現在位置は
です

発言小町

新しいトピを作成
本文です

60代以上の方に質問です。

さぁち
2017年12月15日 0:17

人生の先輩としてのご意見を伺いたいです。

自分の人生を振り返って、後悔していることがありましたら
ぜひ教えていただきたいです。
若かった頃のご自分に声をかけれるとしたら、なんてかけますか?

経験から、肝に銘じたことなどもぜひ
教えていただけるとうれしいです。

よろしくお願い致します。

ユーザーID:2196248126  


お気に入り登録数:66
  • 携帯に送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
古いレス順
レス数:17本

タイトル 投稿者 更新時間
後悔ですか?
金太郎
2017年12月15日 12:05

若者よ、出世したいのであれば賢くしときなさい、と言いたいね。

私は仕事の評価は高かったが、上にも下にも言葉と態度で敵を作り過ぎました

ので出世できませんでした。

当時は後悔した時もありますが、定年退職した今では大したことではありません。

ただ、これだけは言えますね。

出世してある地位てなければ自分の思う仕事は出来ません。

会社とはそんなものです。

ユーザーID:8115391879
親だってただの人間
山が好き
2017年12月15日 12:22

昔は毒親なんて言葉はなく、子供向けの物語に出てくる親、特に母親は自分を犠牲にしても子供に尽くす人ばかりでした。
真面目な子供だった私はそれを信じ込み、母親の言うことはすべて子供のためなんだと思っていました。

ところが、この母親は実のところ自分勝手なわがまま者。
すごく悪い人というわけではないのですが、こずるく立ち回って自分の得になるように仕向けるのが得意な人でした。
家族の一番下だった私はその母親にうまく言いくるめられ、いつも貧乏くじを引かされていました。
そのことに気づいたのは、大人になって相当経ってからの事でした。

あの頃の私に出会えたら言ってやりたいです。
「母親がいつもあんたのことを考えて行動してるなんて思っちゃだめよ。自分が一番かわいいただの人間なんだから、期待しすぎちゃ馬鹿を見るわよ」

ユーザーID:3079613858
若かった頃のご自分に声なんかかけられません。
ピタゴラス
2017年12月15日 13:16

例え、声をかけたとしても、そのときの自分が老人の言うことなど聞くとは思えないし、無駄な行為だと思います。またかけたいとも思いません。

今も昔もあるのはその瞬間の自分だけで、若かった頃の自分に何か声をかけたい!という発想は、自分で自分を否定しているようで、そのように生きてはいけないと思います。

ユーザーID:8182958623
そうですねえ
62歳
2017年12月15日 13:24

50歳手前頃までは、色々思うことがありました。
後悔の念も。
「タイムマシンで戻れたら、あの日からやり直したい」などと思ったこともね。

でも還暦を過ぎた今は、そんな気持ちは全くなくなりました。
若い頃の失敗も、選択肢を誤ったことも、みんな大切な思い出。
一つずつ記憶をたどってみると、いつも懐かしくてとても愛おしい気持ちになります。

あの頃はバカだったなあ、私・・・でも、当時はそれが最善の道だと思えたし、一生懸命だったのだからそれでいいじゃないの・・・と。

たぶん、今が幸せだから、こういう気持ちになれるのでしょうね。
そうでなかったら、「たら、れば」ばかり口にする人生になっているかも。

でもね一つだけ、後悔があるとしたら(その時に戻って、自分に教えてあげたいことがあるとしたら)

結婚式を神前でなく、チャペルで挙げなさい、と助言したい。
当時はまだチャペルは少数で、大半が神前結婚式でした。

もし、チャペルを選択していたら、父と一緒にバージンロードを歩くことができますね。
大好きだった父と、長ーーいバージンロードを歩きたかったなあ。
どんなにか素敵な思い出になったことでしょう。

挙式から2年後、父は急死しました。
娘の孫を抱くこともなく。
だから、式場で結婚式の相談をしている23歳の私に向かって言ってあげたい。
「チャペルにしようよ」と。

ユーザーID:0315924363
達成感があるので、後悔は・・
S24
2017年12月15日 15:01

同期の仲間や先輩たちが、羨ましがる素敵な家に住んでいます。
クルマは欧州車が2台。
若い頃から貯蓄をしてました。
貯蓄金額に興味が無いまま、知らないまま貯蓄してきた。
その結果が、素敵な住宅地に、素敵な家を建てて住む生活。

俺たち、凄いよね、幸せだよね。と妻と話します。

>自分の人生を振り返って、後悔していることがありましたら
年収を二倍以上にしてれば・・・と思うことがあります。
貯蓄が多いことの幸せを、もっと上の次元で知りたい。

