現在位置は
です

発言小町

新しいトピを作成
本文です

別の分野を学びたい 携帯からの書き込み

みかん
2017年12月13日 12:03

将来のことですごく悩んでいます。
私は経営学部二年の女子です。経営の勉強に興味が持てません。私は高校まで特に学びたい分野がなく、なんとなくそこそこ名のある大学に入り就職に有利そうな経営学部に入りました。
しかし、大学の一般教養の授業で、古事記の授業に大変興味を持ち、日本の歴史や文学に強い興味を持ちました。将来、そのような分野の仕事ができれば素晴らしいだろうなと思いました。それ以来、文学部に入れば良かったと後悔しています。
しかし、今更編入するのは遅いだろうし、母の体調も良くないのでとても言い出せないし、お金もありません。そもそも、わざわざ文学部に編入し、学んでどのような仕事に就きたいとか、具体的なことが決まっていません。でも、初めて本気で学びたいと思えた分野なので、このまま私にとって興味の湧かない経営学を学び続けるのは勿体ない気がします。
甘いことを言っているのは承知ですが、誰にも相談できず、悩んでいます。みなさんの意見が欲しいです。

ユーザーID:6449195746  


お気に入り登録数:16
  • 携帯に送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
古いレス順
レス数:22本

タイトル 投稿者 更新時間
その分野で仕事に就けるか
通りすがり
2017年12月13日 13:06

>将来、そのような分野の仕事ができれば素晴らしいだろうなと思いました。

それでは実際にどのような仕事に就けそうか調べてみましたか?
そしてその仕事に興味は持てそうですか?
本当に興味を持ったのならとことん調べてみるものではないですか?
きっとまだそこまでは動いていないですよね。
そういう状況で編部したとしても、就職先は現学部にいる時と同じ結果になると思います。
今の時点ではまだ何も悩む段階には達していないんじゃないでしょうか。

ユーザーID:0315254551
2種類の人間
たか
2017年12月13日 14:01

私が知る限り別分野に興味を持つ人には2種類あります。

一つは今の分野もしっかりやって、それに加えて新たな分野に興味を持つ人
もう一つは、今の分野に興味が無くなり、新たな分野に興味を持つ人

分野が違ったとしても、勉学の基本には共通点があります。

前者は、新しい分野でも前の分野で習った知見を活用して、その分野のみを学んだ人には思いつかないような着想で新しい風を吹き込みます。

後者は、説明するまでも無いですが、何事も中途半端で結局さらに別の分野に興味を持ちます。

分野の違いは表面的なもので、勉学に向く人と向かない人ははっきり分かれます。
トピ主は今専門的なことを学んでいるつもりかもしれませんが、学部の授業なんて基礎の基礎です。学び方を学んでいるに過ぎません。

どうしても日本文学を学びたいなら、独学で勉強すれば良いと思います。
授業を受けたいなら科目履修生というようなシステムもあるでしょう。

目の前の課題から目を背ける人は何をやっても言い訳ばかりが上達して何も身につきませんよ。

ユーザーID:1034227452
隣の専攻は青い
古希&頑固
2017年12月13日 15:17

"The field is always greener on the other side of the fence." 誰でも専攻している分野が詰まらなく思えてきて、他分野が良く見える時期があります。

実は私もそうでした。半世紀ほど前のことです。機械工学を専攻していましたが、大学院で応用数学に転専攻し、学位を取得、現在に至っています。結果的には、機械工学と数学の知識があるということで某研究所に入所できました。

みかんさんも経営学部を卒業してから、日本史学専攻や日本文学専攻の大学院に進学したらどうでしょう。日本史や日本文学の知識に経営学の知識が加われば、将来の選択の幅が広がると思います。

