現在位置は
です

発言小町

新しいトピを作成
本文です

おすすめのクリスマス・ストーリーを教えてください。

おらあサンタだ。
2017年12月11日 3:54

いよいよあと2週間でクリスマスですね。

この時期になると思い出すような、クリスマスに関するお話のおすすめがあったら教えてください。大御所のディッケンズ「クリスマス・キャロル」みたいな小説だけでなく、エッセイでもなんでもいいです。ここの皆さんの個人的な「私のクリスマスの思い出」も大歓迎。

年末の忙しい時にちょっと一息つけるかなと思い、トピたてしてみました。よろしくお願いします。ちなみに私のお気に入りは、西山繭子さんの「ネイビーサンタ」(「色鉛筆専門店」)です。

ユーザーID:7068449431  


お気に入り登録数:7
  • 携帯に送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
古いレス順
レス数:6本


タイトル 投稿者 更新時間
『サンタクロースっているんでしょうか?』
薔薇の花弁
2017年12月11日 19:47

100年ほど前、アメリカの新聞ニューヨーク・サン紙にタイトル通りの投書が届きました。
投書の主はヴァージニア・オハンロン、8歳の少女です。
このヴァージニアの投書に答える形で、同紙の記者であるフランシス・チャーチが、社説を書いたのです。
チャーチは最初「8歳の子に社説だぁ〜〜〜?!」とブーたれたらしいのですが(笑)、1日で書き上げたその社説は大層素晴らしいものでした。
掲載当日の扱いはさほど大きなものではなかったものの、その後読者からニューヨーク・サンに再掲の要請が繰り返された為、同紙はついに再掲に応じ、1920年代には毎年クリスマスに再掲するようになりました。

私はこの本をはじめて書店で見つけて読んだ時は唸りました。
特に「Yes, Virginia, there is a Santa Claus.(そう、ヴァージニア、サンタクロースはいるのです)」から始まる最終節は圧巻です。
トピ主さん、是非読んでみてください。
お薦めは偕成社の本です。東逸子さんの美しい挿絵も一見の価値ありです。

ユーザーID:7345170441
本じゃなくて映画なのですが
映画好き
2017年12月12日 10:40

三十四丁目の奇蹟、好きです。
1997年にリメイクされた方ではなくて、うんと古いモノクロの方の。
話の内容は同じなのですが、なんでだろう?この映画に関しては、リメイク版より古い方が好きなんです。

ユーザーID:4848048910
「子うさぎましろのお話」
クリスマスカロル
2017年12月13日 12:05

子供向けの絵本ですが、罪悪感とは何ぞや?という
結構深いお話です。絵も素朴で可愛らしい。
真っ白な子うさぎ「ましろ」はサンタさんに
クリスマスプレゼントをもらいますが
もっと欲しくなってしまいます。
そこで炭を体に塗り、別の黒うさぎになりすまして
2度目のプレゼントを貰う事に成功するのですが…

絵本と言えばレイモンドブリッグスの
「さむがりやのサンタ」
「サンタのたのしいなつやすみ」もオススメ。
文句ばっかり言ってる気難し屋のサンタさんが大好きです。
アニメーションにもなっています。

ユーザーID:8569533441
トルーマン・カポーティ携帯からの書き込み
はーこ
2017年12月16日 14:09

誰かあげると思ったけど、あがらないので。

トルーマン・カポーティの「あるクリスマス」と「クリスマスの思い出」

美しく切ないです。

ユーザーID:2596442129
賢者の贈り物(オー・ヘンリー作)
Keyココ
2017年12月17日 22:09

まだ出ていない様なので、レスしました。
これは、私が(60代半ば)が子供の頃読んだ話です。

お金の無い若夫婦が、一番大切にしていた物を売って、お互いのクリスマスプレゼントを買う。妻は髪を切って売り、夫の大切にしていた懐中時計の鎖を買う。夫は懐中時計を売って、妻の髪飾りを買う。

この物語の読者の感想は、それぞれの時代や年代や文化で違ってくるでしょうね。

ユーザーID:8381454215
「クリスマス・プディングの冒険」
人それぞれ
2017年12月18日 9:22

アガサ・クリスティー「クリスマス・プディングの冒険」。

短編です。
人が死にません。
料理が美味しそうです。
子供たちが楽しそうです。
大人もそれぞれ幸せになります。

よく似たタイトルの「ポアロのクリスマス」は血も凍るような惨劇ですが、「クリスマス・プディングの冒険」のほうはぬくぬくほかほかあったかクリスマスミステリーです。

ユーザーID:8867595849
 


現在位置は
です