現在位置は
です

発言小町

新しいトピを作成
本文です

初心だけど、ヴァイオリンを習いたい

カノン
2017年12月14日 19:16

ヴァイオリンを習いたいと思っています。子供の頃からピアノを習いたいと思っていましたが、家庭の経済的事情から習う事は叶いませんでした…大人になって、毎月のお給料の中から遣り繰り出来る範囲で憧れのヴァイオリンを習いたいと最近強い思いが募って来ました。ただ、ピアノやヴァイオリンやフルート等子供の頃から楽器は何一つ習った事はなく、大人になってから本当に一から習いヴァイオリンやピアノが弾けるのか?と不安に思ってしまいます。又、上達する為に自宅でも練習する為にヴァイオリンを購入しなければいけないとなると金額も心配です。だったら、キーボードを持っているので、ピアノを習った方がいいのかな?と気持ちが揺れます。とにかく音楽も大好きで、よくクラシックコンサートにも行きます。大好きなショパンの「別れの曲」・リストの「ラ・カンパネラ」をピアノで、パッヘルベル「カノン」・エルガー「愛の挨拶」を優雅に華麗に弾いてみたいのです。

ユーザーID:5407148841  


お気に入り登録数:41
  • 携帯に送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
古いレス順
レス数:19本


タイトル 投稿者 更新時間
「防音」について
おんぷ
2017年12月15日 10:55

>自宅でも練習する為にヴァイオリンを購入しなければいけないとなると金額も心配です。

ヴァイオリンは、初心者用ならそれほど心配すること(新品ピアノの方が高い)はありませんが、自宅で練習するのなら「家の防音」を考えないといけません。

初心者のピアノでも聞こえるとイライラします(滑らかに弾けないので)が、
初心者のヴァイオリンは「音」そのものが不快なので、聞こえる人の苦痛はピアノの比ではありません。

家族がヴァイオリンをしますが、練習は「趣味部屋」(地下室で防音バッチリ)で。ピアノはリビングにありますが、窓は複層で防音効果の高い物、一時間以上弾く時はサイレント機能を使っていますし、バンバンうるさく弾きたい時は「趣味部屋」のアップライトで弾かせます。

せっかくの趣味がご近所トラブルの種となっては残念ですので、「防音」についてもご検討なさることをお勧めします。

素敵で楽しい趣味になればいいですね!

ユーザーID:5081115178
40才で始めましたよ! ぜひ習ってください。
アルト
2017年12月15日 11:10

カノンさん、トピを読んで、「おお!私とおんなじだ。」と思いましたのでレスします。ぜひ、習ってください。40才の時、4才になった息子にスズキメソッドのバイオリンの先生を探してきました。で、息子のレッスン中は、一人そばで本読んで待ってればいいのかなと思ったら、先生が、「ちゃんと見ててくださいね。お母さんが毎日家では先生ですので教えてあげてください。」と言われました。「でも、先生、私も、バイオリン、まるでやったことないんですが。」と言ったら、「大丈夫です。お母さんもここで覚えて、家で教えてあげてください。」との返事。最初の2,3か月は、まるで私も習っているみたいだったのです。先生は「そのうちお母さんの助けを借りなくても家で練習できるようになりますから、それまで頑張ってくださいね」と言われ、「せっかくなら、お母さんも、一緒に習いますか?」と聞かれ、即、「はい!」って大きな返事しちゃいました。まさか、大人の生徒さんがほかにもいるとは知らず、それまで何も言わなかったのですが、それからは、子供が4冊目の本を終えるまでいっしょに習いました。そのあとは、息子のほうがずんずん上達していき、私は、新たな高齢出産で集中できなくなり、丸4年つづけたレッスンをやめてしまいました。でも、10年以上たった今でも、時々こっそり一人で弾きます。楽しいです。エルガーの「愛の挨拶」は、私は弾けるようになりませんでしたが、息子が時々弾いてくれます。小さいときに習って、「でも、何十年も弾いてないから、弾けるかしら」とかいう人のほうが必ず、40で始めた私よりダントツお上手なのですが、それでも、バイオリンを好きな時にたとえ簡単な曲でも自分で弾けるのは、サイコーです。初心者同士のデュエットもいいですよ。