私は当時の日本育英会の貸与奨学金やアルバイトで学費を賄いました。貴女はお金が無いそうですので、私のようにしたらどうでしょうか。応援しています。

ユーザーID:7523133690
編入学
ひめ
2017年12月13日 17:45

これを機会に、本気で将来の自分を描いてみてはいかがでしょうか?
本気で、学びたい学部であれば、編入学も可能だと思いますし、大学なのですから、自分でゼミに入って自主的に学ぶことができると思います。
また、他に、資格取得など、勉強する道は自分で開けると思いますよ。

大学職員

ユーザーID:3723491694
職なし
あいうえお
2017年12月13日 19:06

日本の歴史や文学を学んで、専門職に就ける人はほとんどいません。

趣味で本を読んでいるだけで十分です。

世の中甘くないですよ。

ユーザーID:7578470005
ダブルメジャー
2017年12月13日 19:57

通学先にダブルメジャーの制度は
ありますでしょうか?
この制度があれば、経営学と
日本文学を同時に専攻する事が
できますよ。
 
ない場合は日本文学科の先生に
お願いして授業を聴講させて
頂くという方法もあります。
 
ちなみに私は英文科出身ですが
ダブルメジャー制度のない大学でしたので、
会ったこともない他学部他学科の
先生に直談判して授業を聴かせて
頂いたりしていました。

ユーザーID:4511035165
いいと思う
ねむ
2017年12月13日 20:35

たぶん否定的なレスの方が多くなりそうだとは思いますが、私はいいと思います。
経営学部から文学部だったら、比較的簡単に編入や転部ができそうだし、きちんと準備すれば留年もしなくていいかも。1年くらいなら遅れてもアリだと思いますしね。(その場合、余分にかかった学費は将来親御さんに返しましょう。)

文学部に行って何の仕事に就きたいか分からないと言いますが、経営学に興味が持てないのなら、そちら方面の仕事にも就くイメージは湧かないのでは?だったら同じことです。
所属の大学で、経営学部・文学部を出た人がどういう就職をしているかを調べてみてもいいかもしれませんね。就職課に聞けば教えてくれそう。
そこで魅力的な仕事が経営学部向きだったら転向は思いとどまった方がいいでしょうが、大差なかったら文学部に行っていいと思います。(たぶん大差ない気がする)

私は個人的に、大学4年間は存分に好きな勉強に打ち込む期間であっていいと思います。
卒業したら、二度とそんな機会はないと思っていい。
好きな分野が見つかったのなら、そしてトピ主さんの場合は環境も許すと思う(転部の難しい分野ではない)ので、そちらに打ちこんだ方がいいです。でないと一生引きずりますよ。
(ただ、一時的な興味に過ぎないのではないかということは、ご自分の心と相談してみてくださいね)
また、少しでも「その分野で研究者になれたら…」という希望があるなら、大学時代に全力で勉強した方がいい。修士くらいまでは挑戦してみてもいいかも。全力で挑戦すれば、自分に可能かどうかの感触が分かるでしょう。そうしたら仮に諦める結果になったとしても後悔はありません。
自分の道を自分で選んだと、後から思えることが大事だと思います。

大学での勉強は、一生の宝物になります。どうぞ後悔されませんよう。

ユーザーID:2982986603
休学して学費を稼いだよ
パパイヤ
2017年12月14日 8:41

編入じゃないけど、うちの実家の経済的な問題から学費が払えなくなり、奨学金ではなく休学してバイト掛け持ちで学費を稼いで大学に戻りました。
親がもともと教育ローンを組んでいたので、それは社会人になってから返済しました。(休学中、在学中の返済はなし)
三年の前期までで後期から休学、一年半休学してバイト、という状況でした。

義務教育と違って休学もできるはずですよ、学生課に相談にいくといいです。
バイトは飲食業と、家庭教師を二人(知人の娘さん)してました。

国立で授業料が少なかったというのも幸いしましたが、うちの大学は休学は二年できたようです。

トピ主さんの大学のその文学部の授業料をまず調べ。
編入にかかる費用なども調べ。
それを十二ヶ月で単純にざっくり割って毎月どれくらい貯金が必要かを計算して、バイト決める。

実家暮らしじゃないと厳しいかなぁ。
ちょっとダメ元で計算だけでもしてみるといいです。がんばれ!