>若かった頃のご自分に声をかけれるとしたら
お酒を飲まず、タバコも吸わず、ギャンブルもしなかった。これは正解だった。
宴会のから騒ぎは、今でも嫌いです。

ユーザーID:1082232429
後悔は無いです。
60代母親です。
2017年12月15日 15:15

失敗したとしても反省して前向きに生きて来たので後悔とは違います。
でもその失敗も自分の人生には必要なもので、すべてを人生勉強と捉えました。

20代前半で夫に浮気されて離婚を迫られて自分から身を引いた(奇麗ごとに言えば)、それも人生の失敗と言えば失敗かも知れないけど、それがあったからこそそれ以上の今の幸せが掴めたのだと思っています。
だから離婚したことに後悔も無いです。

生きていればあらゆる難問題に直面するけど、その時も自分で悩み決断を下したのだから、それに対して後悔すれば自分さえも信じることが出来ないと思います。
決断した自分を受け入れれば前向きに生きられると信じています。
反省はしても後悔はするまい・・・と思って生きて来た60代後半母です。

ユーザーID:2829640446
日本は特殊な国であること
tora
2017年12月15日 15:32

最近、ようやくわかった。

すごく遠回りしたけど、これがわかっただけでも、60年生きた収穫だと思う。

若かった自分には、なにも声をかけないよ。

声をかける必要がないもの。

ユーザーID:9606213976
失敗は数多有るも
ジジコマチ
2017年12月15日 16:23

 後悔は無し、と申しておきましょう。
 何故なら、失敗の経験がまた人生勉強・人間勉強になるからです。
 作家の曽野綾子さんも何かの本に書かれています。
 確か「人生に無駄なものは無い」と。
 蛇足ながら、わざわざ失敗する事は勧めません。
 

ユーザーID:9631119653
若い頃は若い頃、声をかけるなら今の自分を励まします
ガーコ
2017年12月16日 13:22

これまでの愚行は多々ありますが、後悔よりはそこからの反省で今の自分が作られていますので、今更その時の自分に声をかける必要はないと感じます。

暗中模索、試行錯誤を重ねながら人間は成長していくのですから、過去の愚行もその一過程だったと思っています。

若い方は、耳年増にならず、失敗を恐れず、この瞬間に最善を尽くし、様々な経験を積むなかで、ご自分のあるべき姿が見えてくるのではないでしょうか。

私は振り返るより、つまずかないように前を見て歩きます。

ユーザーID:1275893333
後悔ですか?
時次郎
2017年12月16日 17:32

その時々にありましたが、この歳になると忘れてしまいました。

忘れるくらいだから所詮大したことではないのでしょう。

ユーザーID:3817960852
ひとつだけ言い残したい事
tora
2017年12月17日 15:32

歯だけは、大切にしたほうがいい。

ユーザーID:9606213976
厚かましい人は寄せ付けないこと 両親に具体的な感謝を示すこと
還暦カウントダウン
2017年12月17日 18:11

他人や他家を上手に使うことが得意な人達と関わって時間やお金を無駄にしてしまい、反省をしています。
恨むことはなく、もう二度と関わっていろいろな無駄遣いをしたくないと思っているだけ。

祖母や母もお人好しで旧家のわが家には頻繁に来客があり、それを見て育った私は他人を選別する能力が欠如していたのでしょうね。
勉強になりました。

人生は思ったよりも短いですから「これだけは経験したい」と思うことはそれに向かって目標を立てることだと思います。
お金がかかることでしたら準備が早いほどよろしいでしょう。

私は両親が想像以上に早く他界しました。
若いのに「華麗なる相続人」と言われて顔にも口にも出さなかったですが、身体に堪えました。
こんなことでしたら両親が元気な内に親子揃って世界一周をしていたらと思いましたね。

命と引換えに亡くなってからも私を支えてくれる両親に感謝したくも墓参りくらいしかできずに哀しいものです。

ユーザーID:8636235626
後悔の積み立てで今の自分がある。
昭和の太陽
2017年12月19日 2:16

この年で後悔などと嘆いていたところで過去を変える事は不可能、後悔をどう持っていくかで幸不幸が決まると思います。

後悔の繰り返し繰り返しの人生、他人から見たら俗に言う「負け組」やもしれぬ自分の人生!

60を超え今の自分に満腹でござる、
ああ!70に足を入れようというこの自分に良くやったと言いたい。

頑張った優等生達がストレスで心臓発作や脳梗塞で倒れる、彼らも自分の人生を自分ながらに「勝ち組」生き方に悔いはなかったと思う。

60過ぎたらおまけの人生と思い過去など振り返らず今日を生きる。
過去を変える事は出来ませんから。

と、負け犬の遠吠えと聞こえるでしょうが幸せです、心が平和です。

ユーザーID:1824855190
良い質問です
心は10歳
2017年12月20日 2:03

「真に有意義なことだけに集中せよ」と言いたい。

 良い質問だ。何かの調査(さぁち)でしょうかね。いずれにせよ、質問は後悔のない人生を先取りしたいという心、先達の声に耳を傾けようという姿勢の現れだから、素晴らしい。