バイオリンは初心者向けのをアメリカのカリフォルニアにある日本人の工房かなんかから取り寄せました。

楽しんでください。

ユーザーID:5950010187
私も始めます!
クレープ
2017年12月15日 11:32

バイオリンではありませんが、私はハープをずっと習いたくて、40代半ばにしてついに体験レッスンを受けてみようと行ってきました。
来年からレッスンが始まります。
子供の頃からピアノは習っていましたが、今はもうヘバーデン結節が出来てしまい、小指が動き辛く、ピアノはもう弾きたいとも思いません。
ハープは殆ど4本指で演奏できるので、頑張ってみようと思っています。
バイオリンよりも絶滅危惧種とも言われるハープです。
大きいし高いし!
でも夢はある程度、自分の努力と気持で叶えなければと思います。
頑張りましょうね。

ユーザーID:4389429776
うーん・・・バイオリンは
ピアフル
2017年12月15日 11:32

バイオリンは、楽器そのものはピンキリで、初心者用の低価格品は10万くらいからあると思いますが、上を見たらキリがありませんよね。
バイオリンは見ると弾くとの大違いで、「最初の関門・楽音」を手にするまでが超難しいです。フルートも、同じです。最初の関門・楽音の敷居が低いのはピアノでしょう。
根性に自信があるなら、バイオリンかまたはフルート、根性に自信イマイチならピアノ、かな。

ユーザーID:8568878370
優雅に華麗に・・・
優雅は結構遠い旅
2017年12月15日 11:54

保証はできませんが。
なんとか曲にするにはピアノ(キーボード関係)の方が早いと思います。
とりあえず鍵盤が見えるのと、押せば正しい音程が出るからです。
ヴァイオリンはフレットもないし指板が見えないので、言ってみればカンで押さえて音を作っているのです(そして意外と右手のボウイングが難しいです)。
あと、ヴァイオリンの場合買っただけじゃなく、定期的な弦及び弓毛の張り替えと楽器のメンテ等でお金がかかりますよ(ピアノも調律がありますが)。
楽器全般そうですが、現代では購入はともかく自宅で練習するという事の方がハードルが高い事が多いですが、騒音問題は大丈夫ですか?
トピ主さんがおいくつかわかりませんが、楽器は地道な練習の積み重ねです。
大人の場合(多分)予想以上に動かない自分の身体に呆れつつ少しずつ少しずつ上達する物です。
他の「楽器を始めたい」トピでも同じように答えた記憶がありますが、まず体験レッスンに行ってみて最低でも数年続けられそうか試してみてはいかがでしょうか。

ユーザーID:7309202307
始めるのに遅すぎることはない
もちむぎ
2017年12月15日 12:42

経済的な理由から昼間は幼稚園のお手伝い、夜学の短大に通学して幼稚園教諭の資格を取った人を何人も知っています。
もちろんピアノも一から始めました。
園長が音楽に力をいれている幼稚園だったので練習は半端なかったですよ。

そしてみるみるうちに上達して、自信をつけたのかそのあとバイオリンを習う人、フルートを習う人、ハープを習う人がいました。
その幼稚園の音楽発表会は素晴らしかったですね。

音符が読めるようにピアノから始められたらいかがでしょうか。

ユーザーID:6568151493
変な表現ですがアマチュアの「鬼門」が一曲入っています。
あらいぐま
2017年12月15日 13:10

リストの「ラ・カンパネラ」です。簡単そうですが手が大きくてしなやかで練習に時間をさけるプロでないと無理です。この傾向がもっと強くて楽譜を購入した後に演奏者を泣かせるのはラベルの「亡き王女のためのパヴァーヌ」です。

わたしは4歳の時からピアノを習い始めましたが大学のピアノのクラブで高校生くらいで始めてレパートリーは限られていてもプロが弾くレベルになった人に何人も会いました。その後、訳あってバイオリンにも挑戦しましたが両方の練習を継続するのは時間的に無理です。

どちらを演奏するにしても楽器を所有することが前提です。ピアノならばタッチ(打鍵の強さ)に呼応する電子ピアノが夜中でもヘッドうホンを着用して練習でき、価格やメインテナンスの点でもお勧めです。バイオリンならまず発展途上国製の格安のものでも買って左手のポジションや運弓を覚えて続けられそうだと思ったらもう少し高価な楽器に買い換えればいいでしょう。何億円のストラディバリウスの名器と何ランクか下で評価が高いバイオリンを銘を隠してプロに演奏してもらったら音の美しさに対する評価は同じだったそうです。通販サイトで一万数千円で買ったわたしの2丁目のバイオリンもストラディバリウスと変わらないかもしれません(笑)。