ユーザーID:1051514322
私も同じ感じでした
元大学生
2017年12月14日 11:15

私自身の場合は、
興味のあることしかできないし、
やりたいことには学芸員の資格(文学部でしかとれなかった)が必要であったりし、
結局出身学部の経歴は就職にも活かせなかったので、
2年次に文学部に移ればよかったと後悔しています。

でも、トピ主さんの場合は、
とりあえず経営学の単位はとれるのですよね?
就職はどのように考えていますか?
日本文学の知識が活かせる職場は残念ながら限られてしまいます。
普通の企業なら
経営学部で学んだことは活かせませんか?

どうしても古典を学びたければ、
例えば卒業後就職して
大学の通信学部の3年次に入るという手もあります。

あと、今専門とは別に、文学部の授業を他学部履修するという手もあります。
私はある外国語を勉強していたので
先生に直接頼んで、
文学部のその言語の専門授業に参加させてもらいました。
1年主に独学で学んだだけで、その言語を専攻していた4年生と同レベルになりました。

単位を取得するだけが大学ではありません。
大学で学べることは無限ですし
卒業するとあれだけの教授や専門家に直接学べる機会は無くなります。
大学生活を精一杯満喫してくださいね。

ユーザーID:8824873044
自力で勉強・進学する
とまと
2017年12月14日 12:43

 とりあえず趣味で勉強はできるでしょう。
 あとは…卒業して仕事して資金を貯めて、頃合いをみて学士入学あるいは大学院入学といったやり方で大学に戻って勉強することも可能でしょう。──ただし、そういった分野での研究者としての就職はかな〜り難しいのでそのへんをどう考えるか、によりますが。
 どちらにしても次は自力で行動しないさいな。

ユーザーID:9826483595
学びたい?履修したい?どっち?
匿名
2017年12月14日 14:11

学ぶって、別にその学部に入る事が全てではないですよね。
興味があって好きなら、別にアレコレ迷わず今も図書館でその分野の本を読み漁っていると思います。
トピ主さんは、どちらかというと、その分野に就職したいから、その学部卒になりたい、という気持ちなのかな、と思いました。

アドバイスとしては、まず、今の学部をきちんと卒業しましょう。
文学部といっても、古事記の勉強だけではありません。
トピ主さんにとっては、興味がないような単位も取らなくてはいけません。
そうなったら、編入までして興味なくした、ではすみません。

私はトピ主さんと同じ、学びたい事が変わったので、結果3つの大学に行きました。
最初は工学部卒(奨学金)。次は社会人になってお金を貯めて、通信制の文学部。更にその次も、育児しながら通信制の福祉学部。
どれも、自分のお金です。通信は安いので。
それに、大学で学びたい、という気持ちが本物なら、数年かけて、これくらいの事、します。
周りも大人ばかりで、目的を持って仕事や育児をしながら学ぶ方々ばかりでした。

とにかく、別分野を学ぶなら、今の学部をきちんとやり遂げてください。
やりたくなくなったから、こっちに逃げる、は浅はかで、次の学習も続かないのが目に見えてます。
本気で学びたいなら、社会に出て、学費を稼いで、また大学に入りましょう。

ユーザーID:5149341016
パンキョーの授業は面白いにょろよ
ハナコ
2017年12月14日 19:18

国語国文専攻してました。
あのさあ、教養の授業は面白いんですよ、そりゃあもう。

ウチの大学、教養の先生だけじゃなくて、国語国文の若めの先生が少し般教の講義も持ってて、
1年の時にそれ取ったんだけどさ、
同じ先生でも、専門の授業とパンキョーの講義は内容やら語り口やら全然変えてくるんですよ当たり前だけど。