 多くの方が共通して言っておられるように、「後悔」を「あとで悔やむ」という定義にするなら、私もしたくはないね。

 むろん失敗のない人生などない。子供でも失敗はあるだろう。それは年令に関係はない。国レベルでも同じ。大事なことは、失敗を未来の成功に生かすこと。エジソンは電球のフィラメントに成功するまで一万回の失敗を経験したというのは有名だよね。要は、自分の言動を客観視できるかどうか、それを直視して二度と同じ失敗はしないで、成功するまで失敗を何らかの形で生かし、成功へチャレンジを続けること。そうすれば、失敗はあっても後悔はない。各時点で真剣に選択したことを、今さら悔やんでも覆水盆に返らず、元には戻らないからね。

 私も過去に失敗はたくさんある。大きな一点だけ挙げれば、「セネカなどのいう『人生の短さ』をもっと真剣に考えて、つまらない言動はもっとしないで済んだら、もっと真に有意義なことに集中できただろうな。己をもっと客観視していたら別の方法もあっただろう」という「反省」はたくさんある。

 だから、余生こそは過去の失敗を肝に銘じて、真に有意義と思えることだけを、幸い何もしなくても死ぬまで最低限の収入はあるから、人の思惑など気にすることなく集中してやり続けたい。反社会的な迷惑行為は自分に返ってくるから決してしないのは前提だが。70歳に近づく肉体は衰え続けるけれども、心は今も10歳位のつもりで、幼いころの原風景を創るように真剣に生きるだけだ。

「真に有意義なことだけに集中しているか」と自分への絶えざる自問しかない。

ユーザーID:1001836118
レスありがとうございます。
さぁち(トピ主)
2017年12月21日 13:55

皆さまのレス、とても興味深くありがたく拝見させて
いただきました。

自分の生き方に誇りを持つことの大切さ
ひとつひとつの経験が、みな自分の今を作っているなど
教えていただいたように思います。

経験から感じたお話は、想像していた以上に
重くずっしりと伝わってきて、なんとお返ししても
失礼なような気がしてしまいました。


私の周囲の年配の方は、自慢話か愚痴が多く
話を聞きたいと思うお年寄りが少ないのを残念に思い
小町でこのような投稿をさせていただきました。

若い人の刺激になるような人生の先輩のお話を聞く機会が
子どもたちにもあればいいのに・・と常々思っています。
ありがとうございました。

ユーザーID:2196248126
お世話になったのに。
2017年12月23日 18:01

実親にはお世話になったのに、恩返しは半分も出来ませんでした。

風邪をひいて寝込んでいれば腰の曲がった高齢の母親がおにぎりを作って持ってきてくれました。
お金が無いと言えば援助も惜しみなくしてもらい。

若い時は親からの援助などその場限りの「ありがとう」で終わっていました。

私も60を過ぎ、今度は親の立場でものを考えるようになりました。
一生懸命働いて貯めたお金も、子供の節々の援助金で惜しみなく出しています。

そして今思う事は、親とは有り難い存在だったんだとの思いです。

諺に「いつまでもあると思うな親と金」「孝行したい時には親はなし」がありますが、親孝行は親が生きているうちにしておくものだと身に染みて感じています。

今更ですが、母親が介護状態になった時、重複して主人が倒れ母親の面倒も病院任せになってしまったこと、もっと優しく接していれば良かったと思っても後の祭りです。

親との接し方もしかり、子供の教育もしかり、そして主人への対応も、反省するばかりです。

主人の介護は続いていてイライラする時もありますが辛いのは主人だと思い、何事も一つ間をおいてから行動しています。

後になって悔やむ、後悔とはよく言ったものです。

そして自分への一言は介護良く頑張っているねです。

ユーザーID:2422164091
60歳過ぎなくても十分すぎるほど後悔はできるよ
後悔士
2017年12月25日 9:26

>自分の人生を振り返って、後悔していることがありましたらぜひ教えていただきたいです。
>若かった頃のご自分に声をかけれるとしたら、なんてかけますか?

人生は後悔の連続ですよ。
私(来年は古希)の、後悔で大きなものは
・勉強を真面目にしておけばよかった。
 たまたまだが、まさか必要になるなんて思っていなかった英語が必須の仕事に就いてしまった。
・結婚は、相手の親をよく観察してから決めるべきだったね。妻は母親そっくりに変貌した。
・酒はほどほどにしておけばよかった。酒の上での失敗はあとあと尾を引く。
・家を買うときは、老後のことまで考えて便利なところにしておけばよかった。車に乗れなくなったら後が辛いだろう。
・メリットの見えている転職は思い切ってやるべきだった。ぬるま湯に残っても冷めるだけ。
・子供は尻を叩いてでも勉強させておくべきだった。自由を尊重した結果はロクなもんじゃない。

数えあげればキリが無いのでこのへんで!!

ユーザーID:1551111392
 
現在位置は
です