どちらの経験もない人に両方の楽器のどちらがお勧めかというとバイオリンかな? ピアノでは音の強弱は打鍵の強さで決まり、少し練習を怠ると小指の打鍵が弱く、親指や人差し指の打鍵が強くムラになってしまいます。一方、バイオリンでは音の強弱は右手で動かす弓の速さで決まります。バイオリンの弦を抑えるのもピアノの打鍵の位置も一度覚えたら結構忘れません。それからバイオリンの場合、ポップスや映画音楽のメロディーだけを鼻歌感覚で奏でて満足感が得られますよ。ピアノは基本的にメロディーと伴奏を両手で弾くものです。

ユーザーID:8130324856
レスします。
今日このごろ
2017年12月15日 13:21

母がピアノ教師で幼稚園からピアノ(甘やかすとの事で他の先生から)、小学1年から高校までヴァイオリンを習っていました。
ヴァイオリンとピアノは楽譜の読み方も違いますが、覚えれば簡単です。
当時小学生だった私はヴァイオリンのレッスンがあまり好きではありませんでした。(母が習わせたかった。)
レッスンは1時間立ちっぱなし、肩と顎でヴァイオリンを抑える態勢が好きではありませんでした。
初めはそれに慣れるのに時間がかかった気がします。
あと腕が伸びるとヴァイオリンはサイズが合わなくなるので、高いヴァイオリンでもまた買い替えたりしました。
トピ主様は大人なので、買い替えたりはあまりないかもしれませんが、買わないと練習できませんし上達は難しいと思います。
あとはヴァイオリンと弓のお手入れ、弦の張り替えはしなくてはいけませんね。
ピアノは電子ピアノでしたら調律はしないでもいいので、その点ではヴァイオリンよりはいいと思います(音は違いますが)
電子ピアノでしたらヴァイオリンよりもずっとお安いですね。
私はどちらかというとピアノが好きでした。でもヴァイオリンも習って良かったなと思います。
どちらも練習の積み重ねです。でないといくらレッスンに行っても上達はできません。
母は今でも学生さん以外にシニアの方まで教えてますよ。
60で始めた方もいたみたいです。
してみたいことに遅くはありません。

ユーザーID:4906716321
おお同志よ!
応援隊
2017年12月15日 21:14

ずっと憧れていたヴァイオリンを50歳から習い始め、3年目になります。だから、トピ主さんを是非とも応援したいです。

子どもの習い事は、親から言われて仕方なくという場合もあるかも知れませんしお金を出すのは親ですが、私たちの場合は自己責任以外の何物でもないですよね。ですから始めたいのであれば、それがベストのタイミングだしモチベーションだと思うのです。

私の場合、仕事で疲れたり嫌なことがあっても練習していると没頭して忘れることが出来ますし、昨日まで弾けなかったところが弾けるようになったときの達成感や満足感にはまっています。その反対に、何度弾いても指が動かなくて投げ出してしまいたくなるときもありますけどね。

もう一つ。最初の先生は本当に大事です。今まで取ったことのない姿勢で弾く楽器なので、その姿勢を保つのがとても大変だし何が正解なのかまったくわかりませんでしたし。でもそれは、最初の先生が「楽器がすべり落ちそう。安定感がない。首が辛い」という私の意見をまともに取り合ってくれていなかったのだ、ということが2人目の先生になってからわかりました。真剣に耳を傾けてくださって、姿勢やあご当ての調整を一から行ってくださったからです。今は本当に楽に弾けるようになりました。

大人の生徒は、これから音楽家になれるわけでもないでしょうし、趣味で行っているため、もしかすると先生方にとって情熱をかけて指導したい対象ではないのかも知れません。でも、野望がないからこそ純粋に上達したいために自ら進んで練習をする模範的な生徒になるのにな、と思っています。

楽しいですよ。それに音楽が生活に入ってくるとゆとりと豊かさを感じられるような気がします。良い先生にめぐり合えると良いですね。

ユーザーID:0112195230
葉加瀬太郎さんが初心者の為に選んだのは数万円の楽器
モモ
2017年12月16日 9:21

動画で見たのですが、その楽器店では3万円からありました。
最近は大人の音楽教室が増えました。
2人3人の少人数。
結構初めての人が多いです。
仕事も大事だけれど趣味があると日常生活に張りが出て楽しくなりますね。

ユーザーID:8864503195
レスします
まなみ
2017年12月16日 11:40

大学からバイオリンを始めた者です。
大人になって始めれば、よく言われるようなギーコギーコ、
という音にはなりませんよ。
あれは、力の加減が分からない子供だから出る音ですから。
大人でしたら、初心者でもちゃんと音になりますので大丈夫です。