専門の演習とかは辛く苦しいけど(発表レベルが低けりゃ泣かされたりするしな)、
パンキョーの講義はそりゃあもう楽しいばっかりさ。

んだからなあ、教養の授業だけ受けて転学部を決めちゃうってのはちょっと危険だ。
国語国文の先生に事情を話して、一コマだけでも専門の演習の授業とか見学させてもらえないなかあ。
まあなんというか、全然違うと思うよ。
それ確認してから考えた方がいいよ。

ちなみに三年から転科してきた人はいたよ。
同じ文学部の心理学科からやってきたさ。
卒業後は高校の国語の先生になってたよ。

ユーザーID:1502572927
いろんな分野について自分を試すのはとても良いことだと思います
パル
2017年12月14日 22:25

学生ならばなおのこと、社会人になってからも ですが

やはり本業をしっかり持って、安定した収入の上に 趣味としていろんなことに挑戦すればいいと思います。

本業があやふやで、いろんな業種に転職を繰り返すようなことはおろかだと思います。

ユーザーID:5585094150
仕事がありません
ろら
2017年12月14日 23:53

日本文学の研究者です。
この分野はこのところ専攻する学生が少なくなって、縮小、廃止が多いです。
それでも、中高の教員は、少子化でも、ある程度の需要はあります。
ただ古事記ですよね。
まず仮名遣いから勉強します。現代、高校で習った歴史的仮名遣いとも
違います。正確にいうと「仮名遣い」ではないのです。
異言語を習得するワクワク感はあります。

中高の教員の話に戻ります。
ある程度の需要はあるものの、狭き門です。
それに中高の教材では殆ど扱われません。
せいぜい現代文の評論の中に出てくる程度です。

研究して楽しい分野です。
普通に就職して、夜間も開講している大学院がいいです。

ユーザーID:2455315625
古事記は面白いけど
四角
2017年12月15日 12:12

深く勉強してはいませんが日本の神話って面白いですよね。
将来、仕事にしたいという気持ちも素敵だと思います。
ただ残念ながら現実は過酷です。
姉も文学部史学科で学んでいましたが学芸員などになれる人はほんのわずかで
収入面でも恵まれる人はさらに減ってしまいます。
就職面でみれば経済学部のほうが優れているかもしれません。

それでも、やりたいと思いますか?
二年生なら同じ大学に学部があれば編入がもしかしたらできるかもしれません。
募集期間が終わってるかもしれませんが。
その場合に自分で学費を稼いででも入り直したいと思いますか?
それだけの情熱があるならそれも良しだと思います。

だけど古事記面白いなぁくらいなら在野の研究者はいっぱいいます。
経営学部を卒業し収入の安定した仕事を得て、趣味として勉強・研究する道もあります。
また、大学や学部によるかもしれませんが必須や専攻以外の講義に参加することもできるのではないでしょうか。

確実に言えるのは文学や歴史を専攻してそれを専門に仕事をしている人は少数です。
その枠に入れなくても学びたいならそれも良し、
仕事をしたら安定するのが当然と考えるのならやめておくほうが無難です。

ユーザーID:3379377131
国文科・史学科卒の将来は。。。
あらいぐま
2017年12月15日 17:17

中学校から大学までの幅広い教員、研究所の研究員や博物館・美術館の学芸員、国語力を活かした編集者、ジャーナリストなどがあります。わたしは経済学部卒ですが教員免許の取得は人文系の方が単位などの取得が楽そうで羨ましかった記憶があります。社会科学系では教員になりたい人が少ないだけなのでしょうか? 教員になるなら大学の教員が一番ですが、学士だけで教員になるなら地方の公立進学校が穴場です。わたしは福井県の公立小中学校に通っていて高校教師の娘の親友がいましたがその子のお父さんは正に都会の大学教授の雰囲気で研究をしたり本を書いたりしていました。優秀なUターン・Jターン組がこぞって応募するので都会の公立高校の教員よりもなりにくいと思います。変わったところでは日本史学科卒でアメリカに留学して文化人類学の博士号を取得した人を知っていますが、その人はアメリカ人と結婚して現在はアメリカで通訳や翻訳をしています。

