外国人観光客と意気投合しかなり楽しかったです。

ローマの広場では素敵なカフェでベタにティラミスとエスプレッソを母と楽しみ、またお店の楽隊?がベタにバイオリンや色んな楽器を私達の周りで演奏してくれとても楽しく、ティラミスとエスプレッソのあまりの美味しさに興奮しハシゴをしました。ヒョウが降る中キャーキャー言いながら他のカフェまで走ったり、すごく楽しかったです。

また、日本では産まれて初めてのバスツアーに参加し、ツアー内容をちゃんと見てなかったので思ったよりあちこちに連れて行ってくれることに大はしゃぎしました。
キレイな青空と桜のピンク、それに姫路城が映えて美しかったです。

母の気持ちが若いので一緒に旅行すると女子高生の旅行みたいにキャーキャーなります。

結婚してからは赤ちゃんもいるし忙しく、とうぶん行けないので旅行しておいて良かったなと思います。

ユーザーID:7516246981
香港
のんべ
2017年12月11日 11:42

中国返還前の香港へ行きました
母が美味しいものを食べたいということで、珍味三昧な豪華な夕食が全てついているツアーにしました
金額的なこともあり参加者は年齢層が割と高かったし、海外旅行が初めてという方が多かったです


母も私も食べることが好きで、新しいものなどもすぐにチャレンジするタイプです
ホテルにチェックイン後、バスに乗って繁華街に連れられました
繁華街では自由行動です
雑貨や布やチャイナ服などのお店がひしめく中、屋台も出ているのですよね
何かわからない串差しや蒸し物などどれも興味津々
ツアーの皆さんが恐る恐る歩き出しているのに、私達2人だけが屋台に突進
大興奮であれこれ購入し食べ歩き、バスに戻る時も何か買って食べながらでした

バスの中で皆さんに訊かれます
「どんな味?」「何が入ってるの?」「美味しい?」「いくらぐらい?」「ぼられなかった?」「どうやって買うの?」etc.
早速の本場グルメに皆さん興味津々、私たちはちょっとした勇者のような感じで盛り上がる中ガイドさんが言いました
「みなさまー、私言い忘れていたことがありました
 香港はまだ水事情がよくありません。屋台のグルメは使っている水がみなさまの体に合わないこともありますので、食べないでくださいー」

バスの中は大爆笑でした


でも本当に興味あった方もいらしたみたいで翌日にこっそり体調を訊かれたりして・・・お互い、食べに行った報告し合ったりもしました
食い意地親子の楽しい思い出です

ユーザーID:9769274255
思い出というワケではないのですが
なか
2017年12月11日 14:41

今年は4度、母を連れて温泉旅行に行きました。

思うのは、年を取るにつれて、寝る部屋は別々が良いという事です。
せっかくの温泉で寛ぎ、美味しいごはんを楽しんだ後は熟睡できるのが一番ですから。お互い気を遣わずぐっすりと眠る為にも、別々に眠れる客室を必ず予約しています。

あとは、旅館だけでなくランチのお店選びも重要だと思ってます。母世代だと、ちょっとおしゃれなお店が、非日常でとても嬉しいようです。

ユーザーID:3148662127
再レスです
匿名
2017年12月12日 15:46

人それぞれですので、正解はありませんが・・・

歳をとったら別室で休む方がいい場合もあれば、そうでない場合もあるでしょう。
母の場合は、膝が悪くなってきたので、必ず同室で、

「トイレに行く時は、遠慮なく声をかけてね」

と寝る前に伝えておきました。
自宅ではない所ですと、転倒が心配ですから。

80代になってからは、バリアフリーの部屋に泊まるようにしましたが、
それでもやはり心配でしたね。
母のお友達が、旅先のトイレの、3センチ位の段差でつまづいて転び、骨折した例もあるので、なおさらですね。

ユーザーID:3377202756
無題
すまいる
2017年12月16日 7:41

私の場合は母のほうが旅行の達人で、私が「連れて行ってもらう」という感じです。費用も含めて。
申し訳ないと言ったら、

娘と行くのが何より嬉しい。誰と行くより気がねしないしのんびり楽しめるから、また行こうね、と。

ですから、せめて、誕生日や母の日、年始、お彼岸などには、服や美味しいものをプレゼントしています。

特に
想い出に残っている旅は、琵琶湖かな。
快晴て、湖面がきらきら輝いてて素晴らしく、むかし話などしながら、のんびり散策しました。

ユーザーID:7518901509
 


現在位置は
です