防音のことを書かれている方もいらっしゃいましたが、
バイオリンにも、「練習用の弱音器」というものがあります。
楽器にはめると、音が小さくなります。

バイオリンを弾くようになれば、人と人のつながりが生まれます。
ある程度弾けるようになって、初心者どうしで弦楽合奏をしたり、
あるいはアマチュアオーケストラに入ったりすれば、
たくさんの音楽仲間ができ、ぜったいに人生が豊かになります。
バイオリンを習わなければ決して出会うことのなかった人達と、
楽しい時間を過ごせるようになるのです。
運動系の趣味とは違って、アマチュアオーケストラのような趣味は、
お歳を召してからもずっと楽しめます。

ユーザーID:5769198846
同じです♪
私も
2017年12月17日 8:05

私も同じ、子供の頃ピアノが習いたかったのですが習わせてもらえず、音楽バックグラウンド皆無にて40でバイオリンを始めました。
鈴木の本で始めました。

手が小さいのですが、最初届かなくても、だんだん届くようになります。

10年ちょっと前で、今も続けていて、アマチュアオーケストラでも弾いています。

とっても楽しいです!ぜひ始めてください。

とりあえず、おすすめするのは:

−安い楽器でも、職人の居る専門店で、その職人がセットアップした楽器を購入する事。

中国の工場の製品、質の良い物が出回っていますが、セットアップの良しあしで、弾き心地が全く違ってきます。
工場のセットアップや付属品(駒、弦など)は、とんでもなく質の悪いものが付いてきます。(スチール弦とか)
重音が弾けなかったり、常に重音でしか弾けなかったりします。

職人がセットアップし直したものが良く、その後なにか問題あってもお店に持ち込む事ができます。

防音は、家族や近所が居るなら、しっかりしておいた方が良いと思います。
自分ではそう感じなくてもかなり響きます。
練習用のミュートとか売ってます。もしくはカラオケボックスで練習する人もいるようです。

−先生は、大人の初心者に慣れている人が良いと思います。
これから起こるであろう問題点をあらかじめ理解してくれます。

−長く続けたいなら、最初から楽譜を読む練習をしておいた方が良いです。私は鈴木だったので、四巻まで読めず、あとでオケでくろうしました。

ユーザーID:6642652099
ヴァイオリン購入なら
パル
2017年12月17日 8:42

習いに行く教室を決めて(お試しレッスンみたいのもあります)、先生に予算を提示し相談されたらいいと思います。

例えば最初はレンタル楽器というのもあり得ます。

大体十万程度の楽器であれば初心者には十分だと思います。

ユーザーID:8332910010
追記
パル
2017年12月17日 8:47

あと楽器をやることについて付いて回る問題があります。

防音の問題です。

弦楽器は意外に音が響きます、隣近所にかなりの迷惑になる可能性があります。

自宅での練習は、夜間はもとより、日中でも 休日にせいぜい1,2時間程度に抑えるべきです。

あるいは防音ルームを購入するとか、レッスン部屋の防音工事、あるいは、カラオケ屋さんの防音室で練習するとか、音楽教室の防音部屋やスタジオを借りるとか・・・

ユーザーID:8332910010
習うのに遅すぎることはありません
YCAN
2017年12月17日 11:16

誰しも、「やってみたかったな〜」と思うことはあります。特に音楽は、好きな曲を演奏してみたい、昔始めたけれども続かなかった、等いろいろ事情があると思いますが、いつでも誰でも教えてくれますよ。

譜面を読めない者にも親切に教えてくれるため、ヤマハなどでは高齢者が続々と新規に会員となってレッスンを受けていますよ。特に定年後に新規に会員となっている者が多いです。

やってみましょう。それ程心配はいりません。私も同じように思っていましたが、今は楽しく楽器をいじっています。

ユーザーID:4740871118
長く続けられるなら携帯からの書き込み
和代
2017年12月17日 13:04

ピアノのほうが健康にもいいし、体力的負担も少なそうですがどうでしょうか…

ユーザーID:1335740468
ヴァイオリン vs ピアノ: お勧めヴァイオリニスト
招き猫
2017年12月17日 16:53

まなみさんの説(ギーコギーコの音)に納得です。そんな音はついぞ鳴らしたことはありません。わたしが初めて所有したヴァイオリンは値段も音色も人に言えるような代物ではなく、音色の悪さが楽器のせいだと断言できた時に2つ目に買い替えました。昨今の電子ピアノはピアノ専攻の音大生が夜中に練習することを前提にしているのでそれなりに精巧で少なくとも発展途上国製のヴァイオリンよりは値が張ります。ヴァイオリンは夜中には練習できないと思っていましたが弱音器というものがあるのですね。