研究員や学芸員は給与水準には期待できないと思いますがやりがいがある仕事らしいのできっとものすごく狭い門だと思います。編集者が属する出版界は電子化の流れの中で再編がありそうなので不安定かもしれません。ジャーナリストは行動力や論理的思考力があればきっとなれると思いますが主さんの場合は文芸関係ではなく経営学関連に逆戻りさせられてしまうでしょう。

国文科か日本史学科に進路変更するにしても経営学士を取得してから学士入学の経路を辿ると2年で文学士を取得できます。経営学を勉強するのもハーバード経営大学院のようにケースを学べば少しは文学的欲求が満たされるかもしれません。学士入学の要件や教員・学芸員の採用要件、特に年齢制限などを調べてみてください。学士入学や大学院進学には偏差値は不問ですが学部進学よりも強気でいきましょう。

ユーザーID:3190897578
心配ないです
ビビンボー
2017年12月16日 12:00

本当に好きなことは利益に関わらず、ずっと続けていけますよ。ただ経済的にお仕事をして稼がなくてはならないので、いま専攻している分野で頑張って職を手にしてください。時間があるときに好きなことを趣味として続けていけばいいだけ。それとも仕事としてでなくては続ける自信はないのですか?

ユーザーID:4069286344
「経営史」と「聴講」。携帯からの書き込み
ヒストリアン
2017年12月16日 23:43

専門科目の中で、「経営史」という講義が開講されてませんか?
「経営」という分野について時系列に沿って研究する学問であり、歴史に興味があるなら受講なさってみてはいかがですか。

貴校には、社会人向けの「聴講生」制度はありませんか?
おそらく科目の単位取得は認められないが、お目当ての教授の講義を聴講することはできます。学部生として利用できないのか、大学事務局に照会なさってみてください。

私は今から三十年前に、某大学を卒業しました。
私には真似できませんでしたが、学友の中には他学部の著名教授の講義に潜り込み、ちゃっかりと受講したという強者がいました。
もちろん単位が目当てではなく、彼は旺盛な知識欲を満たしたかっただけでした。
三百人収容という大教室での講義だから可能だった、まさに荒業といえます。
オススメするわけではありませんけど、このようなイレギュラーな手法もアリではないかと考えます。

ユーザーID:0428576045
好きなことをする
好きなこと
2017年12月20日 3:47

好きなことがはっきりわかっているなら、好きなことをするのが一番。後で後悔しないから。何かに情熱を持って、没頭できるってすごいことだし、素敵なことだと思います。それに、好きこそものの上手なれっていうから、それが実益に結びつかなくても、将来どうにかなるのでは?しかも、好きなことを好きなだけ学べるのって学生の時ぐらいしかないので、やるなら今のうちだと思います。加えて、文系の学部専攻の違いって就活ではあまり大きな問題にならないような気がします。因みに、私のまわりの、お金持ちじゃないけど、好きなことに没頭している人々(音楽家、歴史家、動物学者、宇宙物理学者、デザイナーなど)は、みんな目がキラキラしていて、ぶれていなくて、とても素敵です。話していてもすごく楽しいし、そんな彼らがすごく羨ましいです。でも、本当に好きなら、経営学部にいながら、古事記研究に没頭するっていうのも可能のような気がします。しかも、大成する人って、誰かに教えてもらってというより独学の人が多いですよ!

ユーザーID:4163081338
転部とかできないんですか?
幸ひ住むと人のいふ
2017年12月20日 22:51

その場合、どうしてもというなら再度受験して入り直すことでしょうね。それが正攻法。

もっとも無理なら、専攻と別に趣味としてやればいいことです。

古事記はじめ国文学で食べて行くのは大変ですが、好きな分野で一番になる気でやれば、それなりに何とかなるはずです。

何より好きな研究をする喜びに勝るものはありません。

テーマのある人には、それこそが生きるということですから。

ユーザーID:0011928739
 
現在位置は
です