ピアノの打鍵位置とヴァイオリンの左手のポシションは同じだと思います。わたしはピアノをやっていたせいでヴァイオリンの左手の動きを覚えるのは容易でした。ピアノはキーがあるから容易だという意見がありますが、発表会に出るレベルになれば誰もキーの位置を目で確認しながら演奏したりせず、いわゆるブラインドタッチです。ヴァイオリンの弦を押さえるのは絶対音感があれば誰でも大丈夫、主さんは音楽をよく聴いていらっしゃるので問題ありませんよ。ヴァイオリンで難しいのは運弓です。でも、この点は有名なヴァイオリニストの演奏の録画を見ればいいのでは? お勧めヴァイオリニストはアンネ・ゾフィー・ムッターです。わたしは録音しか持っていませんが、知り合いでヴァイオリンをかなり弾く人が知っている限りで一番エネルギッシュなヴァイオリニストだと言っていました。きっと運弓の振りも大きいと思います。

もう一人、録画で勉強するのに適しているかどうかはわかりませんが、わたしは韓国出身で幼い頃にアメリカに来てジュリアード音楽院で教育を受けた鄭京和(チョン・キョンファ)が大好きです。若い頃のフランス音楽などの録音は感性抜群で、子育てを終えて演奏に復帰した後に録音したバッハの無伴奏組曲は燻し銀のようで全てに全力投球してきた女性が宇宙と共鳴しているようです。

ユーザーID:8130324856
皆さんから夢を諦めない気持ち貰いました
カノン
2017年12月17日 22:32

わぁー私と同じように大人になってからヴァイオリンや楽器を始め毎日楽しく充実して過ごしてる方達が居て同士として嬉しいです。大人になってから楽器を始められた同士の方達からのレスとても嬉しかったです。「何歳になっても夢を諦めない気持ち」皆さんから貰いました。それは勿論上手くなりたいですが、大人の趣味として同じ趣味の合う方達と沢山知り合い末長く演っていけたら良いなと言う思いもあります。同じ音楽の趣味の方達は、クラシックやジャズコンサートで知らない人々同士でも同じ好きなコンダクターやアーティストの話に花が咲き素敵な時間が過ごせるからです。
あらいぐまさん:高嶋ちさ子さんのヴァイオリンリサイタルに行った時に高嶋さんの自前のStradivariusで演奏されましたが、流石の圧巻音色でしたよ。よく手入れされてStradivariusを愛してるからこその技だと思いました。
まなみさん:「バイオリンを弾くようになれば、人と人のつながりが生まれます。ある程度弾けるようになって、初心者どうしで弦楽合奏をしたり、あるいはアマチュアオーケストラに入ったりすれば、たくさんの音楽仲間ができ、ぜったいに人生が豊かになります。バイオリンを習わなければ決して出会うことのなかった人達と、楽しい時間を過ごせるようになるのです。運動系の趣味とは違って、アマチュアオーケストラのような趣味は、お歳を召してからもずっと楽しめます。」←正にまなみさん書いて下さったことが理想なんです。大人になると、それぞれの生活環境等で同じような趣味が合う方達ではないと中々話が合わなく難しいところもあり「世界を広げたい」と言う意味もありヴァイオリンやピアノを習いたいとも思ったんです。周りには、クラシックが好き、ヴァイオリンを習ってる等と言うと趣味を褒めるどころか「豊かでいーわねーうちなんかそんな余裕なくて」とか嫌味を言ってくる人達もいるので。

ユーザーID:5091109408
二度目です。
私も
2017年12月19日 8:32

他の人と演奏する楽しさを味わいたいなら、バイオリンおすすめです。
なんせ、移動が楽!どんな楽器とでも合わせられる(基本的には)。
私はアコースティックギターを弾く主人と合奏したりもします。
デュエットでもオーケストラでも、室内音楽でも、人数が集まれば弾けちゃいます。これは魅力ですね。
(楽譜は読めるように練習してね。これは「慣れ」、です。)

ギターのようなフレットは無いですが、音が合うと他の絃と一緒に楽器が共鳴するので、これさえ聞き分けられるようになるとちゃんとした音程で弾けるようになります。

大人になって始めた私も、「音程あっている」って言われます。
これは、ちゃんと共鳴してくれる楽器でないとダメですけどね。

職人の居る専門店で購入すれば、安い楽器でもその辺の所も確認してくれると思います。

楽しいですよ〜、色んな人と一緒に弾くバイオリン♪

ユーザーID:6642652099
 


現在位置は
です